FC2ブログ
2019
03.23

キャプテン・マーベル

Category: 映画
 3月20日(水)新宿ピカデリーにて映画「キャプテン・マーベル(2D字幕版)」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20190320_091004.jpg
 バイト明け後朝一9時10分上映回に入場、お客さんは45人位でした。


 あらすじ:1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。


 スタン・リーへの感謝の念が感じられたオープニングに、まず胸アツ。

 アベンジャーズ結成前のお話なので、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」作品を観たことが無い人でもOKな内容になってます。

 で、本作品を観た後に、MCU作品を復習してもらって、来月公開予定の「アベンジャーズ エンドゲーム」に備えて貰えれば、と思います。

 個人的には、ブリー・ラーソンにあまり魅力を感じられなかったので、若き日のニック・フューリーと猫ちゃんに興味深々でした。

 特に、猫ちゃんがあんな風になっちゃって○○しちゃったりして、何だかんだ、重要な役回りだったなんて、ねぇ。

 そして、覚醒した”キャプテン・マーベル”の無敵の強さといったら、もう・・弱点は無いのかしら。

 なんか、強すぎてシラケちゃった感じがしないでもないかな。


 何にしても、終了後の映像を観る限り、猫ちゃん同様、鍵を握る存在になりそうです。


 ”アベンジャーズ”完結編、さぁ、どうなる?覚悟して待て!


      満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
03.19

君は月夜に光り輝く

Category: 映画
3月16日(土)新宿ピカデリーにて映画「君は月夜に光り輝く」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20190316_083928.jpg
 バイト明け後朝一8時45分上映回に入場、お客さんは45人位でした。

 原作は未読です。


 あらすじ:高校生の渡良瀬まみず(永野芽郁)は、死が近づくほど肌が強く光る“発光病”を患っていた。発光病の患者が成人まで生存した例はなく、彼女は病院から出られない。まみずの同級生の岡田卓也(北村匠海)は彼女の願いを実行し、感想を伝えることにする。その“代行体験”を通じてまみずは人生を楽しむようになり、卓也は彼女のことが好きになっていく。


 「俺物語」での芽郁ちゃんが可愛かったので、本作品もそれ目当てで観ました。

 病気に関しては全く知識が無いので何も言えませんが、こんな狭い範囲で二人も居るのかと、ちょっと??。

 まみずは余命ゼロということで、生きる事を諦めているようにみえるし、卓也は姉の死(自殺か事故か分からない)によって生きる意味を見失っているようにみえる。

 そんな二人が出会い、”代行体験”によってお互いに好意を寄せ、人生の一瞬の輝きを生きる。

 人によっては、まみずは只の我儘女にしか見えないかもしれないけど、自分はそんな風には感じなかった。

 確かに、自分が代行させられたら遊園地に一人では行けないですね、バンジーより無理です。

 そういう意味では我儘に思えなくもないが、終盤に描かれる”代行”シーンを見たら、そんな思いは吹き飛んでしまうだろう。

 全くスマホなんていう便利な物のお蔭ですよね。

 観終わったとき、悲しいというよりも、むしろ前向きに生きていこうという気持ちになれましたね。

 出来れば綺麗な満月をもう少し観たかったかな。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2019
03.15

運び屋

Category: 映画
 3月12日(火)新宿ピカデリーにて映画「運び屋」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20190312_082301.jpg
 10年ぶりの監督・主演作で実話を元にした作品、ならば、観ない訳にいきませんよね。

 バイト明け後朝一8時20分上映回に入場、お客さんは25人程(暗くなってから入ったので予想)でした。


 あらすじ:90歳のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、家族を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。そのとき彼は、車で荷物を運ぶだけの仕事を持ち掛けられる。それを引き受け、何の疑いも抱かずに積み荷を受け取っては運搬するアールだったが、荷物の中身は麻薬だった。


 クリント御大も88歳ですか、お元気そうで何よりです。

 とはいえ、何時まで映画制作・出演できるか分かりませんから出来上がった映画は正座して(あくまでそういう気持ちで)観るような気構えでスクリーンと対峙したいです。

 誰もがまさかと思ってしまう”90歳の運び屋”ですが、これがまた、鼻歌まじりにドライブ気分での運転に拍子抜けします。

 然も、目的地に直行せず、道草は当たり前、モーテルに泊まるときはお姉ちゃんと羽目を外す始末。

 緊張感があったのは荷物が何か見てしまった時だけで、あとは御爺ちゃんの行動につい、笑ってしまうことばかり。

 だからか、”黒い車”とか”走行ルート”が分かっても、中々”運び屋”を捕まえられない麻薬捜査官。

 この実話のアナザーストーリーとして、アール爺さんがないがしろにしてきた家族との再生のお話が描かれます。

 心情的には、家族に対する贖罪をこそ観て欲しかったのかな、と思ってしまいます。

 そのくらい御大の人生にオーバーラップさせて演技してたように見えました。

 また、取り囲む共演者が豪華で見応えある演技をしてくれます。

 そして、流れる音楽(エンドロールは特に)も心に響きます。

 ただね、アール爺さんが羽振りよくなったことに、妻以外誰も何も聞かないのは、ちょっとおかしく無いですか?

 自分なら、”このお金どうしたんだい?”って絶対聞いてるよ。

 
 映画館で、アール爺さんとドライブ気分で観るのはいかがでしょうか。


       満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2019
03.11

2019年J2リーグ第3節 東京ヴェルディ vs ツェーゲン金沢 戦

Category: サッカー
 3月9日(土)味の素スタジアムにて、14時から「東京ヴェルディ vs ツェーゲン金沢 戦」を82店長と観戦。

 故郷に住んでいる友人が家族で上京していて、時間があったら会えないかと前日に連絡があり、午前中ならと、バイト明け後に東京駅で待ち合わせ、上野アメ横の「大統領」というお店で瓶ビール3本とおつまみ4品を飲食し、友人が”ラーメン食べたい”というので、昔行ったことがある「一風堂」のチェーン店が広小路にあったので歩いていき”白丸”を食べて、時間になったので、”悪い”、と言って別れ、味スタへ向かった。

IMG_20190309_140020.jpg

 13時半頃に到着したら、店長がもう来ていて、ビールまで用意されていて恐縮してしまった。

 自分は貰えなかったけど、店長はタオマフを貰っていて、まぁ来てもらった甲斐があったかなと少し安心した。

 「緑の心臓」会員特典のTシャツを貰いに少し並んで引換券と交換し、それを早速着て応援することに。

IMG_20190309_140132.jpg
 本日は、ツェーゲン金沢サポーターの皆様、味スタへようこそ、お越し頂き有難うございました↑。

 と、キックオフ後、10分も経たないうちに先制されてしまい、嫌ーなムードになってしまう。

 が、約5分後に林稜平が今シーズンチーム第1号となる気持よいゴールを決めてくれて、一気にボルテージが上がる。

 そして前半終了前にまたもや林がGKのこぼれ球を見逃さず蹴りこんで2点目を決めた!

 後半も押し込まれるシーンがあるも、何とか無失点に抑え、2-1で今シーズン初勝利!!

IMG_20190309_155310.jpg

 ”勝つ”って、こんなに嬉しいものだったのかと、改めて噛みしめました。

 店長も、次(の次の柏戦)も来るよ、って言ってくれました。

 正直、内容は良く無かったし、金沢の方が良い戦い方をしていたので、勝たせてもらった感じです。

 でも、勝ちは勝ち、今は素直に喜びます。

 ただ、守備が悪すぎるので、補強、若しくは対策をしてもらい、無失点で勝てる試合を多くしてもらいたい。
Comment:0  Trackback:0
2019
03.09

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__

Category: 映画
 3月8日(金)TOHOシネマズにて映画「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に_」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20190308_093224.jpg
 バイト明け後、朝一9時30分上映回に入場、お客さんは40~50人程でした。

 入場者プレゼント貰いました↓
    IMG_20190309_043618.jpg



 あらすじ:狡噛慎也は、2116年に発生した東南アジア連合・SEAUnでの事件以降、あてのない旅を続けていた。ある日、狡噛は南アジアの小国で武装ゲリラの襲撃から難民を救う。狡噛は、テンジン・ワンチュクという難民の少女に、敵討ちのために戦い方を教えてほしいと頼まれる。


 この終わり方は、TVアニメ第3期への繋ぎのためのお話だったってことなんでしょうか。

 まさか狡噛が・・・そういうことになるってことは、次への前振りな訳ですよね。

 テンジンのお蔭で復讐の呪縛からやっと解き放されたって事でいいのかな。

 シビュラシステムとの関わりが無い今回の内容でも、そういうことなら意味のあるお話だったと言えるでしょう。

 「サイコパス」らしさが希薄に思えてしまったので、前作をまた観たくなってしまいました、何ならTVアニメ第1期からでもいいか。


       満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2019
03.08

移動都市/モータル・エンジン

Category: 映画
 3月5日(火)TOHOシネマズ日比谷にて映画「移動都市/モータル・エンジン(2D字幕版)」をシネマーレージデー鑑賞。
    IMG_20190305_092747.jpg
 「グリーンブック」を観るつもりで来ましたが、本作品がプレミアムシアターでの上映と知り、こちらを観る事に。

 9時40分上映回に入場、お客さんは50人位と思われます(何せ広いので数えきれなかった)。


 あらすじ:60分戦争と呼ばれる戦いから1,700年が経過した地球。人々は荒廃した大地をはうようにして進む巨大移動都市に暮らし、ほかの移動都市を取り込み資源を奪いながら生活していた。そんな中、少女ヘスター(ヘラ・ヒルマー)は、ある目的を果たすために移動都市のロンドンへと潜入し、トム(ロバート・シーアン)という青年と出会う。


 ”移動都市”という設定が面白いと思い、観ようと思った訳ですが、冒頭から”ロンドン”が”小移動都市”を追っかけ回し喰らうまでは”プレミアム劇場”ならではの迫力がありました。

 でも、これがピークだったのかな・・

 色んな”移動都市”が出てくるし、何でそんなに強いのっていう”サイボーグ(っぽい)”との関わりがあり、”ラブロマンス”あり、とまぁ盛りだくさんな感じではありますが、分かりにくいところが残念でした。

 あと、現代にも通じるような提言的なことを比喩してる気もするんですが、何せ頭の悪い自分なので上手く表現できないから、映画を観てもらって、自分の言わんとすることを分かってくれる方がいらっしゃるといいな、と思っております。

 ラストシーンを見て、争いごとの無い時代が来ることを願いたくなりました。


      満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2019
03.02

アクアマン

Category: 映画
 2月26日(火)シアタス調布にて映画「アクアマン(2D字幕版)」をハッピー55鑑賞。
    IMG_20190226_110856.jpg
 待たずに観られる本作品を選択、11時15分上映回に入場、お客さんは15人程(さっきより少ないんかい)でした。


 あらすじ:海底王国アトランティスの末裔であるアクアマン(ジェイソン・モモア)は、人間として育てられた。ある日、彼はアトランティスが人類の支配を目的とした侵略を始めたことを知る。人類の想像をはるかに超える文明を持つアトランティスの強大さを知る彼は、海を守るべきか地上を守るべきかの選択を迫られる。


 「ジャスティス・リーグ」で”アクアマン”を初めて知り、単独主演で大丈夫なのか?と思っていたら、普通に楽しめましたよ、疑って御免なさい。

 だって、ずっと海底で話が進んだら飽きちゃうんじゃないかなぁ、って思ってましたからね。

 そしたら、良い具合に”トライデント”を探すために陸に上がって旅したり、襲われたり、飽きる暇を与えない上手い構成になってました。

 にしても、何故居場所が分かるのか、って、もっと早く気付けよって思いましたけどね(笑)。

 ウィレム・デフォーやニコール・キッドマン(何故あんなに美しいの?何か遣ってるでしょ、きっと)など脇を固める役者さんも良い。

 DCコミックスの実写映画化の中では「ワンダーウーマン」に次ぐくらいの出来じゃないかな。

 どうせ観るなら大きいスクリーンで御覧下さい。


 次の「シャザム!」は、期待していいのかな?(予告編観た限りじゃ面白そうに思えないんだけど・・)


       満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
back-to-top