2017
02.27

サバイバルファミリー

Category: 映画
 2月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「サバイバルファミリー」をポイント鑑賞。
   IMG_20170225_082954.jpg
 矢口監督作を観るために朝一8時35分上映回に入場、お客さんは10人とちょっと寂しい入りでした。


 あらすじ:鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。ある朝、目を覚ますと突然全ての電化製品が停止しており、鈴木家だけでなく近所中で同じことが起きていた。さらに電車も車もガスも水道も止まってしまい、家族全員途方に暮れる。そこで義之は、東京から出ようと決断し……。


 もっと大笑いできるのかと思っていたら、そこまで笑えなかった。

 日本で生きている限り、こういう事態を考えておかなければいけないんだよなぁ、と思いながら観ていたから。

 震災で生き残ったよりもある意味厳しいんじゃないのかな、救助活動など無かったから。

 田舎がある人はいいけれど、無い人は多分生き残れないでしょう。

 都内の人たちがどうなったのか描いて欲しかったが、それだとコメディではなくなってしまうので止めたんだろうなぁ、とも思いました。

 鈴木家が光恵の実家(鹿児島)までのサバイバル旅を通して、色々大事な事を描いています。

 ある程度の知識、人との交流、家族の絆、食の意味等々。

 まずは、自分は火を起こすことができるのかを試しておく必要があるなと感じました。


 先週、熱を出してしまい、買い置きしてあったレトルトのお粥や缶詰などで何とか凌ぎましたが、色んな意味で、もしものための準備が必要なんだと、感じたばかりでこの映画を観て、思いは確信に至りました。


 娘が泣きながら食事するシーンに象徴されるように、”食の有難味”を感じさせられた映画でした。


      満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1098-a9c23ab5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top