2018
06.09

万引き家族

Category: 映画
 6月2日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「万引き家族」をポイント鑑賞。
    IMG_20180602_082414.jpg
 言わずと知れた第71回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した本作品が今日・明日先行上映されるとのことで、バイト明け後朝一8時30分上映回に入場、お客さんは70~80人程と思われます。


 あらすじ:治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。


 確かに、是枝作品の集大成的な映画になっていましたし、色々考えさせられる内容でした。

 家族とは・・、親子とは・・、幼児虐待や、非正規雇用、風俗等々。

 血の繋がりの無い6人が、時には必至に、時には楽しく”本当の家族”以上に生活しています。

 勿論悪い事をして生活しているので肯定出来ないのは分かっているけど、かと言って、元に戻っても幸せになれるとも思えない。

 何とも歯痒い関係性で、救いが無いとも言えます。

 なので、お話としては楽しめる要素があまり有りませんが、三人の女優さん達の演技は”化け物級”(リリーさんがそうコメントしてました)なので、決して見逃せません。


 花火の音しか聞こえないのに、6人が縁側で空を見上げるシーンが印象的でした。


 パルムドールを受賞した作品がどういうものなのか、映画館で確かめてみては如何でしょう・・・


       満足度:★★★★

 










 P.S. この後、御茶ノ水まで歩き、13時から行われた「中西哲生のクロノス公開収録”中西哲生×松木安太郎トークイベント”」に参加しました。
IMG_20180602_124852.jpg

 スーパーゼビオスポーツ御茶ノ水店の入口横↑(人だかりが確認できるでしょうか・・)で立ち見で直射日光が熱かったですが、約1時間楽しいお話が聞けました。

IMG_20180602_130339.jpg

 ロシアW杯のお話がメインのはずなんですが、松木さんが登壇して、いきなり、

 ”お店で海パンやゴーグル(10倍曇らない?らしい)を買ってました”、と掴みのトークで早速笑いを取ってました。

 すると、中西さんが、

 ”松木さんと初めて会った時、練習の後にグラウンドで都並さんと焚火したんですよ”

 と、当時衝撃を受けたお話をしてくれました。

 まぁ、こういった感じでなかなかW杯の話題が出てこないところも松木さんらしさですよね。

 で、やっと日本代表の話になり、日本代表に中島翔也が選ばれなかった事をお二人とも残念がっていました。

 で、W杯で注目の国を聞かれ、松木さんは”クロアチア”と答えていました。

 中西さんの今回の優勝国予想は”ブラジル”か”スペイン”とのこと。

 前回の優勝国”ドイツ”を見事当てているので、今回も注目したいと思います。


 松木さんが下がった後、クロノス木・金のアシスタント:綿谷エリナさん(6か国語?を話せるらしい)が紹介され、
IMG_20180602_134912.jpg
 本日の収録が、来週・再来週木曜日のクロノスで放送されることと、後日ゼビオの店内でも聴くことができますと、告知してお開きとなりました。



 ロシアW杯開催が直ぐそこまで来ているのに、全く盛り上がっていない様に思うのですが、皆で日本代表を応援しましょうね!!
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top