FC2ブログ
2018
10.11

銀魂2 掟は破るためにこそある

Category: 映画
 10月2日(火)新宿ピカデリーにて映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」をポイント鑑賞。
    IMG_20181002_105007.jpg
 本日、漫画原作実写版2作目を観るためにピカデリーに移動し、10時50分上映回に入場、お客さんは40人程でした。


 あらすじ:天人(あまんと)が台頭する江戸。家賃を払うお金もない万事屋3人衆は、生活のためにアルバイトを始めるが、どのバイト先でもなぜか天下の将軍様と遭遇する。同じころ、江戸の治安を守る特殊警察・真選組で内紛が起こり、創設以来最大の危機は、将軍をも巻き込む陰謀へと発展する。


 前作を観た後に、TVアニメ第一期をレンタルDVDで見て、どちらも面白い事が分かり、本作も楽しみにしていました。

 尺が長くなり、スケールも下らなさもパロディもアップしていて、遣りすぎてませんか?っていう位で、今回も大笑いさせてもらいましたよ。

 「響」の作家役とは真逆の役だけど、改めて小栗旬の懐の深さを感じました、日本アカデミー賞にはノミネートされないけどね(笑)。

 アクションもてんこ盛りで、特に好きなところは、神楽と沖田が力を合わせて戦うシーンが良かった。

 こういう架空の設定で、バカバカしくて、ふざけた内容だから、何でもアリだし、細かい事は気にしなくていいから、単純に楽しめる。

 原作に思い入れがある人は、”これは銀魂じゃない”、って否定的になるかもしれませんが、あくまで原作とは別の実写版と認識して観て欲しいです。

 あと、back numberの主題歌ですが、恋愛もののイメージがあったので、随分冒険したなぁと思ったんだけど、映画を観た後に聴くと、内容に合っていて中々の出来で良かったです。

 益々back numberが好きになりました。


 まだ続き、作るのかなぁ・・


      満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top