FC2ブログ
2011
10.12

スマグラー

Category: 映画
 10月5日(水)ワーナー・ブラザース映画試写室にて試写会「スマグラー おまえの未来を運べ」を鑑賞。

 結構な雨の中、初めての場所を探りながらだったので、靴をビショビショにして上映開始20分前に会場入り。

 にも関わらず1列目しか空きがなかったので、またもや壁側に着席し始まるまで目を閉じて待った。

 入場時に、映画チラシと一緒に特製手拭いを頂きました。


 あらすじ: 俳優への道をあきらめ、その場しのぎの日銭でしのいでいる砧涼介(妻夫木聡)は、借金返済のため、日給5万円という高額の運送アルバイトをすることに。砧はいそいそと初仕事にかかるものの運送屋とは名ばかりで、その内容は死体などのヤバイ荷物の運搬と処理だった。たった一度のミスすら命取りになる危険な世界に足を踏み入れた砧は……。


 原作を全く知らず、情報も極力入れずに観ましたが、豪華出演者に驚きました。

 エンドロールを見るまで、高嶋政宏さんが、あの変態ヤクザを演じていたと分からなかった。

 高嶋兄弟に何かあったのか(「探偵はBARにいる」の弟の役も驚いたから)と心配になるくらいの弾けっぷりでした。

 その兄が、妻夫木くんを拷問するシーンは痛くて正視できなかった(「一命」よりもキツカッタ)。

 普通ならどこかで気絶するでしょ、そんな虐め方だった。

 役者さんたちは皆良かったですね。

 きっと、楽しんで演じていたと思われます。

 ひかりちゃんは、時代劇より、こういう感じの役の方が似合っていると思います。

 松雪さんの鼻血を出すシーンもなかなか見られないないんじゃないかな。

 そんな中、一番目立っていたのは、"背骨”役の安藤政信くんです!!

 アクションといい中国語といい、完璧でしょう、素晴らしい。

 彼のための映画といっても過言ではないと思います。

 彼を観に映画館に行くべきです。


 ただし、痛いのが苦手な人には勧められませんが・・


     満足度:★★★★
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:10
back-to-top