2009
01.28

旭山動物園物語

Category: 映画
 1月27日(火)渋谷C.C.Lemonにて完成披露チャリティー試写会

 「旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ~」に参加。

 やっと今年最初の試写会です。

 開始時間5分前に会場入りし、2階席に上がり空いている席に取り敢えず荷物を置いて、トイレを済ませて帰って来ると、荷物が移動されていた。

 後から来る人は、手に座席指定券を持っている。

 ”何で?、俺もらってないけど??”

 しょうがないので直ぐ移動できるように目の前が通路になっている座席に腰を落ち着けると、進行役の深沢アナが舞台に現れて、秋篠宮文仁親王殿下、紀子さまがご臨席される旨をアナウンスしたので驚いてしまった。

 ”自分なんかが同じ会場に居ていいのか?”と思いつつも拍手でお迎えしました。

 その後、出演者8名と本物の園長が壇上に現れ、挨拶されました。

 また、主題歌を担当された谷村新司さんが花束を持って現れ、園長に渡した後に挨拶されました。

 最後にフォトセッションが行われ、上映開始となった。

 
 有名な実話ですが、実は私はよく知らなかったんで、新鮮な気持ちで観る事ができました。

 赤字を抱える中、飼育係が亡くなったり、一人二人と辞めて行ったり、ゴリラが死んでしまったりと廃園寸前まで追い込まれながら、それでも奇跡的に全国1位の入園者数を記録するまでになります。

 西田さんはもちろん、役者さん達がとても良く演じられてました。

 何の違和感も無く、飼育係として映っていました。

 ゴリラと並んで佇んでいる岸辺さんが親子のように自然だったところと、妊娠中毒になったチンパンジーに手の甲に餌を乗せてあげている長門さんのシーンは印象的でした。

 雪の中でも、元気に暮らしている動物たちの表情や仕草がもの凄く自然に見えて、檻の中で飼われているイメージがしなかった。

 きっと動物園が居心地良いんだろうなぁと感じさせられました。

 一度、旭山動物園に行ってみたいと思ってしまうくらい・・


 上映終了と共に、大きな拍手が起こりました

 
 その後、観客全員で秋篠宮文仁親王殿下と紀子さまの御退場を拍手でお見送りしましたが、何と自分の目の前を通ってお帰りになられたのです。

 手を伸ばせば届いてしまう距離ですよ(もちろん伸ばしたりしませんが)。

 ちょっと緊張してしまいました。

 
 年齢、性別問わず、皆さんが観て楽しめる映画だと思います。

 折角観るのなら、映画館で観る事をお勧めしたいです!


     満足度:★★★★

スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2009
01.27

舞姫通信

Category:
 「舞姫通信」(重松清/著)。


 ラストシーンは、もう始まっているのかもしれない。人は誰でも、気付かないうちに人生のラストシーンを始めている。17歳で死んだ(自殺志願)のタレント城真吾にとっては、16歳は晩年だった。城真吾は教えてくれた。人は死ねる。いつ。いつか。いつでも―。でも、僕が思う。僕の教え子の君たちの「いつか」が、ずっとずっと、遠い日でありますように。教師と、生徒と、生と死の物語(裏表紙より)。


 こんなに暗い重い話だと思わなかった。

 まぁ、”自殺”を扱った話なので、楽しくは無いわなぁ・・

 もう、7年くらい経つのかなぁ、以前のバイト仲間が飛び降り自殺したのは・・

 前にも触れた事あるけど、理由が分からないんですよ。

 主人公の宏海も一卵性双生児の兄・陸男が死んだ理由を知らない。

 双子でも分からないのに、一緒に働いていたくらいの他人の気持ちは、それ以上に分からないだろう。
 自分だって、中学生の時は自殺願望があったから、死ぬ事については何度も考えた。

 でもまだ生きている。

 意味無く生きてる感じ・・

 今の自分は自殺には否定的だけど、意味無く他人を殺す人には、他人を傷付けずに、自分で自分を殺して欲しいと切に思う。

 今クール、自殺をキーワードにしているドラマとして「ありふれた奇跡」や「ラブシャッフル」があるけど、タイミング的にちょっと真面目に見ちゃってます。

 「ラブ・・」の方は野島脚本とは思えない軽さが楽しめないけど、きっと何か驚きの展開があると信じて見守りたいです。

 
 何故か関係無いドラマの話までしてしまいましたが、色んな事を思いながら時間をかけて本を読みました。

 にしても、学校の先生って大変なんだなぁ・・
Comment:1  Trackback:0
2009
01.26

今日もヘトヘト

Category: 未分類
 先週、喉をやられて、金曜の朝バイト明けで帰宅後、研修3日目を翌日に延期してもらい大人しくしていたんです。

 でも、良くならない(悪くもならない)状態で、出掛けましたよ。

 今年はWワークをヤルと決めたので、ここて辞めたら3日坊主以下になってしまう。

 今回は電車に乗らずに歩きだけで担当区域まで行き、鼻水を垂らしては(マジで垂れてましたから、笑われるくらいに)ティッシュで拭きながら、効率悪いながらも何とかやりました。

 5時間を超えたくらいに無事終了し、次の日もやるつもりだったので、帰宅して汗を無理矢理かいて寝ましたよ。

 でも3時間くらいで眠れなくなったので、近所のレンタルショップで旧作DVD1枚100円1週間レンタルをやっていたので、「4400」シーズン3を6枚借りてきて、見だしてしまった。

 1枚目が2時間以上あるのに、つい見てしまい、慌てて横になるけど、全然眠れそうな感じがしない。

 しょうがないから少しアルコールを摂取してみるが、余計に眠れなくなり、結局そのまま朝を迎えた。

 これからは、1枚単価(普通2.5円程度)で枚数を処理した分が支払われる事になる。

 本契約書類を記入している間に、物件が残り少なくなって、結局葛飾区の担当区域に2000枚配る事になった。

 これを処理しても5000円にしかならないだなぁ・・

 電車移動して、始めたのが10時半で4時間経っても半分終わってなかった。

 ヤバイぞ、夜のバイトに間に合わないかも、と急ぎ気味に回るが、日が暮れる頃になっても1/5くらい残っている。

 暗闇でポストを探すのが、こんなに大変だとは思わなかった。

 しかも、現在地がよく分からなくなってしまって余計に慌てて、同じ場所に出てみたり。

 そんなこんなで19時を回ったくらいに何とか完了となった。

 いやー、疲れた。

 帰宅して休む間もなく、着替えて夜バイトに向かいました。

 こんな事、最低二ヶ月は続けないと研修代が貰えないんだから、辛いっす・・
Comment:0  Trackback:0
2009
01.21

風邪なのね

Category: 未分類
 前日からの体調不良は、どうやら風邪の前触れだったようです。

 バイト明けで帰る2,3時間前から、喉と頭の違和感を覚え、ひょっとしたらと帰って寝る時に何時もより着込んで掛け布団も1枚増やしたんです。

 汗をかいたので途中着替えたりしたんだけど、それでも喉が腫れてしまった。

 熱が上がらなかったのは良かったけど、喉、鼻、頭は痛いまま・・

 バイトは今日ヒマな日なので助かったっていうところです。

 
 帰ったらしっかり休みます。

 
 皆さんも体には気を付けましょう・・・
Comment:0  Trackback:0
2009
01.20

歩いて歩いて

Category: 未分類
 最近、特に生活にゆとりが無さ過ぎのため、今年からWワークをしようと決めていました。

 今月上旬に、平日8時から12時の仕事を見つけて面接に行った結果が不採用との連絡を中旬に受け、引き続き探していたが、平日のいい時間が見つからず、最後の最後に残して置いたポスティング作業しか無いかなと。

 決め手は週1日からOKだったから。

 で、先週金曜日の朝、バイト明けで連絡し、その足で面接に行った。

 自分を含めて4人の人が居て、面接というよりは説明会になっていた。

 まぁ”来る物は拒まず”的な感じだったし、条件も良いとは言えないけど、もう選んでる余裕が無いのでやってみることにした。

 最初3日間は研修で、1日5千円×3日=1万5千円になるんだけど、研修後15日働かないと研修分の支払いをしてくれないんだって。参ったって感じです。

 で、研修1日目の土曜日、細かい指示を受けて、500枚の物件(チラシ)を持って、会社から歩いて担当区域に行き、ポストに入れる作業を行う。

 特に問題無く1時間半ほどで終了した。

 研修2日目の日曜日、900枚×2種類の物件を鞄に入れ、電車に乗って葛飾区の担当区域に行き、10時からスタート。

 昨日とは違い、一軒家が多く、休日のため住人が表に居たりすると

 ”チラシは要らないからね

 って断られたり、飼い犬に吼えられてビックリしたりと、なかなか減らなかった。

 終了したのが14時過ぎで、昨日の3倍の時間が掛かってしまった。

 一旦帰宅し、夜バイトまで寝ようと横になるが、2時間くらいしか寝られずじまい。

 研修3日目は今日の予定だけど、多分夕方まで掛かるだろうから、寝る時間が心配だ。続きを読む
Comment:1  Trackback:0
2009
01.16

夜を賭けて

Category:
 「夜を賭けて」(梁石日/著)。


 廃墟と化したアジア最大の兵器工場・大阪造兵廠跡の闇の中で残骸を掘り出す鉄泥棒アパッチ族と警官隊の果てしない攻防がつづく。そしてアパッチ族は北朝鮮へ、大村収容所へ…。戦後50年を総括する書き下ろし長編。


 バイトの先輩から借りたのですが、ヤン・ソギルさんの作品は初めて読みました。

 多分、借りなければ読む事は無かったと思います(単純に読まず嫌いで)。

 作者の実体験を書いたらしいのですが、おおよそ事実なんだと思うとショックです。

 改めて日本という国にガッカリしてしまった。

 それにしても”第一部”の圧倒的な(生命力の)パワーに引き込まれてしまい、軽い疲労をかんじました。

 他の作品も読んでみようという気にさせてくれました 


 まずは同名の映画を観てみたいと思います。

 
Comment:0  Trackback:0
2009
01.15

ワールド・オブ・ライズ

Category: 映画
 1月14日(水)新宿ジョイシネマ1にて映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞。

 先ほど書きましたように、今年始めての試写会に入れてもらえなかったので、時間的にピッタリなこの映画を選択、今年1本目の映画となりました。

 
 ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており……。(シネマトゥデイより)


 リアルっぽいけどエンターテインメントしてた映画といったところか。

 中東情勢の事実は自分にはよく分かりませんが、映画の内容とそれ程かけ離れてはいないんだろうなぁと思いながら観てました。

 CIAのレオくんがテロリストの所在を突き止める為に、銃撃戦や自爆テロ(迫力ありました!)の危険を顧みず奔走している様を、米軍の最新テクノロジーで上空12000メートルから常に監視してるのには驚いた。

 レオくんに色々指示を出すラッセルさんの嫌なキャラ(これぞアメリカ人的!)を面白そうに演じていた様に見えた。

 そして、ヨルダン情報局のマークさんは、男前なキャラで格好良くて、一番目立っていました。

 あと、レオくんが惚れた女の人は綺麗でしたね。

 ”嘘のつきあい”に関しては、イメージと違っていたので残念でしたけど・・


 ”やっぱり映画は映画館で観たい”って思えた映画でした!


     満足度:★★★★

Comment:0  Trackback:0
2009
01.15

こんな事が・・

Category: 映画
 1月14日(水)新宿明治安田生命ホールにて試写会「エレジー」を鑑賞・・・

 のはずだったのに・・・

 上映開始10分前に行ったら、入り口に10人くらい並んでいた。

 ???なんでかなと待っていたら、係員から、

 ”満員のため入場出来ません”

 と言われ、帰るはめに・・

 20090115010754.jpg

      ↑
 確かに試写状に小さく記述されてるけど、入れなかった事は今まで無かったですよ。

 通路でいいから入れて欲しかったなぁ。

 自分はまだ新宿にバイトで来るから電車代が無駄になる訳でも無いからいいけど、わざわざこのためだけに来た人は可愛そうでしょ

 
 映画鑑賞券は無理にしても、割引券をあげるとか、他の試写会に招待するとかあっても良いんじゃないですかね。

 たまにしか試写会に行かない人は来なくなるんじゃないかな?

 あと、試写状を配り過ぎなんでしょうね、これなら外れた方が良かったですよ、ホントに・・

 酷いです・・

Comment:0  Trackback:0
2009
01.14

はなまるなエンケンさん

Category: テレビ
 昨日の朝の「はなまるカフェ」のゲストは遠藤憲一(エンケン)さんだった。

 映画やドラマで”嫌な奴だなぁ、こいつ”って思わせる演技をしてくれる役者さんですが、実は見た目と違っていたんですねぇ。

 まず、”喧嘩が嫌い”なんだそうです。

 街で、目と目があったら、絶対因縁付けられて殴られてしまうと思っていたので意外だった。

 そして、”銃撃戦”。

 拳銃の音がダメなんだそうです。

 これも意外で、今度そんなシーンを渋い顔で演じていたら、笑ってしまいそうです。

 さらに、”観覧車”。

 またまた意外!

 基本、高いところがダメなんだとか。

 ビルの上からのスナイパー役なんて最悪だったらしいです。

 
 そんなエンケンさんが、自分の中でめちゃめちゃ好感度アップしました。

 もし想い出横町で会う事ができたら、目と目を合わせてお話ができるといいんだけど、やっぱり”因縁付けられて殴られる”って思ってしまうんだろうか(笑)・・
Comment:0  Trackback:0
2009
01.09

魔王

Category:
 「魔王」(伊坂幸太郎/著)。


 会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気が付いた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。5年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語(裏表紙より)


 ”魔王”とは結局誰(何?)だったんだろうか、自分には分からないままだったが、今まで読んだ伊坂作品の中では、個人的にこれが一番好きかも。

 ”ファシズム”や”猛禽類”や”法律”について、ちょっと調べたり考えたりしてしまった。

 何度も出てくる”考えろ考えろマクガイバー”も気に入ったし。

 安藤の能力について面白いとも思ったが、取り敢えず自分には必要無いよなぁ。

 逆に潤也の能力はとても羨ましいぞ。

 自分としては、今まで競馬でどれだけ外してるか分からないから、この能力でせめて使った分は取り戻したいもんだ。

 でも、何処かで能力を使った分のしわ寄せが来るんだろうなぁと心配にもなる。

 政治に関しては、妙な現実感を伴っていた気がして怖いんだけど・・

 ”犬養”のような政治家が出てきたら、本当に気を付けないとヤバイ事になりそうで。

 何の能力も無い自分に何が出来る訳でも無いけど、クラレッタのスカートを直す勇気ぐらいは持ち合わせておきたいものです。

 
 この物語に連なる作品として「モダンタイムス」があるらしいので、何時か読んでみたいものです。
Comment:0  Trackback:0
2009
01.07

TVJ

Category:
 「TVJ」(五十嵐貴久/著)。


 お台場にあるテレビ局が、72時間テレビ生本番の最中に、正体不明のグループに乗っ取られた。劇場型犯罪に翻弄される警察。犯人たちの真の狙いは何か?30歳を目前にした女子経理部社員が、人質になった恋人を救うため、たった一人で立ち向かう。手に汗握る、著者の全てが詰まった幻のデビュー作。

 
 「ダイ・ハード」的と言ってしまえばそうだけど(主人公が死なない点で)、それ程ドキドキ感は無かったかな。

 まぁ、主人公が一般的なOLというところが、感情移入しやすいんだろうけど、あそこまで上手くいきすぎると、ちょっと笑っちゃうかな。

 だって、高層ビルの窓ガラスから外に投げ出された後、ああなるのはまぁ良しとしても、犯人側も全く気にしないのは、有り得ないと思うんだけどね。

 まぁ、ああならないと話が終わっちゃうからしょうがないかぁ・・
 
 それに、警察が何も出来なさすぎな気がした。

 如何にもな感じで交渉人的な人が登場したから、それなりに活躍してくれるんだろうなって期待したけどその辺は裏切られた感がある。

 犯人の目的も早い段階で分かっちゃう(自分はやっぱりって思った)から意外性も無いし。

 なんて言いながらも、それなりに楽しみましたけどね。

 でも、こういう犯罪って可能な気がして、考えると怖いです・・
Comment:2  Trackback:0
2009
01.06

2008年の映画を振り返る

Category: 映画
 2008年に映画館及び試写会で観た映画について簡単にまとめたいと思います。

 昨年に観た映画が72本でした。

 (内訳) ・映画館:28本
       ・試写会:44本(来年公開作2本含む)

 最近にしては観た方だと思いますが、たまたま試写会に当たったのが多かった為なのでしょう。

 それでも見逃した映画の多いこと。

 中でも「ダークナイト」を観られなかったのは非常に悔しいです。

 観ていたら、きっと洋画№1になっていたはずだから・・

 
 それでは、洋画から行きますか。

   ・洋画ナンバー1:「最高の人生の見つけ方」
   ・洋画ワースト1 :「地球が静止する日」
 ナンバー1は、やっぱり役者2名の演技に尽きると思います。
 孤独な自分としては、こんな風な人生の終わり方をしてみたい(まぁ無理なんだけど)と思わせてくれたところが良かったかな。
 候補作としては「ラースと、その彼女」「ブロードウェイ♪ブロードウェイ・・・」「さよなら。いつかわかること」「奇跡のシンフォニー」といったところです。
 ワースト1は、ブログでもう書き込みした通りなので、言う事はもうありません、というか言いたく無いです。対抗には、「クローバーフィールド」で次に「ネクスト」でした。

 次に邦画です。

   ・邦画ナンバー1:「おくりびと」   
   ・邦画ワースト1 :「リアル鬼ごっこ」

 ナンバー1は、文句無しですね。2回観て、より好きになりました。原作物が多い中、オリジナル脚本でここまでの作品を作ってくれた事も喜ばしいです。候補作は「アフタースクール」でこちらもオリジナル脚本でした。他には「ブタがいた教室」「ラストゲーム・・」といったあたりです。
 ワースト1は、お金を払って観た事を後悔してしまったからですね。まだ原作の方が評価出来るかなと。パラレルワールドの設定が私は納得出来なかったものですから。
候補作は「空へ-救いの翼-」「L change the World」でした。どちらも試写会だったので、まだ許せたんですよ、それだけの差だと思います。
 
 
 と、まぁ、簡単に振り返ってみましたが、見逃した作品の中にこそ最高、最低の作品があったと思っていますので、あくまで”へぇー、そう・・”みたいな感じで気に留めておいてもらえれば幸いです。


 最後に、今年の日本アカデミー賞で「おくりびと」が作品賞を受賞することを期待しております!
Comment:0  Trackback:0
2009
01.05

明けおめ

Category: 未分類
 遅くなりましたが、

 明けましておめでとう御座います

 どうぞ今年もあまり特徴の無い私めのブログを宜しくお願い致します!

 
 年末年始は特に何処にも出掛けず、呑んだくれて過ごしておりました。

 また持ち金が無いために映画館すら行けませんでした。

 そもそも日中は初詣客でごった返しているので、とても外に出る気になりませんが・・ 


 そして、今日から仕事始め。

 昨年は、私のような派遣社員にとって厳しい状況でしたが、今年はより厳しくなりそうなので、ある程度考えて、いま以上に臨時の仕事を増やしていかなければと思っています。

 そんな臨時の仕事も少なくなっているようなので厳しそうですが・・

 まぁ何にしましても、今年が少しでも良い年になりますように皆様も頑張って行き(生き)まっしょい!!
Comment:0  Trackback:0
back-to-top