2012
01.25

哀しき獣

Category: 映画
 1月23日(月)シネマート新宿にて映画「哀しき獣」(レイトショー メンズデー1000円)を鑑賞。

 バイト前の時間潰しを兼ねて入場してみると雨にも関わらず、メンズデーのためか、映画の内容が暴力系なせいか、客層がほぼ男どもで入場待ちのため通路に群がっている様はちょっと異様な光景だった。


 あらすじ: グナム(ハ・ジョンウ)は、中国延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手としてまじめに働いている。だが、妻を韓国に出稼ぎに出した際に作った借金はかさみ、頼みの綱の妻からの送金も連絡さえもすでに途絶えてしまっていた。そんなとき、彼は地元を牛耳る犬商人のミョン(キム・ユンソク)から借金清算の代償としてある条件を出されて……。


 評判の高い「チェイサー」(自分は未見)の監督作品との事で、気になり観に来ましたが、結構引き込まれました。

 ”朝鮮族”ということを知らなかったので、主人公:グナムの境遇に興味を持てたし、行方の知れない妻に未練たらたらな気持ちが良ーく分かったし、ギャンブル(麻雀、自分は出来ないけど)で借金返そうとする辺りも、ね。

 そんな彼に、借金をチャラしてやると言って”殺人”を依頼するミョン。

 悩んだあげくに彼は韓国に”密入国”し、どのように仕留めるか何度も現場に通い、同時に妻の行方も捜し回る。

 こんな感じの前半は、割と静かに淡々とした感じに丁寧に描かれているが、全く退屈しなかった。

 そして、”殺人事件”を境に、後半は怒濤の暴力描写!

 自分は「オールド・ボーイ」を思い出した手斧、又は包丁を手に、バイオレンスというよりもスプラッター的で顔をしかめながら観ていました。

 手斧で向かって来られると、マジで怖いです、トラウマになりそうな位に。

 そんな中、主人公とミョンは、どこまでやられても死なないんじゃないの?と笑えてしまう位しぶとい。

 そして、お話も一筋縄では終わらない・・

 ラストはかなり悲哀に満ちた終わり方でした。

 
 なかなか良い邦題だと思いました


     満足度:★★★★



 P.S.
 ”何か長かったなぁ”、と映画が終わって時間を確認したら、バイト開始まで18分しかなかった。

 上映時間を確認しないで入場してしまったため、食事出来ずに働くことになってしまいました・・

 しかも、天気は雪に変わって辺り一面雪化粧でした。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:1
2012
01.16

M:I/ゴースト・プロトコル

Category: 映画
 1月14日(土)TOHOシネマズにて映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を鑑賞。

 休日のサービスデーだったので混雑を予想したが、会場入りすると空いていたのでホッとした。

 公開からもう一月経っているんだから、こんなものなのかな・・


 ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。アメリカ大統領は政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。イーサンと仲間は組織から登録を消されるも、新たなミッションを言い渡される。真犯人への接近を図るイーサンは、世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファの高層階へ外部からの侵入にチャレンジするが……。


 今回の監督:ブラッド・バード(自分は「アイアン・ジャイアント」が大好きです)が実写映画初監督だったので、どんなふうに仕上げるのか期待していました。

 いやー、裏切らない出来でした!

 アクションは勿論のこと、スパイ小道具の見せ方が上手で、笑えない場面なのに笑えてしまうシーンが幾つかあったし、設定も良く考えてありました。

 特に終盤の駐車場のシーンでは、そこまでやるかと思う位、最後の最後までケースの取り合いを見せてくれました。

 そして主演のトム。

 今回もアクションが凄いし、良く走るし、自分より(一つ?)年上と思えない体力です。

 
 それにしても、ドバイのあの建物の安全面は大丈夫なのか?

 ガラスを外したり、割ったりしても警報が鳴るわけでも、警備員が駆けつけるでもない。

 まぁ、そんな事考えながら楽しむものじゃないだろうから、気にしないことにしましたが。

 
 誰が観ても楽しめる(高所恐怖症の人は厳しいかな?)娯楽映画なので、是非劇場の大スクリーンで手に汗を滲ませながら観ましょう!

 
     満足度:★★★★☆
Comment:0  Trackback:1
2012
01.05

明けました

Category: 未分類
 遅くなりましたが、2012年、明けましておめでとう御座います。

 年末年始は、ほぼ部屋の中で、DVD13本を借りて観て、漫画「仁」の1巻~12巻を借りて読みました。

 後は、1日1時間の買い物兼散歩をしたくらいです。

 そして、元日の14時半頃の地震にちょっとビビリました

 とまあ、何時ものように代わり映えのない休みを過ごしまして、昨年の纏めを簡単に書き留めたいと思います。

 
 まず、洋画のベスト1から。

    「ジュリエットからの手紙」 です。

 「海洋天堂」や「スリーデイズ」、「ミッション:8ミニッツ」などありましたが、総合的な満足度で決めました。

 次に、邦画のベスト1。

    「ツレがうつになりまして。」 です。

 「八日目の蝉」が一般的な評価で1番だと思われますし、主演女優賞は永作博美さんに取ってもらいたいけど、作品の思い入れで選びました。

 主演男優賞は堺雅人さん(他の作品も含めて)で良いかと。


 次は、文庫本のベスト1。

    「久遠(上・下)」(堂場瞬一/著) です。

 鳴沢了シリーズが大好きで、この完結編は読み応えありました。

 これで終わりかと思うと非常に残念でなりません。


 最後に、音楽ですが、ベスト1ではなく、一番インパクトのあった曲。

    「PON PON PON」(きゃりーぱみゅぱみゅ/歌) です。

 最初聴いたときは、”フザケた歌だなぁ”

 と、思っていましたが、聴き慣れてくると、物凄く可愛うぃ歌になってきて、聴いていて元気になる歌になっていました。
 
 今年も、第2弾がもうじき発売されるようで、昨年末からラジオで盛んに流れていますね。

 今度は最初から可愛うぃ曲として、既にお気に入りになっています(いい年して恥ずかしいぞ)。

 
 まぁ、こんな感じで簡単に振り返りましたが、今年もより多くのものに触れて行きたいし、引き続き感じたことを書き込んで行きますので、今年も宜しくお願い致します!
Comment:0  Trackback:0
back-to-top