2007
06.28

ダイ・ハード4.0

Category: 未分類
6月21日(木)新宿厚生年金会館にて試写会『ダイ・ハード4.0』を鑑賞。
人気の高い作品だからと思って入場したら空席があったのでちょっと意外だった。試写会が少ないから勿体無いよなぁ。
今回はサイバーテロvsマクレーンで、かなり無茶くゃな感じでした。後半ではF-35戦闘機とガチンコ勝負までやっちゃいますから。もう人間技の枠を越えて、スーパーマンのようです。
それでもちょっとぼやいてみたりするところはマクレーンのままでした。
コンピューター社会とは言え、あれほど簡単に操作出来るのかは疑問だけど、そこまでやるかというシーンが多いので単純に楽しめます。 暑い日に映画館で涼みながら楽しみましょう! 満足度:★★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2007
06.27

プロポーズ大作戦 最終回

Category: 未分類
『ハレルヤチャンス』から戻ると何時もと違って披露宴開始前の時間に居た。
何とそれは妖精の計らいだった、憎い事してくれるね。そんな彼に健は『妖精か』とツッコミを入れたシーンは可笑しかった。
そして友人代表の挨拶で健は勇気を出して自分の気持ちを素直に告白した。それを見て耐えきれず涙してしまいましたよ私は…
また多田先生の気持ちにもやられた。なんていい奴なんだろう。この人にも幸せになって欲しいよ、本当に。
最後に礼がやり直したいと思っていると、またしても妖精の登場だぁ!
こうやって何組ものカップルを幸せにしてきたんだろうなぁ。
妖精に感謝ですね! ハッピーエンドに万歳です!! 健and礼、いつまでも幸せに…
Comment:0  Trackback:0
2007
06.25

最近は

Category: 未分類
何もする気が起きない状態になってきています。元々やる気の無い自分は、暑くなると特に顕著に表れてきます。
本も読まなくなり、部屋でDVDも見なくなり、寝てるか飲んだくれながらテレビを見ているかしているだけです。
体はダルく、熟睡出来ないから頭がボーっとして考える事すら嫌になります。
自分の都合でボーリングもやってないし、体を動かさないとマズいとは思う。
かと言って、流行りの『ビリーザブートキャンプ』でもやってみようか、なんて逆立ちしても無理でしょう、いくらビリーにはげまされてもねぇ。
これから夏本番に向かって、より憂鬱になっていきますが、何とか乗り切っていきたいものです。
Comment:0  Trackback:0
2007
06.25

ライアーゲーム 最終回

Category: 未分類
3時間スペシャルなのに寝てしまっていて、終わりの1時間だけ見た。
主催者が分かったけど、理由はそれだけ?みたいな感じで終わってしまった。
みんなが直(天使的な役割だったのか?)に救われたって事でいいんですかね。
4回戦以降は、いつかスペシャル(かな?)ドラマでやるんでしょう。
その日までさようなら…
Comment:0  Trackback:0
2007
06.21

セクシーボイスアンドロボ最終回

Category: 未分類
何と『三日坊主』がお化けになって帰ってきた。しかもロボとニコにしか見えないなんてね。でも一緒に行動していくうちにニコには見えなくなってしまう。
最近、クラスでも無理してみんなに合わせてしまっていたニコ。このまま普通の大人になってしまうのか?残念だぞ。 そして別れは突然やってくる。
『別れがあるから新しい出逢いがある』
もうロボとニコに逢えないと思うと本当に寂しくなるけど、そんな時は呪文を唱えてみるよ。 今までありがとう。いつかまた何処かで逢おうね…
Comment:0  Trackback:0
2007
06.20

プロポーズ大作戦 第10話

Category: 未分類
健と礼は小学校5年の時、既に結婚の約束のような事を言いあっていたんだね。微笑ましいシーンでした。
あれなら、20歳前にもっと自信持って告白しておけば簡単に結ばれていたような気がするなぁ。
礼のじいちゃんの事、忘れてたよ、『明日やろうは馬鹿やろう』ってやつ。きっと健も忘れてたんじゃないのかな? 健よ、あのまま礼の手を離さずに最終回も走り続けてくれーぇ… 多田先生には悪いけど…
Comment:0  Trackback:0
2007
06.19

ショックな休日?

Category: 未分類
先週は何故か疲れていたので、自ら友人に『ボーリングは来週にして』とお願いし、金曜の朝バイトが終わって帰宅後軽く飲み食いしてほぼ1日横になってました。
そして土曜日の朝ですよ。日刊スポーツを買って後ろの頁をめくると、宮崎あおい『結婚!』だとーっ。14歳から好きだったってーっ。そんなに愛されちゃってるのか高岡くん、羨ましいぞ(TOT)。今一番好きな女優だったし、まだ若いからねえ。ショックが大きいよ。
何にもやる気がしなくなってしまった(虚脱感)。
なんて状態のとき、バイトの後輩(以降D君)から珍しく電話が入っていたのに気付いて、電話をしてみると『余りにも暇なのでカラオケ行きませんか』との事。
この気分を変えるのにも良いかなと思い、新宿で待ち合わせてカラオケに入る。
自分はビール、D君はカシス系のカクテルを呑みながら熱唱を繰り返す。途中から『ランキングバトル』なるものに参加して1位を目指す。自分は最高34位で、D君は最高なんと2位だった、すげぇよ。
3時間でカラオケ店を出てブラブラし、D君がCDを買い、駅で別れた。
おかげで気分が晴れたよ、センキュ!
まあ帰ってから呑んだくれたけどね…
Comment:0  Trackback:0
2007
06.18

先週のドラマ(後半)

Category: ドラマ
 「バンビ~ノ」第9話。
 夏の新作パスタメニューのコンペに参加していいと言われ、俄然張切る伴。
寝る間も惜しんで自宅で料理を作るが、なかなか満足のいくパスタが出来ないでいる。
そんな時、注文でミスをしてしまうが、ホールの同僚達に励まされ、『このままではいけない』と思った伴は、考えた末にコンペの参加を辞退する。
いやー、大人になったね伴、俺は嬉しいよ、よく決心してくれたね。
応援してきた甲斐があったよ。
そして、コンペに選ばれたこずえ(小松彩夏)ちゃんにちゃんと『おめでとう!』と言えたね。
悔しかったろうなぁ・・
でも、だから余計に頑張れるんだよな、きっと。
 来週は、伴も厨房に行くことになったので、期待して見たい。

 「わたしたちの教科書」第10話。
とうとう兼良陸が裁判で証言することに。
当然本当の事は話すことも無く、珠子も敢えて反対尋問をしなかった。
そんな陸を心配してちびノリダーと家まで押しかけると、案の定彼の精神状態はボロボロになっていた。
こんなシーンを見ていると、自分だったらどうしていいか分からないだろう(きっと陸の母親みたいに)。
今回、ポー様が転校して行くことで、同級生の何人かが、手紙を書いてくれたことが、唯一の救いだった。

 「ライアーゲーム」第10話。
秋山vsヨコヤの対決が面白かった。
秋山が演技してたなんてねぇ・・
しかも、あんな風に密輸させるなんて、もう自分の想像を超えちゃってます。
ていうか、アリなの?みたいな。
 とにかく、来週は3時間スペシャル最終回。
 飽きずに見れるのか、ちょっと心配・・


Comment:1  Trackback:0
2007
06.14

セクシーボイスアンドロボ第10話

Category: 未分類
ニコが地蔵堂社長の養子に?
しかも2億円で!?
そんなにお金持ちだったのか社長は‥すげぇ。
自分なら喜んで養子になっちゃうんだろうなぁ‥
要らないって言われるだろうけど。
今回のテーマは『幸せ』。
自分にとって『幸せ』って何だろう。ドラマを見た人みんながきっと考えた事でしょう。
今の所、不自由なく生活できればそれが『幸せ』な事だと思う‥。だから今の状態は『幸せ』じゃないです、残念ながら。もう『幸せ』な時期は一度過ぎてしまった気がします。
地蔵堂の社長が言ってたけど、『幸せは永く続くものじゃない』。その通りだと思った。 来週はとうとう最終回。みんなが幸せになって終わるのでしょうか?
Comment:0  Trackback:0
2007
06.13

プロポーズ大作戦 第9話

Category: 未分類
今回『ダメもと』で最後の(?)『ハレルヤチャンス』した健。
初任給を叩いて指輪まで買って、礼にプロポーズしたのに、また『何にも解ってない』って言われちゃったね。
悔しいなあ。もう少し悩んで欲しかったよ。
健が指輪を買う時にサイズを聞かれて、分からないので一番大きいのを買ったって独白してたけど、自分も買った事無いから、こういうのってどうしていいか分からないなあ。
いろんなドラマで、相手に渡せなかった指輪って、殆ど捨てられるけど、これって現実的な事なのかな?
自分だったら捨てる事出来ないなあ多分。経験無いから分からないけど。 来週は本当に最後の最後(?)の『ハレルヤチャンス』。 どうする?どうなる?健!
Comment:0  Trackback:0
2007
06.11

先週後半のドラマ

Category: ドラマ
 「わたしたちの教科書」第9話。
 ポー様こと加寿子(鈴木かすみ)が自殺しないでくれて良かったよ。
しかも、自分や明日香が虐められていた事も告白してくれたし。
 ちびノリダーにコースターを渡したのが誰か気になっていたけど、熊沢(佐藤二郎)先生だったとは、うーん、意外。
最後に明日香の事で証言してくれたとき、自分も一緒になって泣いてしまったよ。
きっと辛かったんだよね、娘の事もあったろうから・・
親も先生も、今は大変な時代なんだね。
自分には子育てする自信が無いですよ・・

 「帰ってきた時効警察」最終回。
 もう終わっちゃうんですか?早くね?
一年位したら、また帰ってくるのかな?
なんて思いながらドラマを見た。
今回、松尾スズキさんが存在感ありましたね。
三日月(麻生久美子)に向かって『ブス』って
何度も言い切っていたのが可笑しかった。
男は話しが詰まらないからって、振られたり、殺されそうになったりするものなのかと、怖くなってしまった。
だって、自分もホント話が詰まらないから、しゃれにならないくらい・・

 「ライアーゲーム」第9話。
 3回戦は『密輸ゲーム』ですか。
5人ずつ2チームに分かれての対戦になりましたが、意図的に分けられた気がしてなりませんね。うーん、クサイクサイ。
ヨコヤノリヒコ(鈴木一真)が新加入し、透視能力があるといって、トランクの中の金額をずばり言い当ててました。
単純にフクナガユウジ(鈴木浩介)の考えが読まれているだけだと思うけど、こいつを秋山深一(松田翔太)がどう料理していくのか、来週の見所でしょう。

Comment:0  Trackback:0
2007
06.11

またも悲しい休日に

Category: 未分類
 金曜日は、友人の都合でボーリングが無しになり、マンガ喫茶に入っていたので、そのまま時間をつぶして、スロットを打ちに行ってしまった。
 朝一で入り、設定6らしい台(エヴァ)を取れたが、1200回以上回してやっとBIGが当たって一息ついた。
ベル確率はほぼ設定6の値だが、スイカ確率が設定1の値なのが気になる。その後、大当たり分のメダルを使い果たし、現金投資するも回りが悪くなり、設定6に思えなくなったので、止めました。
 店を変え、高設定が入っているらしい台(GTO)を打つ。
それなりに当たり、メダル持ちも良さそうなんだけど、下皿より増えず、のまれて追加投資して当たり、箱にメダルを移すまで増えたら止めようと思って続けるも、最終的にのまれて終了。
 帰ってふて寝。
 
 土曜日は、競馬が東京開催最終週なので、全レースを予想するも全て外れました。先月1度当たったきり、全く当たらなくなってしまった。
明日は雨の予報なので当たりそうも無いなぁ。
その後はふて寝。

 日曜日は、エプソムカップの結果を見てうなだれて、一眠りしてバイトに出かけました。

 何のために働いているんだ、俺?
 生きているのに疲れました・・

Comment:0  Trackback:0
2007
06.08

バンビ~ノ 第8話

Category: ドラマ
 伴が織田(ほっしゃん)のアシスタントとしてドルチェ作りを経験する事に。
伴は何も教えてもらえないので、とりあえずメレンゲを作ってみるも、織田は見ただけで全てゴミ箱に捨ててしまう。それでも諦めずに勉強しようとしていた時に、織田のレシピ帳を見つけて理科の実験みたいに、分量を1グラム単位まで細かく計りメレンゲを作ると、やっと使ってもらえるようになる。
材料の買出しも一緒に行ったりして、段々うち解け始めるが、織田の腕のケガが治り伴はホールに戻る事に。
織田にお礼のつもりでティラミスを作るが、それが何と織田の計らいで『ティラミスバンビーノ風』としてお客さんに出される事になる。

 こんな事されたらホントに嬉しいよね、伴!
 俺も嬉しかったよ。
でも、お菓子作りって難しいよ。
昔(20年以上前)の話だけど、習いながらシュークリームやスポンジケーキを作ってたけど、うまく膨らまなくて苦労した覚えがある。
ドルチェなんて言葉も無かったし、ティラミスなんて小洒落た物も無かったから、作り方も分からないけど、簡単じゃないんだろうなぁ。
一度作ってみたいもんだ。
 
Comment:0  Trackback:0
2007
06.07

セクシーボイスアンドロボ 第9話

Category: ドラマ
 今回は見ていてずっと切なかった。
昭子の事を思っているロボを見てキュンとし、ロボとよっちゃんと地蔵堂の社長を思っているニコを見てキュキュンとし、よっちゃんを見ていても、とにかく切ない気持ちになった。
BGMがオペラだったからか?(きっと関係無いな)。
まあ、ニコの説得とロボの嘘によって地蔵堂の社長は救われた(昔の恋人にも許してもらった)し、ニコとの”友情”も復活したから、めでたしめでたしです。
桜吹雪がとても綺麗で素敵で印象的でした。
プッチーニ3人組だけじゃなくみんな、幸せになるのは難しい事だと思います。幸せになるために生きているみたいなものですからね。

Comment:0  Trackback:0
2007
06.06

プロポーズ大作戦 第8話

Category: ドラマ
 先週の終わりに『もう過去には戻らない』と宣言していたのに、また『ハレルヤチャンス』しちゃってる健。
多田先生と付き合っていくと礼に言われ、礼の事を諦めようとしてみる健だが、やっぱり無理なことで、初日の出に真剣に願い事をしてしまう。
女性は昔どんなに好きだった人でも、別れると決めたらもう気持ちは戻らない人が殆どだけど、男の場合は、何時までも諦めきれずにズルズル引きずってしまうもの。
自分も正にそのタイプで、未だに忘れられない人が居たりする訳で・・
特に自分が嫌いになって別れたわけではないので、嫌いになる方が難しいでしょう。ましてや、そんな女性を超える人となかなか巡り逢えるものでもないしね。
健にしてみたら、礼を超える女性と巡り逢えるなんて、確率激低でしょう。忘れるなんて無理な事ですよ、きっと。
だから見ていて悔しいんだな、あれだけやり直してるのにさ。
健、男の意地を見せてくれ!

 いよいよ来週が最後のスライド写真になってしまうようなので、最後の『ハレルヤチャンス』はどうなる?

Comment:7  Trackback:1
2007
06.05

小説読後雑記(5月後半)

Category:
 「虹の女神」(桜井亜美著)。
 映画の原作ということで読んでみました。
この人の作品は読んだこと無かったのですが、言葉使い(というか表現方法)が自分に若干合わない感じがありましたが、お話は嫌いでは無いですね。
お互い好きなのに、恋人同士になれず、永遠の別れを迎えてしまう智也とあおいの、大学で出会ってから8年間位のお話。
 智也に感情移入して読んでいると、羨ましかったり、イライラしたり、同情したりと、よくもまあこれだけ自分の気持ちが変わるもんだなと思った。
 でも、あおいの気持ちを考えたら、心が張り裂けそうになってしまう自分がいる。
どっちにしても辛いお話です。
 ちょっと擬似恋愛した気分になれました。
 機会があったら映画も観てみよう・・

Comment:0  Trackback:0
2007
06.04

先週のフジドラマ(後半)

Category: ドラマ
 「わたしたちの教科書」第8話。
裁判が始まり、珠子(菅野美穂)が有利になるのかと思いきや、どんどん不利になっていった。全て相手側に手の内を知られているようだ。
そしてポー様こと山田加寿子(鈴木 かすみ)が虐められている事に気づいた珠子。
助ける事が出来るのか?出来れば助かって欲しい・・
 気になる次週を待つのみ。

 「ライアーゲーム」第8話。
いきなりだけど、”最終回3時間スペシャル”って何?
連続ドラマで、しかも深夜帯にも関わらず、通常の3倍の尺って無かった事だと思うけど。それ程評判が良いのか?
しかし、直は何故こんなに優しいのだろう?
あんなにみんなに仲間外れにされたのに。
ひょっとしてドMなのか?
欲望があるのが普通の人間なんだよね。
確かにお互いの事を思って生きていければ争いごとも無くなるんだろうけどさ。自分もどちらかといえば平和主義者の方だと思うけど、欲望はある。ただ、他人を不幸にしてまでも欲したりしないけど・・
架空のドラマだけど、考えるところも多少あるんだね。
 なんにしても目が離せないって事ですかね。

Comment:0  Trackback:0
2007
06.04

ひたすら寝てた

Category: 未分類
 金曜日はいつものボーリング。
バイト明けで2時間程マンガ喫茶に入る。
それがまずかったのか、同じフロアにやたら咳をしている男がいて、マンガ喫茶を出たときには頭痛がしていた。風邪をうつされてしまったかもしれない。そんな状態で友人と合流してボーリングを行う。
最近12ポンドのボールを使っていたが、隣のカップルの男の方が同じ重さで色も同じだったので、いちいち気にしてやっていられなくなり、色のダブらない13ポンドのボールに替えて投げる事に。
途中、腰も痛くなってきて、なかなか思うように投げられない。
友人の方が安定していて、スコアも殆どが自分より上だった。
結果、自分はアベレージ137で友人は147だった。
今回で自信を無くしてしまった感じだ。
 その後は、活動限界のようだったので、友人には悪いがそのまま別れて帰宅した。
先週の4日連続試写会が響いていたのか、そのまま寝て、土曜の朝に少し起きて2時間位してまた寝て、夜10時半位に起きて、飲み食いして夜中3時に寝て、日曜は朝10時に起きて洗濯して、昼からバイトに出かけるまで寝て、休みが終わった。
おかげで、ドラマ「帰ってきた時効警察」とキリンカップサッカーを見逃してしまった。
 それでも相変わらず、腰の具合はあまり良くないのが気がかりだ。

Comment:0  Trackback:0
2007
06.01

300<スリーハンドレット>

Category: 映画
 5月31日(木)よみうりホールにて試写会「300<スリーハンドレット>」を鑑賞。
今週、4日連続試写会だったので、正直眠くて辛かったけど(電車で危うく乗り過ごすところだった)、何とか制覇出来ました。
4本の中ではこの作品が一番観たかったので気合を入れて入場した。
会場は満員かと思いきや空席が多かったので『勿体ねぇ』と心の中で叫んでた。自分が座った2階席の周りには、何故か年配の方が多かった。
 上映中は、茶色っぽい色調の画像に心奪われ、戦いのシーンのスローモーションに心踊り、首や手足は飛んで血しぶきがスクリーンに広がるところも綺麗で、兎に角映像に酔いました。
スパルタ軍の男意気に痺れました。
戦い方(動作)がカッコいいんだな。
単純なストーリーなので頭空っぽにして楽しみました。
ちょいエロなシーンもあってちょっとドッキリ。
自分は決してスパルタ兵にはなれないから(子供時代に人生終わってるだろうなぁ)、こんな屈強な男に憧れます。
ペルシア軍は人間だけじゃなく、巨人や動物などがいて、飽きること無く見せてくれます(そんなに強くないけどね)。
 ストーリーよりも映像で楽しみたい人には、ぜひ勿体無いから映画館の大きなスクリーンで観ることをお勧めします。

 満足度:★★★★

Comment:0  Trackback:0
2007
06.01

バンビ~ノ 第7話

Category: ドラマ
 先週、予告を見た時は日々野と良い雰囲気になりそうな予感がしたけど、そうはならずに残念。
 羽山(池内博之)との料理対決のときの伴、良い顔してたね。
楽しそうに料理してたから、ホントに厨房に立つのが好きなんだね。
そして、『愛』の意味を少し理解出来たね。
そんな伴に厨房に入るように支配人(内田有紀)に言われ、気合を入れて行くと、ドルチェのサポートをすることになる。
 来週は、ほっしゃんにスポットがあたるので、楽しくなりそうな予感が・・
でも、相変わらず無口だったら面白くないか・・

Comment:1  Trackback:0
back-to-top