2016
12.14

溺れるナイフ

Category: 映画
 12月12日(月)TOHOシネマズにて映画「溺れるナイフ」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20161212_091735.jpg
 無料なら観てもいいかな候補作品として選択、何時も通り朝一9時25分上映回に入場。

 お客さんは3人でした。

 今週で上映終了なので、こんなものなんでしょう。

 原作は未読です。


 あらすじ:東京で雑誌モデルを務める望月夏芽(小松菜奈)は、急に父親の郷里である浮雲町に転居することになる。彼女は都会とはかけ離れた田舎での地味な生活に幻滅してしまうが、長谷川航一朗(菅田将暉)と出会ったことで人生が一変する。彼は田舎町で有名な神主の一族の出身で、夏芽はひねくれ者で一風変わった航一朗に強く惹(ひ)き付けられる。


 前にも書いたと思いますが、小松菜奈さんが苦手なんで、彼女が次々と映画に出演しているのが不思議に思っているくらい。

 あの眠たそうな眼がどうにもダメなんですよね。

 とはいえ作品とは別の話なので、苦手なりに考え過ぎずに観ましたよ。

 それなのに想像以上に良いところが見当たらない映画でした。

 お話もキャラ設定も音楽も良くないです。

 良いところを探すとしたら景色だけですかね。

 
 よくまぁ1か月以上も上映できたものですね、って、複数の映画サイトのレビューを見てみると意外に高評価の方が多いのに驚きました。

 たて続きに低評価してる自分の感性を疑わなければいけない気がしてきましたよ。

 しかもお金払ってないのに、ねぇ。

 否、これは映画を沢山観たご褒美だと思っているので、ちょっとの我儘を許してください。

 
 と、何やらどうでもよい言い訳が出てくるくらい、感想がありません。


 ここ数年でのワースト1決定でしょう。


     満足度:★


     P.S. ★一つは初めてかもしれません。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1064-d7eb2c3d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top