FC2ブログ
2018
10.20

若おかみは小学生!

Category: 映画
 10月16日(火)TOHOシネマズ錦糸町にて映画「若おかみは小学生!」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20181016_162654.jpg

 先程新宿で映画を観た後、大久保公園の大つけ麺博で鶏そばを食べ、ネットカフェで2時間休もうと横になるが寝られず、品川に行くが82店長がまだ来ていないとのことで、錦糸町に移動しながら店長にメールして、TOHOシネマズ錦糸町へ。

 本作品は現在、都内のTOHO系では西新井、府中、錦糸町の3館での1日1回上映だけのようで、錦糸町での鑑賞を選択。

 16時30分上映回に入場、お客さんは28人程でした。


 あらすじ:交通事故で両親が他界した小学6年生のおっこは、祖母が営む旅館「春の屋」に引き取られる。ライバル旅館の跡取り娘で同級生の真月や、昔から旅館に住み着いているユーレイのウリ坊たちと交流しながら、若おかみの修業に奮闘するおっこ。彼女は、失敗を重ねながらも訪れた客を懸命にもてなそうとしていた。


 児童小説では有名なお話らしいのですが、子供向けの内容だろうと公開当初は観るつもりは無かったのですが、口コミでどうやら”老若男女感動できる”らしい事を知り、観る事にしましたが、終盤には涙が止まりませんでした(驚)。

 両親を亡くした小学生のおっこがどうやって立ち直って行くのかを丁寧に描いています。

 虫やユーレイや旅館を訪れるお客さん達全てに意味があり、おっこの成長に関わっていきます。

 旅館のお客さんに対して、あそこまでやってあげる、おっこのひたむきさには本当に感動します。

 50歳過ぎのおっさんが、おっこにまるで生き方を教えられたようでした。


 絵の雰囲気が子供向けに見えてしまうので、勝手に思い込んでしまうと、後悔することになると思いますので、少しでも気になった方は、どうか映画館に足を運んで頂きたいです。



       満足度:★★★★☆




 P.S. 10月20日(土)から都内では公開劇場が一気に増えたようなので、観に行きやすくなりますね。
    慌てて行った自分はバカみたいです。
    まぁ、もう一回観てもいいかな・・
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top