2017
03.30

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

Category: 映画
 3月25日(土)シネマカリテ新宿にて映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を前売り券で鑑賞。
    IMG_20170325_131633.jpg
 何を隠そうタイトルに惹かれて観たいと思っていて、「キングコング・・」の後、東京ヴェルディのゲームまで時間があるので、良さそうな映画を探していたら本作品が丁度良く、然も移動中に金券ショップで前売り券も売っていたので、これは運命(大袈裟・・)と思い観る事に。

 11時25分上映回に入場、時間ギリギリで予告編も無く本編からの上映でした。

 お客さんは30人弱と思われます。


 あらすじ:ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、リッチで何不自由のない生活をしていた。ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。


 突然妻が居なくなってしまう設定は、昨年に観た「永い言い訳」と同じだが、こちらの旦那(モッくん)は浮気してたけど、ジェイクの方はそんなゲスでは無い。

 とはいえ、妻が死んでも涙を流せない(泣けない)ところは同じで、自分ははたして妻を本当に愛していたんだろうかと悩みます。

 で、身近にあるものを解体(分解)や破壊をし始める。

 そんな時、全くの他人のナオミ・ワッツと息子役ジュダ・ルイスと出会い、それぞれが影響を与え合い、生活が変わっていく。
 (この3人の演技が凄く良かった)

 この辺りから展開が読めなくなり、”それ遣りすぎじゃね”とか思うシーン(銃のくだりや街中で踊ったり)があったり・・

 精神を保つために必要な行為だとは思うけれど、自分ならとても同じことはできず、うつ病とかになっちゃいそうです。


 そして”雨の日は会えない、・・”のメモが、あるところから出てきて、邦題に惹かれて観に来て良かったな、と妙に感慨深くなりました。


 本作の内容を何処まで理解出来たか不安ではあるが、意外に清々しく劇場を後に出来たのは良かったです。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
03.27

キングコング:髑髏島の巨神

Category: 映画
 3月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「キングコング:髑髏島の巨神(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170325_082455.jpg
 バイト明け後、早い時間に観られる映画を探して本作品を選択。

 8時40分上映回に入場、お客さんは300席のキャパに半分以上は入っていた様です。


 あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。


 キングコングが間違いなく主役の映画で、然も”怪獣映画”と呼べる内容でした。

 人間は成すすべなし、皆この島に来たことを後悔してももう遅い、生きて脱出できるのか?、期限は3日間。

 キングコングは人間の敵では無いけど、”俺の庭を荒らすやつ”は許せないとばかりに暴れる。

 そう、どう考えても人間の方が悪い。

 でも殺された部下のために復讐に燃えるサミュエル・L・ジャクソンだけは違っていた。

 彼のアップとキングコングの顔がソックリで怖くなった(笑)。

 そんな闘いとは別に、島で生息する”巨大生物”達vs人間やコングとの戦いはドキドキしました。

 終盤に襲ってくる”スカルクローラー”は”エヴァの使徒”の様でもあり、非常に凶暴で強い。

 そしてコングは昔ながら女性に優しい設定、これは外せない。


 3DやMX4Dや大スクリーン向けの映画なのでしょう、アトラクション的な感じで楽しんだら、もっと面白いのかも。


 もうコングをそっとしといてと思うんだけど、続編作るのね、どうしても戦わせたいのねゴ○ジと(エンドロール後の映像あり)・・・


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.21

SING/シング

Category: 映画
 3月19日(日)TOHOシネマズにて映画「SING/シング(2D字幕版)」をレイトショー鑑賞。
    IMG_20170319_213157.jpg
 折角の土日休みだったのに、土曜の朝バイト明け後、一旦帰宅してしまったら、外出する気力が無くなり、ひたすら横になっていた。

 これじゃあダメだと思い、日曜の夜に起きて、本作品を観ようと映画館へ。

 21時35分上映回に入場すると、お客さんは60~70人程入っていた様です。


 あらすじ:劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。


 予告編を観た時、凄く面白そう、と思っていたけれど、本編はそれを超えることが出来なかった感じ。

 面白かったのは確かだけど、観終わって特に残るものが無かった。

 要は”あぁー面白かった”で終わってしまった。

 「ズートピア」と較べたら物足りなく感じてしまう。

 各キャラは魅力的でもあるし、何とか変わりたいという気持ちも伝わってきます。

 でも、劇場支配人のコアラが、よそ様から電気や水道を勝手に持って来たりするのは、どうなんだ?

 強盗の手助けをするゴリラやイカサマで金を巻き上げるネズミはこのまま野放しでいいの?

 それはそれ、で話が進んで行ってしまうのはどうかと思うんですが・・。


 出てくる歌に関しては良かったと思います。

 特に、字幕版なのに”きゃりーぱみゅぱみゅ”の曲が出てきたりして楽しかったです。

 アメリカでも認知されてるという事なんでしょうかねぇ。


 あまり細かい事を気にせずにノリで楽しめば良い映画かと。

 
 自分の隣のカップルの男性はポップコーン食べながら”うーん”とか”ふん”とか煩くて席を移ろうかと思いましたが我慢しました。


 吹替え版も悪く無い様なので、DVDが出たら見てみたいと思います。


 そうそう、続編が制作決定との事でした、出来たら”きゃりー・・”の歌を歌う5人組女子ユニットがまた出てくれたら嬉しいな。



     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
03.16

ラ・ラ・ランド

Category: 映画
 3月14日(火)TOHOシネマズ日本橋にて映画「ラ・ラ・ランド(字幕ドルビーアトモス版)」をTOHOデー鑑賞。
    IMG_20170314_092251.jpg
 ミュージカルは苦手だけど、同監督作「セッション」は個人的に2年前の洋画№1だったから、観ない訳にはいかない。

 で、本日休みだけどなるべく早い上映時間を探して日本橋で観る事に。

 9時30分上映回に入場、お客さんは60人程でした(女性が多め)。


 あらすじ:何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。


 いきなりクライマックスかと思わせるワンシーン・ワンカットのミュージカルシーンに度胆を抜かれた。

 これ続いたらキツイなぁと思っていたら、そうじゃなかったので安心した。

 でも、いきなり歌いだすシーンが幾つかあり、これに関してはアレルギー反応を示してしまった。

 ただ、踊って歌うシーンが意外に少なかったので、これをミュージカル映画と言って良いのか甚だ疑問。

 まぁそんなことは観た人其々が決めればいいことだろうから、気にする必要もないだろう。

 兎に角、歌(曲)が本当に良いです、サントラ売れるのも分かります、自分も欲しいかなと思う。

 そして、”死にゆくジャズ”に憂えている監督の気持ちも感じられます。


 ミュージカル好きな方の厳しいレビューが散見されますが、自分は名作と言われるミュージカル映画を知らないし、仮にダンスなどがそれらより劣っているからといって、そこまで罵倒するのはどうかな、と。

 主人公のエマ・ストーン、ライアン・ゴズリングを特に好きでも嫌いでも無いですが、それでもこの二人が幸せになって欲しい、映画の世界が終わって欲しくない、とさえ思いながら観ていました。




 ネタバレになりますが、終盤、二人が再開したとき、

 ”あの曲、弾くんだよな、弾いてくれーっ”

 そう思った時に曲が流れ、涙腺が崩壊寸前。

 でも、そこで映し出される映像に、

 ”えっ、何これ?”

 と思わされ、涙は引っ込みました。

 それは、観客がこうなって欲しいと思っていること(若しくは主人公二人の感情でもあるのか?)を、監督が敢えて映像にしてくれたんだろうと解釈しました。

 でもそれが余計に哀愁を感じさせました。




 セブとミアの”夢”と”愛”がどうなっていくのか、劇場で観て欲しいです。



 観終わって、暫く現実に戻りたくないと思った映画は久々です。

 監督の次回作、早くも気になります。



     満足度:★★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.14

素晴らしきかな、人生

Category: 映画
 3月11日(土)新宿ピカデリーにて映画「素晴らしきかな、人生」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170311_111835.jpg
 出演者が豪華だったので気になっていた作品で、11時25分上映回に少し空きがあったので入場したら、見事に隣に人が入ってきて大失敗、荷物を抱えながらの鑑賞となってしまった。

 皆さん、混んでても気にならないんですね、お客さんは80人程入っていた様です。


 あらすじ:広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。やがて会社の業績も悪化し、社員たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も気が気ではない。そんな中、ハワードは舞台俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)との出会いによって、少しずつ変化していき……。


 始まって割と直ぐに、無口なハワードになってしまい、可愛そうではあるけれど、もう少し前向きになれないのかなとイライラしてしまった。

 会社が潰れようが気にもしていないハワードだが、同僚たちは自分は勿論、社員の生活を守るために通常では考えられない対策を行う。

 これが思わぬ形で、ハワードや同僚たちに影響を及ぼしていく・・

 そしてラストに驚きと感動が待っています。


 脚本が見事だと思いました。

 そしてやっぱり豪華俳優陣!

 エドワード・ノートンを久しぶりに見た気がしたけど、彼らしさ(ってなんだかよく分からないけど)を感じない役で、これはこれで良いかなって思いました。

 そして、ヘレン・ミレン、何でこの人こんなに素敵なんでしょうね、歳を重ねる毎に輝きが増していく感じがします。


 ”愛”、”時間”、”死”、について、考えさせられます。


 相変わらず邦題はピント外れです。


 思わぬ拾い物、的な映画でした。


 でも、一般的なレビューはそれ程高く無いのが残念です。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
03.13

アサシン クリード

Category: 映画
 3月11日(土)新宿ピカデリーにて映画「アサシン クリード(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170311_082445.jpg
 観たいと思っていた作品だったので、朝一8時25分上映回に入場、お客さんは26人程でした。


 あらすじ:記憶を失った死刑囚のカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、謎の施設に送り込まれ、遺伝子操作によって自分の祖先の記憶を追体験させられる。祖先は、スペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシン(暗殺者)であり、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る人物だった。


 簡単に言えば、テンプル騎士団がアサシン教団の隠し持っている”エデンの果実”を奪おうとする話でした。

 2016年に”アニムス”と呼ばれる装置を使い、カラム・リンチの祖先であるアギラールの記憶を追体験させられる。

 この装置を使っての伝説のアサシンのアクションが見所なんですが、結局これだけ(この前観た「トリプルX」と同じ)です。

 ”イーグルダイブ”で怪我一つしない肉体って尋常じゃないよね。

 こんなこと出来たら、もう怖いもの無しじゃないの。

 だからそんなにドキドキしなかった。

 ”はぁー、凄いなぁ・・”って感じ。

 この豪華な俳優陣なのになんて勿体無いことを・・

 もう少し、”おおっ”と思える何かが欲しかった。


     満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.08

劇場版 黒執事 Book of the Atlantic

Category: 映画
 3月7日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「劇場版 黒執事 Book of the Atlantic」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20170307_082019.jpg
 今日は休めなかったので、早く始まって早く終わる映画を探していたら本作を見つけたので観る事に。

 原作もアニメも見てなくて唯一実写映画版をレンタルDVDで見ただけなので、心配ではありましたが、8時30分上映回に入場、お客さんは6人でした。

 入場者プレゼント貰いました↓
    IMG_20170308_021136.jpg


 あらすじ:19世紀の英国。名門貴族ファントムハイヴ家に仕える執事のセバスチャン・ミカエリスは、13歳の主人シエル・ファントムハイヴと一緒に、“女王の番犬”として裏社会の仕事にいそしんでいた。あるとき、シエルとセバスチャンは死者が生き返るといううわさを調べるべく、豪華客船カンパニア号に乗り込むことになり……。


 知らないなりに、まぁ楽しめたので良かったです。

 これを観ると実写映画版を作った事が如何に無謀だったのかが分かります。

 あまりにも違い過ぎたので、笑っちゃいますよ。


 ゾンビ、パニック、アクション、コメディ(笑えるシーンが多くて意外だった)、萌え要素ありと誰でも楽しめるエンタテインメントな内容になってます。

 ただ、ゾンビものだけにグロいシーンがあるので、それだけ注意してください。

 観た人其々にお気に入りのキャラ(個性的な人が多い)が出来るでしょう。

 自分は蛇が苦手(大嫌い)なんですが、スネークのキャラは面白かった。

 その反面、シエルのキャラにあまり魅力を感じなかった。

 だって、”リジーを守る”とか言っておいて、大事な時に足くじいてるしさ。

 多分本作だけ見ても彼の良さは分からないんだろうな、とは思いますが。


 これを機に原作やアニメを見てみようかなと思っています。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.06

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

Category: 映画
 3月4日(土)新宿ピカデリーにて映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2D字幕版)」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20170304_082250.jpg
 朝一で観られる映画で本作が一番早かったので8時25分上映回に入場、お客さんは30人程でした。

 原作があったなんて知らなかったです。


 あらすじ:少年ジェイクは、現実と幻想が交錯する中で、奇妙な子供たちが暮らす“ミス・ペレグリンの家”を見つけ出す。子供たちが不思議な能力を持ち、ひたすら同じ一日を繰り返す理由を知る一方で、彼らに忍び寄ろうとしている危険に気付くジェイク。さらに、ミス・ペレグリンの家へと導かれた理由と自身の役割を知る。やがて、真実が明らかになるとともに、子供たちに思わぬ変化が起こるが……。


 ダークなファンタジーでラブなストーリー、こんな世界観の映画を待ってましたとばかりに、ティム・バートンが腕を振るっただろう映画を観られて嬉しくなりました。

 同じ一日を繰り返す事が幸せなのかは分からないが、そうしないと生きられないんだからしょうがないよね。

 主人公ジェイクを演じるエイサ・バターフィールドくん、「フィーゴの不思議な発明」から随分大人になりましたね、特徴がある顔立ちなのか、一度見たら忘れられない感じなんですよね、「エンダーのゲーム」観たときもそう思ったような・・

 ミス・ペレグリン役のエヴァ・グリーン、貫録ありますね、裸にならなくても(笑)存在感がハンパないです。

 彼女に守られている奇妙な子供たちも個性豊かなキャラが大勢いて、可愛そうと思いながらも興味深く見てしまいます。

 ホローとか呼ばれる怪物?の造形が気持ち悪いけど、センスを感じました。

 終盤、子供たちと”ホローガスト”たちの戦いが描かれますが、ここで子供たちの特異能力が存分に発揮され、特に双子の能力に唖然とした。


 ラスト、何故そうできたのか(ループ云々に関して)理解は出来ないけど、感覚的には分かるので、気分良く映画館を後に出来ました。


 どんな人にでも生きていられる場所は有るということか。



     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.02

トリプルX:再起動

Category: 映画
 3月1日(水)TOHOシネマズにて映画「トリプルX:再起動」をサービスデー鑑賞。
    IMG_20170301_092556.jpg
 ヴィン・ディーゼルvsドニー・イェンを観たくて、朝一9時25分上映回に入場、お客さんは35人程でした。


 あらすじ:エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する。 


 なぁんでネイマールが出てるの?特に関わりあると思えないんだけど、まぁいいか。

 お目当てのヴィン・ディーゼルvsドニー・イェンはちょっとだけで消化不良でした。

 トニー・ジャーも出てるけど、やっぱりアクションシーン物足りないよ、もっと使ってあげて。

 とは言えアクションはやっぱ凄いんですけどね、見応えアリで。

 それと綺麗なお姉さん方のガンアクション、恰好良かった。

 台詞は意味不明なところがあったり、本当の敵が誰なのかピンとこなかったり、お話はホント気にしない方が楽しめると思います。

 そう、アクション以外観るところありませんからね、あしからず。

 あと、中国資金が使われているので、その辺嫌いな人は観ない方がいいかも、です。


 正直、「ワイルド・スピード」のB級版みたいで、作る意味があるのか疑問に思ってしまう。


 そういえば最近、ジェット・リー見かけないなぁ、完全にドニー・イェンと世代交代したということなのかな・・



     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
03.01

劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―

Category: 映画
 2月28日(火)TOHOシネマズにて
 
 映画「劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」
 
 をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20170228_094245.jpg
 小説は未読でTVアニメ1期だけ見てます(DVDで)。

 2期を見れずじまいで映画公開してしまい、もう待てないなぁという想いで朝一9時45分上映回に入場、お客さんは13人でした。

 入場者プレゼントまだ配ってたのは意外だった↓
    IMG_20170301_030743.jpg


 あらすじ:デバイス「ナーヴギア」が、仮想現実の世界に無限の可能性をもたらしてから4年が経過。AR(拡張現実)型情報端末オーグマーが普及し、専用ARMMO RPG「オーディナル・スケール」が世間を席巻していた。アスナやキリトもゲームに参戦するが、オーディナル・スケールに異変が起こり始め……。


 絵に関しては文句なしで、映画館での鑑賞に満足してます、特に終盤のバトルは迫力ありました。

 お話に関しては、頭の悪い自分にはちょっと難しいのかな・・

 脳の記憶の一部だけ抜き取るなんて凄い事出来るんなら、もっと違う使い方(医療系とか)して欲しいと思ってしまう。

 こういう事をする動機についても、気持ちは分かるけど、絶対こんなことやっちゃダメだろうし、それに手を貸す若者に関しては可愛そうなくらい魅力に乏しいキャラで同情の余地が無い感じです。

 そして、ARアイドルが歌う歌も、残念ながら自分には響かなかった。

 アニメだから何でもアリでいいと思っているので、あまり細かい事は言いたくないんだけど、思った以上にレビューの評価が高かったので、これでいいのか?と思ったものですから。


 10代20代の人たちはきっと楽しめるんだと思います。


      満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top