2015
01.31

紙の月

Category: 映画
 1月26日(火)シネマート新宿にて映画「紙の月」を会員割引で鑑賞。
    IMG_20150129_044401.jpg
 原作をバイト仲間に借りて読んだら、映画を見たくなり、新宿でやっていたのでバイト明け後時間を潰してから歩いて劇場へ。
 お客さんは10人以上居ました。


 あらすじ:バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。


 原作は正直、梨花の心情や行動に違和感を覚え、元同級生や元カレなど必要無いと思われる描写があり、煮え切らない感じが残った。

 でも映画の方は、元同級生や元カレの話をカットし、銀行と家庭と光太との関係に絞って描いていて、ストレートに伝わってきた気がします。

 映画で描かれた梨花の心情や行動は腑に落ちました。

 最後の”脱出”には驚いたし、逃げ切れるのには無理があるとは思いますが、良い感じでの終わり方でした。

 それもこれも監督と女優の力量なんでしょうかねぇ。

 それにしても皆さんお金、持ってますねぇ、羨ましい。

 梨花が朝帰りして月を見上げ、指でなぞると月が消えるシーンで、

 つい、”えっっ”と声が出そうになりとても印象に残っています。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
01.29

エクソダス:神と王

Category: 映画
 1月26日(月)20世紀フォックス試写室にて試写会「エクソダス:神と王(3D字幕版)」を鑑賞。
    IMG_20150127_033744.jpg
 20世紀フォックスさんの試写室は初めてだったので何処にあるのか不安でしたが、係りの方が外に居てくれたので迷わずに行くことが出来ました。

 上映開始15分前に入場しましたが、空席が目立ち勿体なく思いました。


 あらすじ:紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセス(ジョエル・エドガートン)とたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。


 迫力のある映像でした!

 いきなりの戦闘シーンと後半の”十の奇跡”のシーンが特に。

 逆に言えば中盤は、すいません、眠気との戦いでした。

 常に睡眠不足の体の上、睡眠時間を削って来ているので隙あらば眠気が襲ってくる状態なんです。

 こういう状態でなければ、恐らく集中して楽しめたはずでしょう。


 最後の見せ場で海が割れるシーンを期待されている方には残念ですが、海は割れません。

 多分、監督がやりたくなかったんだと思います。

 モーゼに関しても、彼が奇跡を起こすイメージがありましたが、奇跡を起こすのは”神”であり、彼はあくまでも人間として描かれ、”神”の起こす事を時には静観し、時には奇跡の後に行動を起こす。

 後、モーゼと”神”との対話のシーンも、人によっては不自然に思うかもしれません。

 自分は基本、無宗教なのでイメージも何もありませんが。

 でも、この作品を観れば

 ”信じるものは救われる”

 のかなと。

 それぐらいの力強さを感じました。


 この作品に興味がある方は、ぜひ大きなスクリーンでお楽しみ下さい!


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2015
01.22

海月姫

Category: 映画
 1月21日(水)TOHOシネマズ日本橋にて映画「海月姫」をポイント鑑賞。
    IMG_20150121_092340.jpg
 今週金曜日で上映終了との情報を知り、朝一でやっているところを探してバイト明け後に日本橋に移動。

 隠れ(?)能年ファンとしては、昨年「ホットロード」を見逃していたので、本作品こそは映画館で観ようと思っていました。

 そして「海月姫」TVアニメ版をDVDで見てからの映画鑑賞になります(原作漫画は未読)。

 観客は女性が多く12名でした(寂しい・・)。


 あらすじ:人生において男は不要だと考えるオタ女子集団「尼~ず」の面々が集まる、男子は立ち入り禁止のアパート天水館。そこに暮らすクラゲオタクの月海(能年玲奈)は、熱帯魚ショップでひと悶着(もんちゃく)あったところをファッショナブルな女性に助けてもらう。次の日の朝、ひょんなことから彼女が女装をしていた蔵之介(菅田将暉)という男性だとわかって驚がくする。それを機に、蔵之介は男性であることを秘密にし天水館に出入りする。月海たちと蔵之介が交流を深める中、天水館の取り壊しが決まってしまう。


 原作漫画の実写化にかなりのレベルで成功したと言えるのではないでしょうか。

 難関と思われた蔵之介役ですが、再現は正直不可能だと思っていましたが、菅田くん頑張りましたね!

 どうしても違和感が拭い去れないが、女装に関しては合格点をあげて良いと思います。

 ファッションショーのシーンは女性も羨む見事なプロポーションでした。

 そして、能年ちゃんは、可愛いすぎますね。

 変身前も普通に可愛いですから、もう少しギャップがあったらもっと良かったでしょう。

 他の”尼~ず”に関しても全く問題無し、というより出来過ぎです(笑)。

 ”石化現象”は上手く作っていて笑ってしまいました。

 そしてそして、もこみちクン、あれが彼本来の姿(演技してない)なんじゃないのかと思ってしまう位嵌っていました(特にファッションショーでのシーン)。

 最後に、何といっても陰の主役は”クラゲ”でしょう!!

 新江の島水族館、近いうちに必ず行って”クラゲ”を見てきます。


 もう少しヒットしても良い作品だと思うんですけど、今週で終わりなんですねぇ、残念・・



     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2015
01.20

ホビット 決戦のゆくえ

Category: 映画
 1月17日(土)TOHOシネマズ日本橋にて映画
 「ホビット 決戦のゆくえ(3D字幕版+TCX+DOLBY-ATMOS)」をポイント鑑賞。
    IMG_20150119_040124.jpg
 本当なら六本木でHFR3D版を観るつもりだったのに、グズグズしてたらただの字幕版の上映になってしまっていた(泣)。

 なので、少しでも良い環境で観たかったから慌ててバイト明けに日本橋へ。

 観客は50人以上いたようですが、映写機トラブルだったのか、時間になっても予告編が始まらず、結局予告編をカットして本編の上映が始まった。


 あらすじ:ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。


 あぁーっ、終わってしまったかぁ・・

 前作が、”ここで終わるのかっ?”ってところで終わりだったので、今回はいきなりクライマックス的な盛り上がりから始まります。

 スマウグから何とか逃れた人間達が山を目指す辺りは大人しめに進みますが、戦いが始まったらもう怒涛のアクションシーンの連続です!

 ラストは涙なくしては観られません

 放心状態で劇場を後にするときには「ロード・オブ・ザ・リング(3部作)」をもう一度観直したいと思うことでしょう。

 正直、「LOTR(3部作)」を観終わった後に「ホビット」をやると知った時は、「LOTR」を超えることは出来ないだろうと思っていて、「ホビット」一作目は映画館ではなくDVD鑑賞だった。

 でも見始めたらもう止まりませんねぇ(笑)。

 お話的には「LOTR」を超えられなかったと思いますが、充分楽しめる作品になっていました。

 それでも、ビルボがオーク相手に石攻撃でやっつけるところ(そんなに弱いんかい)や、アーケン石は結局どーなったの?とか、残念な部分もありました。

 
 公開から一か月以上過ぎていますので未見の方はお早めに劇場へ足を運んでみて下さい!


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2015
01.19

2014年のまとめ②

Category: 未分類
 続いては映画以外の事について纏めたいと思います。

      (文庫本):41冊

 相変わらず警察小説中心に読んでいますが、そんな中での注目作品は、

      「キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇」

 大好きな「IWGP」シリーズは一区切り着いていたので、暫く出てこないだろうと思って気にしていなかったら、バイト仲間が見つけて買ってくれたので借りて読みました。

 一番古い話だけど、当然後付けで辻褄を合わせて話を作ったんだろうと思われます。

 無理に作らなくて良かったんじゃないかと思ったり、久しぶりに彼らに逢えて嬉しかったりと複雑な気持ちで読みました。

 内容的には残念な感じだったので、個人的には昔を振り返らずに、この先の”彼ら”を書いて欲しいなと思っています。


    (音楽)

 良く聴いた曲として

        洋楽:ファレル・ウイリアムス「Happy」
        邦楽:秦 基博「ひまわりの約束」

 です。

 そして、個人的に昨年一番の感動は、何と10数年ぶりにライブに言った事。
IMG_20150117_085146.jpg
 そう、福山雅治の男限定ライブ(3時間半を超える長丁場)です。

 バイト仲間に誘われて行くことになったんですが、まさかチケット取れると思わなかったので、

 軽い気持ちで”いいよっ”って言っちゃったんですよ。

 9500円は高いなーと思っていたけど、いざ体験してみると、これじゃお金掛かるわ、と納得してしまった。

 恐らく他では味わえない雰囲気だったので、次回があったらまた行きたいと思えるライブでした。

 ”ましゃ”のオールナイトニッポン、あと10回の放送で終わってしまうのが残念だけど、欠かさず聴こうと思っています。


    (TVアニメDVD)

 特に良かった作品は「カウボーイビバップ」です。

 10数年前に作られた作品のようですが、大人が楽しめる数少ないアニメでした。

 監督と音楽が以前ブログで書きました「坂道のアポロン」と同じ人達だったので、成る程と納得でした。

 どちらも見ていない方が居ましたら、是非お勧めします!


 他にも何かあったような気がしますが、今、思いつかないのでこの辺にしておきます。
Comment:0  Trackback:0
2015
01.17

2014年まとめ①

Category: 映画
 遅くなりましたが、2014年に観た映画について纏めたいと思います。

 観た映画本数:53本
 (内訳) 邦画:17本(内試写会:3本)
       洋画:36本(内試写会:8本)

 一応年間60本を目標にしているんですが、届きませんでした。

 しかも邦画が洋画の半分以下と偏ってしまっています。

 この状態でベスト1を決めるのもどうかと思いますが、あくまで超個人的には

      邦画:「るろうに剣心 伝説の最期編 」
      洋画:「ラッシュ/プライドと友情」

 となりました。

 洋画は他にも「大統領の執事の涙」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「X-MEN:フューチャー&パスト」「監視者たち」などがありましたが、思い入れの差で「ラッシュ・・」になりました。

 本当なら「ジャージー・ボーイズ」を見逃していなければ多分ベスト1だったのではないかと思われます。


 そして残念なワースト1は

      邦画:「シネマ・トラベル -映画館でみる世界遺産の旅- マチュピチュ・ナスカ・アンコール遺跡編」

 となりました。

 洋画は該当作品無しとしました。


 2015年は、新宿にTOHOシネマズが出来るので昨年よりは多くの映画作品を観られるように頑張りたいと思います!
Comment:0  Trackback:0
2015
01.13

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

Category: 映画
 1月9日(金)TOHOシネマズにて映画「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」をムビチケカードにて鑑賞。
IMG_20150109_113113.jpg
  ↑ ムビチケカードと特典のサイコパスカード(ダジャレ?)です。

 公開初日に観るつもりで買いましたが、当日の朝(6時位)にネットで座席予約をした時点で初日の初回が27席しか埋まっていません。

 普通に朝行って余裕で買える状態でした。

 一般的にはそれ程認知されていないということなのかな?

 バイト明け後、予告編が始まった頃に会場入りすると、40人位のお客さんしか居ませんでした(ショック)。

   ↓ で、入場時にこんなのを貰いました。
IMG_20150109_113232.jpg


 あらすじ:人間の精神を数値化するシビュラシステム管理下の2112年、新人監視官の常守朱と執行官の狡噛慎也は、ある大事件の黒幕・槙島聖護と出会う。狡噛は自らの信念を貫き槙島に復讐(ふくしゅう)を果たした後、姿をくらます。2116年、日本政府が輸出したシビュラシステムを内戦状態のSEAUn(東南アジア連合)が実験的に導入するが、SEAUnから日本へテロリストが送り込まれ……。


 前述した通り年始に第2期をイッキ見して映画に備えたんですが、正直第1期を観ていれば問題無かった内容でした。

 と、言うか、劇場版は今までの「PSYCHO-PASS」とは感覚的に違いますね。

 アクション・シーンなんかを見ても、「攻殻機動隊」っぽく感じてしまうくらいです。

 映画化に際してスケールを大きくしようとして、このような内容になったんでしょうが、そのせいで「PSYCHO-PASS」らしいダークな部分が削られたのかな?

 とは言え、大スクリーンで観る価値のある作品に仕上がっているのは間違い無い訳で、観られて良かったと思っています。
 出来れば、続編が出来る位ヒットしてくれると個人的には嬉しいんですが、近所の劇場の状況を見る限り(1月12日現在)残念ながらそれ程入って居るようには見えません。

 余裕があればもう一度劇場に足を運びたいところですが、今のところは何とも言えません。


     満足度:★★★★


 P.S.新宿地下通路に現れた”シビュラシステム”で測定された私の”サイコパス値”↓(笑)。
           IMG_20150106_073602-1.jpg

Comment:0  Trackback:0
2015
01.10

アップルシード アルファ

Category: 映画
 1月8日(木)京橋テアトル試写室にて試写会「アップルシード アルファ」を鑑賞。
    IMG_20150109_041119.jpg
 職場の知り合いが好きな作品だったので応募したんだけど、知り合いが行けないとのことで一人で会場入り。

 開場5分後位に入り席で目を閉じて上映を待っていたが、時間になっても人が増えず50席のところに20人欠ける位しか埋まっていない状態で上映開始。

 何て勿体ない、というか、だから当選したのかな・・


 あらすじ:世界大戦後に朽ち果ててしまったニューヨーク。元SWATのデュナンは全身サイボーグの恋人・ブリアレオスと共に、ギャングに依頼された仕事を請け負いながら、街を出る日を夢見ていた。そんなある日、二人はとある男女を救出する。そのオリュンポスから来た少女アイリスと半サイボーグの兵士オルソンとの出会いは、デュナンとブリアレオスを人類の希望を守り抜くための戦いへと向かわせる。


 一応、前2作は観ていますが、正直お話は覚えていません。

 地下鉄のシーンから始まりますが、

 ”えっ、実写?”

 と、思ってしまったほどレールがリアルで、直ぐにスクリーンに引き込まれました。

 そして、地上に出たときのニューヨーク(多分)の街の朽ち果て具合がやっぱり素晴らしくリアルで精密に描かれていて、製作者たちの力量に感服致しました。

 そして、お話がシンプルなので、初見でも問題無く楽しめると思います。

 ただ、シンプルすぎたのか、途中眠くなりかけました。

 残り30分位から、戦闘シーンが増えてきて、やっとそれらしくなってきます。

 
 恐らく、現在の最高レベルの映像でしょう本作品を映画館で体験してみて下さい!


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2015
01.06

ゴーン・ガール

Category: 映画
 明けましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願い致します

 さて、今年一発目の作品は、1月1日(水)TOHOシネマズにて映画「ゴーン・ガール」を鑑賞。
    IMG_20150106_040820.jpg

 年を越す前にネットカフェに入り「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」を観る前の復習として、「PSYCHO-PASS サイコパス2」のTVアニメ全11話をイッキ見してから、朝一で劇場に。
(後日、この時に風邪を移された様で熱を出してしまった)

 流石に元日の朝8時過ぎだと人も少なく、観客は18人だった。


 あらすじ:ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。

 
 評判の良さに釣られて観に来た感があります(それ程フィンチャー好きでもない)が、展開が読めないわ、失踪女の気持ちが解らないわで、正直観ていて楽しくは無かった、が、詰まらない訳でも無い。

 そこはそれフィンチャー作品ですから、単純な映画ではありません。

 こういう女性が実際居そうで怖い、というのが観終わった単純な感想です。
 そして結婚も大変だな、ということも(したこと無いから余計に)。

 色々、言いたい事もあるけれど、ほぼネタバレになってしまいそうでうまく纏まりません。

 ただ、これから結婚を控えたカップル等には観ない方がよろしいかと、としか言えません。

 それに正月映画として観るには少々内容が重いかも・・


     満足度:★★★★


 P.S.タイプは違うけれど「蜘蛛女」を観た時の女の怖さに似ていた気がします・・・
Comment:0  Trackback:0
back-to-top