2011
01.31

あしたのジョー

Category: 映画
 1月30日(日)ニッショーホールにて試写会「あしたのジョー」を鑑賞。

 前日のサッカーアジアカップ決勝での日本の勝利に興奮したせいか、2時間程しか眠れずに虎ノ門に向かう。

 TVアニメは好きで見てたので、出来れば実写は作って欲しくなかったクチですが、試写会ならばと会場入りし、一番前の列に空席を見つけて座り上映を待った。

 
 あらすじ: 東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。丈はそこでプロボクサーの力石(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たし、やがて少年院を出た彼らは良きライバルとしてボクサーとしての実力を磨いていく。

 思っていたほど悪く無かった、というのが正直な感想です。

 (キャラの感想)

 力石徹:これは凄いの一言です!伊勢谷くんを超える役者は恐らく居ないでしょう。助演男優賞ものです。

 丹下段平:作り込み過ぎなのか、実写であそこまでやってしまったためどうしても笑ってしまった。
        とはいえ香川さんだから、まだ救われた気がしまう。

 白木葉子:どう見ても"キャバ嬢”の方がお似合いでしょう(放送中のドラマのせいだな)、残念です。

 矢吹丈:問題はこの人ですよ。悪くはないんだけど、やっぱりジョーには見えなかったなぁ。
      観客動員の為とはいえ、よく頑張ったと思いますよ。山ピーは悪く無い。

 あと、舞台背景描写(ドヤ街や泪橋等)は言うことなかったし、CGについてもクロスカウンターを食らった顔面の歪み具合の表現も良かった(流石、曽利監督)。

 個人的には、ジョーの帽子のつばから蝶々が飛び立つシーンは気に入っています。

 ストーリーも、長く感じたけど上手くまとめたと思います。


 あおい輝彦さんの、

 ”へへっ”

 (山ピーの台詞には無かったけど)

 の台詞を思い出すなぁ・・


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
01.30

アジア№1

Category: サッカー
 2011年サッカーアジアカップ決勝 日本VSオーストラリア

 延長のすえ 1-0 で日本の優勝!!

 よく頑張ってくれました、ホント

 香川選手が戦線離脱してどうなるかと心配していましたが、文字通り全員サッカーで戦いました。

 ハッキリ言って内容的には負けていましたが、結果が全てなんです。

 最後の最後、相手側のフリーキックの時は、韓国戦を思い出してしまい、祈るような気持ちでまともに見ていられず、解説のセルジオ越後さんが名波に言った通り壁になって欲しいと思いました。

 MVPには本田選手が選ばれましたが、僕的には長友選手です。

 興奮しているせいか、試合後2時間位しか睡眠がとれず、かなり眠いまま試写会そしてバイトと明日の朝まで寝られませんが、そんな事どうでもいいくらい嬉しいです。

 今後、もっと格上の国と戦っても勝てる様に”ザックJapan”の成長を期待しています!

 頑張れ、日本!!
Comment:0  Trackback:0
2011
01.24

白夜行

Category: 映画
 1月19日(水)よみうりホールにて試写会「白夜行」を鑑賞。


 あらすじ: 昭和55年、質屋の店主が殺されるという事件が起きるが、結局被疑者死亡のまま解決。だが、当時の担当刑事笹垣(船越英一郎)は、何か腑に落ちないものを感じていた。数年後、事件の殺人犯と目されていたがガス中毒死した女の娘雪穂(堀北真希)は美しく成長し、一方質屋店主の息子亮司(高良健吾)も事件後は家を出ており……。

 
 ”最高傑作”とまで言われている原作の映画化で、個人的には”止めた方がいいのに・・”と思っていた作品。

 ドラマ→原作→映画の順に見た自分としては、ドラマの印象が強烈だったので、映画の方は物足りなく感じました。

 19年間の話をよく2時間半に収めたし、絵的に時代背景描写がしっかりしていて色合いもとても良かったと思う反面、ストーリー的に盛り上がりが無く淡々と進み、感情移入できるキャラが居なかったために時間以上の長さを感じてしまった気がします。

 特に亮司に関して、彼の抱える闇の部分をもっと描いて欲しかったし、ラストの絵が暗くて彼の表情がよく見えなかったのが残念です。

 結果としてはよく頑張ったと言えるでしょう。

 原作もドラマも知らない人がこの映画を観たら、結構満足できるかもしれませんね。

 自分的にはもう一度ドラマを見直したい気分です。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:8
2011
01.20

RED

Category: 映画
 1月18日(火)ヤクルトホールにて試写会「RED」を鑑賞。

 やっと2011年初の映画鑑賞となりました。

 
 あらすじ: 元CIAの腕利きスパイ、フランク(ブルース・ウィリス)は、心静かに引退後の日々を送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつて苦楽を共にした仲間たちを招集。フランクの元上司のジョー(モーガン・フリーマン)や、元イギリスの元MI6諜報部員のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)ら引退した超一流のスパイたちが続々と集まる。

 ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンといった出演者の名前を見ただけで誰もが期待してしまうでしょう。

 そしてその期待を裏切らなかったと言ってよいと思います。

 グラフィック・ノベルの映画化(実は観終わってから知りました)ということで、現実味が無く、派手でかなり遣り過ぎなシーンも多いですが、退屈せずに楽しめました。

 中でもジョン・マルコビッチ扮するキャラが面白くて笑えたし、ヘレン・ミレンの存在感は群を抜き、機関銃をぶっ放す姿には見とれてしまったくらい。

 如何にもなラストもご愛敬ってことで、何も考えず笑い飛ばすのが良いでしょう。

 
 満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:2
2011
01.12

ショック!

Category: 未分類
 遅まきながら、明けましておめでとうございます

 本年も宜しくお願い致します。


 で、昨日なんですが、久しぶりに”大勝軒十五夜”でラーメンを食べようと思い、閉店時間10分前に入店した。

 券売機を前にして、”何か変だな?”と思いながら食券を購入し、案内されたカウンター席に座り、店員に食券を渡すと、

 ”ニンニクは入れますか?”

 と聞かれ、”???”と思いつつ

 ”入りません”と答えた。

 
 暫くして出てきたラーメンを見て、ビックリ!!

 二郎系のラーメンに似た物(苦手なんだよなぁ・・)が目の前に。

 恐る恐るスープを一口・・

 ”しょっぺーーー”

 何じゃこの味の濃さは・・

 しょうがなくスープ以外の物を胃の中に流し込み、何とか食べ終え、店の外へ。

 そして看板を確認して、唖然。

 ”らーめん二郎

 の文字が・・

 
 後でネットで確認したら”大勝軒十五夜”は昨年で閉店したようでした。

 とても残念です。

 桂花ラーメンも昨年11月で毎週やっていたワンコインサービスが終了してしまったし、手ごろな値段で食べられるラーメン屋さんがどんどん減ってきて、年始早々寂しい限りです。
Comment:1  Trackback:0
back-to-top