2008
04.30

最高の人生の見つけ方

Category: 映画
 4月29日(火)新宿厚生年金会館にて試写会「最高の人生の見つけ方」を鑑賞。

 カレンダーは休日だけど、夜バイトがあるのでその前に寄り道。

 本当なら昼頃、代々木公園での”ゆらい”の演奏を聴きに行くつもりだったが、前の日からちゃんと寝る事が出来なくて(最近ホントに不眠で辛い)、試写会に間に合う時間まで横になっていたんだよ、申し訳ない。

 休日のせいか、いつもより多めの観客だったので、2階席はいつもと変わらないんだけど、スクリーンに向かって右寄りに着席した。


 自動車整備工カーター(モーガン・フリーマン)が入院いていた部屋に、大金持ち実業家で当病院経営者エドワード(ジャック・ニコルソン)が相部屋として運び込まれ、お互い末期がんで余命6ヶ月と宣告される。

 ある時、カーターが書いたリストをエドワードが見つける。

 それは”棺おけリスト(THE BUCKET LISTが原題)”だった。

 棺おけに入る前にやっておきたい事を書き記す物で、それぞれにやりたい事を書き出し、二人で旅に出ることに・・


 という風に話が進みます。

 入院中の二人を見ていると、病気になったり死ぬことが怖くなったりするけれど、旅に出た二人は楽しそうでそんな怖さも無くなってしまう。

 死に際の二人を見ていて、こんなに笑ってしまっていいんだろうか。

 まあ、お金持ちの道楽に見えなくも無いですがね。

 自分なんかには到底真似のできないような事を二人で楽しむんですから。

 最終的には、死ぬまでに色々行動することよりも大切なものを二人は手に入れるんです。

 
 2大オスカー俳優と「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー監督からの素敵な贈り物です!

 みんなで楽しんで観ないと損ですよ!!

 最高の人生に乾杯です。


    満足度:★★★★


    P.S. 毛色は違うけど「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」をまた観てみたくなりました。 
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2008
04.30

大いなる陰謀

Category: 映画
 4月28日(月)バイト明けの朝一から、新宿プラザにて映画「大いなる陰謀」を鑑賞。

 世の中はゴールデンウィーク中なので連休を満喫している人達も多いでしょうが、自分にはいつものように関係の無い事です。
 それはGW中に休めるのは土日以外では28日だけですから・・
 まあ連休を貰ってもお金が無いので何処にも行けませんから働けるだけマシってもんですが。
 
 せめて映画業界が命名したGW(黄金週間)なんですから、映画をなるべく観たいと思っている訳です。

 で、この作品ですが、ロバート・レッドフォード監督作品という事に惹かれて観ようと思いました。

 うーん、この映画は米国国民に向けて作られた物なんだなと、まず思いました。

 監督が国民に考えて欲しい事を映画にしたんだろうと。

 特に若者に向けて。

 そういう意味では、他国の人はどのようにこの映画を観ればいいんだろうか。

 他の人のレビューを拝見してみると、詰まらないと感じる人も少なくないようでした。

 その気持ちも分かるけど、米国の現状や抱えている事などを感じとれる内容だとも言えるんじゃないかと思います。

 なかでも”徴兵”に関する事が取りざたされていますが、この辺が特に日本人にとって”関係無い”事と感じさせる内容なんだと思ってしまうんです。

 確かに現状では”関係無い”んでしょうが、これから先どうなるのか分かりませんよね?

 あまり考えたく無いんですが、このまま米国に守られながらやって行けるんでしょうか?
 
 自分には何ができるんだろうか?

 などと、いろいろ考えてしまいました。

 映画の内容とかけ離れてしまいましたが、ある意味観て良かったと思える映画でした。


   満足度:★★★☆


Comment:0  Trackback:0
2008
04.28

アフタースクール

Category: 映画
 4月25日(金)新橋ヤクルトホールにて試写会「アフタースクール」を鑑賞。

 バイト仲間とホール前で待ち合わせするも、いつものようにドタキャンされ、一人で入場。

 ほぼ満席に近い状態での上映開始。

 
 母校の中学教師神野(大泉洋)、同級生のサラリーマン木村(堺雅人)、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)3人を主演に繰り広げる、頭フル回転!驚きエンターテインメント・ムービーです。

 内容に関しては、あまり触れられない、触れない方がいい映画です。

 何の情報も見聞きしないで素直に騙されて映画を楽しんで欲しいです。

 上映後にティーチ・インがあり監督とプロデューサーが話してくれましたが、色んなインタビューを受けたけれど、内容に関して何も言えなくて歯痒かったとの事。

 また、この脚本のきっかけや、脚本を練りに練っている間に某ファミレスで何度も泣いた事や、あそこの台詞にはこんな意味とあんな意味があるんですよと明かしてくれたときは、観客から”あぁー”と感嘆の声が上がっていました。

 という事で、映画の説明は殆ど出来ませんが、最後まで楽しく観させてもらいました。

 一度観たら、2回目も観たくなる、そんな映画です。

 ちょっと現実感が無いかなと思ったところを除けば、文句の付け所が無いくらいの映画でしょう。

 
    満足度:★★★★☆


    P.S.”最近観た映画の満足度が60点や70点ばかりだ”、との批判の声も聞かれたので、ちょっと高得点を付けてみました。
 
Comment:0  Trackback:0
2008
04.25

17回忌

Category: 未分類
 尾崎豊が亡くなって、今年で17回忌になるとのこと。

 毎年、自分の誕生日前後あたりから、尾崎豊の歌を聴いたり、カラオケで唄ったりしている。

 自分にとっての恒例行事みたいなもんです。

 もう何年も行ってないから、今年は久しぶりに渋谷クロスタワーへ行ってみようかと思っています。

 朝、バイトが終わったら、一度帰って寝てからでないと、夜に試写会があるからなあ。

 そうすると、試写会の後に行くことになってしまう。

 帰り着くのは夜中ですか・・

 尾崎の歌を聴きながら、のんびり歩いてみるかな・・・・
Comment:0  Trackback:0
2008
04.22

誕生日かよ

Category: 未分類
 4月22日ってことは、私の誕生日じゃないですか。

 30歳を越えたあたりから、年齢を数えるのを止めるようにしているんだけど、だからといって秋葉原のメイドみたいに”永遠の17才デス♪”なんてノリじゃありませんよ。

 とりあえず40数回目の誕生日となってしまいます。

 まあ何にしても、あんまり嬉しくは無いんですよ。

 今日だって、バイト中パソコンの文字が部分的に反射してるような感じで、眼がよく見えなくなったんですよ。

 このまま見えなくなるんじゃないかと思ってしまったくらい、マジで。

 やっと10日位たって左眼の赤いのが治まってきたところなのに・・

 それでも1時間くらいしたら、良くなってきましたけど、パソコン作業中は眼鏡を掛けてやってましたよ。

 つくづく歳を取りたくないと思ってしまいました・・・・
Comment:0  Trackback:0
2008
04.22

ヒットマン

Category: 映画
 4月21日(月)、新宿オデオン劇場にて映画「ヒットマン」をバイト明けに鑑賞。

 自分ではゲームというものを殆ど(最近はあまり打てなくなったパチスロくらい)やらないので、映画の元になったビデオゲームの事は知りませんが、結構な人気ゲームとの事。

 まあ「レオン」に似た感じの作品だと良いな、くらいの気持ちで観に行った。

 ティモシー・オリファント扮するエージェント47(坊主頭で後ろ側にバーコードが印刷されている)は、孤児を集めて殺し屋を育成する組織で育ち、依頼された仕事を完璧に行う殺し屋になっていた。

 そして今回依頼されたロシア大統領暗殺も完璧にこなしたはずだった。

 なのに、ロシア大統領が顔に絆創膏みたいなのを貼ってテレビに映っている。

 その後、組織から狙われる事になってしまい、ロシア大統領の娼婦だったニカ(次作「007」ボンド・ガールのオルガ・キュリレンコ)と逃亡しながら、組織への復讐を行ってゆく・・・、という話。


 兎に角、坊主頭が目立ってしょうがないと思うんだけどなぁ。

 変装してもあんまり頭は隠さないんだよなぁ。

 ガンアクションは勿論、坊主頭同士の2刀流なんかもあって、割と派手な感じかな。

 47役の人は、以外に格好良く見えたけど、悪役向きの顔じゃないかな。

 娼婦役の人は、結構タイプかもしれない。体も綺麗だったし。

 残念ながら、「レオン」のような感動は無かったし、最後の方で疑問な所もあり、ちょっと納得いかなかったけど、まあ93分間楽しめました。

 
   満足度:★★★


 
Comment:0  Trackback:0
2008
04.21

うた魂(たま)♪

Category: 映画
 4月19日(土)、新宿ジョイシネマ1にて、映画「うた魂〈たま〉♪」を鑑賞。

 午後に、新宿で今年初のカラオケに行き、何か食べようと歩き回っている間に雨に降られたので、解散になり、このまま帰るのも詰まらないので歌舞伎町に行き、待たずに観られる映画を探して「うた魂〈たま〉♪」を観る事にした。

 北海道の高校の合唱部を舞台にした、ほのぼの青春コメディ映画でした。

 ガレッジ・セールのゴリが高校生ってどうかと思ったけど、こんな高校生その辺に居そうな気がしてくるから不思議だった。

 夏帆ちゃんも、田舎にいる可愛い子的な役も合っていました。

 なんといっても、ゴリを含めた男子だけの合唱隊が唄う『15の夜』と『僕が僕であるために』が、今までに見聞きしたことがない合唱で迫力があって良かった。

 故尾崎豊の歌が合唱に合うんだろうか疑問だったので、余計に素晴らしく響いてきました。

 奇しくも彼の命日が近づいているこの時に観ることができて良かった。

 ついさっき、カラオケで3曲程、自分も歌ってきたところなんですけどね。

 そして、ラストの大合唱は、合唱をやっている人には理想でしょうね。

 ”合唱をやってて良かった!”って感動できることでしょう。

 ただ、北海道が舞台なのに、北海道らしさが全くと言っていいほど感じられないのが残念でした。

 
 この前に観た「歓喜の歌」は中年向け、

 今回の「うた魂〈たま〉♪」は10代(20代向け)、

 というところでしょうかね。

 
   満足度:★★★☆


Comment:0  Trackback:1
2008
04.17

僕の彼女はサイボーグ

Category: 映画
 4月16日(水)東商ホールにて試写会「僕の彼女はサイボーグ」を鑑賞。

 第46回「優秀外国映画輸入配給協会賞」受賞発表記念の中の受賞記念試写会となっていたので、授賞式や挨拶が30分少し行われてから試写会が始まった。

 授賞式中は、あまり空席が無かったので、階段にでも座って観ようかと思っていたが、式が終わったら帰る人が意外に多かったので、かなり空席が目立った。

 韓国のクァク・ジェヨン監督作品は3作共(「猟奇的な彼女」「ラブストーリー」「僕の彼女を紹介します」)観て、どれも好きだったので、この作品も期待していた。

 今回は、監督が日本を舞台に日本人キャストで作ったファンタジー・ラブ・ストーリー作品。

 小出恵介演じる冴えないけど心優しい大学生ジローが、2007年11月22日(だったと思う)の誕生日に、綾瀬はるか演じるキュートな”彼女”と出会い、数時間を共に過ごして別れる。

 そして1年後、再び彼女が現れるが、自分は未来から来たサイボーグだとジローに告げる。

 彼女は1年前の”彼女”と同一人物なのだろうか・・

 そんな彼女(サイボーグ)に惹かれていくジローと、感情を持たない彼女との行方は・・

 まあ、そんな感じのお話ですが、予想していたよりお金を掛けた作品になっていて、日本で作った理由も何となく理解できました。

 全体的に笑えてちょっと感動出来て、監督らしさが出てる映画でした。

 あとキャストも良かったと思います。

 小出くんはチャ・テヒョンに雰囲気が似ていて何かコミカルな感じだし、はるかちゃんはサイボーグらしさがあって魅力的でした。よくあれだけ瞬きしないで演じられたなと思います。

 自分はそんなにはるかちゃんのこと良いと思ってなかったけど、今回の演技を観たら好きになってしまいました。

 他キャストのちょっとオーバーな演技が鼻についたところもあったけど、そんなに気にならないかな。

 
 綾瀬はるかちゃんファンなら必見の映画です!

 デートムービー向けでもありますね。

 5月31日(土)より全国公開です。



   満足度:★★★☆

Comment:0  Trackback:7
2008
04.16

最近、よく聴く

Category: 音楽
 未だに左眼が赤いままの私が、最近聴いている曲。

  ・癒されてる曲

  「そばにいるね」/青山テルマfeat.SoulJa

  今更ですが、寝る前とかに聴くのが一番いいですね。

  一人寂しい心の隙間を埋めてくれます。

  好きな女の子に歌ってもらったら、もう言うことないでしょうね。

  残念ながら、自分の周りにテルマーは居ませんが・・


  ・元気を貰う曲

  「旅立ち」/FUNKY MONKEY BABYS

  「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」/チャットモンチー

  特にバイトまでの移動中に、この2曲を聴いて一人の自分を勇気付けてます。

  あくまでも2曲セットです。何故かどちらも映画主題歌ですが・・

  「ヒラヒラ・・」の方は、息継ぎしてるのか?って心配してしまうほど、聴いてて息苦しくなってしまうが、頑張って歌ってる声を聴くと、何故か元気になってくる気がするんですね。

  

  特に、この3曲に自分は助けられているこの頃です。
Comment:0  Trackback:0
2008
04.15

ハンティング・パーティ

Category: 映画
 4月14日(月)一ツ橋ホールにて試写会「ハンティング・パーティ」を鑑賞。

 今日も睡眠不足の体を何とか動かして神保町に辿り着いた。

 左眼は相変わらず赤いままだ。

 こんなんで映画を観ていて大丈夫なのか俺?

 そんなこんなで、まばらな客席の右前方に着席。

 
 この作品は、ボスニア紛争終結後、あるジャーナリストたちが今も逃走中とされる実在の戦争犯罪人ラドヴァン・カラジッチ(映画での役名は”フォックス”)を追跡したひと夏の体験を元に作られているので、”真実”が見え隠れしています。

 戦場レポーターのサイモン(リチャード・ギア)、元相棒カメラマンのダック(テレンス・ハワード)、コネ入社の新米TVプロデューサーのベン(ジェシー・アイゼンバーグ)、この3人が大スクープをものにするため、戦争犯罪人のフォックスを追いかける内容となっています。

 いつどこで殺されるかもしれない緊張感の中なのに、3人の掛け合いが何故か笑えるので、それ程シリアスな感じに思えない。

 国や組織に対して皮肉的な話も出てくるので、不謹慎だと思いつつも笑わせられてしまう。

 ボスニアの内情に疎い自分としては、その辺の説明をして欲しかったが、一般常識人の方々には分かっている事なんだろうから、この内容でも理解できるんだろうなぁ。

 ただ、サイモンが”正義”のように描かれているのが、ちょっと疑問に残った。

 ラストは後味良く終わるので、その辺は好印象。

 最後の最後に、この人とこの人は実在の人、みたいな説明があるので、これも面白かった!

 
 自分のように、事実を元にした映画が好きな人はぜひ観て欲しい作品です。



   満足度:★★★☆

Comment:0  Trackback:0
2008
04.14

ラスト・フレンズ 第1話

Category: ドラマ
 「ラスト・フレンズ」第1話は、いきなり長澤まさみちゃんの腹ボテ姿から始まった。

 自分的には、ちょっと衝撃的な姿だった。

 錦戸亮くんがまさみちゃんを殴る蹴る姿も、出来れば見たくないシーンだ。

 上野樹里ちゃんのボーイッシュな感じは悪くない。

 でも、常に切なそうな表情をしているので、見ていて辛くなってくる。

 水川あさみのキンキンした声が、とても苦手だ。

 自分が感情移入するとしたら、瑛太くんになるんだろう。

 
 春ドラマで、取り敢えず最後まで見たいと思えるドラマが、まず1本現れました。


Comment:0  Trackback:0
2008
04.14

体調不良の近頃

Category: 未分類
 先週終りくらいから体調がよろしくない状態が続いています。

 多分、不眠からきているものと考えられる。

 木曜の夜、バイトに行くと、胃と食堂の間くらいに断続的な痛みを感じ、体が震えたりして、ちょっとヤバイんじゃ無いのかと、マジに怖くなった。

 しかも、眼が赤いと何人かに言われ(月曜の今現在も続いている)、特に気にしていなかったが、実際鏡で見たら気持ち悪いくらいに左眼の白目が赤くなっている。

 ちょっと疲れ目気味かと思うくらいで、特に痛みも無い。

 金曜土曜の休みも、珍しくカラオケに誘われたけど、やっぱり体調が良くないので当日ドタキャンしてしまった(申し訳ない)。

 できれば、今週末に行きたいと思うが、具合が悪くなければいいが・・

 
Comment:0  Trackback:0
2008
04.09

踊るさんま御殿で

Category: テレビ
 元竹下首相の孫として最近人気(?)のミュージシャンDAIGOが、憧れの人に指名した声優宮村優子(みやむー)と並んで出ていた。

 DAIGO曰く、M(マゾ)な自分はエヴァンゲリオンのアスカ派とのことで、みやむーにあの名台詞”あんたって、バカぁ?”を直接言って貰っていた。

 レイ派の自分としては、この名台詞があまり好きでは無い。

 元々、エヴァをよく知らなかった時に、初代スロエヴァを打ってて、この名台詞を何度も聞かされていて、あまり良い気持ちがしなかったからだ。
 
 負けてる時に、この台詞を言われると、ムカッとしてしまうんですよ、ホント。
 
 その後、エヴァTV版を全て見て、台詞の意味が分かったから、前程嫌いでは無くなったけど。

 確かに、アスカ派の人はM(マゾ)の人が多いと聞いたことはあるけど、でも自分はどちらかというとMだと思っているが、アスカ派じゃ無い。

 きっと自分のようなレイ派も他にいると思う。


 番組を見ながら、こんな下らない事を考えてました・・


Comment:2  Trackback:1
2008
04.07

ロス:タイム:ライフ ヒキコモリ編

Category: ドラマ
 今回の主役は大泉洋の引き籠り役。

 自分的にはあり得ないカンジです。

 だって、あんな陽気な性格の引き籠りは見たこと無いから・・

 それでも、つい最後まで見てしまったが。

 今回は、何故かぬっくんが主審役で出てましたね。

 電光掲示板に”12”と表示された後、審判団が部屋から追い出された拍子に、電光掲示板が床に叩き付けられ、誰もが故障したと思った。

 12時間が過ぎても、12日が過ぎても、12週間が過ぎても、一向にロスタイムが終了しない。

 その状況に、皆イライラして普段決して声を出さない審判員がつい声を出してしまったりする(これには笑いました)。

 で、12ヶ月が過ぎて、やっと電光掲示板の表示が”11”に変化した。

 そう、ロスタイムはなんと12年だったんです。

 ちょっとやり過ぎな気がしたけど、引き籠りの彼には決して長い時間では無かったんですね。


   自分にもし、ロスタイムが与えられたら、どの位の時間になるんだろうか。

   その与えられた時間に何ができるんだろうか。

 
 ちょっと感動的なラストを見て、そんな事を考えた。


 今度はスペシャル版らしいので、より期待が高まります。
Comment:0  Trackback:0
2008
04.03

デッド・サイレンス

Category: 映画
 3月31日(月)、新宿オスカーにて「デッド・サイレンス」を鑑賞。

 あの「SAW」と同じ脚本・監督が作った作品なので、多少は期待してしまいますよね?

 でも、期待しちゃいけないんですよ。

 もう「SAW」のような映画は、そうそう出来ないんでしょう。

 ラストの、あの驚愕は、なかなか味わうことはできません。

 で、今回の「デッド・サイレンス」は、結果から言うと、ラストの驚きはありました。

 自分としては、有って欲しくない驚きでした。

 だって、気持ち悪いし、ちょっと無理があるんじゃないかな、と思えるから・・

 これから見る人がいるとマズイので理由は何も言えません。

 ただ、ラストの驚き以外は、特に普通な感じでした。

 死んだ人の顔がちょっとキモイ位で、他に怖い部分も無かったし・・

 あと、殺し方にも疑問が残る。

 
 きっと、自分のように「SAW」が気に入ってる人は、観たいと思うでしょうから、貴方の眼で確かめてみてください!


    満足度:★★★


Comment:0  Trackback:0
back-to-top