2016
04.27

スポットライト 世紀のスクープ

Category: 映画
 4月26日(火)TOHOシネマズにて映画「スポットライト 世紀のスクープ」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160426_082704.jpg
 第88回アカデミー賞作品賞、脚本賞をダブル受賞したことで一際クローズアップされた本作品、しかも好物の”実話もの”ときたら観ない訳にはいかないでしょう(評判も上々のようだし)。

 ということで、何と平日なのに朝8時25分上映回があったので、バイト明け後、何時もなら新宿~池袋を歩いて帰っているところを、電車で帰り、滑り込みで会場入りした。

 流石に時間が早すぎたのか、お客さんは5人でした。


 あらすじ:2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。


 いやー、かなり衝撃的な内容だけど、派手じゃなく地味(内容も役者も)に丁寧に記者魂を描いていました。

 教会から記者家族に圧力とかあったのかなと思っていたが、マフィアじゃないんだから、あからさまに家族に危害を加えられたりはなかったんですね。

 それにしても、神父が性的児童虐待するって、親や教師以上にスキャンダルですよね。

 子供からしたら”神”みたいに見えてるはずでしょうからね。

 ただ、多くの日本人(自分も含め)には教会に通う習慣等無いので、伝わりにくい内容でもあります。

 それでも”クソ野郎”(映画の中でこんな発言が何度か出てきます)を野放しにしておけない、そういう記者魂がジワジワと観客に伝わってきます。

 普通、この手のお話なら悪い奴を炙り出して、スッキリするんですが、そういう爽快感は味わえず、嫌悪感が残ります。

 内容が内容だけに仕方ないと思いますし、敢えてこうしたんだと思われます。


 日本でも、こういうお話が出てきてもいい気がしますが、マスコミは権力に弱いので、もしあったとしても映画には出来ないかな?


 色々考えさせられるし、見応えもあります、地味ですけど是非観て欲しい作品です。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
04.25

ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~

Category: 映画
 4月23日(土)TOHOシネマズ日本橋にて映画「ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~」を前売り券鑑賞。
    IMG_20160423_083640.jpg
 内容は知らずに題名だけで観て見ようと思い、事前に前売り券を購入し、バイト明け後公開初日の朝一8時50分上映回に入場。

 本当なら、「公開初日スペシャルイベントライブビューイング」に参加したかったのですが、午後にサッカーのゲームを観に行く予定だったので、午前中に観ておこうと思い、”因縁の日本橋(ラブライブの件)”に足を運びました。

 で、入場するときにこれ貰いました↓
IMG_20160425_042841.jpg
 お客さんが意外に少なく24人でした。

 イベントの方にお客さんが流れたのか?にしても、初回でこの空き具合は、遣っちまったのか・・


 あらすじ:映画研究部の部長を務めている幼なじみの瀬戸口優に思いを寄せている、桜丘高校3年生の榎本夏樹。しかし、当の本人と顔を合わせても素直になれず、本当の気持ちをごまかそうと告白の練習相手にしか考えていないと口走ってしまう。そんなある日、夏樹は園芸部に所属するおとなしいクラスメートの綾瀬恋雪からデートに誘われる。果たして夏樹の恋の行方は……。


 自分の学生時代とは掛け離れすぎていて、現実感が無いけど、こんな青春ってステキだよね!

 っていうくらい、オジサンには観ていて眩しすぎる内容でした。

 学生時代、ひたすら片思いを驀進中だった身としては、望月蒼太の気持ちはよーく分かりましたね。


 ただ、ストーリーや絵に関して言えば、正直映画館で上映するレベルに無かったのでは?と思いました。

 素人が口出す事では無いのですが、一応お金払って、ある程度の映画を観てきた者としての意見です。

 ということで、空席が目立つのも頷けました。
 

 とは言え、馴染みの声優さんたちだったので、観て後悔はしていませんよ。


      満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
04.19

あやしい彼女

Category: 映画
 4月16日(土)新宿ピカデリーにて映画「あやしい彼女」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20160416_085123.jpg
 韓国版「怪しい彼女」のリメイクですが、元のは観ていません。

 主演が多部ちゃんということで、面白い作品になっているだろうと思ったし、評判も良いようなので、バイト明け後朝一8時55分上映回に入場。

 お客さんは30人を超えていました。


 あらすじ:女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。

 
 

 多部ちゃんだったからここまで面白く、泣けるファンタジー・コメディ映画になったんだと思いました。

 コメディセンスはあると思っていたので心配していませんでしたが、意外(失礼ですね)にも歌、良かったです。

 上手いというよりは、耳に心地よい声で、逆に上手過ぎなくて良かったんじゃないのかなとも。

 歳取ると、昭和歌謡が身に沁みるんですねぇ、オジサンは「悲しくてやりきれない」に思わず泣いてしまいました。

 お話的に年配向けなのかな、とも思いました。 

 また、若返る前のおばあちゃんを倍賞さんが演じたというところも尚更良かったですね。

 あと、小林聡美さんが出ていたせいか、昔の「転校生」(尾美としのりクンと入れ替わっちゃうやつ)を思い出してしまいました。

 誰にでも若いときに戻ってやり直せたらっていう気持ちがあるだろうことを、この作品は見せてくれた感じです。

 そして改めて、本当に母親って凄いんだなぁ、って。

 
 ラストのオチもナイスでした(じろう、ヤルじゃん、てね)。 

 で、エンドロールまで多部ちゃんの歌を楽しめるあたりは大サービスって感じです!
 

 観る映画に困っている人が居たら、これ観て見ません?って勧めちゃいますね。


      満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2016
04.13

ルーム

Category: 映画
 4月12日(火)TOHOシネマズにて映画「ルーム」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160412_092546.jpg
 第88回アカデミー賞最優秀主演女優賞(ブリー・ラーソン)を受賞した時点で気になった本作ですが、実際にあった事件を基にした小説の映画化なので、限りなく”実話”に近いお話ということになると思い観たいと思いました。

 勿論、原作は未読です。

 評判も頗る良いので期待して、バイト明け後朝一9時30分上映回に入場、お客さんは23人でした。


 あらすじ:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。


 いやー、観ていて辛いヘビィな映画だった。

 ラスト、ジャックに救われた気分にはなれるけれども・・

 前半が監禁されてる”部屋”のシーンで、後半が”世界”へ出てからのお話。

 後半、”部屋”から出れて良かった良かった、って思っていたら、あれっ、何か変だぞ、ジャックが”部屋”に戻ろう、とか言ってる?

 ジョイ(ジャックの母)はPTSD?のせいか苦しんでるし・・

 観ている側は”部屋”に居た方が良かったのか?とまで思ってしまう。

 まぁ、監禁自体が無かった方が良かったのだろうが、そうしたらジャックは生まれなかっただろうしなぁ、とも。

 印象的なところは、グランパがジャックの顔を見られないシーン(物凄く気持ちが伝わった)と、グランマがジャックの髪の毛を切るシーンです。

 あと演技に関して、主演女優賞は納得(難しい役だったから)だけど、”主演男優”もあげていいんじゃないかっていう位ジェイコブ君は凄かった!

 彼を発見したことがこの映画の成功に繋がったと言っていいでしょう。

 色々書きたい事があるけれど、ネタバレになるのでこの辺で。

 
 本作が少しでも気になっているという方がいれば、観ておいた方がよいと思います。


      満足度:★★★★
Comment:2  Trackback:0
2016
04.09

インサイダーズ/内部者たち

Category: 映画
 4月5日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「インサイダーズ/内部者たち」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160405_083249.jpg
 観よう観ようと思いながらなかなか観られなかったが、やっと今日朝一8時40分の回にバイト明け後に入場。

 お客さんは10人でした。

 その中のオバサマ二人がお互いに写メを撮りあい、行ったり来たり忙しそうだった。


 あらすじ:大統領選を控え、ミレ自動車のオ会長(キム・ホンパ)は与党新正党のチャン・ピル(イ・ギョンヨン)に大金を投じて政治をも牛耳ろうと画策していた。裏でその糸を引いていたのは祖国日報主幹のイ・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。ある日、彼の裏の仕事を請け負っていたアン・サング(イ・ビョンホン)に、極秘の裏金ファイルを回収するよう指示が下る。


 相変わらず韓国映画は勢いが違いますね、観ている観客をグイグイ引き寄せてラストまで突っ走ります。

 そしてR15+とくれば、やっぱり”斧”が出てきます(笑)。

 今回は糸鋸も出てきましたよ、痛い痛い・・

 韓国映画そこそこ観てきましたが、未だに暴力的(拷問や喧嘩)シーンには慣れません。

 まぁ、この容赦ない描き方が韓国映画だし、色んな意味でこういうジャンルでは邦画は韓国映画に敵わないんですよね。

 お話(二転三転します)も面白いが、今回イ・ビョンホンが演じるチンピラが悪い奴で頭も良くない役だけど、愛嬌があって憎めないんですよ。

 イ・ビョンホンが演じるからこそのキャラが魅力的だから余計に良く感じました。

 あと、韓国映画にはあまり見られない爽やかな終わり方で意外でした。

 
 と言うことで”拷問”と”性接待”のシーンを除けば、普通の人も(自分を含め)楽しめる作品になっていると思います。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top