FC2ブログ
2018
10.18

日日是好日

Category: 映画
 10月16日(火)新宿ピカデリーにて映画「日日是好日」をSMTメンバーズデイ1100円(インターネット購入のみ)で鑑賞。
    IMG_20181016_092454.jpg
 本日は休みを取り、バイト明け後、銀座ソニーパークに行き「クロノス」の公開生放送を見学し、新橋で朝ラーを食べ、新宿に戻りピカデリーへ。

 朝一9時35分の上映回に入場、お客さんは年配の方が多く100人程居た様です。


 あらすじ:大学生の典子(黒木華)は、突然母親から茶道を勧められる。戸惑いながらも従姉・美智子(多部未華子)と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさん(樹木希林)の指導を受けることになる。


 森下典子さんが約25年間にわたって町の茶道教室に通った日々を綴るエッセイを元に映画化されたとの事で、日常を淡々と描いている内容ですが、退屈する事なく観る事ができました。

 ”一期一会”という言葉が茶道に由来することくらいしかしらない自分ですが、表千家や裏千家などの家元の違いもわからない(特にお話には出てきませんが)し、茶室に飾られる掛軸がその時々に代えられ、意味のあることだったことも新鮮に感じました。

 1日1日が同じ繰り返しのようだけれど、季節は変わるし、同じ雨音でも、よく聴くと違っていたり、水とお湯でも音が違っていたり、色んな”音”を感じる映画でもありました。

 多部ちゃんは可愛すぎるけど、黒木さんは、こう言っては申し訳ないけど、地味な感じが役に合っていたと思います。

 そして武田先生を演じた樹木希林さんに関しては、”先生に合ったことが無いのに、お点前がそっくりなときがある”、と森下さんがコメントしていらしたのを見て、”やっぱり凄い女優さん”だったんだと、改めて亡くなったことを残念に思いました。


 本作を観た人それぞれが「日日是好日」の意味を自分なりに解釈して、皆様の心に残る映画になればいいなぁ、そんな風に思います。



      満足度:★★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top