2016
12.13

シークレット・オブ・モンスター

Category: 映画
 12月10日(土)TOHOシネマズシャンテにて映画「シークレット・オブ・モンスター」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20161210_152912.jpg
 この写メのポスターを見て、観たいと思い、本日2本目の鑑賞に選択しました。

 13時15分上映回の予告編中に入場、後ろの方は混んでいたので、前方の方でお願いしたら前から2列目で、しかも前に人が座っていて、頭がじゃまして、失敗したと悔やみました。

 なので推定ですが、190席のうち、半分以上は埋まっていたようです。


 あらすじ:ヴェルサイユ条約締結直前の1918年、フランスにやって来たアメリカ政府高官には信仰心の深い妻(ベレニス・ベジョ)と、人形のようにきれいな息子(トム・スウィート)がいた。しかし、その少年は教会へ石を投げたり部屋に閉じこもったりなど奇妙な言動を繰り返し、理由のわからない両親は当惑する。周囲の心配などどこ吹く風の彼は、ヴェルサイユ条約が調印された後のある晩に……。


 自分はてっきりヒットラーの少年期のお話かと思っていたら、あくまで”架空の独裁者”の少年期のお話だったんですね。

 非常に耳障りな気分を悪くさせるような音楽の中、何か起きるのか?と身構えると、スルーされ、の繰り返しで、遂には途中寝てしまうという大変失礼な状態に陥ってしまいました。

 映画館で寝たのは何年ぶりでしょうか。

 確かに夜仕事をして寝ないで昼過ぎに2本目の映画を観ている訳ですから、寝ない方が不思議かもしれませんね。

 そんな状態でこの作品を観た自分がいけないんですが、それにしても理解できない内容でした。

 鑑賞後に公式サイトの”監督自らが解説するネタバレページ”なるものを見ましたが、それでも??な自分なので、”心理パズルミステリー”を解けなかったということですね。

 解き明かせた人には”言葉を失う衝撃”が待っていたことでしょう。


 ラストカットに多分違った意味で”衝撃”は受けましたけどね。


     満足度:★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1063-f52b4f08
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top