FC2ブログ
2018
04.26

いぬやしき

Category: 映画
 4月24日(火)新宿ピカデリーにて映画「いぬやしき」をポイント鑑賞。
    IMG_20180424_083553.jpg
 原作は未読ですが、予告編を見て面白いかもと思い、バイト明け朝一8時35分上映回に入場、お客さんは15人程でした。

 そういえば、映画観るの2週間以上振りなんだなぁ。


 あらすじ:定年を控えるうだつが上がらない会社員・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は謎の事故に巻き込まれ、目が覚めると見た目は変わらず、体の中はサイボーグになっていた。超人的な能力を手にしたことを自覚した彼は、その力を人のために使うことで存在意義を見いだすようになる。一方、犬屋敷と同様の事故で同じ能力を備えた高校生・獅子神皓(佐藤健)は、敵対する人間を全て消し去りたいと考え……。


 TVアニメもあったんですね、後々見てみようと思います。

 と、いうのも、実写版よりアニメの方が内容的に観やすいんじゃないかな、と思ったから。

 犬屋敷が人間で無くなってからの感情(以前の状況も含め)は良く理解出来るが、獅子神の感情がよく分からない。

 映画では人間だった頃の説明が無かったせいだとは思うんだけど、何故何の関係もない一般市民を惨殺するようになったのかなぁ。

 獅子神が警察から追われるようになってからの行動はまだ、分からないでもないけど、新宿での無差別殺戮は遣りすぎでしょう。

 そもそも、”バンっ”って指さした人を、どういう技(理屈)で、画像越しに殺せるのか、理解出来ません。

 そもそも宇宙人がどういう理由で二人を改造したのかも、考えないで楽しんだほうがいいんだろうか。


 評判も概ね高評価なので、他の人と較べて観る観点がズレているのかもしれません。


 まぁ、普段見慣れた新宿での空中戦は映像的に観ていて面白いとは思いましたけど。


 自分もどうせこんな”力”が使えたら、”ジジイ”と同じ行動をすると思いたい。


      満足度:★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
04.23

誕生日前日の行動

Category: 未分類
 4月21日(土)、バイト明け後、コーヒーを飲みながら競馬予想し、8時半過ぎに京王線で府中競馬場へ。

 IMG_20180421_120320.jpg
 東京開催の春競馬が今日から始まり、”MEGAグルメフェスティバル”も同時開催(自分はこちらがメイン)されるので、今年も毎週来ることになりそうです。

 まず、500円分の馬券を購入し、”JRA競馬博物館リニューアル記念スペシャル抽選会”に並んだ。

 10分程で順番が来て、購入馬券を提示し、くじを引くと”B賞”の文字が。

 商品と参加賞の引換券を受け取り、馬場内のグルメフェスに開場へ移動。

 9時45分頃と時間が早いため、殆どどのお店にも行列が無いので選び邦題です。

 目当ての”築地えび金の海老そば”(800円)を注文し、3分程で出てきました↓。
IMG_20180421_095341.jpg
 海老の香りが鼻腔をくすぐり、スープを飲めば海老の濃厚な味が胃袋まで直撃、麺はストレート細麺でスープが絡んで言うこと無しの美味しさでした。

 食べ終わって直ぐもう一杯食べたくなりましたが、グッと堪えて、10時を過ぎたので”競馬博物館”へ移動。

 やっぱり行列が出来ていましたが、5分位で記念品を受け取ることが出来ました。
IMG_20180421_111339.jpg
 ”B賞:モバイルアクセサリーケース”、”オリジナルビスコと紙袋”そして”参加賞:メモ帳”が本日の戦利品

 次いでなので中を見学、”セントライト生誕80周年小岩井農場の歴史”や”2018年新人騎手紹介”などが展示され、名馬たちの写真や記録なども並んでいました。

 30分程過ごして、また”グルメフェス”に戻るときに↓
IMG_20180421_102857.jpg
 ターフィくんと”得体の知れない着ぐるみ”が道行く人々に写メを撮られていたので、自分もパチリ。

 で、再び”グルメフェス”会場の”スペインクラブのパエリアとビール(スペイン産)セット”1000円を頂くことに。

 注文して直ぐに出てきたのでちょっと嫌な予感が・・・
IMG_20180421_103728.jpg
 残念ながらすっかり冷めてしまっていて、ご飯が固まっている状態でした。

 暖かかったらもっと美味しかったんだろうな、と思いながらビールで流し込んで完食。

 腹ごなしに”ターフィグッズ売り場で商品を眺めるが、特別欲しい物が無かったので、一通り見て出る。

 少し休憩して、帰る前に”スイカ”に入場ポイントを加算し、新宿に戻る。


 15時開始の東京V vs 水戸ホーリーホック戦を観戦するために都営線を乗り継ぎ本蓮沼へ移動。

 開始30分前に会場入りすると、ホーム側には空き席が余りなく、かなりアウエー寄りのバックスタンド席に座る。
IMG_20180421_144726.jpg
 どうやら気温は27度を超えているようで暑いですが、焼けたくないので長袖シャツを着たまま、コンビニで買ったビールを呑み開始を待つ。

 サッカー専用球場なので本当に間近で選手たちのウォーミングアップを見られ、ゴール裏はシュート練習で枠を外れたボールがダイレクトに観客に直撃するので、余所見してたら危ない、そんな状況での観戦になります。


 開始10分、CKから潮音くんのキックに頭で競ってこぼれたボールを畠中が右足で豪快にゴールネットを揺らした。

 2試合0-0だったから鬱憤が溜まっていたので、久々に気持ちのいいゴールが見れて良かった。

 その後、水戸に攻められるシーンがあるものの、無失点で切り抜け、後半へ。

 後半8分、水戸の福井選手が2枚目のイエローを貰い退場に。

 数的有利になり、内容も悪く無いので、このままでも負けないだろうと思われたが、やっぱりもっとゴールが見たい。

 後半24分、林陵平に代わりアランくんが数試合ぶりに出場。

 すると後半27分、またもCKから潮音くんのキックにキーパーが引き摺られ、頭でせったボールに反応したのがドウグラスだった。

 ゴールに後ろ向きでヒール気味に蹴ると、ボールはゴールに吸い込まれた!

 複数得点、良いなぁ、気持ち良い、でも流れからのゴールが見たい。

 後半33分、潮音くんに代わり、誕生日を迎えたばかりの梶川投入。

 終了間際の後半45分、この梶川がボールをもって駆け上がり、良いポジションとタイミングでアランくんにパスを通すと、キーパーが出てきたところを見計らってのループシュートが綺麗にゴールネットを揺らした!

 そうそう、こういうゴールが見たかったんだよ、有難う!!

 その後、皓太くん(頑張ったよ)に代わり藤本が投入。

 このまま試合終了、3-0で東京Vの勝利、またも無失点で無敗継続、でも10試合でまだ4勝目(微妙・・)。

 これも誕生日祝い(55歳)の勝利と受け止めて、気持ちよく帰ろう。

 IMG_20180421_170041.jpg
 と思ったら、ロティーナ監督が挨拶に来てくれた↑。

 そして、皆で”勝利のダンス”↓ うーんボケててよく伝わらないかな・・
IMG_20180421_170155.jpg
 この調子で、1試合1試合大事に勝っていって欲しいです。

 疲れたけど、なかなか良い一日でした、お疲れ様。
Comment:0  Trackback:0
2018
04.09

ワンダーストラック

Category: 映画
 4月7日(土)新宿ピカデリーにて映画「ワンダーストラック」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20180407_083353.jpg
 何時ものようにバイト明け後朝一、8時30分上映回に入場、お客さんは50~60人位でした。

    IMG_20180409_030321.jpg
 以前劇場で貰った本の表紙のデザインを模したステッカーです↑


 あらすじ:1977年ミネソタで、母親を事故で失いおばに引き取られた少年ベン(オークス・フェグリー)は、母の遺品の中に実父につながる手掛かりを発見する。その50年前の1927年ニュージャージーで、聴覚障害のローズ(ミリセント・シモンズ)は両親の離婚後、厳しい父親と暮らしていた。いつも一人ぼっちの彼女は、憧れの女優の記事をひそかに集めており……。


 「ワンダーストラック」とは”驚きと幸せの一撃”という意味らしいのですが、驚きはありましたが、幸せはどうだろう・・

 それに、勝手にファンタジー映画かと思っていたら違ってました、でも、それっぽい雰囲気は感じられます。


 1977年、雷にうたれ聴覚障害になってしまった少年ベンの物語は、カラー映像でサウンドあり(トーキー映画)で描かれ、1927年、生まれながらにして聴覚障害の少女ローズの物語はモノクロ映像(サイレント映画)で描かれます。

 なので、行ったり来たりが多いけれど、ごちゃごちゃになることはありません。

 ただ、自分が疲れていたせいで、ローズのお話は眠くなってしまったのは、周りの大人たちが皆クチパクで何を言ってるのか分からない(まぁある程度想像はできますが)から。

 とは言え、自然史博物館のシーンとクイーンズ美術館のニューヨーク全景模型のシーン(特にこちら)が良かったです。

 あと、それぞれの時代の雰囲気や行き交う人々のファッションなどは、かなり細かく再現されていたんじゃないでしょうか(勿論当時のニューヨークを知っている訳ではありませんが)。

 何より、原作者地震が脚本を書いたことと監督の力量が成功に結び付いたのだと思いたい。


 観終わって、気持ちがちょっとホッコリできる映画でした。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2018
04.03

ブラックパンサー

Category: 映画
 3月31日(土)新宿ピカデリーにて映画「ブラックパンサー(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20180331_081201.jpg
 マーベルシリーズの作品は好きなので、バイト明け後朝一8時10分上映回に入場、お客さんは40人程でした。

 アメリカでは大ヒットしているとの事で、ちょっと期待してます。


 あらすじ:アフリカの秘境にあるワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持つ。歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしていた。若くして王になったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)がワカンダに潜入しようとしていることを知り……。


 ”2つの顔を持つ黒人ヒーロー”の成長物語といったところか。

 ”ブラックパンサー”じゃない彼はそんなに強く無いんですね。

 自分の国を守りつつ、地球平和にも協力したい、そんな狭間で悩む彼の前に立ちはだかる”キルモンガー”。

 彼は、自分の父親を殺された恨みを糧に、格闘や武器などに精通し己の力だけで生きてきたせいで、誤った方向に進もうとしていた。

 そんな”キルモンガー”の方が魅力的に見えてしまうのは皮肉なものですね。

 でも彼が居てくれたお蔭で、”ブラックパンサー”は成長できた訳で・・

 あと、ワカンダのテクノロジーには男の子心をくすぐる要素が多くワクワクしました。
 
 本当にあったらいいなぁと思える”夢の国”ですね。


 次回、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」に続く・・


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top