2018
05.29

恋は雨上がりのように

Category: 映画
 5月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「恋は雨上がりのように」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20180526_082408.jpg
 原作、TVアニメは見てませんが、女子高校生が28歳年上のオッサンに恋するお話ってことだったので観てみようと思い、バイト明け後朝一8時30分上映回に入場、お客さんは30数人でした。


 あらすじ:陸上競技に打ち込んできたが、アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。放心状態でファミレスに入った彼女は、店長の近藤正己(大泉洋)から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、この店でアルバイトを始めることにする。バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、彼女は近藤に心惹(ひ)かれていく。日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、ついに近藤に自分の気持ちを伝えるが……。


 ハッピー55適用のオッサンの感想として、(梅雨時では無い)雨上がりの清々しさが味わえる、そんな青春映画でした。

 あきらが、店長に”恋”をしたのは、心の隙間に入り込んできた店長の優しさであって、この状態でなければ、きっと”恋”することはなかったんだと思います。

 だからと言って店長以外でも良かったのかと言えば、それは多分成立していなかったんだろうな、と。

 あきらが、店長に”好きです”と告白したとき、

 店長は、”良かったーぁ、てっきり嫌われているのかと思ってたよー”

 と、至極まっとうな返答を返しますが、自分も同じ立場ならそう言うだろう、うん。

 でも、2度目の告白に、どうしようも出来ずデートの約束をしてしまう。

 そして、映画を観て、食事して、で、帰ろうとするが、あきらが帰ろうとしないので、仕方なく、”ある所”へ行く。

 この”ある所”は自分じゃ、連れて行かないかなって思いましたが、ここから、二人のその後が変化していきます。

 そう、この映画は、”恋”をキッカケに二人の夢に一歩前進する、そういうお話がメインだったんですねぇ。


 って、これって、ネタバレになっちゃったら御免なさい。

 
 まぁ、なので、観終わってここまで爽やかな気持になったんだろうな、と。

 前にも書きましたが、小松菜奈ちゃんが苦手な自分ですが、この役は合っていたと思います。


 自分も残りの人生、燻ってる夢に悪あがきしてみようかな、と思いましたよ。


  ”臭い”とか”汚い”の一言で片付けられるそんなオッサンに現実ではほぼ起こりえない設定なので、現実逃避して楽しむのも有りだと思います。


      満足度:★★★★











 P.S. この後、府中競馬場に行き、
IMG_20180526_114503.jpg
 ”グルメキングダム”で、西麻布けんしろうのステーキ丼と富士桜高原麦酒のミュンヘンラガーを飲食↑

 地下1Fのハロンボーで生ビール小とモツ煮込みも飲食する。




 その後、味スタに移動。

 本日の、東京V vs 愛媛FC 戦(16時開始)は、前売りチケット半額だったので、初めてメイン側SS席2000円(普段4000円)を購入して13時55分頃入場しました。

 チケット購入時は空席が少なかったのに、実際はそこまで埋まって居なかったのは何故?・・

 着席して直ぐ、早稲田大の学生からアンケートを頼まれ、記入し始めたら、

 IMG_20180526_140340.jpg
 ”藤川孝幸激励マッチ”(発起人:ラモス氏)が始まった。

 前・後半15分ハーフで、ヴェルディOBとJリーグOBの混合チームで対戦しました。

 藤川孝幸氏の挨拶では、現病状(がんが9か所)を報告し、”何とか奇跡を起こしてみんなに恩返しをしたい”と力強く語ってくれました。

 歩くのも辛そうで、何とか良くなって欲しいと、切に思いました。

 ピッチでプレイしているオジサン達(愛をこめて言ってます)はそれ以上の気持ちでプレイしたんだと思います。

 ゲームの後、ラモス氏と藤川氏がハグしていました↓
IMG_20180526_145534.jpg
 
 その後、アンケートを記入し係員に渡してボールペンを貰い、コンコースに出て、愛媛県物産ブースで買い物し、ヴェルディグッズを見て、Tシャツ欲しかったけど、手持ちに余裕が無かったので諦め、ヴェルディ君が通りかかったので見たら”誠”と書かれた法被を着てて、何時もより勇ましく見えました。

 って、何だかんだしていたら、選手入場になりゲーム開始(写メの時間合ってません、スミマセン)。
IMG_20180526_151607.jpg


 で、結果は↓
IMG_20180526_175733.jpg
 こんな良い席だったのに、ゲーム内容が残念すぎでした。

 藤川氏たちを見なかったら、正直、金返せって言いたいですよ。

 日本代表の本田選手と練習して何かしらの刺激を受けただろうし、前座の”激励マッチ”で感じるものもあったはずなのに、ゲームを見ていてもピッチに居る選手から勝とうという気持ちが伝わってこないだなぁ。

 チケット半額なのに、観客は4000人を超えた位しか入らないのもしょうがないのかな、と、なってしまう。

 頼むから、観ているこちら側が、熱く応援したくなるようなプレイを見せてくれ!!


 次はアウエー2連戦、日曜日なので試合は見られないが、ゴールを期待しています。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
05.26

GODZILLA 決戦機動増殖都市

Category: 映画
 5月22日(火)TOHOシネマズにて映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20180522_094047.jpg
 前作を観てしまったので、三章の内の二章目の本作も観る事に。

 バイト明け後、朝一9時40分上映回に入場、お客さんは8人でした。


 あらすじ:ゴジラに支配された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだ人類は勝利するが、地中深くから巨大なゴジラ・アースが現れ、その圧倒的な破壊力に大敗を喫する。仲間たちとはぐれたハルオは、人類の生き残りと思われるフツアの民に助けられる。やがて、彼らの武器がかつて対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものからできていることが判明し……。



 果たして、これを”ゴジラ映画”と呼んでいいのだろうか・・・というレベルにまできてるんじゃないのかなぁ。

 やっと、最後の方で人類vsゴジラの対決が観られるが、それまでは、何のお話なのか、”ゴジラ”じゃなくていいんじゃないか?という位だし、SFっぽさも感じられない。

 然も、今回誰もが期待していた”メカゴジラ”があれじゃ、萎えてしまいます。

 何故、こんな事になってしまったのか、前作を観て後悔したけど、今回は輪を掛けてガッカリしてしまった。


 第三章は今年の11月に公開予定だけど、ここまで来たら心中覚悟で観ますよ、しょうがない。


      満足度:★★
Comment:0  Trackback:0
2018
05.22

モリのいる場所

Category: 映画
 5月19日(土)シアタス調布にて映画「モリのいる場所」をハッピー55で鑑賞。
    IMG_20180519_082214.jpg
    IMG_20180519_084021.jpg
 バイト明け後競馬場に行く前に映画を観れないだろうかと探したところ良い時間に上映していたので行くことに。

 8時45分上映回に入場、3列目の右端に着席、お客さんは50数人でした(殆ど年齢高めの男女)。

    IMG_20180521_022621.jpg
 入場者プレゼント(ポストカード)貰いました↑ 

 この次の上映時間(11時~)は舞台挨拶があったため満席でした。


 あらすじ:画家の守一(山崎努)は、草木が生え、いろいろな種類の生きものが住み着く自宅の庭を眺めることを30年以上日課にしていた。妻と暮らす守一の家には、守一の写真を撮る若い写真家の藤田、看板を描いてもらおうとする温泉旅館の主人、隣人の夫婦など、来客がひっきりなしだった。


 「南極料理人」「横道世之介」など好きな映画の監督:沖田修一さんの最新作なので観たいと思っていました。

 今回は”沖田ワールド”+”熊谷守一ワールド”となって、より独特の世界がパワーアップされていました。

 庭の草木と一体化した”モリ”のショットがファーストシーンで流れ、その中で生息している”生き物”達の営みを丁寧に写し取って観せてくれます。

 そんな生き物を日がな一日見つめ続ける”モリ”をカメラで撮り続ける写真家の藤田。

 ”モリ”は藤田に、

 ”アリは左2番目の足から動きだす”

 と言い、藤田と助手の公平によーく見るように勧める。

 そんな二人に引き摺られるように、観客もスクリーンを凝視してしまう(笑)。

 当然、”2番目の足”なんて見分けられる訳も無く・・

 こんな風に、周りに居る人だけでなく、見ているこちら側までも”モリ”に引き付けられてしまう。

 妻役の樹木希林さん、初共演とは思えない息の合った”夫婦”でした。

 そして、そんな二人のお手伝いをしている池谷のぶえさんは、この人以外有り得ないようなキャラでした。

 足がつるシーン(3回かな)が何とも可笑しかったです。

 そんな満点と思える内容だけど、腑に落ちないシーンが2か所ありました。

 まず、”ドリフのコント”と思しき金タライが落ちてくるところは、笑えないし、映画の雰囲気が台無しな感じがした。

 そして最大の謎、”しらない男”として配役された三上博史さん。

 書込みを見ると”宇宙人?”って思っている人が多いようですが、それでいいんでしょうか?

 それ以外には受け取れないとしても唐突過ぎな気がしました。

 いや待て、”モリ”が池を眺めてるシーンがありましたが、あれは宇宙と交信でもしていたということなのか?

 そう考えると、重要なシーンだったりするのかなぁ・・

 でもそうなると、映画の趣きが大分変ってきてしますような気がしますが、ねぇ。


 まぁ、本作をご覧になって、一日を心穏やかに過ごしてみては如何でしょうか。



       満足度:★★★☆





 P.S. 映画を観た後、府中競馬場へ移動し、

IMG_20180519_111639.jpg
 ”どんぶりフェス”のミルフィーユかつ丼を食べ↑

IMG_20180519_120048.jpg
 ”オークスガーデン”なる色んなお花の花壇が綺麗に造成されていました。

IMG_20180519_115812.jpg

 先程観た映画に触発された訳ではないでしょうが、赤ワインの試飲を味わいながら、綺麗な花々を愛でました。

IMG_20180519_120946.jpg
IMG_20180519_121140.jpg
IMG_20180519_121707.jpg

Comment:0  Trackback:0
2018
05.19

レディ・プレイヤー1

Category: 映画
 5月15日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「レディ・プレイヤー1(IMAX3D字幕版)」をポイント鑑賞。
    IMG_20180515_085729.jpg
 バイト明け後朝一9時10分上映回に入場、お客さんは55人程(上映始まってるのに、真ん中の席に入ってくる邪魔な3人を含む)でした。


 あらすじ:2045年、人類は思い浮かんだ夢が実現するVRワールド「オアシス」で生活していた。ある日、オアシスの創設者の遺言が発表される。その内容は、オアシスの三つの謎を解いた者に全財産の56兆円とこの世界を与えるというものだった。これを受けて、全世界を巻き込む争奪戦が起こり……。


 映像面に関しては流石スピルバーグといったところです、ゲームをやっている気分になれます(普段全くやりませんけど)。

 人がやっているゲームを見て楽しめるかどうかは人に寄るでしょうけど自分は、まぁ楽しめました。

 ”デロリアン”や”金田バイク”の爆走シーンはやっぱり心躍ります。

 ただ、レースシーンは一つ目の鍵をゲットするためのもので、それ以降はRPG的な謎解きに時間が割かれ、終盤の”アイアン・ジャイアント”(動いたときには叫びたくなりました)や”ガンダム”や”メカゴジラ”の戦いまで、お楽しみはお預けな感じでした。

 とはいえ、懐かしい音楽の数々が聴けるし、退屈はしません。

 観ている間は気付かなかったけど、お話的には特別感動するようなものでは無かったんですね。

 ”リアルは現実だけ”というメッセージが全てな感じでした。


 DVDで一時停止しながら何度か見直して、見逃したキャラを探したい、そんな映画です。


 個人的には「ペンタゴン・・」の方が良い出来だったと思います(全くジャンルが違うので比較するのもどうかと思いますが・・)。



      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
05.14

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

Category: 映画
 5月12日(土)シアタス調布にて映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」をハッピーゴーゴー価格で鑑賞。
    IMG_20180512_114844.jpg
 観たいと思っていた作品を見逃してしまう事が多い最近ですが、本作は何とか観る事ができました。

 11時50分上映回に入場、お客さんは20人程でした。


 あらすじ:ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。


 スピルバーグ監督が「レディ・プレイヤー1」制作中にも関わらず、トランプ大統領就任後直ぐに本作の制作を決めたと言われていますが、”今この時”に観客に観て欲しいという監督の思いが込められた作品なんでしょう。

 当時のニクソン大統領と、今のトランプ大統領がダブって見えてしまうのもそのせいなんだろうか。

 ”報道の自由”の元、メディアは政治や権力者の”番人”となって真実を国民に知らせる義務があるとしていう誇りを持って、”ベトナム戦争における軍事行動の事実”を暴こうとする。

 ただ、彼らメディア側も大統領や大臣と付き合いがあったりして、そう簡単には事が進まなかったり、たとえ記事を発表しても、政治的圧力がかかってしまう。

 そんなニューヨーク・タイムズの事があっても、トム・ハンクス演じるワシントン・ポストの編集主幹は記事にすべきだと譲らない。

 しかし新聞社の重役たちは、そんな事をしたら会社が潰れてしまうと猛反対する。

 結果、メリル・ストリープ演じる社主に委ねられるのだが・・・


 まだまだ”男女平等”にはほど遠いこの時代ならではの風刺も込められた結末ともとれそうです。


 そしてラストは”あの事件”に繋がる?終わり方です。


 監督からの”警鐘”を映画館で受け止めましょう!


       満足度:★★★★








 P.S. 先週同様、映画を観る前に府中競馬場に行き、

IMG_20180512_091456.jpg
 ”沖縄フェス”の沖縄そばとアグー豚の餃子↑

 IMG_20180512_100321.jpg
 ソーキそば↑ を食べたり(肉以外変わんない)、

 IMG_20180512_094557.jpg
 来場ポイントを貯めて5等賞(参加賞みたいなもの)を貰ったり↑ してきました。




 そして映画の後は、山口 vs 東京V 戦 をHUBで観戦。

 結果はご存じの通り、4-3 で山口の逆転勝利、東京Vはとうとう4連敗となりました。

 前半0-2で勝っていて、今日は美味しい酒になりそうだと思っていたのに、こういうゲームで勝てなければ、ずっと勝てない気がしてしまう・・

 このまま降格まっしぐら、なんてことにならないで欲しいッス
Comment:0  Trackback:0
2018
05.09

アンロック/陰謀のコード

Category: 映画
 5月8日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「アンロック/陰謀のコード」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20180508_082727.jpg

 バイト明け後朝一8時30分上映回に入場、お客さんは17人程でした。


 あらすじ:CIAで指折りの取調官だったアリス(ノオミ・ラパス)は、ある受刑者の尋問に失敗し多数の犠牲者を出したことで第一線を退き、現在はケースワーカーとして働いていた。ある日、彼女はバイオテロ計画の容疑者尋問のためCIAに呼び戻されるが、かつての同僚からの連絡でそれがわなだとわかり、内部に裏切り者がいることを知る。真相を明らかにし、テロを食い止めるため、彼女は立ち上がる。


 B級的雰囲気の映画なのに脇役が何故か豪華で、勿体無いような、でも個性が強すぎるせいで、誰が悪い奴か分かってしまう、そんな配役。

 それでも、途中までは、誰が味方なのか分からなかったので楽しめたのですが、最終的にバイオテロを起こす理由についてイマイチ理解に苦しみ、然も何故”ロンドン”?。

 まぁ、テロに理由があろうが無かろうが関係なく、起こして欲しくは有りませんけどね。


 好みの問題なんでしょうけど、アリス役の人にあまり魅力を感じなかったのが残念でした。


 ストーリー展開が早く、退屈しなかったので、良しとしましょうか、特にお勧めするまでは行きませんけど・・


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2018
05.08

パシフィック・リム:アップライジング

Category: 映画
 5月3日(木)新宿ピカデリーにて映画「パシフィック・リム:アップライジング(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20180503_080934.jpg
 今日から3連休と言うことで、バイト明け後朝一8時10分上映回に入場、お客さんは22人程でした。

 本当は「ペンタゴン・ペーパーズ・・」が観たかったけど混んでいたので、こちらを選択しました。


 あらすじ:巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。

 ギレルモ・デル・トロ監督作品じゃない時点で残念な結果になるだろうと予想はしていたけど、本当にそうなってしまうとは。

 お話も、ここまで無理くり作らなくてもよかったんじゃないの?っていうレベルなので、何かモヤモヤした気持ちのまま終盤のバトルを迎えることに。

 前作からの登場人物もそうだけど、新キャラの扱いが浅いというか大事に描かれていない感じがした。

 結局、見所は”KAIJU”とのバトルだけ、となるのだけれど、何故か前作のイェーガーと違って重量感が感じられなくて残念なんです。

 然も、舞台が日本の”東京”と呼ばれる場所なんですが、どう見ても”東京”感ゼロで、逃げ惑う人々は中国人だけ。

 そして、背景には”富士山”?が、デン、と聳えてます、って近すぎだろ。

 お金掛かってるんだから、ロケハンくらいはちゃんとやってよ、と言いたくなる。


 そして、まだ続ける気か、って予感がしてしまう終わり方でした。

 デル・トロ監督がやってくれるなら良いけど、そうじゃなかったら、他の作品でやって、って思いますよ。


      満足度:★★☆





 P.S. この後、東京V vs 金沢 戦を味スタに観に行きましたが、1-4 の大敗でした。

    個人的な”無敗”記録も遂に終わってしまった・・・
Comment:0  Trackback:0
2018
05.02

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Category: 映画
 4月28日(土)シアタス調布にて映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2D字幕版)」をハッピーゴーゴー価格(1100円)で鑑賞。
    IMG_20180428_120544.jpg



 本日バイト明け後、府中競馬場へ行き、
IMG_20180428_092016.jpg
 こんな物や↑

IMG_20180428_102619.jpg
 こんな物を食べ↑

IMG_20180428_094640.jpg
 デザートにこれを食べて↑

IMG_20180428_100356.jpg
 腹ごなしにスタンプラリーをして↑

IMG_20180428_100854.jpg
 くじを引いたら2等賞でした↑

 
 えーっとスイマセン、映画と関係無いお話をしてきましたが、本題に戻りましょう。




 その後、調布に移動して、シアタス調布に初めて訪れました。

 何故ここかと申しますと、”ハッピーゴーゴー”なるサービスを行っているから。

 この前55歳になった事を書きましたが、55歳以上は何時でも1100円で映画が観られるサービスなんです。

 通常の映画館のシニア割(60歳以上)と同等ということになります。

 自分にとっては素晴らしいサービスですが、わざわざ電車賃を掛けたらあまり意味がありませんが、京王線沿線に用事があるときは利用する機会が増えそうです。

 と、12時10分上映回に入場するとお客さんは半分は埋まって居たようなので100人位は居たようです(キャパ213席)。


 あらすじ:それぞれ異なるパワーを持つインフィニティ・ストーンが六つそろうと、世界を滅ぼせるほどの力が得られるという。アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、スパイダーマン(トム・ホランド)らアベンジャーズはほかのヒーローたちと共に、インフィニティ・ストーンを手に入れようとたくらむサノス(ジョシュ・ブローリン)に立ち向かうが……。


 マーベルスタジオ10周年記念作品に相応しい内容でした!

 もう凄い、としか言いようがありません。

 そして、何も喋れません。

 何故って、言いたい事を書いたらほぼネタバレになってしまいますから。

 マーベルヒーロー勢揃いまでは行かなくても、まぁ大体のヒーローは出てきますし、それぞれにちゃんと役割があり、目が離せません。

 ”サノス”強いとは聞いてましたが、ここまでですか、強すぎですよ、ホントに。

 そして、ラストはとんでもない事に・・・

 いやー、喪失感、ハンパ無いっす。

 どうなるの?、これから・・

 まだ続くんですね、エンドロール後の映像も観ましょうね。


 どうせ観るなら、関連作品全て見ておくと良いでしょう。


 劇場で観て、自分と同じように震えて下さい。



      満足度:★★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top