2013
11.28

ゼロ・グラビティ

Category: 映画
 11月25日(月)ワーナー・ブラザース試写室にて試写会「ゼロ・グラビティ(3D版)」を鑑賞。
                13-11-26_002.jpg
 12月公開の映画で一番観たかった作品を公開前にしかも3Dで観られるなんて何という幸せでしょう。

 上映開始20分前に会場入りすると、3Dメガネ(使用後要返却)とジャパン・プレミアのレッド・カーペット招待状まで渡してくれました。

 自分は行けるかどうか微妙ですが、ここまでのサービスってあまりありませんね、有難う御座います。


 あらすじ: 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。


 何ですかこれは!?

 ”映画を観た”、というよりは、”体験した”と言った方が合っていますかね。

 緊張感、絶望感、が半端無いです。

 自分までが宇宙空間を彷徨った感覚に陥ります。

 宇宙ゴミ(スペースデブリ)って恐ろしい物なんですね。

 地球の衛星軌道上を周回しているので、一定時間ごとにその規模を拡大しながら襲ってくるから、溜まったもんじゃないんです。

 あんなの観たら、宇宙に行こうなんて思わなくなるでしょ。

 ホント、宇宙飛行士さんを尊敬せずにいられません。

 それにしても、どうやったらあんな素晴らしい映像を造り上げられるんだろうか。

 「アバター」の時も書いたけど、この映画は2Dでの上映をしない方が良いと思うんですけど・・

 この冬、観るべき映画(観ないと損する)の一本です。

 観るときは、”IMAX”とか”TCX”などの環境設備の良い映画館で観る事をお勧めします!


     満足度:★★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
11.27

マラヴィータ

Category: 映画
 11月23日(土)TOHOシネマズにて映画「マラヴィータ」をレイトショー鑑賞。
                13-11-26_001.jpg

 日中、錦糸町に行って「まどマギ」を観ようと思ったら、13時の回が満席で、15時の回は最前列に1席だけ空きがあると言われ、18時の回なら空きがありますと言われたが、ごめんなさいと謝り帰ってきて、夕方ちょっと寝て起きたら最終回のレイトショーに間に合う時間だった。

 予告編を観た時から楽しみにしていた本作だったので、会場入りしてみたら6人だけだったのにちょっとショックだった。


 あらすじ: フランスのノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたアメリカ人のブレイク一家。主人のフレッド・ブレイク(ロバート・デ・ニーロ)は元マフィアで、FBIの証人保護プログラムを適用されているため、一家は世界中を転々としながら暮らしている。そんなある日、フレッドに恨みを持つマフィアのドンが彼らの居場所を特定し、殺し屋軍団を送り込むが……。


 程よく笑えて観終わってスッキリするそんな映画だった。

 中でも作家と偽っているブレイク(デ・ニーロ)が町の映画鑑賞会に招かれて「グッドフェローズ」を観てコメントを求められるシーンがありますが、リュック・ベッソン監督だからできたんでしょうねぇ、流石。

 リュックがこんなに笑える映画を作るなんて、ちょっと意外に思えたので余計に楽しく観ることが出来たのかな。

 それにしても、こんな家族が引っ越して来たら、周りの人達は迷惑どころの騒ぎじゃない。

 関わったら最後、怪我で済めばまだいい方で下手すりゃ死が待っている。

 そんな一家が遂に殺し屋軍団に襲撃され、さてどうなるのか?

 それは観ている人の想像通りの結末にきっとなることでしょう、てか、そうなって欲しいと思いました。

 観て損はしない映画でしょう!


 愛犬の名前が”マラヴィータ”って、笑えますね。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2013
11.25

キャリー

Category: 映画
 11月22日(金)TOHOシネマズにて映画「キャリー」をレイトショー鑑賞。
                13-11-25_001.jpg

 デ・パルマ監督作が良かったと記憶していた(もうそんなに覚えていない)ので、思い出す意味でも観ようと思い、会場入りするとお客さんは16人だった。

 
 あらすじ: 狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎外されている女子高生キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。彼女は、激しい興奮状態に陥るとある能力を使うことができるテレキネシスだった。それを誰にも打ち明けることなく、キャリーはつらく寂しい日々を送っていた。そんな中、ひょんなことから彼女は女生徒たちの憧れの的であるトミーとプロムパーティーに参加することに。喜びに浸るキャリーだが、その裏では彼女への残酷ないたずらが計画されていた。


 デ・パルマ版はもっと怖くて可愛そう(切ない)なイメージがあったけど、今回のはそこまででは無かった。

 昔のキャリー役より可愛く見えるせいなのかも?

 クロエちゃん=ヒット・ガールのイメージが強すぎて、この役には向いていない感じもしたなぁ。

 まして能力に溺れてしまった感があり、彼女にあまり同情できない。

 またCGで何でも出来ちゃうから、終盤の惨劇がシラケてしまう部分もあるのかも。

 それでもフロントガラスに顔がめり込むシーンはちょっと気持ち悪かった。

 結局、殺された豚が一番可愛そうなのかも(笑)。

 
 超能力を扱った映画としては「クロニクル」の方が楽しめると思います。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2013
11.19

悪の法則

Category: 映画
 11月16日(土)TOHOシネマズにて映画「悪の法則」をレイトショー鑑賞。
                13-11-18_001.jpg

 予告編を観た時から、危険な香りがプンプンしていて、観なければと思わされた作品だったので、地震があったにも関わらず映画館に出かけた。

 既に予告編が始まっている時間にチケットを買ったため、観客を数える暇も無い状態で会場入り。

 「LIFE」のめっちゃ長い予告編が流れている中、着席したが、30人以上は居たと思われます。


 あらすじ: メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリー(ブラッド・ピット)も交えて新ビジネスに着手する。その仕事は巨額の利益を生むはずが……。


 うーん、一言で言えば分かりにくい破滅的な映画ですかね。

 グロイシーンも幾つかあって、後味悪いし、極力説明を省いているので、こういうことでいいんだよな、と自分に納得させるように観ていた。

 ただ、無駄話をしている様で、実は意味が有り、それを後に目の当たりにした時、思わず背筋が凍る。

 其れ位、映画の出来としては良く作られているんだなと思わされる。

 んだけど、自分の好みの内容では無いのが残念だ。

 予告編を観た時に、多分こいつが一番悪いんだろうと思っていたのは当たっていたが、だからと言って、やっぱりと思うよりも、薄ら寒い気持ちの方が勝っていた。

 本当の悪人はここまでの事を何とも思わずにできるんだなと再認識させられた。

 これだけ豪華な俳優陣にこれだけの事(結構ショッキング)をさせるんだから、監督の力(脚本も)は流石と言うべきでしょう。

 それにしても、弁護士が見え張って恋人にダイヤ買ったのが事の始まりとは、恐ろしや恐ろしや・・


     満足度:★★★☆

 

Comment:0  Trackback:0
2013
11.14

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

Category: 映画
 11月12日(火)シネマート新宿にて映画「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」を鑑賞。
                13-11-12_001.jpg
 評判が良さそうだったので朝から時間を合わせて劇場に。

 チケット(会員サービスデー1000円)を買っていたら係員が

 ”今丁度本編が始まりました”

 と教えてくれたので急いで会場入りしたら観客は5人でした。


 あらすじ: 香港で有名な繁華街モンコックで爆破事件が発生し、ほどなく5人の警官が車ごと消失。その中に香港警察行動班副長官リー(レオン・カーフェイ)の一人息子がいることが判明し、捜査の指揮を執るリーは全署を挙げて人質救出作戦“コールド・ウォー”を展開。一方、リーと次期長官の座を争う保安管理班副長官ラウ(アーロン・クォック)は、捜査方法に反対し、二人は激しく対立するが……。


 いやー、何だろう、この緊張感がずっと続く感じ。

 「インファナル・アフェア」とまではいかないが、良く出来ていると思う。

 ただ、警察関係部署や登場人物が多く誰が誰だか始めは分かりづらい(自分だけか?)。

 展開が進むたびに怪しい人が変わって行き、見事に騙される自分が居た。

 当然、犯人も分からなかった。

 そして、事件が片付いたかと思ったら、

 ”えーっ!!”

 って状態で終わる。

 久しぶりに面白いと思える香港映画だった。

 こういう映画こそ上映館数を増やして多くの人に観て欲しいんだよなぁ。

 それにしてもこの分野に関して、邦画は香港映画には敵わないと言うしかないなぁ。


 続編が出来たら観たいぞー。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2013
11.11

2ガンズ

Category: 映画
 11月4日(月)TOHOシネマズにて映画「2ガンズ」をフリーパスで鑑賞。
                13-11-05_003.jpg
 とうとうこの作品が最後のフリーパス鑑賞になってしまった(19本目)。

 出来ればあと数本観たい作品があったが、最低限の作品は観ることが出来たので、次回がもしあるならばその時は20本以上観たいと思っています。

 お客さんは30人を超える位でした。


 あらすじ: メキシコの田舎で、マフィアの手先として働いているボビー(デンゼル・ワシントン)とマイケル(マーク・ウォールバーグ)。その正体は潜入捜査中の麻薬取締官と海軍情報部将校だったが、お互いがそれをまったく知らずにいた。そんな中、二人は組織から4,000万ドルもの大金を強奪するものの、マイケルが裏切って持ち逃げしてしまう。エリート組への復帰と引き換えに大金強奪を命じられていたボビーだが、マイケルも上司の裏切りで金を失っていた。4,000万ドルを取り戻すべく、彼らは再び手を組むことに。


 主演二人が気に入ればある程度楽しめる映画だと思いました。

 観た人の多くは結果を想像し、その通りになったなと劇場を後にすることと思います。

 それくらい新鮮身の無い内容だと思うので、物足りないと思う人も多いんじゃないかなと・・

 だから主演の二人を楽しく観ていられるかどうかで面白さが変わってくるってもんです。

 自分はどちらも好きな俳優さんなのでそこそこ楽しめました。

 マークの軽ーいノリとウインクに笑えたし、デンゼルは無難な感じで、仲が悪いバディの掛け合いで笑わすけどコメディーまではいかないかな。

 観終わって少しはスッキリした気分になるかな。

 あくまでもそこそこ楽しめる映画なので、期待しないで映画館に行きましょう!


     満足度:★★★

 
Comment:0  Trackback:0
2013
11.09

グランド・イリュージョン

Category: 映画
 11月3日(日)TOHOシネマズにて映画「グランド・イリュージョン」をレイトショーでフリーパス鑑賞。
                13-11-05_002.jpg
 銀座でシニアコン参加後、一度帰宅し傘を持って映画館に。

 流石に一日で映画を3本観るのは体に堪えるが、明日でフリーパスが切れてしまうので、気合いで映画館へ。

 評判が良いようなのでレイトショーであってもそこそこ入っていて、111人席の4割位は埋まっていました。


 あらすじ: マジシャンとして一流の腕を持つアトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、フォー・ホースメンというスーパーイリュージョニストグループを束ねていた。彼らはマジックショーの中で、ラスベガスから一歩も動くことなく、パリにある銀行から金を奪ってみせた。この件を受けて、次の計画を彼らが実行する前に食い止めようとFBI特別捜査官のディラン(マーク・ラファロ)が捜査を始めるものの……。

 結構ワクワクしながら観てましたが、瞬間移動マジックの種明かしを観て、いや、そこまで上手く行かないだろうと思いながらも、映画だからまぁいいかってところです。

 演出と言うか見せ方が上手いんだなと思わせられました。

 あまり考えずに身を任せて観ていたら、見事にラストで騙されました。

 「ソウ」までとは言わないけど、結構近いものがあると思います。

 自分が一番興味を引いたのは、フランス人女性(メラニー・ロラン?)で、ほぼ見とれていた感じです(笑)。

 見覚えあると思ったら「人生はビギナーズ」に出ていたんですね。

 もっと映画に出て欲しい女優さんです、期待したい。


 最近の洋画では、これが一番お勧めですかね。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2013
11.07

くじけないで

Category: 映画
 11月3日(日)松竹試写室にて映画「くじけないで」の試写会&シニアコンに参加。
                13-11-05_004.jpg

 「SPEC・・」を観た後、食事を済ませて東銀座に向かい、上映開始10分前位に会場入り。

 今回の企画が50歳以上のシニアの方を対象にしていて、50歳がシニアなのかと若干気落ちした感じだったが、見渡すと自分より年上の人ばかりのようだった。


 あらすじ: 夫に先立たれたトヨ(八千草薫)は一人で生活していたが、小説家を目指して就職もせずにふらふらしている一人息子の健一(武田鉄矢)のことがいつも気がかりだった。嫁の静子(伊藤蘭)は黙って健一を支え、トヨにも精いっぱい尽くしていた。ある日、白内障の手術を受けて元気のないトヨに、いきなり健一が詩を書くように勧める。


 正直、柴田トヨさんの事は知らずに観ましたが、難しくない言葉で何とも言えない優しさに溢れた詩を書く方だったんですね。

 この役を八千草さんが見事に演じられていました。

 この母にして、あの息子(武田鉄矢)はちょっと残念(自分もたいして変わりないからあまり言えない)なんだけど、嫁さんが出来過ぎな人だから釣り合い取れている感じです。

 そんな嫁さんを演じる伊藤蘭さんは、「少年H」よりもこちらの方が良い演技に思えました。

 ストーリー構成もトヨさんの詩を考慮して上手く作られていると思います。

 深川監督・脚本だったので心配はしていませんでしたが、お見事と言うしかありません。

 ただ、しょうがないことだけどテンポがゆっくりなため、時間が長く感じられました。

 それに内容が内容だけに、対象者は年配の方になってしまうため集客があまり見込めないかも・・

 

 シニアコンでお話できた方の中には、トヨさんの事を知っていて健一さん本人にもお会いしたそうです。

 そういう人にとっては、自分よりも映画をより感動的に受け止めたのではないかなと思われます。

 
 自分のように柴田トヨさんをご存知無い多くの方にこの映画を観てもらえたら幸いです!


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2013
11.06

劇場版 SPEC~結(クローズ)~

Category: 映画
 11月3日(日)TOHOシネマズにて映画「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇」
をフリーパス鑑賞。
                13-11-05_001.jpg


 こちらもタダでなければ観なかった作品になりますが、人気があるので敢えて日曜日の朝一に会場入り。

 お客さんは50人以上居たようですね。


 ニノマエとの死闘を何とか切り抜けた当麻と瀬文。ふたりは瀕死の状態になるほど消耗していたが、絆は深まっていた。しかし、ふたりの結束をよそに、ある人物の手によって世界に再び巨大な暗雲が立ち込め、当麻は遂に自身の“スペック“を目覚めさせることに。


 自分は最初のTVドラマだけしか見ていませんが、それでもこの中途半端さにはガッカリでした。

 エンドロールも無く、予告編を流してイキナリ場内が明るくなるなんて初めての経験です。

 ついて行けないほどの内容でも無かったのでちょっと安心したんですが、主役が野々村係長だったので余計に映画にしてまでやることでは無かったと思う。

 今までの彼の台詞を纏めて改めて聞くと、なかなか感動的ではありましたが、でもこれだけではちょっと、ねぇ。

 まぁでもこれを観ておかないと、「爻(こう)ノ篇」に繋がらないのでしょうがない。

 自分的には、雅ちゃんのナース姿が一番良かったかな(オッサンだから野々村係長目線です(笑))。

 何はともあれこれだけで点数は付けにくいんですが、次回に期待しますよ。


     満足度:★☆


 P.S.ほんとタダで良かった・・・
Comment:0  Trackback:0
2013
11.05

スティーブ・ジョブズ

Category: 映画
 11月1日(金)TOHOシネマズにて映画「スティーブ・ジョブズ」をフリーパス鑑賞。
                13-11-02_001.jpg
 サービスデーなので混雑を覚悟しつつ、バイト明け後の朝一に劇場へ。

 チケットを買う人は並びも無く、意外に人が居なかったので迷わずこの作品を選択し会場入り。

 広い会場には30人程のお客さんだった。

 
 あらすじ: 誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。


 自分は、彼の事を殆ど知らないし、アップル製品も使ったことがありません。

 そんなトウシロウだからこそ、彼の事を知りたくて、結構この映画に期待してました。

 でも自分が知りたかった事が、あまり描かれていなかったように思います。

 簡単にプログラマーを首にしてしまうような嫌な奴で、自分のやりたいことにはどれだけお金が掛かろうが突き進む経営者には向かない性格で、家庭には決して向いていないが、新しい物を想像し形にする才能には長けていた人。

 映画を観て分かったのはこれだけで、彼がどれだけ偉大な人だったのか、自分には伝わってこなかったです。

 自分が頭悪いだけかも知れませんが(笑)。

 演じる人達が、どれだけ本人に似ているかよりも、彼らの本質を描いて欲しかった。

 これだと、ジョブズ自身よりも、周りのスタッフが優秀だったからこその彼だったのかなと思う。

 そういう人材を集められる(寄ってくる)のも才能の一つでしょうけどね。

 追放されて戻るまでの間と、その後の製品の裏話的な話も教えて欲しかったけど、それだと時間が足りないんだろうなぁ。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
back-to-top