FC2ブログ
2018
12.19

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

Category: 映画
 12月15日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2D字幕版)」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181216_023921.jpg
 まだ夜は長いし、フリーパスで観る最後の映画として、本作品を選択。

 26時45分上映回に入場、お客さんは60人位居たと思います、皆さん夜更かしが好きなんですかね。


 あらすじ:ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう。


 今回は、ジョニデが実質主演みたいな内容で、そのくらい存在感があり、かなりダークなお話になってました。

 今までの話を覚えている訳でも無いせいか、驚きの展開?と思ってしまいました。

 魔法動物たちも活躍するんだけど、物足りない感じで、もっと観たかった、というところが本音ですね。

 終盤の魔法使い対決で、一体誰がどうなったのか、次作を見ないとハッキリしないのか、それとも、あの人たちはもう無きものになってしまったのか、自分には分からなかった。

 そして、ラスト、”奴”の魔法の強力さに唖然としたところで、続く・・・って、気になるじゃないかよぉーー。

 一体、何作作る気なんだろうか。


      満足度:★★★
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2018
12.17

グリンチ

Category: 映画
 12月15日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「グリンチ(2D吹替版)」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181216_003135.jpg
 バイト明け後、一旦帰宅し、22時からのCWC 鹿島アントラーズ vs グアダラハラ(メキシコ)戦を82品川店で観戦後、新宿に移動し、24時25分上映回に入場、お客さんは25人程でした。


 あらすじ:洞窟で暮らすへそ曲がりのグリンチは、山の麓で生活する村人たちに意地悪することを生きがいにしていた。愛犬マックスの純粋な愛情にも背を向ける彼は常に機嫌が悪く、孤独な日々を送っている。ある日、グリンチは村中の人々が大好きな“クリスマス”を盗もうと計画する。


 アメリカで人気の絵本が原作とのことですが、自分はジム・キャリーが演じたキャラの方が馴染みがあります。

 このアニメ版は原作に忠実なんでしょうか?

 だったらしょうがないけど、お話に面白みが感じられない。

 もっと大笑いしたり、感動したり、出来るのかと思ってたので残念。

 終盤、グリンチ(大泉さんの声は悪く無かったです)は、急に改心するけど、説得力が無く、これだと単純に淋しがり屋なだけだったとしか思えないです。

 個人的に、犬のマックスの健気さが気に入りました。


 子供はこれで楽しめるのかなぁ・・・


      満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.15

おとなの恋は、まわり道

Category: 映画
 12月13日(木)TOHOシネマズにて映画「おとなの恋は、まわり道」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181213_090639.jpg
 バイト明け後朝一9時15分上映回に入場、お客さんは5人でした。


 あらすじ:縁を切った家族の結婚式に向かうフランク(キアヌ・リーヴス)と、結婚直前に自分を捨てた元婚約者の結婚式に出席するリンジー(ウィノナ・ライダー)は空港で出会い口論になるが、やがて同じ結婚式に出席することがわかる。現地でもホテルや式場で隣同士だった二人は、うんざりしながらも接しているうちに、互いの共通点に気付く。


 ほぼ、2人だけの会話劇に、知らずに観て戸惑いました。

 なんかウディ・アレンの映画を真似たみたいな感じと言えば分ってもらえるかなぁ。

 R15指定だったので、過激な映像でもあるのかと思ったら、台詞がR15指定だったようです、珍しいですよね。

 まぁ、なので、面白いと思えるか、下らないと切り捨てるか、人によって別れそうです。

 所々クスリと笑えたりするけれど、この二人にしか分からないだろうところが殆どでした。

 お互いが淋しさを埋めるために相手を求める、っていう状況なら分かるけれど、この場合はちょっと違う気がするので、自分ではありえないかなぁ。


 2人の俳優さんは好きなので、特に損した気分では無いです。


      満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2018
12.14

エリック・クラプトン~12小節の人生~

Category: 映画
 12月11日(火)TOHOシネマズシャンテにて映画「エリック・クラプトン~12小節の人生~」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181211_150508.jpg
 今年最後の有給休暇を取ったので、本日2本目に本作品を選択。

 クラプトン好き(と思っている)としては、見ておきたい、と思い、12時35分上映回に入場、お客さんは70人位居たようです。


 あらすじ:さまざまなバンドを経て、ギタリスト、アーティストとしての人気を不動のものにしてきたエリック・クラプトン。その裏ではドラッグとアルコールに溺れ、息子のコナーを亡くすなど激動の私生活を送っていた。彼の半生を、日記や直筆の手紙、これまで世に出回っていない映像などを通じて振り返る。


 うーん、流石に寝てしまいました、です。

 演奏シーンや、楽曲をもっと観たり聴いたりしたかったですね、語りの部分が多すぎました。

 自分は前側の席だったんですが、それでも、2人の男性が途中退席していましたから、この方も演奏シーンを楽しもうと思ってきたんでしょうね。

 とは言え、”レイラ”が作られた裏にジョージ・ハリソンの奥さんとの関係に苦しみ、

 ドラッグに溺れ、

 アルコール依存に陥り、

 息子に先立たれ、

 こんなにも苦悩に満ちた人生だったことを知り、泣きそうになりました。

 でも、それらを乗り越えた今の彼はとても幸せそうで観終わって、安堵しました。


 勿論、帰ってから、しみじみクラプトンの曲を聴きましたよ。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.13

ポリス・ストーリー/REBORN

Category: 映画
 12月11日(火)TOHOシネマズ日比谷にて映画「ポリス・ストーリー/REBORN」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181211_092854.jpg
 ポスター探したけど何処にも無くて、こんな写メになってしまいました。

 バイト明け後、ソニーパークで行われていた東京FM「クロノス」を聴きながら、
IMG_20181211_081330.jpg

 あんほうじ茶を試飲させてもらいました。
    IMG_20181211_080731.jpg
 むっちゃ寒かったので温まりましたよ、有難うございました。

 その後、初めて入るTOHOシネマズ日比谷
    IMG_20181211_114457.jpg
 
 9時35分上映回に入場、お客さん6人でした。


 あらすじ:2007年の香港。国際捜査官のリン・トン(ジャッキー・チェン)は、危篤状態の幼い娘より仕事を優先し、他人の任務だった証人警護作戦に挑んだ結果、人工遺伝子がらみの陰謀に巻き込まれて大けがをしてしまう。2020年のシドニー。かつての事件を基にした小説の出版を契機に、身分を偽って生活していたリン・トン、犯罪組織、謎のハッカーたちが姿を現す。


 三度目の正直でやっと観る事が出来た、けど、”ポリス・ストーリー”では無かったです。

 予想はしてたから、失望はしてない、けど、違う題名にしてほしかった(こんなSFっぽい内容なら尚更)。

 まぁ、ジャッキーのアクションを見られるだけで有りがたい事なので、けがしないでやって欲しい。

 でも、CG使わなくても出来るアクションで作って欲しいな。

 
 まさかだけど、続編、なんてこと、ないよな、嫌な予感しかしないんだけど・・


      満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.11

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

Category: 映画
 12月10日(月)TOHOシネマズにて映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181210_091219.jpg
 フリーパスも残り1週間となってしまい、まだ8本しか観れていないので、ちょっと慌て気味に休みでも無いこの日にバイト明け後朝一9時15分上映回に入場、お客さんは6人でした。


 あらすじ:奥薗晶(有村架純)は急死した夫の連れ子を伴って、夫の故郷・鹿児島で鉄道の運転士をしている義父・節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、長い間顔を合わせていなかった息子の死、初めて会う嫁、そして孫の存在に困惑するが、行くあてがないという二人を家に住まわせることにする。生活のため仕事を探す晶は、亡き夫の夢でもあった鉄道運転士の試験を受ける。


 勿論、架純ちゃん見たさでしたが、昔ながらのヒューマンドラマという感じで悪く無かったです。

 鉄道ファンにはたまらんのでしょうかねぇ、自分は鉄道に詳しく無いので風景を楽しみました。

 あと、國村隼さん、良いですよねぇ、運転士にしか見えませんでしたから、安心して観ていられます。

 晶の生い立ちや背景などが描かれていなかったのには理由があったのでしょうが、気になりました。

 改めて”家族”について考えさせられます。


 観た人は、多分、おれんじ鉄道に乗ってみたくなることでしょう。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.10

くるみ割り人形と秘密の王国

Category: 映画
 12月8日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「くるみ割り人形と秘密の王国(2D字幕版)」をフリーパス鑑賞。
   IMG_20181208_091355.jpg
 先週に引き続きジャッキー映画を観ようとカウンターに行くと、朝一の回は埋まって居て、2回目、3回目なら大丈夫と言われ、じゃぁいいです、と答えた。

 どうするか迷いながら、上映作品と時間を探していると、無料鑑賞の席が空いているかどうかを確認できる欄があり、それをクリックすると、時間の下に”×””○”の記しが載っていた。

 それを頼りに、9時20分上映回の本作を選択して、入場すると。お客さんは70人程居た様です。


 あらすじ:14歳の少女クララ(マッケンジー・フォイ)は、機械をいじることが大好きで、ほかの子と遊んだりお洒落をしたりすることが不得意だった。ある日、彼女の豊かな想像力と聡明さを認めてくれていた母親が亡くなる。悲しみの中、彼女は“花の国”“雪の国”“お菓子の国”“第4の国”から成る秘密の王国に迷い込む。そこでクララは、自分のことをプリンセスと呼ぶくるみ割り人形フィリップやシュガー・プラム(キーラ・ナイトレイ)と出会う。


 通常ならお金を払って見る事は無いだろう作品ですが、時間潰し的にはまぁいいのかな、というところです。

 ”くるみ割り人形”のお話は全くと言って良いほど知りませんから、お話的にどうなのか判断出来ません。

 が、こういう話ではないな、というのは、察しがつきました。

 まぁ、ファンタジーなおとぎ話ですから、辻褄が、とか、何故そうなる?、とかイチイチ考えたら楽しめないでしょう。

 と言うことで、良い所を上げると、主演のクララ役の女優さんが可愛いかった。

 そして、バレエのダンサーの踊り(バレエの良さなんて分かりません)が素敵でした。

 あとは、えーっと、ハッピーエンドくらい、かなぁ(笑)。


 ちゃんとした”くるみ割り人形”を期待して観たら、多分残念なことになるのでは・・・


      満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.10

2018年シーズン終了

Category: サッカー
 12月8日(土)に行われた「J1参入プレーオフ決定戦」、ジュビロ磐田 2-0 東京ヴェルディ となり、J1に戻ることができませんでしたが、ヴェルディを応援してくださった皆様、本当に有難うございました。

 翌朝、ロティーナ監督とイバンコーチが退任とのニュースがあり、前にそういう情報が流れていたので驚きはしませんが、とっても淋しい限りです。

 然も、選手を何人か連れて行くとの情報もあり、残念でなりません。

 他にも居なくなる選手が出てくると思われますが、それでも来年ゼロからのスタートに、今まで通り応援していくしかないんですよね。

 スタッフ、選手、サポーター、関係者の方々、今年もお疲れ様でした、ゆっくり休んで、来年に備えましょう!
Comment:0  Trackback:0
2018
12.08

J1参入プレーオフ決定戦

Category: サッカー
 12月8日(土)14時からヤマハスタジアムにて、いよいよ「J1参入プレーオフ決定戦 ジュビロ磐田 vs 東京ヴェルディ」が行われます。

 この試合はNHKBS1でも放送されるということで、注目を集めているいるようです。

 そのお陰で、自分は82品川店にて店長と観戦することが出来ます。

 今日も、上下”緑色”でタオマフも用意して、プレーオフ1回戦、2回戦同様藤川さんにゴールを守ってもらうように祈りながら応援するつもりです。

 掲示板には、ヴェルディ以外のサポーターの方々から、”是非J1へ”との書込みが多数寄せられていて、本当に心強いです。

 どうか時間のある方はTVを見て、我らがヴェルディを応援して頂けるととても嬉しいです。


 そして皆さんの力で、ヴェルディをJ1に戻してあげて下さい!
Comment:0  Trackback:0
2018
12.07

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

Category: 映画
 12月4日(火)TOHOシネマズ錦糸町(楽天地)で映画「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181204_120758.jpg
 今日休みにしたので、2本目に本作を選択。

 実は”ガンダム”って全く見たことがありません。

 で、イキナリ本作の鑑賞って、やっぱ、無謀ですよね(大笑い)。

 とは言えこの機会を逃すと、一生観ないかも(実際一杯あり過ぎて今まで手を出さなかった訳ですから)と思い、タダというのもあり覚悟しました。

 12時15分上映回に入場、お客さんは40人程でした。


 あらすじ:ラプラスの箱が開かれてから1年後のU.C.0097年。後に「ラプラス事変」と呼ばれる争乱はネオ・ジオン残党軍「袖付き」の崩壊で終わり、最後の戦闘で戦ったフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツ「白き一角獣」と「黒き獅子」は封印されていた。ところが、2年前に消息不明になった「金色の不死鳥」こと「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」が地球圏に現れ......。


 色々ついていけないところはあるけれど、人気があるのは分かる気がしました。

 これはこれで、完結してるんですね、よくある何部作とかじゃなくてよかった。

 にしても、お話は悲劇で可愛そうでした。

 ”フェネクス”、かっけぇじゃないすか、どういう理屈で動くのか、イマイチ理解出来ませんが・・


 これを機に”ガンダムUC”っていうやつを、レンタルで見てみようと思いました。


      満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.06

ボヘミアン・ラプソディ

Category: 映画
 12月4日(火)TOHOシネマズ錦糸町(オリナス)にて映画「ボヘミアン・ラプソディ」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20181204_090720.jpg
 観よう観ようと思いながら時間が合わず、やっと今日観る事に。

 9時10分上映回に入場。お客さんは50人程でした。


 あらすじ:1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。


 楽曲は知っていますが、クイーンやフレディについては殆ど知りません。

 なので、制作途中に出てくる曲や最後のライブの曲はノリノリになりますが、ドラマとしては物足りなく感じました。

 ライブ・エイドありきで作られたためと思われますが、フレディ以外のメンバーにはほぼ触れず、フレディに関しても、彼の苦悩が伝わりずらかったのは、”ある程度は知っているでしょ”、の上で作られたのかな・・

 それに、どうやら、真実とかけ離れたところも多いみたいで、あくまでフィクションとして受け止めた方が良いようです。


 本作品がお気に入りの方には申し訳ありませんが、これだったら、昨年公開されたビートルズのドキュメンタリーみたいなもので観たかったです。


 改めて、クイーンの楽曲を聴き直したくなりました。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
12.03

J1参入プレーオフ2回戦

Category: サッカー
 12月2日(日)13時開始の「J1参入プレーオフ2回戦 横浜FC vs 東京ヴェルディ 戦」をHUB錦糸町店にて一人で観戦。

 今回も勝たなければ次に進めない厳しい戦いですが、何時も以上に念を送ります。

 大宮戦の時とは違い、横浜FCの方は前線から激しくチャージしてきて、ヴェルディはなかなか攻撃出来ない状態が続く。

 攻撃しようとすると、ファールで止められてしまう。

 そんな中、ヴェルディのシオンくんがイエローを貰う。

 この辺りは前回(内田選手のイエロー2枚で退場)と同様、カードを出すほどとは思えない判定に首を傾げてしまう。

 多分、先週のようにならないように、後半早々、シオンくんは梶川選手と、リ ヨンジ選手はレアンドロと2枚代えする。

 そして後半29分には奈良輪選手に代えて、ドウグラス選手(ケガ明け大丈夫か?)が入り、攻撃的な3枚目のカードを早めに切った。 

 攻撃の回数は増えたが、逆に、パスミスなどで危ないシーンも幾つか出てくる。

 前半にもイバに決定的なヘディングシュートを打たれるが、ポストに助けられたり、GK上福本の好セーブや、ギリギリ枠を逸れたりと、思わず声を上げてしまうシーン(スイマセンでした)がありながら、藤川さんがゴールを守ってくれているんだと思わされ、0-0のまま、90分が過ぎ、アディショナルタイム7分の表示。

 祈る両手に力が入ってしまう、そんなAT5分過ぎにCKのチャンス。

 GK上福本選手も上がってきて、優平がCKからボールを蹴る。

 すると、その上(神)福本がヘッドでシュート。

 が、GK南選手の体に当たり、ボールが前に転がる。

 と、そこにドウグラスの足が伸びて、ネットを揺らしたーーーーぁ!

 何という”奇跡”だ、”ミラクル”だーーぁ!!

 喜びを爆発させる、ドウグラスはゴール裏サポーターに飛び込んだー。

 そのサポーターと同じように喜びの雄叫びを上げる俺(ホント御免なさいお店の方々)!

 とはいえ、早くプレー再開して、ホイッスルを聴いてから、もっと喜ぼうよ、と突っ込んでしまった。

 9分は過ぎているが、プレーが再開してもなかなか笛が鳴らずじれてしまうが、何とかこのまま終了した。

 もう、目が潤んでしまいました。

 と、店長から喜びのメールが届き、次週の決定戦は品川でも放送するとのこと。

 てことは、一緒に観戦できます、そして、一緒に喜びたい!

 今日だけはこの”奇跡”に酔いしれます。

 そして、喜びの涙は12月8日(土)の磐田戦に取っておきます。

 
Comment:0  Trackback:0
back-to-top