2016
03.31

僕だけがいない街

Category: 映画
 3月26日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「僕だけがいない街」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20160326_083433.jpg
 原作は未読ですが、良い評判は聞いているし、TVアニメもDVDが出たら見ようと思っていました。

 本作は架純ちゃんが出るから観たいと思っただけで、そこまで期待はしていません。

 どう考えても2時間で語れるお話じゃないでしょうから、TVアニメの方が面白いに決まっていると思い込んでます。

 バイト明け後、朝一8時30分上映回に入場、お客さんは32人でした。


 あらすじ:パッとしない漫画家でフリーターの藤沼悟(藤原竜也)は、事件や事故を看破するまで時間がループする現象・再上映(リバイバル)が起きるようになる。何度もリバイバルを経験する中、母が何者かに殺害され彼は突如18年前に戻る。小学生のころに起きた児童連続誘拐殺人事件と母の死の関連に気付いた悟は、過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていく。


 観終わって、直ぐの状態では、疑問なところが多く、結末も残念で、題名の本当の意味はそうじゃないんだろうな、とモヤモヤしてました。

 色々な書き込みや、公式サイトを見て、だいぶ分かってきました。

 まず、自分のように架純ちゃん目当てで観ると、出番の少なさにガッカリするでしょう。

 でも、それ以上に子役二人の演技が物凄く良く(架純ちゃんが霞むくらい)、泣きそうになってしまいました。

 竜也くんに関しては、あえて説明はいらないでしょう(勿論良い意味で)。

 問題はストーリーですね。

 ここから以下、ネタバレしますので、知りたくない人は映画を観てからご覧ください!!!








 観る前の想像通り2時間で語れるお話では、やっぱり無かったです。

 で、原作者は、映画は映画で好きにやっちゃってください、と言っていたようで、脚本家や監督が”リバイバル”を何度も行うことで、未来も変わり、その分の負荷をどのように±0に持っていくのか色々考えてハッピーエンドで無くてもいいんじゃないか、となったようです。

 観たときは、この結末は好みでは無いと思っていましたが、今はこれも有りかな、と。

 あと、少年時代から現代に戻った時の、少年時代のその後が描かれないため説明不足になってしまうのは時間的にしようがないところだと思います。

 個人的には、主人公が”リバイバル”できるようになるキッカケとか、犯人が何故事件を繰り返すことになったのか等映像で描いて欲しかったです。


 ということで、残念な部分がありましたが、まぁ楽しめましたので、あとは原作とTVアニメの方も期待して見たいと思います!


     満足度:★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
03.29

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

Category: 映画
 3月25日(金)新宿ピカデリーにて映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(3D字幕版)」をクーポン割引で鑑賞。
    IMG_20160325_084605.jpg
 当初TOHOシネマズのIMAXで観ようと思っていましたが、新ピカでは”デュアル・プロジェクター3Dシステム「CHRISTIE DUO(クリスティ・ デュオ)」”と言われるもので上映するとの事なので、こちらで観る事にしました。

 バイト明け後、公開初日の朝一8時50分上映の回に入場し↓これ貰いました。
IMG_20160326_053854.jpg
 大きい劇場だったので数えられなかったですが、お客さん60人位は居た気がします。


 あらすじ:バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的能力を持つスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、その力を人類のために惜しみなく使ってきた。だが、その破壊力の強大さゆえに、スーパーマンは人々からバッシングを受けるようになり……。


 自分としては、勝てる筈のないスーパーマンにどうやってバットマンが戦うのかが一番気になっていた所なんですが、どうやらそれがメインのお話では無かったんですね。

 だって”二人の喧嘩”が後半の後半に10分程しかないんですよ。

 しかも、仲直りする動機が”それ?(笑)”。

 「マン・オブ・スティール」を観ているので、弱点は知っていましたから、そうなるだろうとは思っていたが、それが元で、こんな結末になっちゃうの?、と、ちょっとガッカリ。

 でも、そこはそれ、そのままで終わる訳がない、と思っていたが、エンドロール後、何事もなく場内が明るくなった。

 てっきり、次作の予告的な映像が流れるものと思い込んでいたので、拍子抜けだった。

 あと”ワンダーウーマン”に関する知識が全く無かったので唐突感があり、

 ”何、なんでこの女の人、こんなに強いの?”

 と思って観てました。

 そして、この話が「ジャスティス・リーグ」に繋がるようです。

 DCコミック知らないから、全くの受け売りですけど・・

 映像はきっと綺麗だったんでしょう(比較してないから何とも言えないけど)、きっと。


 どうせ観るなら、設備の良い所で観た方がいいでしょう(くれぐれも期待しすぎないように・・)。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2016
03.23

リリーのすべて

Category: 映画
 3月22日(火)TOHOシネマズにて映画「リリーのすべて」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160322_091300.jpg
 第88回アカデミー賞助演女優賞(アリシア・ヴィカンダー)受賞した本作、予告編を観て、見たいと思った作品。

 実話もので、トム・フーパー監督作とくれば余計に見たくなるってものです。

 バイト明け後、朝一9時15分上映回に入場、お客さんは10人でした。


 あらすじ:1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに。当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深め……。


 いやー、観ていてつらい映画でした。

 この女優さん、観たことあると思ったら「コードネーム U.N.C.L.E.」に出てた人だったのね、成程、自分好みの女性な訳だ。

 でも”助演”じゃなくて”主演”でもおかしくない気がしたけど、あくまでは”リリー”が”主演”だもんね、しょうがない。

 女優さんも良かったけど、エディさんも前回賞もらっちゃったから、流石に連続受賞は無いか。

 レオ様、今回取れなかったらもうチャンス無いかもしれんから、これで良かったんだろうと思いながらも、エディさん、凄い演技だったなぁ。

 性同一性障害の本人が辛いのは感情移入できないけど、まぁある程度理解できますが、奥さんの方がより辛そうに感じます。

 本人はなりたい自分(女性:リリー)になろうとしているんだから良いけれど、奥さんは愛する旦那(アイナー)が居なくなってしまうんですからねぇ。

 それでも側に居てあげて、最期まで看取ってあげるんだから、立派ですよ。

 しかもまだ若いし、子供居ないし、淋しかっただろうなぁ・・

 
 ラストシーン、特に印象的でした。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
03.19

甲鉄城のカバネリ 序章

Category: 映画
 3月18日(金)新宿ピカデリーにて映画「甲鉄城のカバネリ 序章」を鑑賞。
    IMG_20160318_091126.jpg
 内容とか全然知らないんだけど、何となく面白そうな匂いを感じ取ったので観ようと思い、バイト明け後に初日の朝一9時20分の回に入場。

 春休みだからか、若い人が多く50人位お客さんが入っていました。

 で、入場時に貰いました↓
    IMG_20160319_030248.jpg

 あらすじ:産業革命の時代、驚異的な怪物“カバネ”が現れる。カバネは鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を貫かなければ死なず、さらにはカバネにかまれた者は蘇生し人を襲撃することから、世界中にカバネが増えていく。極東の島国・日ノ本では蒸気機関車“駿城”で生産物を運び、互いに支え合っていた。ある日、日ノ本をカバネが襲撃。顕金駅で暮らし、製鉄と蒸気機関の生産に携わる少年・生駒はオリジナルの武器“ツラヌキ筒”でカバネに立ち向かう。


 4月から”ノイタミナ”で放送する1話から3話までを上映したようですが、中々面白かったです。

 TVアニメにしてはお金掛かってるなと、映画館での鑑賞に堪えうる出来でした。

 何なら映画館で全話観てみたいとすら思いました。

 お決まりのパターンですが、”こっ、ここで終わるかっ”ってところで終了しますからね。

 続きはTVで見てねってことなんでしょうけど。

 ”カバネ”と”カバネリ”について、これから明かされていくんだろうけど、オリジナル作品なので予想もつかないです。

 
 今後も映画館での上映に期待したいです!


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
03.17

ネコのお葬式

Category: 映画
 3月15日(火)シネマート新宿にて映画「ネコのお葬式」を会員サービスデー鑑賞。
    IMG_20160315_115324.jpg
 もうじきメンバーズカードが有効期限切れになりそうだったので、バイト明け後時間を潰してからシネマート新宿へ。

 お客さんは7人でした。


 あらすじ:ミュージシャンを目指すドンフン(カンイン)と、漫画家を夢見るジェヒ(パク・セヨン)は、友人の結婚式で顔を合わせ、その後付き合うことに。やがて同居を始めた二人は子猫クルムを家族として受け入れ、お互いに夢に向かってまい進するものの、小さなことがきっかけで別れてしまう。1年後、ドンフンと共に暮らしていたクルムが亡くなり、その葬式で彼らは再び会い……。


 猫ちゃんに癒してもらおうかなと思いこの作品を選択しましたが、思っていたほど猫ちゃんの登場シーンが少なくて残念でした。

 付き合い始めから、別れた後に飼い猫が死んだので弔うまでのお話。

 ただ、現在と昔が何度も行ったり来たりしすぎて、ちょっと嫌になった。

 もう少し行き来を少なくしてくれた方が良かった気がします。

 自分も同棲経験があるので、こういう話は胸が痛くなり、メルヘンチックなオッサンに変わってしまいます。

 一度別れてしまったら、元通りにはならないという良い例でしょう。

 ただ、このカップルは猫ちゃんのおかげでスッキリお別れが出来ましたね、よかったよかった!

 自分なんかは何時までもダラダラ引きずってしまい、未だに寂しい独り身ですからねぇ。

 誰のせいでもない自分の問題なので自分が解決するしかないんですよね。


 何てことを、映画を観ながら昔を振り返ってしまいました。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2016
03.09

セーラー服と機関銃 -卒業-

Category: 映画
 3月8日(火)TOHOシネマズにて映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160308_091540.jpg
 薬師丸ひろ子ファンだった自分としては、”カ・イ・カ・ン”映画の続編と言われている本作をやっぱり観ない訳にはいかないので、バイト明け後、9時15分上映の回に入場した。

 そこで目にしたものは、な、何と、お客さんが3人だった・・

 ”角川映画40周年記念映画”なのに、公開からまだ4日目なのに、、、これ?


 あらすじ:組員が4人しかいない目高組の組長となり、機関銃を抱えて伯父を殺害した相手に殴り込みをかけたという過去を持つ高校3年生の星泉(橋本環奈)。目高組を解散した彼女は、シャッター商店街の一角でメダカカフェを営む店長として元組員の従業員と共に忙しい毎日を送っていた。そんな中、泉の友人が偽モデル詐欺の被害に遭ったことを知り……。


 皆さんのレビューを見たら高評価が多くて驚きました。

 多くの方々が楽しめた様で、良かったですね。

 自分は残念ながら少数派になってしまったようです。

 内容は今っぽくなってはいますが、やっている事は前作と変わりないと思えました。

 そういう意味では”リメイク”作品に感じました。

 あの時代(1980年代)と同じようなことを現代でやったら違和感ありますよね?

 なので後は、”星泉”役の魅力で魅せるしかないんです。

 橋本環奈は確かに可愛いし頑張ってもいましたが、でもそれだけとしか言えません。

 薬師丸と比べたら可哀そうだけど、やっぱり敵わないですし、相米慎二監督だったら彼女を使わなかったかもしれませんね。

 
 ”あの時代は良かった”、とまでは言いませんが、まぁ50過ぎのおっさんの戯言だと思ってスルーしてもらって構いません。

 
     満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
03.08

オートマタ

Category: 映画
 3月5日(土)新宿ピカデリーにて映画「オートマタ」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20160305_082826.jpg
 予告編を観て気になっていたので、初日の朝一8時半から上映してくれたのでバイト明け後に劇場へ。

 通路側は既に押さえられていたので、後ろ側で両サイドに人が居ない席を探してチケット購入。

 お客さんは50人位居た様です。


 あらすじ:太陽風の増加が原因で砂漠化が進み、人類存亡が迫りつつある2044年。人間に代わる労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに、生命体に危害を加えない、自身で修理・改善しないというルールが製造時に組み込まれており、人間との共存に支障が出ないシステムが確立されていた。そんな中、オートマタ管理者ジャック(アントニオ・バンデラス)は彼らが自発的に修理を行っていたのを知って驚く。その首謀者と目的を探る彼だが、思わぬ事実に突き当たる。


 未来を予感させる内容にちょっと恐ろしくなりました。

 人間が作った人工知能ですが、その知能は人間を遥かに凌駕するだろうなと自分のような凡人でも想像できる訳で、その為に2つの制御機能を組み込み人間を守り、人間のために働くようにオートマタ(機械人形)が作られる。

 でもそれが絶対では無く、破られると、人間はそれを破壊、もしくは隠ぺいしようとし、このことを知った人間をも抹殺しようとする。

 2100万人しか居ないのに殺しあってどうすんだよって思うんだけど、そこではもう人間のモラルが崩壊しているんです。 

 この辺りで、人間の未来はもう無いんだろうなと思いつつ、主人公ジャックのような人間となら、オートマタとの共存も可能なのかな、とも思う。

 終わり方を観てもそんな一縷の望みを感じさせてくれます。

 
 ただ、観ていて派手さが無く、淡々と話が進むのでちょっと退屈に思う人がいるかもしれませんね。


 2044年、実際どんな世の中になっているのか、恐らく自分には確認することはできないだろうなぁ・・


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2016
03.05

パディントン

Category: 映画
 3月1日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「パディントン(字幕版)」をサービスデー鑑賞。
    IMG_20160301_104515.jpg
 バイト仲間の女子から「パディントン」可愛いから見たいんですよね、という話を聞いていて、でも自分は予告編見る限り可愛いとは思えなかったんだけど、だって熊だよ、プーさんならまぁ分かるんだけどさぁ。

 何て思いながらも気になってはいたので、一か月半経っても字幕版が上映しているのを見つけて、バイト明け後8時50分上映の回に入場。

 お話とかは全く知りません、あくまでパディントンの絵を見たことがある程度です。

 お客さんは、14人でした。


 あらすじ:ある日、大都会ロンドンのパディントン駅に、真っ赤な帽子がトレードマークの小さなクマが降り立つ。南米ペルーの奥深いジャングルから長旅の末ようやくイギリスまでたどり着いた彼は、右も左もわからない状態だった。思い切って丁重な態度で通行人に語りかけるものの、言葉を話すクマに反応してくれる人はおらず……。


 子供向けかとバカにしていて申し訳ありませんでした。

 映画観ながら久しぶりに声を上げて笑ってしまいましたよ。

 ある意味ベタって言ってしまえばそれまでですが、特別奇をてらわず、正攻法的に作っていたと思います。

 そして小道具なども伏線になっていて、後でちゃんと使われるし、理由もあるので観終わってから気になるところもありません。

 でも、”パディントン”、やっぱり可愛いとは思えませんでしたよ。

 食事の時など野性的な食べ方でしたし。


 よーく考えてみると、色んな事に気づかされるし、何も考えずに楽しんで良いとも思う。

 自分のようなオッサンが一人で観ても良いし、親子連れ(ファミリー)、カップル、学生同士、誰でも楽しめる、そして笑顔で劇場を後にできる、そんなハッピーな映画です!

 
     満足度:★★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2016
03.01

ザ・ブリザード

Category: 映画
 2月27日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「ザ・ブリザード(2D字幕版)」をポイント鑑賞。
    IMG_20160227_083821.jpg
 バイト明け後、他にも観たい作品があったけれど良い時間の上映が本作品だったので選択した。

 大好物の”実話もの”だったこともありますが、入場するとお客さんは30人程でした。


 あらすじ:真冬の大西洋でブリザードに襲われた巨大タンカーが大破し、船内に32人の乗組員が取り残されてしまう。生存者の救出にバーニー(クリス・パイン)率いる4人の沿岸警備隊員が向かうが、彼らが乗り込んでいるのは定員12人の木製小型救助艇であった。一刻を争う状況で、一行は決死の救助活動に挑む。


 本当に奇跡的なお話で、これが実話とは俄かに信じられない内容でした。

 巨大タンカーが真っ二つになり、片方はあっという間に沈没してしまったけど、もう片方は何で沈まない?と思ったら、原油積んでるからだったのね。

 でも、元々亀裂が入っていた船なので、そこから海水が入り込み、沈没するのも時間の問題。

 でも、一等航海士役のケイシー・アフレックが何とか皆を纏めて、少しでも沈没するまでの時間を稼ぐところは恐れ入りました。

 彼が居なかったら間違いなく32人の命は無かったでしょう。

 方や、沿岸警備隊役のクリス・パイン。

 1年前に助けられなかったことがトラウマで、もう誰も死なせたくないという思いから途中コンパスを無くしながらも、12人乗りの小型船で救助に向かうんだけど、海の荒れ方がもう半端無いわけですよ。

 それを転覆しないように絶妙な運転さばきで乗り切るんですが、観ている方も船酔いしそうな感じで、3D版とかだったら本当に具合悪くなったかも。

 こちらも、彼が居なかったら、救助することも戻ることも叶わなかっただろう。

 いちゃもん付けるとしたら、主人公と結婚予定のミリアム役の女性、単なる我儘女にしか見えなかったんですけど、自分ってやっぱり女性を見る目無いのかしら。


 体に力が入っていた様で、観終わったときに疲労感を覚えました。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
back-to-top