FC2ブログ
2018
04.26

いぬやしき

Category: 映画
 4月24日(火)新宿ピカデリーにて映画「いぬやしき」をポイント鑑賞。
    IMG_20180424_083553.jpg
 原作は未読ですが、予告編を見て面白いかもと思い、バイト明け朝一8時35分上映回に入場、お客さんは15人程でした。

 そういえば、映画観るの2週間以上振りなんだなぁ。


 あらすじ:定年を控えるうだつが上がらない会社員・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は謎の事故に巻き込まれ、目が覚めると見た目は変わらず、体の中はサイボーグになっていた。超人的な能力を手にしたことを自覚した彼は、その力を人のために使うことで存在意義を見いだすようになる。一方、犬屋敷と同様の事故で同じ能力を備えた高校生・獅子神皓(佐藤健)は、敵対する人間を全て消し去りたいと考え……。


 TVアニメもあったんですね、後々見てみようと思います。

 と、いうのも、実写版よりアニメの方が内容的に観やすいんじゃないかな、と思ったから。

 犬屋敷が人間で無くなってからの感情(以前の状況も含め)は良く理解出来るが、獅子神の感情がよく分からない。

 映画では人間だった頃の説明が無かったせいだとは思うんだけど、何故何の関係もない一般市民を惨殺するようになったのかなぁ。

 獅子神が警察から追われるようになってからの行動はまだ、分からないでもないけど、新宿での無差別殺戮は遣りすぎでしょう。

 そもそも、”バンっ”って指さした人を、どういう技(理屈)で、画像越しに殺せるのか、理解出来ません。

 そもそも宇宙人がどういう理由で二人を改造したのかも、考えないで楽しんだほうがいいんだろうか。


 評判も概ね高評価なので、他の人と較べて観る観点がズレているのかもしれません。


 まぁ、普段見慣れた新宿での空中戦は映像的に観ていて面白いとは思いましたけど。


 自分もどうせこんな”力”が使えたら、”ジジイ”と同じ行動をすると思いたい。


      満足度:★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top