2014
05.23

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~

Category: 映画
 5月17日(土)TOHOシネマズにて映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」をレイトショー鑑賞。
                D1000011.jpg

 最近、映画館に行って映画を観ようという思いが薄れているのか、間に合ったら観ようかな的な感じで夜に出かけたら余裕でチケットを購入し会場入りできた。

 お客さんは12人でした。

 原作は未読。

 あらすじ: 大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが……。


 矢口監督の劇場映画作品はある程度観ているので、面白くない訳がないという前提があって、尚且つそれ以上を求めてしまう私たちを、今回もそれなりに満足させてくれた感じです。

 ただ今回は原作の映画化なので、そのあたりはどうだったのかなぁとレビューを見てみると、原作とは若干違っているようですね。

 監督が青春映画っぽくしすぎたように思われてなりません。

 ”なあなあ”さが足りなかったんじゃないかな、と。

 その方が面白可笑しく観ていて楽しい気にはなりますが、”林業”の厳しさ等、もっと我々の知らない部分を教えて欲しかった。

 研修最初の一か月間の描写ももっと色んな事を勉強したと思うのでせめてどういうスケジュールでどんなことを教わるのかを紹介してくれたらなと思いましたね。

 こんな感じで、お話にはちょっと物足りなさを感じましたが、役者さん(キャラ設定)には満足しています。

 主人公:勇気役の染谷くんは色んな映画に出まくってますね。

 ”股をヒルにやられた男”ピッタリでした(笑)。

 そんな彼が不純な動機で林業を始めようと思った女性:直紀役の長澤まさみは、こんな男勝りなタイプこそ似合っている感じでした。

 そして”海猿”から”山猿?”に変身した伊藤英明”は荒っぽくて単細胞なキャラを自分のものにしていたと思います。

 
 よって矢口監督は、原作ものより、オリジナル作品の方がやっぱり本領発揮するのではとの結論に至りました。


 機会があったら原作読んでみようっと・・
 

      満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:2
2014
05.16

青天の霹靂

Category: 映画
 5月13日(火)東宝試写室にて試写会「青天の霹靂」を鑑賞。
              D1000010.jpg
 上映開始10分前にチラシとティッシュ↑を貰って入場すると1列目以外は殆ど空きが無く、それでも3列目の左端が空いていたので着席。

 原作は未読です。


 あらすじ: 場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い……。


 原作・脚本・初監督の劇団ひとり作品は、丁寧に大事に作り上げられた映画という感じがしました。

 冒頭の晴夫の生活を見ていると、自分の生活とダブってしまい、彼の台詞がそのまま自分の思いとなって帰ってくるようで”何のために俺は生きているんだろう・・”と悲しい気持ちになりながら観ていました。

 ”青天の霹靂”のシーン以外はほぼノーCGとの事。

 なので、売れないマジシャン役の大泉洋さんは、努力することが嫌いと言いながらも特訓に特訓を重ね、吹替え無しで全てのマジックを演じたそうです(凄いの一言!!)。

 ファースト・シーンは何と89テイクも撮ったらしい(役者魂もここまでくると半端ない)。

 改めて大泉洋という一人の俳優に敬意を表したい(見た目では分からないものです)。

 タイムスリップ先では、謎のインド人”ペペ”(晴夫)と中国人”チン”(正太郎)として舞台に立ち、お笑いも披露していますが、この役は、この二人の俳優以外有り得ないだろうと思わせる出来です。

 そして晴夫の母親になる柴咲コウさんは本当に”映画に華を添える”役として良かったと思います。

 病室で彼女と晴夫が未来の事について語るシーンは印象に残る良いシーンでした(泣かせてもらいました)。

 お話的には、特に目新しさを感じるところも無く、オーソドックスな感じで、劇団ひとりらしい笑いと押し付けではない感動を観る側に与えてくれます。


 上映後のティーチ・インでのプロデューサー二人のお話を聞いて、裏側の大変さを知ると、確認の意味でまた映画を見直してみたくなりました。

 そして、プロデューサーさんが仰ったように、この映画が”大泉洋の代表作”になることを期待したいです。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2014
05.12

アメイジング・スパイダーマン2

Category: 映画
 5月10日(土)TOHOシネマズにて映画「アメイジング・スパイダーマン2」(3D字幕版)をレイトショー鑑賞。
               D1000009.jpg

 GW後半は混んでいるだろうと思い映画館には近寄りもしなかったので5月最初の映画は迷わず本作に。

 お腹が空いていたが時間がギリギリだったので、売店で”ちょびっとチキン”なる物を買い予告編の間に食しながら周りを見回すと30人程のお客さんが入って居る様子でした。


 あらすじ: スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、グウェン(エマ・ストーン)との関係も好調なピーター(アンドリュー・ガーフィールド)。だが、旧友のハリー・オズボーン(デイン・デハーン)がニューヨークに戻ってきたのを機に、充足していた生活が微妙に変化していく。そんな折、人間発電機エレクトロ(ジェイミー・フォックス)という敵が出現。苦闘を強いられる中、追い打ちをかけるように怪人グリーン・ゴブリンとなったハリーが襲い掛かってくる。


 サム・ライミ版「スパイダーマン」シリーズが好きな自分としては、「アメイジング・・」は観るつもりがなかった(前作は映画館では観ていない)が、本作の予告編を観た時に”これは観ないと”と思い、昨年わざわざツタヤの会員になって(レンタルはツタヤ限定だったので)DVDで復習したんです。

 そしてサム・ライミ版には及ばないなとの思いがあったが、本作は3Dで楽しめそうだと感じたので映画館で観られて良かったとは思った。

 とはいえ、良かったのは跳躍シーンとエレクトロとのバトルシーンのスピード感だけで、話の内容とか主人公と恋人の俳優が好みじゃないなどイマイチな部分もあった。

 ハリーがピーターを憎む感情は分かるが、マックス(後のエレクトロ)があれほどスパイダーマンに心酔していたのに、一瞬で恨みに変わる心情にはかなりの無理を感じてしまった(笑)。

 また、グリーン・ゴブリンとのバトルシーンもあっけない感じで、戦いよりも彼女を助けるために奮闘しているだけのようだった。

 とまぁ、思い出すと色々出てくるが、文句言ってる割には映像を観て楽しんでいたので、それ程の”腑に落ち感”はありません。


 何はともあれ、本作を観たいと思われている人には”映画館で3D版”で観る事をお勧めします!


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:4
2014
05.06

国立にサヨナラ

Category: サッカー
 5月3日(土)東京ヴェルディvsFC岐阜(国立競技場14時キックオフ)を観戦。
               14-05-03_002~001
                  (↑青山門は今日も閉まっていた)
 13時過ぎに千駄ヶ谷門から入場し、オリジナルハンドタオル↓をもらってぶらぶら一周する。
               14-05-06_002.jpg
 SAYONARA国立ヴェルディ復刻版Tシャツ↓を買おうかどうしようか悩んだけど結局買ってしまった(た、高いよー)。
               14-05-06_001.jpg

 生ビールを買うのに15分程も並んで、席に行くともう試合が始まっていた。

 今シーズン、ヴェルディホームゲーム3戦目の観戦ですが、vs岡山戦(0-1で負け)、vs磐田戦(0-1で負け)で未だゴールシーンを観ていない。

 自分が来るから負けてしまうのかとも思ってしまうが、ホーム戦未だ未勝利なのでそうでも無い様だ。

 今日こそは、最悪勝たなくてもいいから、ゴールが見たい!!!

 前半途中から、ラモス(FC岐阜)監督が大声でゲキを飛ばしている。

 久しぶりに生のカリオカの激高を目の当たりにしたが、出来ればヴェルディの監督として見たかった・・

 と思っていたら、前半40分に失点してしまう。

 今日もダメなのか・・と、つい思ってしまったが、生ビールを買って、気持ちを新たに後半を迎えた。

 しかし、ゴールは遠かった(泣)。

 そして今日も0-1で負け・・

 試合後、選手達が並んで客席に向かって礼をしたが、流石に自分は拍手しなかった。

 国立のホームゲームでこの内容のゲームで拍手できません。

 ラモス監督のコメント記事の見出し↓

 ラモス監督“最後の国立”完封勝利も激怒「お前らは駒沢でやれ」

 全くその通りだと思いました。

 暫く帰る気にならず茫然としていたら、カップルに聖火台をバックに写真を撮って欲しいとお願いされたので、我に返って快くシャッターを押しました。

 それで吹っ切れたのかやっと帰る気になりました。

      そして自分もパチリ↓
               14-05-03_001~001

 しばらくヴェルディ戦は見に行くのを控えようと思います・・
Comment:2  Trackback:0
back-to-top