2016
06.28

10 クローバーフィールド・レーン

Category: 映画
 6月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「10 クローバーフィールド・レーン」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20160625_075019.jpg
 前作「クローバーフィールド」は個人的には最低レベルの評価だったと思いますが、本作は関連しているらしいとの情報だけで、どういう内容かは分からず、怖いもの見たさで観ようと思い、バイト明け後7時50分という早朝に上映してくれたので待たずに入場。

 お客さんは10人でした。


 あらすじ:ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は目覚めると、自分が見ず知らずの2人の男性とシェルター内にいることに気付く。その日を境に、彼女を助けたと主張するハワード(ジョン・グッドマン)とエメット(ジョン・ギャラガー・Jr)との奇妙な共同生活がスタートする。ミシェルは、外は危険だという彼らの言葉を信じるべきかどうか悩んでいた。


                       ※ ※ ※


 すみません、多少ネタバレしちゃってますので、これから何も知らずに映画を観ようとしている方は、これ以降はお読みにならずに本ブログを閉じてくださいませ。


                       ※ ※ ※



 前作と関連があるとも無いとも言える感じですが、テイストは全く違うので戸惑うかも。

 そのあたりを深読みせずに、本作だけで楽しめば良いと思われます。

 舞台の殆どはシェルター内で繰り広げられ、主要人物も3人だけというサスペンス調のお話。

 外界の状況が分からない中、ミシェルはハワードの言うことが信じられず、エメットと話しながら何とかシェルターからの脱出を何度も試みる。

 ミシェル姉ちゃん、結構可愛いですね、彼女見てるだけでも間が持つ感じ。


 で、肝心の”異生物(怪獣)?”は何時出てくるの、と思っていたら、なんと最後の10分位だから、すごく長く感じます。

 そして、割にあっさり?片が付いて、次作に続くのか?

 って、感じなんですね。

 
 密室劇での心理戦などに興味がある人は面白いと思うでしょうし、自分のように”異生物”との戦いを期待していた人には肩すかし感が強いでしょう。

 とはいえ、前作に比べたら大分観られる内容になっていると思います。


 結果、人間が一番怖い生物なのかも・・・


     満足度:★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
06.27

ダーク・プレイス

Category: 映画
 6月24日(金)TOHOシネマズにて映画「ダーク・プレイス」をシネマイレージウィーク最終日鑑賞。
    IMG_20160624_092358.jpg
 予告編を見たときにクロエちゃんが出ていたので観ようと思い、初日朝一9時20分上映回にバイト明け後入場。

 お客さんは20人弱でした。


 あらすじ:8歳のときに起きた一家惨殺事件で生き残ったリビー(シャーリーズ・セロン)のもとに、有名事件の真相について話し合う「殺人クラブ」から招待状が届く。彼女が兄の犯行を目撃したと証言したことで、当時15歳だった長男ベンが終身刑を宣告された事件について話してくれれば謝礼を支払うという。生活費に困っていた彼女は申し出を受け、家族を襲った悲しい事件を振り返るが……。


 何だ、この嘘つきどもの集まりは!

 こんなんで、結末の予想なんて出来る訳がないでしょう。

 ちょっと反則技的な気もするし。


 主人公・リビーは可愛そうだとは思うけれども、28年経った今でも働かずに生活している体たらくだから同情できないです。

 彼女の兄も、クロエちゃんの魅力に勝てなくて翻弄されるんだけど、まぁ、そうなるよね。

 だから、お兄ちゃんには同情しちゃう。

 ただ、悪魔崇拝はどうなんだろう、これもクロエちゃんの影響なのかな?

 お母さん、精神的に疲れ果てていたんでしょうねぇ、だからって、”あんなこと”、してほしくなかった。

 それもこれも、元旦那が悪い、最低男!

 警察、もっと真面目に仕事しろ、殺害現場見たら、ちょっとおかしいなと、素人目にもわかるんだから。


 最初から最後までドヨーンとした暗ーい雰囲気の映画だった。

 色々文句ばかり書いたけど、決して詰まらない訳ではなかったです。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
06.21

マネーモンスター

Category: 映画
 6月20日(月)TOHOシネマズにて映画「マネーモンスター」をシネマイレージウィーク鑑賞。
    IMG_20160620_091032.jpg
 ジョディ・フォスター監督作は観たことがなかったので、この機会にと思い、バイト明け後朝一9時15分上映回に入場。

 お客さんは12人でした。


 あらすじ:リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫るが……。


 こういう展開なら緊張感を感じながらラストまで突っ切る、と思いながら観ていましたが、何故かそうならなかった。

 司会者・クルーニーが何とも笑える踊りを披露しながら番組が始まるという、ユニークなキャラのせいか、はたまた、その番組をジャックする青年・オコンネルに同情出来ない自分のせいなのか・・

 シリアスというよりはコメディに見えてしまったんでしょうね、きっと。

 だって、番組ジャックされてるのも知らずに、裏の方でエッチしてる関係者が居たりするから、余計笑わせてくれますよ。

 自分のような貧乏人は株を買って儲けようなんて事出来ない訳で、実感も何もない。

 しかも、あれって、どうせ本物じゃないんだろうなとか思っちゃってるから、余計にドキドキしないし。

 かと言って、詰まらない訳ではないんですよ、決して、ね。

 今の時代、悪いことしても、色んな所から探られるとバレちゃうんですね、凄いよね。

 
 結局、真面目に働いて稼ぐしかないんだよな、って思いながら劇場を後にしました。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2016
06.20

64-ロクヨン-後編

Category: 映画
 6月18日(土)TOHOシネマズにて映画「64-ロクヨン-後編」をシネマイレージウィークにて鑑賞。
    IMG_20160618_093118.jpg
 レビュー等見ていると観ない方がいいのかな?とも思ってしまいますが、やっぱり気になってしまうので、バイト明け後朝一9時40分上映回に入場。

 土曜日で安いせいもあるのか、お客さんは50人程入っていました。


 あらすじ:。事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生。犯人は「サトウ」と名乗り、身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていたが……。後編は原作とは異なるラストへと向かっていく。


 あぁー、こういうことだったのか、本当に残念だぁー。

 自分(原作が好きな人は多分皆)は、”広報官・三上”を観たかったんですよ。

 原作者・横山氏もそこは譲らなかったようですが、監督は”元刑事・三上”を描きたかったのでこうなってしまったみたいです。

 こうなると、前編以上に役者さんたちの演技を見るしかない訳で、そうなると、緒形直人さんが出色の演技をなさっているんですよ。
 
 前編では、永瀬正敏さんの老け具合がハンパなかったんですけど、緒形さんの役はネタバレになるので説明できませんが、特に難役なので大変だったと思いますよ。

 あと、前編以上に時間が長く感じられてしまい、余計残念に思いました。

 
 ということで、原作の良さを再認識する結果になりましたね。


 このままでは消化不良なので、NHKドラマを見たいと思います。


     満足度:★★
Comment:0  Trackback:0
2016
06.15

アウトバーン

Category: 映画
 6月14日(火)TOHOシネマズにて映画「アウトバーン」をTOHOデー鑑賞。
    IMG_20160614_091426.jpg
 バイト明け後、特別観たかった訳でもないんですけど、何か気になってついチケット購入。

 お客さんは11人でした。


 あらすじ:ケイシー(ニコラス・ホルト)は、ドイツのケルンで巧みに張り巡らされたワナにハマり、危うい取引に関与する。同時に二つの組織に追われる身となった彼は、恋人ジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)を助けるために高級車を駆ってスピードリミットのないアウトバーンを疾走する。ケイシーは必死で追手から逃れようとするが……。


 自分、本当に何も知らずに観たんですが、”アウトバーン”って世界で一番有名な高速道路で然も速度無制限なんですね。

 知ってる人はこの題名を見たら凄いカーアクションを期待しちゃうんじゃないかな?

 実際は、少ししか出てこないんでガッカリするかも。

 なので、この邦題もよろしくない感じです。

 まぁでも、其れなりのバトルはありますし、退屈はしませんでした。

 驚いたのが、アンソニー・ホプキンス&ベン・キングズレーが組織のボス役で出ていたこと。

 何故、このような映画に?と、最後まで気になってしまいました。

 こんな無駄遣い、許されるのか。

 で、主人公がアンソニーさんの組織に追われるんですが、追手がまた強いんだか弱いんだか都合よく遣られちゃうんですね。

 どれだけ銃で撃たれようが、車でクラッシュしようが、主人公は大したダメージも受けないんです。

 そして、何人かは撃たれても死ななかったりして・・

 そんな幾つかのシーンを見ながら

 ”おい、おい”

 って、心の中でツッコミ入れてました(笑)。

 
 主人公が、好きな女のために、っていう気持ちは、まぁ分かるんだけど、何故か安っぽく感じてしまい、なので内容もB級な安っぽさが漂ってます。

 個人的に、主人公に魅力を感じられなかったということもありますね。


     満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
06.13

神様メール

Category: 映画
 6月11日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「神様メール」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20160611_082847.jpg
 心和むような映画を見たくて本作を選択してみました。

 何時ものようにバイト明け後朝一8時40分上映回に入場。

 お客さんは25人程でした。


 あらすじ:ベルギーのブリュッセル。とあるアパートに家族と共に生活している神は、慈悲深いという人々が抱いているイメージとは真逆の嫌な人物であった。自分の部屋に置かれたパソコンを駆使して世界を管理しているが、いたずらに災害や事故を起こしては楽しんでいた。そんな父親に怒りを覚える10歳の娘エア(ピリ・グロワーヌ)は、家出を考える。立ち入りを禁じられている父親の部屋に忍び込んだ彼女は、全人類それぞれの死期を知らせるメールを送信して家を飛び出してしまうが……。


 ファンタジー(寓話の方が合ってるかな)コメディなお話で、中々面白い設定でした。

 邦題がちょっと良くないし内容に合ってないと思います。

 神様がパソコンで世界を管理していて、自分には何の力も無いところが笑えましたし、人間にどれだけ

 ”自分は神だ!”

 と、言っても相手にしてもらえず、ドンドン立場的に悪くなっていく辺り、人間を好き勝手操った罰なのかな、と。

 その神様の娘が主人公になりますが、この父親を懲らしめるつもりで、人間界に入り、使徒6人を増やし、計18人になったとき、無いかが起こる、と兄のJCに教えられる。

 この兄に扱いはどうなのだろうか?

 今一自分には理解出来ない設定でした。

 で、選ばれた6人の使徒の人生が語られるのですが、これまた奇抜で、興味深いです。

 でも、ゴリラの件はちょっと自分には理解不能、というかやり過ぎか。

 この人達含め、

 ”自分の余命が分かったどうする?”

 ということが主題になりますが、自分はとても助かりますね。

 長生きしたいわけではないが、何歳まで生きられるのかは気になりますから。

 まぁ知ったとしても、今の環境が変わらなければ、多分生活は殆ど変らない気がしました。

 お金持ちになった、とかなら別ですけどね(笑)。

 
 あと、ジャン=クロード・ヴァン・ダムの件も面白かったですね。


 自分では想像も付かないお話を見られて、良い時間を過ごせた気がしました。

 どうか邦題に惑わされず、ネタバレしない程度の内容をチェックして、気になった人は劇場へどうぞ!


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
06.06

高台家の人々

Category: 映画
 6月4日(土)新宿ピカデリーにて映画「高台家の人々」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20160604_091233.jpg
 原作は知りませんが、予告編が面白そうだったし、他に朝一観たいものがやっていなかったので、本作品を選択、9時20分上映回に入場。

 お客さんは60人くらいは居たと思われます。


 あらすじ:何かと妄想しては自分の世界に夢中になってしまう癖のある、OLの平野木絵(綾瀬はるか)。さえない日々を送っていたある日、彼女の勤める会社にニューヨーク支社から高台光正(斎藤工)が転勤してくる。ばく大な資産を抱える名家・高台家の長男にして、東大卒業でオックスフォード大留学の経験もあるエリートの彼が、なぜか木絵を食事に誘う。驚く木絵だが、光正はテレパシー能力の持ち主で、彼女の妄想をのぞくうちにその純粋な心に魅力を感じるようになったのだ。二人は次第に心の距離を縮めていくが……。


                              *
 (反感買いそうなので前もって言っておきますが、50過ぎの”純情中年男子”の感想ということでお願い致します。)
                              *


 木絵ちゃんの妄想にどれだけ笑かしてもらえるか期待したら、それ程でも無く残念。

 光正との交際期間があっという間で、もう少し見せてくれていいんじゃないかな。

 木絵ちゃんの方だけど、テレパス能力に悩むのは分かるんだけど、”そこ”で逃げ出すのはちょっと、ねぇ。

 もう少し早い段階で考え直す形に出来なかったのかな、と。

 そういう意味でも交際期間でのやり取りが欲しかったなと。

 明らかに現実では不釣り合いなカップルだけど、マンガ原作なんだからそこまで真面目に考えて観なくてもよいとは思いますが、個人的に納得いかないので。

 それでも、原作通りなら独りよがりな意見ということでお許し下さい。


 ネタ的には、もっと面白可笑しくできそうに思うのは、自分が映画を作ったことがない素人だからなのか?

 これだけの役者を揃えて、この内容はちょっと勿体無いと言うしかないですね。


 劇場を後にするときに、3人の女子(中学、高校生位)が、

 ”面白かったねぇ、笑ったねぇ、泣いたねぇ、恰好良かったねぇ”

 と、大満足のようでした。


 まぁ、若い女性にはウケるのかも知れませんが、個人的にはTV放送で観るのが丁度いいくらいかと。


     満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
06.03

デッドプール

Category: 映画
 6月1日(水)TOHOシネマズにて映画「デッドプール」をサービスデー鑑賞。
    IMG_20160601_092141.jpg
 何かと話題の本作品、水曜日に公開初日は珍しい。

 時間もあったので、朝一9時20分上映回に入場、で、”手乗りデップー”貰いました↓
IMG_20160602_031034.jpg

 お客さんは中央の席を中心に埋まっていたので、100人以上は居たようです。

 「64」観たとき、新宿TOHOの劇場内に展示されていたので写メしてみました↓
    IMG_20160531_083637.jpg

 あらすじ:ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。


 R15+なので心配してましたが、そこまでエグイ描写は無かったようでした。

 でも頭部切断して蹴飛ばすシーンはやり過ぎかとは思いましたけど・・

 下品な台詞が乱れまくりなので、確かに子供には聞かせられないですね。

 自分的には、主人公が自己中過ぎて”ヒーロー”とは呼びたくないかな。

 ライアン・レイノルズは楽しんで演じていたようですね、このキャラ好きなのかな。


 元々マンガだし、そんなに真剣に見るものじゃないから、笑いながら軽ーく楽しんじゃえばいいのかな、と。

 ただ、「X-MEN」がここまで関わっていると思わなかったので、全く知らないと楽しみ損ねちゃうかも。

 そして、何故あそこまで、”X-MEN”に誘いたがるのか意味不明だ。


 個人的に一番嵌ったのは

 ”ワム!”

 ですね(笑)。


 偶にはこういう下らなくてゲスな映画もいいのかな、って感じです。

 
     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2016
06.02

64-ロクヨン-前編

Category: 映画
 5月31日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「64-ロクヨン-前編」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160531_083710.jpg
 原作は自分の大好きな警察小説でしかも横山秀雄氏著「64」。

 当然読んでますし、映画も楽しみにしていました。

 ならもっと早く映画見ろよって話なんですが、タイミングっていうものがありまして、まぁ今日になってしまいました。

 朝一8時40分上映回に入場するとお客さんは9人でした。


 あらすじ:わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し……。


 NHKドラマと比較されている方が居ますが、自分は見ていないのであくまでも映画の感想を。

 原作に割と忠実に描いていたようなので、ストーリー的に特に目新しいところは無かったです。

 なので、後は役者さん達の演技を楽しむ事になります。

 レビューを拝見してると、内容よりも豪華俳優陣に関しての評価が多く見受けられるのは多分自分のような見方をしているからなのかな、と思いました。

 警察内部の嫌な部分を、より嫌らしく演じる役者さんが良い味出してますし、警察広報室と記者クラブとの対立も緊張感があって良かったです。

 当然、後半がこれからなので、本作品だけでの評価は難しいですが、出演者にお金掛かってるのかな、という感じは否めません。

 ということで、後半に期待を込めて・・


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top