2016
08.01

シン・ゴジラ

Category: 映画
 7月29日(金)TOHOシネマズにて映画「シン・ゴジラ」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20160729_082802.jpg
 待ちに待った庵野ゴジラ(EVAゴジラ?)が初日朝8時20分から上映されるので、バイト明け後、歩かずに電車で帰り、劇場に直行したが8時30分に到着。

 開場入りしたら予告編中だったので一安心。

 お客さんは50~60人位で、全然混んでいませんでした。


 あらすじ:東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。


 正直、こんな事してないで、早く「エヴァ・・」作ってよ、と叫ばずにはいられない心境なのをグッと堪え、「シン(新?真?)・ゴジラ」と対峙した。

 結果、良い意味で裏切られたというか、予想外の内容で驚きました。

 ”怪獣映画”では無かったから・・

 なので、”怪獣映画”を期待している人は不満かと思われますし、子供向けな内容でもありません。

 ”巨大不明生物”という扱いのゴジラを、日本政府はどのように対応していくのか、という大まかなストーリーです。

 さながら、今の日本での”緊急災害対応マニュアル”の映像化を観させられている感じだった。

 完全に今までの、どの”ゴジラ”映画とも違います。

 確かに”エヴァ”ぽい感じもしたけど(音楽や最初に上陸した”巨大不明生物”の形状など)、だからって自分は特に気にならなかった。

 ”庵野総監督の魂”を感じたくらいですよ。

 これなら”エヴァ”の完成が今更遅くなろうとも、自分が生きている間に観られれば良しとしましょう。

 その代り、中途半端な作品にだけはしないでくださいね。


 話が逸れましたが、出来れば何の情報も入れずに、劇場でご覧頂きたいです。

 大ヒット作品にしてあげてください、お願いします。

 自分ももう一度くらい観に行こうと思っていますので。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1026-cbd94f38
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top