2016
12.26

ドント・ブリーズ

Category: 映画
 12月22日(木)TOHOシネマズみゆき座にて映画「ドント・ブリーズ」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20161222_144909.jpg
 こちらは予告編を見て、”驚いて体がビクっとする系の映画”だと思い、怖い思いはあまりしたくないんだけど、怖いもの見たさもあり、尚且つ他に良い時間帯の作品が無いこともあり、本日3本目の作品に選択。

 14時50分上映回に入場、お客さんはこちらも60~70人程でした。


 あらすじ:街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。


 ”20年に一本の作品”というキャッチコピーは流石に大袈裟な気がしますが、怖がりな自分には十分な恐怖を味わいました。

 盗みに入った若者たち以上にこちらが息を止めてしまいましたよ。

 ホラー色が強いと思いますが、グロさが殆ど無いので観やすいかと思われます。

 盲目の老人(+番犬)vs三人の盗人の構図ですが、若者たちには同情の余地無しですし、老人も実は・・というところがあり、何なら皆居なくなってもいいんじゃないのか?と思ってしまいます。

 まぁでも、上手い具合に作っていると思いますよ、番犬もいいところで出てきますしね。

 てんとう虫は印象に残りました。

 
 ラストがちょっと如何なものかと思いますが、どうやら続編を作るみたいですね。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1072-8dfc5af1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top