2017
07.29

君の膵臓をたべたい

Category: 未分類
 7月28日(金)TOHOシネマズにて映画「君の膵臓をたべたい」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20170728_084259.jpg

 数日前に原作本↓を読み、オッサンが読む本じゃないかな?って思いながらも電車の中なのに泣いてしまいました。
    IMG_20170728_113923.jpg
 で、映画も観なければと、昨日ムビチケを買いました。

 そして本日バイト明け後、朝一8時50分上映回に泣く気満々で入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。


 原作を読まずに観た方が良かったかも、と、ちょっと残念に思ってしまった。

 原作に無い12年後の話のせいでどうしても無理な部分が生じてしまったと感じられたから。

 話を膨らませたくなる気持ちも分かるんだけど、そのせいで感動も薄れてしまったのでは勿体無いでしょう。

 と、言いながらも、泣いてしまいましたが・・

 何てったって、こっちは泣く気満々でしたから。

 その残念に思ってしまうお話を補って余りある、咲良役の浜辺美波ちゃん。

 まさしく”向日葵”ですね、本当に魅力的でした。

 「亜人(実写版)」にも永井圭の妹役で出るんですね、観ない訳にはいきませんね。


 可能なら何も知らない状態での鑑賞をお勧めします!


 もう一回観てもいいかなって思ってます。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
07.28

ライフ

Category: 映画
 7月25日(火)新宿ピカデリーにて映画「ライフ」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170725_111006.jpg
 観たいけれど時間が合わなくて見られない作品が多くなってきて、見逃してる作品が目立ってきました(パトリオット・デイとか)。

 ここ10日位映画館に行けてなかったので、本日2本目として真田広之さんが出ている本作品を選択。

 11時10分上映回に入場、お客さんは40~50人程のようでした。


 あらすじ:世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。


 「エイリアン」のようなお話で、タコみたいな地球外生命体がまぁ賢いというかしぶといというか・・

 船外でも普通に行動できちゃうから、始末に負えない。

 そんなタコのようなヤツに、飛行士が一人、また一人と命を奪われていく。

 このままだと、ヤツが、地球に侵略してしまうぞ、どうする・・


 ある程度想像は出来るものの何だかんだ最後までスクリーンから眼が離せないまま、

 ”えっ、えぇーっ、ま、まさか?!”

 のラストが・・・

 暫く唖然としてしまいました。


 暑い夏に、少しの涼を味わえるかも・・

 きっと、コレが遣りたくて作ったのかな、と思う映画でした。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
07.27

心が叫びたがってるんだ。

Category: 映画
 7月25日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「心が叫びたがってるんだ。(実写版)」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20170725_081840.jpg
 アニメ版は観ていたのでどうしようか悩みましたが、評判悪く無さそうだったので観る事に。

 8時30分上映回に入場、お客さんは16人程でした。


 あらすじ:人との付き合いが下手で、本音で話すことができない高校3年生の坂上拓実(中島健人)。ある日彼は、全く接点のないクラスメートの成瀬順(芳根京子)と共に担任教師から地域ふれあい交流会の実行委員を任される。幼少時に発した言葉で家族をバラバラにさせたことから筆談でしか会話できない彼女に戸惑う中、拓実は地域向けの演目となるミュージカルの準備を進める。一方の順はミュージカルのヒロインに選ばれ、拓実にある言葉を掛けられたのを機に自分の思いを歌で伝えようと思い立つ。


 アニメ版良かったけど、実写版も良く頑張って作ったと思います。

 「あの花」で手ごたえを掴んでの、今回のアニメ→実写化だったんだろうけど、同じ制作陣が作ったところに意味があるんだろうなぁ。

 アニメだから受け入れられるところだったり、実写だと変える必要があったりと、いろりろ大変だったことでしょう。

 特に実写だと、こっ恥ずかしいところはどうしてもあるんだけど、でもまぁ、それが青春でもありますよね。

 主演4人の配役が鍵だったんでしょうが、成功だったと思います。

 若者向けの内容ではありますが、アニメか実写どちらか観て貰えればよろしいかと。


 自分、もう随分いい大人なんだけど”言葉”の大切さについて、再認識させられました。

 基本、孤独なので、世間話的なお話や、会話も苦手で、なるべく接触を持たないように生活しているものですから。

 怖がらずに、お話してみようかな、と、もういい大人なんだけど、ね。


    満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
07.15

銀魂

Category: 映画
 7月14日(金)TOHOシネマズにて映画「銀魂」をTOHOデー鑑賞。
    IMG_20170714_091722.jpg
 原作もTVアニメも見ていないんですが、豪華キャストに惹かれて観たいと思い、朝一9時20分上映回に入場、お客さんはキャパ345席に1/3程の入り(100人強)でした。


 あらすじ:宇宙から襲来した天人(あまんと)に支配され侍が衰退した江戸時代末期、いまだに侍魂を堅持する男・坂田銀時(小栗旬)は、廃れた剣術道場の息子・志村新八(菅田将暉)や、戦闘種族である夜兎(やと)族の少女・神楽(橋本環奈)と共に万事屋を営んでいた。江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎(岡田将生)がその凶刀に倒れ、行方不明になり……。


 いやー、久しぶりに声を出して笑いましたよ。

 そこまで遣っていいの?、って心配してしまう程のギャグやパロディが幾つも繰り出されて、原作以上にぶっ飛んだ内容になっているのでは?と思いました。

 現場はさぞかし、笑いをこらえるのに大変だったのではないかな、と・・

 キャラに関しては、原作知らないので合っているか分かりませんが、良い役者さんを当てていたと思います。

 万事屋の3人は勿論、近藤勲:中村勘九郎くんや志村妙:長澤まさみちゃんも面白かったです。

 あと、エリザベス、何なんでしょうか、あの存在は、不気味過ぎます。

 でも、終盤、”成程”と思える使われ方で納得しましたけど。

 アクションシーンについて、コミカルなところは良いんですけど、シリアスなところは、もうちょっと上手く見せられなかったのかなと少し残念に思いました。

 
 DVDで面白いシーンだけ繰り返し見たい、そんな映画でした。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
07.12

メアリと魔女の花

Category: 映画
7月11日(火)TOHOシネマズにて映画「メアリと魔女の花」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20170711_083754.jpg
 元ジブリスタッフが作り上げた本作、観ない訳にはいかないでしょう、と言うことで、朝一8時45分上映回に入場、キャパ400席の会場にお客さん10人程という贅沢な状況での鑑賞となりました。


 あらすじ:無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。


 残念ながら、大人向けなお話では無かったですね、メアリと同年代向けと言ったところでしょう。

 どうしたって、ジブリ映画と比較してしまいますよね。

 ワクワク、ドキドキ出来ないし、出てくるキャラにも魅力を感じません。

 原作がこういうものだったとしたら、しょうがないですよね。

 絵はジブリを感じられて良かったと思いますけど・・


 申し訳ありませんが、

 ”ジブリ映画”は良かったなぁ、と再認識するための映画になってしまったようですね。


     満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
07.10

ジーサンズ はじめての強盗

Category: 映画
 7月8日(土)新宿ピカデリーにて映画「ジーサンズ はじめての強盗」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170708_082112.jpg
 朝一で観られる映画を探したら本作くらいしかなかったので、8時25分上映回に入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:ウィリー(モーガン・フリーマン)、ジョー(マイケル・ケイン)、アルバート(アラン・アーキン)は、平穏な余生を過ごしていた。ところが長年勤めた会社の合併により年金をカットされてしまい、平均年齢80歳以上の彼らの生活はお先真っ暗の状態に。追い詰められた彼らは、思いがけない行動に出る。


 この邦題からして、”面白いのか?”と思いながらの手探りだったけど、”拾い物”の映画でしたよ。

 コメディにはなっているけど、年金の打ち切り等、決して他人事で済まされない状況を目の当たりにして、自分なら間違いなくホームレスまっしぐらだろうなと、流石に80歳過ぎて”銀行強盗”は無理だろうと思っていた。

 まぁ、手始めに近所のスーパーで万引きしてみるものの、当然失敗に終わり、諦めると思いきや、誰かその手に詳しい人を雇わないと、と探しだし・・

 果たして、銀行強盗はどうなるのか?彼らの未来は・・・

 
 当然、”強盗”は”犯罪”ですが、銀行から自分たちの年金分210万ドルを奪うという辺り、共感してしまいます。

 銀行は保険に入っているから痛手を受けないだろうしね。

 そして、彼ら3人の周りの人達も、良い方向に変わっていくので、尚更応援したくなります。

 
 爽快感に包まれ、気持ちよく劇場を後に出来ますよ!


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
07.07

ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

Category: 映画
 7月4日(火)シネマート新宿にて映画「 ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」をTCG会員デーで鑑賞。
    IMG_20170704_140537.jpg
 まだ雨が降り出さないようなので、本日2本目、11時45分上映回に入場、お客さんは年配の方々が多く60~70人位居た様です。


 あらすじ:日本統治時代の韓国。李氏朝鮮第26代国王から初代皇帝となった高宗の娘・徳恵翁主(ソン・イェジン)は、1925年、朝鮮総督府によって日本に留学させられる。数年後、東京で徳恵は、大日本帝国陸軍少尉になった幼なじみのキム・ジャンハン(パク・ヘイル)と再会。ジャンハンは祖国の独立運動のメンバーで、徳恵を亡命させるための計画を進めるが……。


 勿論、ソン・イェジンさんが出ていたので観ようと思いましたが、実話を元にしたフィクションという部分も気になりました。

 どれが本当の部分なのか、何てことは、私なんぞに分かる訳もありませんが、李王職の長官:ハン・テスクが日本に取り入ろうとして皇女を無理矢理日本に留学させるあたりは本当っぽいかな。

 その前にも父親が殺されているし、この時の母親との涙の別れも、見ていて辛いものがあります。

 だって、ひょっとしたら、帰って来れないかも・・なんて、ねぇ。

 それもこれも、ハン・テスクが全て悪いだよ、誰かコイツを亡き者にしてくれないかと、祈りながら観てましたよ。

 そんな中、待女:ポクスンのキャラが唯一心を和ませてくれます。


 終盤、皇女のあまりの変貌ぶりは涙無しでは見られませんでした、勿論、ラストもぼろぼろに泣いて泣いて(;д;)・・・


 日本からは戸田菜穂さんが重要な役で出演しています。


 都内では、シネマート新宿でのみの上映というのが非常に勿体無いと感じながら劇場を後にしました。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
07.06

22年目の告白-私が殺人犯です-

Category: 映画
 7月4日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」をシネマイレージデーで鑑賞。
    IMG_20170704_083020.jpg
 本日は台風が来ているので休みを取り(それが理由ではありませんが)、朝一8時40分上映回に入場、お客さんは9人でした。


 あらすじ:阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。


 韓国映画「殺人の告白」のリメイクと聞いていましたが、原作本があったとは知らなかった。

 元の映画を大分アレンジしたようですが成功だったようですね。

 何故か犯人、直ぐ分かっちゃいましたけど、それはそれ、脚本が良かったんだと思います。

 幾つかの驚きと、あそこの、あの台詞、とか、中々楽しませてくれます。

 告白本が売れたり、殺人犯だけど良い男だから人気者になるとか、現実っぽくしていますが、犯罪については、現実離れしている気がしました。

 動機については、まぁ理解出来るとして、何故あの人達がターゲットだったのか、理由付けが無いのが残念でした。

 音楽(効果音?)について、多分意図的なものだと思われますが、個人的に神経に触る音が多く、観ていて不快だった。

 あと、最後の最後のシーンは、個人的に無い方が良かったかな、と、気持ちはよく分かるんですが、ね。


 まぁ、何にしても、”藤原竜也”という役者の凄さを思い知らされました。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
07.01

もう半年が・・・

Category: 未分類
 最近、体が怠く感じて動くのが億劫になり、折角のシネマイレージウィークなのに一本しか映画を観られなかった。

 と、思っていたら、もう7月になってしまっていますね、夏前にバテてしまったんでしょう。

 で、部屋でDVDを観る事が多くなりがちなんですが、最近はWOWOWドラマに嵌っています。

  「震える牛」
  「下町ロケット」
  「誘拐」
  「パンドラ」
  「レディ・ジョーカー」
  「石の繭」

 中でも上記の作品は良く出来ていたと思います。


 今年の夏は暑くなりそうな予感がして、暑いのが苦手な自分としては日々闘いとなります。


 皆様も夏に負けずに楽しく過ごして下さいませ!



Comment:0  Trackback:0
back-to-top