2014
02.24

東京難民

Category: 映画
 2月22日(土)TOHOシネマズにて映画「東京難民」をレイトショー鑑賞。
               14-02-24_001.jpg
 本日は”ニャンニャンニャンの日”との事ですが、だからといってこの作品を選んだ訳ではありません。

 「土竜の唄」がまだ混んでいたので、こちらを選択しただけです。

 本日初日なのに、お客さんは男だけ7人でした。


 あらすじ: 堕落した大学生活を送ってきた時枝修(中村蒼)は、生活費を工面してくれた父親が借金を抱えて行方をくらまし、授業料未納によって大学を除籍される。家賃も払えずアパートを追い出された彼は、ネットカフェで宿泊しながら日払いのアルバイトで過ごしていた。さらにはホストクラブで働くはめになり、ついにはホームレスになってしまう。


 自分を再認識するためには観て良かったと思える作品でした。

 自分は未だ派遣社員の身分のため、いつ主人公のようにホームレスにならないとも限りません。

 病気にでもなってしまったら、まぁ終わりでしょう・・

 映画に出てくる仕事で、経験が無いのはホストと土建業で、それ以外は経験済です。

 なので、難民一歩手前のところで留まっている状態です。

 そんな自分なので全く他人事ではなく、自分の半生を振り返っているようでもありました。

 ホストの裏側をメインに描いている様に思いますが、出来ればホストで身を崩す話では無い物語が観たかったです。
 
 だってホストで働くにはある程度の容姿が必要になりますから、誰でもが出来うる仕事で描いて欲しかった。
 
 そうすれば、よりリアルな”難民”になったのではないかと思うのです。

 でもそこまで行くと救いのないドキュメンタリー的な話になってしまいそうだ。

 この内容でも、全く救いが無い話になっていないのは、佐々部監督が優しさを持って作った映画だからだと思います。

 それに役者たちも答えるように良い演技をしていたと思います。

 金子ノブアキに関しては、地のままなのではと思う程嵌っていました(あくまでも外見からくる個人的な感想です)。

 あと、大塚千弘(名前変えた?)がここまで体を張った演技をすると思っていなかったので驚きです。

 それ故終盤の”シャンパンコール”のシーンは涙を誘われます。

 そしてダメ押しはエンドロールに流れる高橋優の「旅人」。

 この映画の雰囲気にピッタリ嵌った良い曲になってます。


 こういう映画が、単館では無く、TOHOシネマズでロードショーされたことに感謝します。

 そしてどうか多くの方々の目に触れて欲しいと思います。

 できればマスコミにこそ、こういう映画を取り上げてもらいたいんですけどねぇ・・


     満足度:★★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
02.17

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

Category: 映画
 2月15日(土)TOHOシネマズにて映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2D版)」をレイトショー鑑賞。
               14-02-17_001.jpg

 先週に引き続きの雪で交通機関が大混乱な状態で、バイト終了時刻になっても交代人員が到着しないため帰れず、8時過ぎにやっと帰れることに。

 だが、外は積もった雪と朝方から雨に変わった為、グチャグチャな状態で何処をどう歩いても、結局靴の中に水が容赦なく侵入して、どうにか帰り着いたときには、靴はもう使い物にならない状態で、足はふやけてしまってました。

 昼位に一旦寝て、何時も通りに夜起きだして、DVDを返却&借入してから映画館へ。

 今日は最初からこの作品を観るつもりで来ていたので迷わずチケット購入し会場入り。

 流石に雪は大分溶けて歩きやすくなっていたからかお客さんは10人でした。


 あらすじ: アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。


 今回、笑えるシーンが沢山あって面白かった。

 それに、ソーというよりロキの方が目立っていた感じだった。

 だって、あの時に○○○と皆思った筈なのに、あぁなるとは、ねぇ。

 まぁ前振り的なシーンがあることはあったんだけどねぇ・・

 ソーだけだと、そんなに強さを感じない(神ってだけで不死身でもないしねぇ)から、最後は人間と協力して解決する形になって、ますますソーは地球に依存する感じに思えるのは、ストーリー上意図的なものなのかな。

 浅野忠信さんは、今回ホンのちょっとの出演だったけど、出続けることが大事だよね、うん。

 そして、”サー”アンソニー・ホプキンスにはまだまだ頑張って貰いたいですね。

 あと、エンドロールの間?に流れた映像の意味がよく分からなかったけど、”続編を見ろ”と言うことだと解釈しました(笑)。
 
 この後は「キャプテン・アメリカ」の続編が公開されるようですが、その前に前作を観ていないので早めにレンタルして復習するつもりです。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2014
02.12

スノーピアサー

Category: 映画
 2月10日(月)TOHOシネマズにて映画「スノーピアサー」をレイトショー鑑賞。
               14-02-12_001.jpg

 ポン・ジュノ監督作品は観るようにいているので、時間を合わせて映画館へ。

 休日前のせいか、20人以上のお客さんが席を埋めていました。


 あらすじ: 地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。


 フランスのコミック原作を韓国人監督が韓国、アメリカ、フランス合作で作り上げた映画なので、韓国映画が苦手な人でも楽しめるのではないかと思います。

 ”列車型ノアの方舟”に乗る人達はどのように選ばれたのかは分からないが、多国籍で日本人?(日本語を話していたので)と思われる人も居た(笑)。

 そして”永久不滅のエンジン”で走る列車は、丁度1年で世界一周する仕組みになっているが、これって燃料を必要としないのかな?

 列車の中に”水族館”はあったから寿司とか食っていたけど、”動物”は居なかったから、ステーキもいずれ食べられなく無くなるんだろうなぁ。

 と、まぁ色々言いたい事も出てくるが、考え過ぎず流れに身を任せて楽しめば良いと思いますよ。

 途中、殺し合いのシーンがあるので、そういうシーンが苦手な人には勧められないかな。

 個人的には「グエムル」でも親子役で共演している二人を中心に観ていました。

 ラストは、ほぼ想像通りの展開で終わりましたが、まぁこんなものでしょうねぇ。


 この後も「ノア 約束の舟」が公開予定ですが、世界終焉が近いのでしょうかねぇ・・


     満足度:★★★☆

 
Comment:0  Trackback:0
2014
02.10

アメリカン・ハッスル

Category: 映画
 2月8日(土)TOHOシネマズにて映画「アメリカン・ハッスル」をレイトショー鑑賞。
                14-02-10_001.jpg

 外は銀世界に変わり、しかも吹雪いている中、DVDを返す都合もあったので、夜に決死の覚悟で外出した。

 田舎なら当たり前だけど、まさか東京で吹雪の中を歩くとは思いもしなかった。

 まずDVDを返却し、また借りて、映画館に移動し、自動券売機で深夜0時以降の作品の入り状況を確認したら、本作品が一番少なかった(3人で、他作品は5,6人以上入って居た)のでこれに決めた。

 しかし入場したら一人だけで、映画が終わるまで誰も入ってこなかった・・


 あらすじ: 詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる。それは、架空のアラブ人富豪をダシに、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするというもの。アーヴィンとシドニーは、標的のカーマイン市長(ジェレミー・レナー)に近づくが、二人の仲を嫉妬(しっと)するアーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)がおとり捜査の邪魔をする。


 まさに、嘘のような本当の話でしたね。

 ただ、内容に関してはあまり日本人好みでは無いかもしれませんね、それにテンポもイマイチなので上映時間が長く感じるかも・・

 それにしても芸達者な役者ばかりで見応えありです。

 クリスチャン・ベイルに関してはもう有名ですが、ホントに変幻自在に姿形を変えるので、冒頭のカツラ装着のシーンには目を疑いました(笑)。

 ジェニファー・ローレンスは、最初やっぱり分からなくて、”見たことある顔だなー”と思いながら観てて、”あー、そうか”と気付きましたが、こういう感じの役が合ってるというか、上手いんだよなぁきっと。

 エイミー・アダムス(この人がお目当てで観たようなもの)は、相変わらずセクシーで綺麗で目の保養になりますね。予告編でもあったけど、オシリを叩かれるシーンは妙に可笑しかった。

 くんずほぐれつ、誰が本当の事を言っているのか途中分からなくなりますが、ラストは良い感じに観客を騙して終わります。
 でも、お話よりも演技を楽しんで観た方が良いと思います。
 
 そして、この年代(1978年頃)を知ってる人ならより一層楽しめるっと思いますよ。

 最後に、全体を通して音楽も良かった(個人的に好きなダニー・エルフマンだったから)!


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2014
02.05

ホビット 竜に奪われた王国

Category: 映画
 2月3日(月)よみうりホールにて試写会「ホビット 竜に奪われた王国(3D版)」を鑑賞。
                14-02-04_001.jpg
 この試写会が当たったので、先週慌てて前作をDVDで借りて観ました。

 なので復習ばっちりで臨みましたが、時間ぎりぎりに会場入りしたら2階席もほぼ埋まっていたので、しようがなく階段の一番上に陣取った。


 あらすじ: ホビット族の青年ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)や屈強なドワーフの一行と共に、たった一頭で一国を滅亡に導くと伝えられる邪悪な竜スマウグに奪われたドワーフの王国を奪取すべく旅に出る。竜の潜む山を目指す道中、巨大なクモの大群や凶暴なオークたちが一行の行く手を阻むように次々と立ちはだかり……。


 最初に言っておきます。

 これは、3Dで鑑賞してください!

 そして3部作の第2章ですから

 ”え、えぇーっ、ここで終わるかっ”

 って叫びたくなるところで終わります(笑)。

 最終章に向けて盛り上げておかないといけない都合上しょうがない事なので、始めからそのつもりで観れば問題ないはずです。

 そして、多くの人が楽しめる内容です(多分・・)。

 自分は多いに楽しみました。

 階段に座っていたのでオケツが痛かったですが、我慢できました。タダですから、ハイ。

 ”竜”だけじゃなく、”奴”も目を覚まし?(出てきて)ガンダルフが、あぁぁ・・・

 ラブロマンス(三角関係?)もあります。

 勿論、アトラクション的なアクションシーンもあります。

 そして何より、オーリーがカッコ良すぎます、ハイ。

 女性だけでなく、男も惚れてしまいますです。


 「LotR」が好きな人は何も言わなくても観るでしょうね!!


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2014
02.04

僕は友達が少ない

Category: 映画
 2月1日(土)TOHOシネマズにて映画「僕は友達が少ない」をレイトショー(サービスデー)鑑賞。
                14-02-03_001.jpg

 疲れてるけど観たい映画が溜まってきているので、取りあえず夜に起きだして映画館へ。

 もう日付も変わろうとしている時間だったので、候補は3本、内、一番入って居ない作品がこれだったので決めました。

 予告編を見た時に、タイトルが自分の事を言っているのか?と思ってしまい、出演者にあまり魅力を感じなかったけど観たいと思っていました。

 入場する(入場者プレゼントを貰いました)と、男だけの5人でした。

 公開初日でサービスデーにも関わらず、この人数で大丈夫なのか?

 
 あらすじ: 聖クロニカ学園2年生の羽瀬川小鷹(瀬戸康史)は、3か月前に転校してきたものの、ハーフで金髪という風貌で誤解されやすいために、友達が全然できなかった。ある日、きつい性格と毒舌のせいで孤立していた三日月夜空(北乃きい)とひょんなことから知り合い、友達作りを目的とした「隣人部」を結成。入部希望者が続々と集まってくる。しかし、部員の一人が考案したゲームが波乱を起こし……。


 原作も知らずに期待も全くしていなかったので、ごめんなさい、面白かったです(笑)。

 自分の事かと思ったくらいだから、小鷹の気持ちが良く分かった(環境や容姿は自分と全然ちがうけど)。

 そして隣人部部員の各キャラの設定が可笑しくて面白い。

 前半は特にずっと笑っていた気がします。

 ちょっとどうかと思う部分が2点ありました。
 
 一つは、カメラアングルがエロいところ。

 パンチラは、見えるか見えないか位が良いのに(昭和感覚のオヤジなので(笑))パンツが見えちゃってるし、巨乳を殊更クローズアップしすぎてるところ。

 元々がこういうところをウリにしていて人気があるのかもしれませんが、自分は巨乳が苦手なのもので・・

 あと一つは石原良純の絡みシーンです。

 あれは無くていいシーンでしょう。

 北乃きいちゃん、正直苦手なんだけど、この役に合ってて良かったと思いました。

 他の女の子は、ごめんなさい、知らない娘ばかりですが、悪くなかったですよ、ホント。

 生徒会長は、キモかったかな(笑)。


 映画館で、とまでは言わないけれど、DVDでもいいから観たら嵌るかも?(自分は嵌った系・・)


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2014
02.03

大統領の執事の涙

Category: 映画
 1月29日(水)よみうりホールにて試写会「大統領の執事の涙」を鑑賞。
                14-01-27_001.jpg

 昨日、ジャパンプレミアの後、バイトに間に合わないだろうと思い有休にしておいて良かった。

 実際間に合わなかったので正解だったし、疲れていたから体を休めてこの試写会にも何とか来れました。

 客席は空席があまり目立たないくらい埋まっていました。


 あらすじ: 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。


 いやー驚いた!

 エンドロールが流れ始めたら拍手が起こりましたよ。

 なかなか無いことですから、ホント。

 傑作の予感ですね。

 これも実話を元にしたお話ですが、これだけの内容を良くも纏め上げましたよ、構成が素晴らしいと思いました。

 まぁこの題材を手にした段階で、ある程度の成功は確定されたものだったんでしょうけど。

 黒人vs白人の歴史、各大統領の個性などを今までと違った形で描写していて分かり易かったと思うし、逆に
アメリカの人にここまで見せていいの?って心配もした。

 黒人の乗ったバスがKKKに取り囲まれるシーンなんて関係無い自分が観ていても恐ろしいと思いましたから。

 その辺りがアメリカ(白人)で評価されていない(アカデミー賞から洩れた)ということなのか?

 そして家族愛、親子愛にも感動しました。

 ただ、淡々と描かれているため退屈に感じる人も居ると思います。

 自分ですら、途中眠気が襲ってきましたので・・


 それでも是非観て欲しい作品です!!


      満足度:★★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2014
02.01

ウルフ・オブ・ウォールストリート

Category: 映画
 1月28日(火)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のジャパンプレミアに参加。
                14-01-30_001.jpg
 上映開始10分前に受付に行き、指定席券をもらい、会場入りすると、壁側だと思っていたら、意外に中央寄りで驚きました。
 で、壁側や自分の後ろの席にまだ空席があったので、だから自分なんかが当たったんだなと思いつつ開始を待った。

 マイケル富岡さんの司会で、19時過ぎにジョナ・ヒル、レオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督が登壇。

 レオ様は直ぐに自ら観客を撮影し始めたが、監督に”ちゃんと構えて”と指南されたりして、終始和やかムードで進行。

 Q&Aが終わると一度下がってから、取材撮影のため観客席の中央に再登場し、写真やムービー撮影を行いました。

 だいたい30分程で終わり、沢山の取材陣が引き揚げる間にも、再三顔を出してくれた御三方に感謝です!


 あらすじ: 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。


 えげつない内容と上映時間3時間に正直疲れました。

 ボカシ映像を久しぶりに映画館で観た気がします。

 これが実話の映画化ということにも色んな意味で驚きです(笑)。

 自分が女性なら観たくない映画でしょう。

 それでもレオ様が演じると引き込まれてしまうのは、演技力なんでしょうね。

 レビューの評価が高いのもその証拠なんだと思いますよ。

 でも自分は苦手な内容なのであまり人には勧めることができませんが。

 ”ドラッグ””女””成り上がり”に興味がある人は観ても大丈夫かな?

 ただ、デート向けの映画で無いことは確かです!


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top