2017
04.22

3月のライオン 前編

Category: 映画
 4月18日(火)新宿ピカデリーにて映画「3月のライオン 前編」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170418_111550.jpg
 原作もTVアニメも知らないけれど観たいと思っていて、でも時間がなかなか合わず今週末から後編が始まってしまうので、今日観ようと思い、TOHOシネマズを出て、新宿ピカデリーへ向かうことに。

 思っていた程の混雑は無く、11時20分上映回に入場するとお客さんは45人位でした。


 あらすじ:幼少期に交通事故で両親と妹を亡くした17歳のプロ棋士、桐山零(神木隆之介)。父の友人である棋士・幸田柾近(豊川悦司)に引き取られるが、そこから離れざるを得なくなってしまう。以来、東京の下町で一人暮らしをする彼だったが、川向こうに暮らす川本家の3姉妹のもとで一緒に食事をするように。彼女たちとの触れ合いを支えにする桐山だったが……。


 結構暗いお話なんですね、もう少し笑える部分があると思っていましたが・・

 主人公が可愛そうすぎなんだけど、だから川本家との交流がとてもホノボノとしていて、観ている方も救われるんだけど、でも、このまま終わる訳ないんだろうな、と不安がよぎる。

 生きていくために将棋をしてきたが、今はどうなんだろう、少なくとも嫌いではないんだろうなぁ、零。

 それにしても義理姉の傍若無人ぶりは、見ていてイライラする。

 まぁ、恨みの感情だけじゃなさそうだけど、今後の展開を見守りたい。

 対局シーンも、人それぞれで、精神状態がこれほどまでに勝負の行方を左右するものかと目を見張った。

 
 それにしても、キャラのバックボーンがよく見えてこないので、原作を知っている方がやっぱり楽しめそうな気がしました。

 かといって、これから原作読み始めても、後編の上映には間に合いそうもないので、後でゆっくり読むか、TVアニメを見たいと思います。

 何はともあれ後編に期待したい!


      満足度:★★★
 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1115-756bf244
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top