2016
06.03

デッドプール

Category: 映画
 6月1日(水)TOHOシネマズにて映画「デッドプール」をサービスデー鑑賞。
    IMG_20160601_092141.jpg
 何かと話題の本作品、水曜日に公開初日は珍しい。

 時間もあったので、朝一9時20分上映回に入場、で、”手乗りデップー”貰いました↓
IMG_20160602_031034.jpg

 お客さんは中央の席を中心に埋まっていたので、100人以上は居たようです。

 「64」観たとき、新宿TOHOの劇場内に展示されていたので写メしてみました↓
    IMG_20160531_083637.jpg

 あらすじ:ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。


 R15+なので心配してましたが、そこまでエグイ描写は無かったようでした。

 でも頭部切断して蹴飛ばすシーンはやり過ぎかとは思いましたけど・・

 下品な台詞が乱れまくりなので、確かに子供には聞かせられないですね。

 自分的には、主人公が自己中過ぎて”ヒーロー”とは呼びたくないかな。

 ライアン・レイノルズは楽しんで演じていたようですね、このキャラ好きなのかな。


 元々マンガだし、そんなに真剣に見るものじゃないから、笑いながら軽ーく楽しんじゃえばいいのかな、と。

 ただ、「X-MEN」がここまで関わっていると思わなかったので、全く知らないと楽しみ損ねちゃうかも。

 そして、何故あそこまで、”X-MEN”に誘いたがるのか意味不明だ。


 個人的に一番嵌ったのは

 ”ワム!”

 ですね(笑)。


 偶にはこういう下らなくてゲスな映画もいいのかな、って感じです。

 
     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1010-62a92f8a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top