2017
03.27

キングコング:髑髏島の巨神

Category: 映画
 3月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「キングコング:髑髏島の巨神(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170325_082455.jpg
 バイト明け後、早い時間に観られる映画を探して本作品を選択。

 8時40分上映回に入場、お客さんは300席のキャパに半分以上は入っていた様です。


 あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。


 キングコングが間違いなく主役の映画で、然も”怪獣映画”と呼べる内容でした。

 人間は成すすべなし、皆この島に来たことを後悔してももう遅い、生きて脱出できるのか?、期限は3日間。

 キングコングは人間の敵では無いけど、”俺の庭を荒らすやつ”は許せないとばかりに暴れる。

 そう、どう考えても人間の方が悪い。

 でも殺された部下のために復讐に燃えるサミュエル・L・ジャクソンだけは違っていた。

 彼のアップとキングコングの顔がソックリで怖くなった(笑)。

 そんな闘いとは別に、島で生息する”巨大生物”達vs人間やコングとの戦いはドキドキしました。

 終盤に襲ってくる”スカルクローラー”は”エヴァの使徒”の様でもあり、非常に凶暴で強い。

 そしてコングは昔ながら女性に優しい設定、これは外せない。


 3DやMX4Dや大スクリーン向けの映画なのでしょう、アトラクション的な感じで楽しんだら、もっと面白いのかも。


 もうコングをそっとしといてと思うんだけど、続編作るのね、どうしても戦わせたいのねゴ○ジと(エンドロール後の映像あり)・・・


      満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top