2009
09.30

私の中のあなた

Category: 映画
 「私の中のあなた」

 8月7日(金)東商ホールにて鑑賞。


 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。


 ハンカチ無しには観れない映画でした(泣;)。

 全体の1/3位は涙が止まりませんでした・・

 原作がベストセラー作品との事で有名らしいのですが、自分は全く知りませんでした。

 いきなり妹アナの独白から始まり、

 ”そんな可愛そうな境遇ってアリ?”

 と、ウルウルしだして、その後に姉の病気の大変さを見せられて、涙が、ダァーッと流れ出す。

 これまでに姉が体験してきた思い出話(楽しい事や幸せな事もあるんだけど)、を見ても、その後のことを考えると余計に辛く感じて、逆に泣けてきてしまった。

 そしてラストに近づいた辺りの、母親へのプレゼントで最高潮って感じ。

 こんな書き方をすると、ただの泣ける映画?って思われてしまうかもしれないが、かなり深い話です。

 考えさせられます。

 また観たいです!

 
 間違いなく、この秋、必見の映画です!!

 覚悟して観て下さいね。

 
     満足度:★★★★☆

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2009
09.28

トランスポーター3

Category: 映画
 「トランスポーター3 アンリミテッド」

 8月6日(木)九段会館にて鑑賞。


 運び屋のフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は依頼主のジョンソン(ロバート・ネッパー)に車から20メートル離れると爆破する装置の付いたブレスレットをはめられ、謎の美女、ヴァレンティーナ(ナターシャ・ルドコワ)とともにドイツを目指す。しかし、この依頼には有毒廃棄物を扱う国際廃棄物管理会社の陰謀が隠されており……。


 ジェイソン・ステイサムは、やっぱり格好良い。

 それに引き換え相手の女性は、何でしょうねぇ・・

 流石リュックが、その辺でナンパしてきた女ですよ、呆れます、ホント。

 この映画で最後にして欲しいくらいです、魅力無さ過ぎです。

2カ所、車が突っ込むシーンがあるんだけど、そこが一番驚いたし、印象に残った。

前作が遣りすぎ(有り得ないだろうシーンが幾つもあった)だったから心配したけど、今回はそこまで酷くないの(チャリのシーンはちょっとムリヤリかな?)で、安心して観て欲しいです。


満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2009
09.26

ノーボーイズ、ノークライ

Category: 映画
 「ノーボーイズ,ノークライ」

 8月4日(火)一ツ橋ホールにて鑑賞。


 古いボートで海を渡り荷物を運ぶ韓国人のヒョング(ハ・ジョンウ)と、海岸で荷物を受け取る亨(妻夫木聡)。ヒョングは親に捨てられた孤児、亨は家族についての鬱屈した思いを抱えていた。ある日、いつも運ぶキムチのつぼではなく少女・チス(チャ・スヨン)を運ぶ依頼を受けたヒョングと亨は、失踪(しっそう)したチスの父親探しに巻き込まれるが……。


 ちょっと可愛そうな男二人の友情物語、っていうところです。

 脚本が渡辺あやさん(恋愛もの以外のお話をとの事でこの本を作ったとのこと)だったので、観たいと思ったのですが、この人のお話がきっと自分は好きなんだろうなと再認識しました。

 ここ数年で一番好きな青春映画「ジョゼ虎」を観て感動した自分としてはしようがない事です。

 勿論、役者さんたちも良いですよ。

 亨とヒョングのカラオケシーンが一番印象的です。

 思い通りにいかずムシャクシャしたときは、やっぱり、カラオケですよ、うん。

 最近全然行けてないから、自分も行きたいんですけどね・・

 地味なお話だけど、そんなに退屈しないと思うので、お暇なときに観て欲しい映画です!


       満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2009
09.25

ウィッチマウンテン

Category: 映画
 またまた古い記憶です。

 「ウィッチマウンテン」

 を、7月21日(火)TOHOシネマズにて鑑賞。

 
 UFOとかが割と好きな方なので、この手の映画には後先考えず飛び込んでしまうんですよ。

 でもディズニー映画だとは思っていませんでした・・・

 内容はやっぱり・・子供向け、でしたね。

 まあ主人公二人が子供なんだから、自然と分かり易いお話になっていってしまいます。

 プレデターみたいなものが何度も襲い掛かるんだけど、苦笑いしちゃうところがあったり、そのほかにも、そんな事アリ?的な感じとか、真面目に考えると映画を楽しめないと思ってしまった。

 まあ、興味のある人は期待しないで、観てください、みたいなところでしょう。


     満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
2009
09.24

エヴァ・・:破

Category: 映画
 今更こんな古い記憶で申し訳ないです。

 「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」

 を、7月4日(土)TOHOシネマズにて鑑賞。


 初日に観ようとしたが、あまりの混雑にあきらめてしまい、2週目にやっと観ることができました。

 初っ端から、今までと違ったキャラとストーリーに驚き、ただただ食い入るように観たという感じだった。

 その中で一つ(というか二つか?)劇中で使われた2曲は、どうしても違和感を感じてしまい、映画の中に入り込めなかった。

 観終わって、パンフ(1000円也・・高っ!)を購入し、かなり入念に糊付けされたテープを時間をかけて丁寧に剥がして内容を読み、少しは作り手の気持ちを頭に入れて、もう一度見直してから、感想を書こうと思っていて、結局観れずじまいで、今日に至ってしまいました。

 本当は、もっと色々書きたい事が沢山あったはずなのに、時間が経ってしまい、こんなしょうも無い書き込みになってしまいました。

 何にしても、やっぱりエヴァが好きな自分を再確認したことだけは確かです。


      満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2009
09.18

約2ヶ月・・

Category: 未分類
 とうとう8月は何も出来ず、9月も半分を過ぎてしまいました(驚!)。

 朝晩過ごしやすくなってきて、ちょっとは活動的になれそうなこの頃です。

 ご無沙汰していた間に、某タレントがもう保釈されて、新型インフルも忍び寄っている状況です。

 今現在、隣の人の咳攻撃にあっていて非常に困っているところ(汗;)。

 
 まあ、そんな間に、映画を5本(少な!)観て、文庫本を十数冊読みました。

 それらの感想などを今後簡単に書いていって、リハビリしていきたいと思っています。

 手短な挨拶でした。

 それでは、また・・
Comment:0  Trackback:0
back-to-top