2016
12.21

メン・イン・キャット

Category: 映画
 12月17日(土)TOHOシネマズシャンテにて映画「メン・イン・キャット」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20161217_160844.jpg
 こちらも無料なら観てもいいかな作品で、本日3本目に選択。

 先週は寝てしまったので、今回は笑えそうな作品にしてみました。

 14時25分上映回の予告編中に入場。

 今回も後ろの席は大勢だったので、前から4列目のスクリーンが頭で隠れない所に確保。

 自分の後ろには数人のお客さんが居たので、なるべく頭を低くして座りました。

 お客さんは100人位居たのかな?


 あらすじ:仕事一筋の超ワンマン社長トム(ケヴィン・スペイシー)の目下の狙いは、北半球一高いビルを建設すること。目標達成のためには家族との時間も惜しんできた。ある日、妻のララ(ジェニファー・ガーナー)に翌日が娘のレベッカ(マリーナ・ワイズマン)の誕生日だと言われ、彼女がずっと欲しがっていた猫を贈ることに決めるが……。


 始まって直ぐ、可愛いニャンコが出てきたーっ、と思ったら、ここがピークだったなぁ。

 もっと色んな可愛いニャンコ見たかったのになぁ・・

 と思っていたら、始まりのシーンは特に本編とは関わりが無かったんですね、オマケみたいなもの。

 で、本編で活躍するのは、年配の可愛げ無い猫で、これはケヴィン・スペイシーが変身するからこうなったんでしょうが、もうちょっと何とかして欲しかった。

 まぁ、其れなりに笑わせてもらったからあまり文句も言えませんけど。

 人間では、クリストファー・ウォーケンが異彩を放っておられました。

 この方を見るだけでも価値があると思います。

 なので、お話は期待しないで笑ってやり過ごせば宜しいかと。

 それにしても、この邦題はセンス無いでしょう(笑)。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1069-5bee42dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top