2011
06.20

SUPER8/スーパーエイト

Category: 映画
 6月14日(火)中野サンプラザにて試写会「SUPER8/スーパーエイト」を鑑賞。

 上映開始10分前に着いたが相変わらず長蛇の列で、上映開始時間になっても入りきれない状態。

 当然、開始時間は遅れる訳で、いつももっと早く入場開始すればいいのにと思うんだけど、改善されませんね。

 この日も話題作のためかかなりの入りで、2階席の最後方の辺りに座ったが、大作の予告編を数本観ただけで疲労を感じてしまい、寝てしまわないかと不安になった。


 あらすじ: 1979年、アメリカ・オハイオ州。8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、貨物列車の衝突事故が発生。貨物列車は空軍施設・エリア51からある場所へと研究素材を極秘に移送中だった。アメリカ政府が隠す秘密を目撃してしまった子どもたちのカメラには、事故の一部始終が記録されていたが……。


 「クローバーフィールド」を観てガッカリしたけど、CMやネット情報でこれだけ煽られるとどうしても気になってしまい、ちょっとだけ期待していたんです。

 その期待も、正体が分かるまでのもので、”何か”が分かった後は、疑問に思うところが多く、最後の方は滅茶苦茶な感じになってしまい、ラストに”あっ、そう”を半分呆れてしまった。

 スピルバーグへのオマージュだか何だか知らないけど、この映画を観てスピルバーグが喜んでいるとは思いたくないです。

 オマージュとかパニック映画ではなく、青春映画的な方向に向かえばもっと感動的な話になったんじゃないだろうか。

 エンドロールで流れる8mm映画はとても楽しいものだったから余計に残念だ。

 とはいえ、列車事故のシーンは迫力があったので、大スクリーンで観ることをお勧めします(観たいと思う人はね)。


     満足度:★★★
スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:6
2011
06.18

あなたの初恋探します

Category: 映画
 6月13日(月)なかのZERO大ホールにて試写会「あなたの初恋探します」を鑑賞。

 会場入りして2階に行くと結構な入りで、しかも女性比率が高い気がした。

 未だ韓流ブーム衰えずってところなのか・・?


 あらすじ: ミュージカルの舞台監督として働くジウ(イム・スジョン)は、父親(チョン・ホジン)に結婚をせかされていた。揚げ句の果てに結婚できないのは初恋の人を忘れられないからだと責めたてられ、ある日「初恋探し株式会社」へと引っ張って行かれる。それはまじめ過ぎて旅行代理店をやめたギジュン(コン・ユ)が起こした会社で……。


 爽やかラブコメ映画でした。

 主演二人が時折、七瀬なつみさんと田中実さん(亡くなってしまい残念です)に見えてしまったのは、まぁ自分だけの錯覚かもしれませんが・・

 一つ納得出来ないことは、ジウの初恋相手とギジュンが一人二役だった事。

 そうする意図がわかりませんでした。

 個人的には最後の最後まで初恋相手の顔は見せなくてもよかった様に思うんですが。

 でも、笑えるシーンが沢山あるし、ミュージカルシーンも見応えあったので面白かった!

 気軽に楽しめる映画なので観て損は無いでしょう。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:3
2011
06.09

ロシアン・ルーレット

Category: 映画
 6月7日(火)一ツ橋ホールにて試写会「ロシアン・ルーレット」を鑑賞。

 ジェイソン・ステイサムとミッキー・ロークが出演するので観たいと思った作品で、

 同じ監督がリメイクしたとか、内容とかほぼ知りません。

 先月は試写会ゼロだったので、改めて有難味を感じながら会場入りし、何時ものように前めの右端に着席。

 自分が当たる様な作品は、気のせいか空席が目立ちます。


 あらすじ: 家族を養う貧乏な青年ヴィンス(サム・ライリー)、囚人のパトリック(ミッキー・ローク)、謎の男ジャスパー(ジェイソン・ステイサム)らわけありの男たち17人が、大金が手に入る仕事を求めてある館にやって来る。そこでは、金持ちたちによるあるギャンブルが行われていた。それは集団ロシアン・ルーレットで、プレイヤーは集められた男たちだった。

 うーん、残念ながら楽しめなかった・・

 チラシを見ると、

 ”このスリリングな脚本にハリウッドの名立たるスター俳優達が出演を熱望した”

 って書いてあるけど、

 何故”熱望”したのか自分には分からない。

 確かに(集団ロシアン・ルーレットは)”スリリング”ではある。

 大金が必要な17人が輪になって前の男の後頭部に1発の銃弾を込めた拳銃を向け、進行役の合図で引き金を引く。

 運が良ければ打たれないし、運が悪ければお陀仏だ。

 で、次は残った人で輪になって、2発の銃弾を込めて同じように行う。

 その次は、3発の銃弾を込めて・・・

 って、自分だったら、こんなの御免だー。

 見ず知らずの他人に殺されるか殺すかして、もし生き残っても、決して嬉しいとは思えないだろう。

 なので、”スリリング”というよりも”不愉快”って感じが強かった。

 お話も途中から読めてきたし、何よりアクションシーンが無いジェイソン・ステイサムを観ても楽しめないじゃないかー。

 しかも、結果間抜けな感じの役だったし。

 
 まぁ時間が短くて(97分)何よりでした。


 上映終了後、バイトまで時間があったら口直しに他の映画を観たいと思ってしまいました。
 (時間が無くて観てませんが・・)


     満足度:★★

Comment:0  Trackback:0
back-to-top