2016
07.15

二重生活

Category: 映画
 7月12日(火)新宿ピカデリーにて映画「二重生活」をポイント鑑賞。
    IMG_20160712_090330.jpg
 観たい映画が溜まってきているが、朝一上映が少ないためなかなか行けずにいる今日この頃。

 本日は本作品と「ペレ・・」を観るつもりで、まず新宿ピカデリーに来ました。

 バイト明け後、9時10分上映回に入場するとお客さんは20人程でした。


 あらすじ:大学院に通う25歳の珠(門脇麦)は、19歳のときに遭遇したある出来事をきっかけに長い間絶望のふちをさまよっていたが、最近ようやくその苦悩から解放された。彼女は一緒に住んでいる恋人卓也(菅田将暉)と、なるべくもめ事にならないよう、気を使いながら生活していた。あるとき、珠は恩師の篠原(リリー・フランキー)から修士論文の題材を提示され……。


 原作があったことを知らずに観ました、読む気もありませんが。

 しかしまぁ、分からない事が多い映画でした。

 自分に学が無いせいなんでしょうが、そもそも

 「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか」

 をテーマに卒論を纏めようとしている主人公・珠が“哲学的尾行(理由なき尾行)”を行うのか理解できない。

 尾行自体は、主人公と同じようにドキドキしながら見ていますけど、そんなことして人間の本質的なものが分かるんですか?

 他にも、分からないところが幾つかあり(ネタバレになるので書きませんが)、結果卒論を書き上げた珠が得たものは何だったのか?

 失ったものだけのように感じるのは自分だけなのかな?

 菅田くんが出てるのに扱い方が雑で勿体無い気がしました、彼じゃなくても良かったのでは?

 麦ちゃんが演じたから観れた映画でしょう、きっと。


 正直、お金払わなくて正解でした(ホッ)。


     満足度:★★


 P.S. この後「ペレ」を観る気が失せたので後日にしたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1021-247f012d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top