2016
10.25

金メダル男

Category: 映画
 10月24日(月)TOHOシネマズにて映画「金メダル男」をシネマイレージウィーク鑑賞。
    IMG_20161024_091214.jpg
 10月22日から一週間、TOHOシネマズではシネマイレージウィークとして会員は1100円で映画が観れます(一部劇場だけ?)。

 でも、観たい映画と上映時間がうまく重ならないので、なかなか観ることが出来ない状態ですが、そんな中、前2作はなかなか良かった内村監督作の3作目を観ようと、バイト明け後朝一9時20分上映回に入場。

 お客さんは17人でした


 あらすじ:1964年、東京オリンピックの開催に向けて日本中が沸き立つ中、秋田泉一という男が長野県塩尻市に誕生する。ごく普通の少年として育っていた彼は、小学校の運動会で行われた徒競走で一等になる。一等賞というものが与えてくれる、いいようのない幸福感のとりこになってしまった彼は、それをきっかけにさまざまな分野で一等賞を取ろうと決意。書道、絵画、火起こし、大声コンテスト、マスのつかみ取りなど、大会やコンクールに片っ端から参加しては一等賞に輝くが……。


 前作「ボクたちの交換日記」のような笑いと感動を期待していましたが、残念ながらそのどちらも無かった・・

 日本版「フォレスト・ガンプ」などのレビューもあるようですが、自分にはそこまでとは到底思えませんでした。

 50年以上生きてきて”1等賞”なんて取ったことのない自分だから分からないのか、”ナンバーワンよりオンリーワン”が良いと思っているからか、主人公に全く共感出来ない。

 基本、コメディなので笑いの小ネタは沢山散らばっていて、後に伏線的な形で回収されてもいるが、笑えない。

 後半に子供から”あるもの”を渡され主人公や奥さんは感動しているが、見ているこちら側は何の感動も無い。

 二人一役のウッチャンと知念くん、この組み合わせは奇跡的だけど、知念くんのダンスは良いが如何せん演技はちょっと戴けない。

 ちょいちょい出てくる大勢の有名俳優を楽しく眺めているだけの映画に成り果ててしまうのか。

 
 皆さんが言うように一番良かったのはエンドロールで流れる桑田さんの歌でした。


 内村監督の次作は、どうなる?


      満足度:★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1048-392a8c96
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top