2007
05.31

キャプティビティ

Category: 映画
 5月30日(水)一ツ橋ホールにて試写会「キャプティビティ」を鑑賞。
 此処に来るときは雨が多い気がするのは気のせいかな?なんて思いながら入場する。
と、渡されたチラシをめくると『本編一部内容変更について』と書かれた紙が入っている。
内容は、”当初6月に日本公開を予定していたが、制作者の意向により、再撮影、再編集を行い全米公開が延期となり、それに伴い日本での公開も秋へと延期になりました。
そのため本日ご覧いただく本編は劇場公開時に上映されるものとは、一部内容に変更がございますことをご了承ください。
 今回ご覧いただくものはまさに”幻”のバージョンです!
劇場公開版は更に衝撃的なシーンをふんだんに追加した”最凶バージョン”となっておりますので・・・

と、まあこんな感じで書かれています。
最近、日本映画に似たような事があったなぁ。
 『えっ、何?じゃあ今日観るのは”失敗作”って事?』と言うことになりますよね・・
脚本が「フォーン・ブース」の人だったので、少しだけ期待してたのに、観る前からもうテンションがた落ちです。
席もガラガラだし・・

 題名通りの『監禁』物のお話ですけど、犯人側のちゃんとした動機が見えないし、事件を追う刑事側も簡単に犯人に辿り着いたみたいで、全体的に緊張感が感じられなかった。
上映が始まって直ぐは怖そうなシーンがあったけど、その後は怖いシーンが殆ど無かった。
上映時間96分がもの凄く長く感じた。
『24』シリーズのキム役のファンは観て喜ぶのかな?・・

 満足度:★☆
 
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2007
05.31

セクシーボイスアンドロボ 第8話

Category: ドラマ
 「すいか」3人組が出てくるのが、自分は第7話からだと勘違いしていたようです。この3人組が『プッチーニ』っていうのも笑えます。
ロボが恋に落ちるなんて想像していなかったから、しかも相手がねぇ・・
でも、どうみてもロボの勝手な思い込みで、恋でも何でも無いでしょう。
 これでロボ&ニコのコンビは解消してしまうのか?
 それもこれもニコが『大凶』なんて引いてしまったからなのか?
次回が早く見たいけど、第9話予告の映像が全く無かったのが凄く気になるんだけど。
 ちゃんと放送するんだろうか・・

 お願いしますよ、日テレさん!
Comment:0  Trackback:0
2007
05.30

アポカリプト

Category: 映画
 5月29日(火)東宝東和試写室にて試写会「アポカリプト」を鑑賞。
 メル・ギブソンが監督、製作、共同脚本を務めた大作です。
出演者は映画経験が無く、セリフは全編マヤ語で語られます。

 映像が見られますので、クリックしてみて下さい↓↓

  


 舞台は、マヤ文明後期の中央アメリカで、主人公はジャングルで生活する狩猟民族の子孫ジャガー・パウ。
映画は、緊張感のある狩猟シーンから始まります。
獲物を仕留めると、仲間同士で馬鹿話を交えながら観客を笑わせて、さっきの緊張感を解きほぐしてくれます。
そんな平和な日々を、都会からやってきたマヤ帝国の傭兵たちに焼き討ちされる。何とか妻と子供を涸れ井戸に避難させるが、主人公は多くの仲間と一緒に町に連れて行かれてしまう。
女性は売買され、男性は干ばつが続いていたため、それを鎮めるための生け贄の儀式に使われるはめに。
その後ちょっとあって、ジャガー・パウが逃げ、傭兵達が追いかけるシーンが最後まで続きます。
間にもちろんいろいろありますが、複雑な事は殆どありません。

 感想としては、単純な話だけど、意外に飽きませんでした。
半分位は追いかけっこなので、単調になるのかと思ったら、ジャングルならではの仕掛けが出てくるし、妻と子供の身にも災難が降り掛るので退屈することはありません。
主人公を最初見た時は、ロナウジーニョ(サッカー選手の)に似てるかな?なんて思ったけど、段々格好良く見えてきた。
上映時間2時間18分が長く感じなかった。
ただR-15指定のため、残酷な描写があるので苦手な方は、そこだけ指と指の隙間から見てください(意味無いかな)。
 有名な俳優が出ていないからって敬遠しないで下さい。
 骨太な映画らしい映画です。大きなスクリーンで是非ご覧下さい!

 キーワードは『恐れるな』。

 満足度:★★★★

Comment:0  Trackback:0
2007
05.30

プロポーズ大作戦 第7話

Category: ドラマ
 健が礼に『付き合おう』って言ったのに、本気に受け取ってもらえず、今回もプロポーズは言えずじまい。
で、戻ってきたら『もう過去には戻らない』って天使に言っちゃうし。
折角未来に変化が起きたのに勿体ないよ。
でも来週からどうするんだろう、気になります。
 礼の着物姿可愛かったなぁ。一緒に花火してみたいものだ・・

 関係ないけど、映画「そのときは彼によろしく」楽しみだなぁ。
Comment:1  Trackback:0
2007
05.29

先週のドラマ(後半)

Category: ドラマ
 「わたしたちの教科書」第7話。
展開がゆっくりな気がしてちょっと物足りなさがあったけど、来週からやっと裁判が始まるようなので、これから意外な展開が欲しいところです。
元担任の三澤は、結構ちゃんとした先生だったので意外だった。出てきていきなりあんなしゃべり方だったから、大した先生じゃなさそうに見えたけど、これなら証人として使えそうですね。
戸板先生も更正しそうだし、何よりです。
 次回を期待しています。

 「帰ってきた時効警察」第7話。
今回は“大間下(おおまか)村”のメニュー『イノシシかっ』とママさんバレーのコーチ・関口ミッシェル(加勢大周)が笑えました。特に加勢大周の鼻だけ黒い所が最高でした。
確かに『趣味は危険かもしれない』と思わされた。
って、真剣に考えるドラマじゃないですからね(笑)。

 「ライアーゲーム」第7話。
単なる票取りだけではなく、Mチケットを使ったゲームになってきて、俄然面白くなった気がします。しかも秋山が直の”私物”扱いなのにリストラゲームを支配してるし。あのフクナガがどんな風に負けるのか早く見たい。
 先週漫画喫茶に行き、見逃したドラマ部分を原作で補完したので、何とか話しも繋がったし、いよいよこの先が気になります。
あと、このゲームの主催者もねぇ、誰なんだろう・・

Comment:0  Trackback:0
2007
05.29

プレステージ

Category: 映画
 5月28日(月)新宿厚生年金会館にて試写会「プレステージ」を鑑賞。
 毎度毎度、寝不足(今日は3時間程の睡眠)状態のため、行くのを止めようか迷って、何とか起き上がりシャワーで少しだけ目を覚まして出かける。
今週は4日連続試写会になってしまい、嬉しいんだけど毎日寝不足になるのかと思うと、かなり厳しい状態です。
上映時間15分前に到着するも、まだ行列が出来ていて、『また時間通りに始まらないのか』と思いながら最後尾に並ぶも、その後ろにも続々と人が並ぶのできりがない感じでした。
 予告編もあったけど結局本編が始まったのは18時45分でした。

 いやー、分かりにくい話でした。
これは元気な状態でないと観てはいけない映画です(どんな映画も基本はそうでしょうけど、これは特に)。
相変わらず時間軸がちょっとバラバラだし、途中から分からなくなる部分もあって(決して寝ていた訳ではありませんよ、頭カックンしましたけどね)頭痛くなってくる感じだった。
ラストだって、驚愕って言うほどの事でも無かったし、そもそも100年以上も前の時代にあんな装置とか可能だったのかな?
いろいろ振り返ると頭の中に???が浮かんできます。
 原作は凄く面白いとの話を聞いたので、読んでいたら映画の内容も良く分かるのかもね。
 出演者は豪華ですから、それだけでもOKでしょう。
 この監督に期待するのはもう止めようかと思ってしまう・・

 1度観てから、DVDで監督とか脚本家の解説付の物を見るのが良いと思います。

 満足度:★★★

Comment:0  Trackback:0
2007
05.28

競馬中心の休日

Category: 未分類
 金曜日は、恒例のボーリング。
雨だから人も少ないだろうと思ったら、いつもより混んでたのでちょっと意外だった。ひょっとして、大学がはしかのために休校になってるせいかなとも思ったが、定かではない。
腰が完全では無いので、無理しないように投げるが、どうも思い通りに行かない。
今回の良かった事は、1ゲームをノーミスで投げたこと。
勿論初体験です。それでもスコアは196でした。
それ以外は、ガーターを出すは、ターキーは取れないは、アベレージは143のままと、良いところが無かった。
友人の方はアベレージが少し上がったようだった。
次回こそ、アベレージ150を目指したい。
 その後、カラオケボックスに入り、土日の競馬の予想を友人にしてもらった。
明日(土曜日)、昔の会社の後輩に東京競馬場に行こうと誘われていたし、日曜日は東京優駿も控えていたので、意見を聞いておきたかったのだ。
いろいろアドバイスをしてもらい、ある程度絞れたところで、歌を唄い始めるも、数曲唄うと喉が枯れてしまい、時間がくる前に歌えなくなってしまった。
残った時間は、友人の最近の悩みを聞いたが、あまり良いアドバイスをしてあげられないまま、別れた。
次の日の待ち合わせが朝6時40分だったので、帰宅後すぐに寝てしまう。夜22時過ぎに一度目覚めたので、ドラマの録画をセットして、夜中2時位までまた眠る。
それからは眠れなくなったので、しょうがなくそのまま起きていて、シャワーを浴びてから、朝5時過ぎに出かけた。

 外に出ると金曜日の雨はすっかり上がっていて、暑くなりそうな朝だった。
何年振りかで後輩と新宿で合流して、二人で京王線に乗り競馬場まで行く。
この日の東京競馬場ではグレードレースが無いので人の並びは少なく、好きな場所を選び放題という状態だった。
入場券と指定席券を後輩が出してくれたので指定席に行くと、見晴らしが素晴らしく気持ち良かった。
十何年前に一度この場所に来たときも5月の土曜日で、そのときも凄く晴れていたのを思い出す。
8時半位に席に座ると、直ぐにビールを飲みながら予想を始めた。
喉を流れていくビールがホントに美味い。うーん、幸せの瞬間!
馬券が当たって飲むビールはもっと美味い事だろう。
軽く酔い始めた頃にレースは始まり、始めは東京開催のレースだけを買っていたが、全く当たる気配が無い。
後輩は2レース目が、馬番は買っているのに、買い方が悪く当たりを逃してしまった。本当に悔しがっていた。
自分は東京だけでなく中京開催のレースも途中から買い出したが、1頭は絡むが2頭目が来ないので、だいぶヤケ酒ぎみになってきた。
その間に後輩がビールとピザや唐揚げなどのつまみを買ってきてくれて、食べた後は、後輩は寝てしまった。
このままでは、二人共倒れになってしまう。
昨日友人にアドバイスをもらった、東京のメインレースは自分の意見とほぼ同じだったので、これが外れたら諦めようと勝負に出た。
 そうしたら、何とそれが当たり、馬連で4770円もついた。
両替して、この日使ったお金を計算すると、ビール代込みでほぼ同額だった。少しは浮くかと思ったけど残念だった。馬単で買っておけば良かったと少し悔やんだ。
 結果、自分は当たりがこの1レースだけで、後輩は全滅だった。
ダービーの前売りを買い、ビールを飲んで貯めたポイントでクジ引きをやったが、当るわけもなく、残念賞の柿ピーの小袋をもらって電車に乗った。
 新宿で居酒屋に寄り(そういえば今年初めて居酒屋に入ったなぁ)、途中鼻血を出しながら21時位まで飲んで、池袋で後輩と別れて、その後、実はあまり覚えていない・・
 次の日はかなり久しぶりの二日酔いで昼過ぎまで頭が痛かった。

 で、ダービーはリアルタイムで見る事が出来ず、夜に確認したら、全く予想していない馬が来ていた。
 たまにやる競馬は難しいよ・・
 少しずつ勉強してみようと思う、そんな休日だった。


Comment:1  Trackback:0
2007
05.25

バンビ~ノ 第6話

Category: ドラマ
 42点の笑顔の後は、食器を壊しまくりの、謝りまくりですか。
12万円以上の損害って、やっぱり良い食器を使ってるからなんだろうねぇ。
 でも良い仲間に支えられて、ホールの仕事に自信をつけていったね。
若者の頑張る姿は見ていて気持ちが良いから応援したくなるよ。
ただ、非常に難しいです。『愛』のある接待なんてね。
伴くん、しょうがないよ、すぐに出来る事じゃないと思う。
それでも来週には出来るようになってるでしょう、多分・・

 あー、自分も日々野(香里奈)と一緒に飲んでみたいなぁ。

Comment:0  Trackback:0
2007
05.24

吉井和哉ライブ

Category: 音楽
 5月22日の深夜、去年暮れに武道館で行われた吉井和哉ライブがテレビ放送していたのを録画して見た。
イエモンは「太陽が燃えている」を聴いて好きになり、「JAM」を聴いては涙を流し、「LOVE LOVE SHOW」でちょっと嫌いになったけど、当時はカラオケで必ずのように歌ってた(声が出ない歌もあったけど)。
この前行ったカラオケの時も「JAM」を久しぶりに歌ったっけ。
日本人にしては、曲がちゃんとロックしてたバンドだったと思うので解散したのがとても残念だった。
ソロになってからは殆ど聴いたことが無かったので、どんな感じなのか気になってはいた。
 で、テレビ放送のライブですが、この中では「TALI」が一番気になったかな。
やっぱり、イエモンの時とは曲風が違ってるのが多かった。
でもアルバムを聴いてみたくなったので、早速レンタル屋に行ってみようと思う。
 新曲「WINNER」も気になるぞ!

Comment:0  Trackback:0
2007
05.24

セクシーボイスアンドロボ 第7話?

Category: ドラマ
 最近楽しみにしているこのドラマ。
いつものようにバイトが終わって朝帰宅して録画を見たら、『あれっ??』何でごぼ蔵?
ホームページを見たら、あの事件のせいで第7話の放送を見合わせたとの事。
『な、何だとっーー!』
凄い期待してたのに・・
「すいか」の出演者が出るので楽しみにしてたのに、酷いよ・・
しょうがないから、お気に入りのストップモーションの所だけ3回見直したけど・・

 日テレさん、お願いします、第7話をお蔵入りにだけはしないで下さい、本当にお願いです。
Comment:0  Trackback:0
2007
05.23

プロポーズ大作戦 第6話

Category: ドラマ
 健と礼のすれ違いにずっとイライラして見ていた。
自分の場合は殆どが片思いだったから、こんなすれ違いのような経験が無いので、羨ましいようでもあり、でもかなり切ないんだろうなとも思う。礼ちゃん可哀想。もちろん健もだけど・・
一度でいいから、あんな風に女の子から告白の手紙を書いてもらいたかったなぁ。
また尚のようにエリにストレートに気持ちをぶつけた事も無いから、これに関しては尊敬に値しますね。

 桑田さんの歌、良いですね。
 昔の月9「いつかまた逢える」(福山雅治、桜井幸子主演)の主題歌「あなただけを」(サザンオールスターズ)を思い出します。
色んな所で撮影したっけなぁ・・

Comment:0  Trackback:1
2007
05.22

先週のドラマ(後半)

Category: ドラマ
 「わたしたちの教科書」第6話。
ちびノリダーと大城先生(真木よう子)が良い仲になってきたけど、副校長の差し金なのかなぁ、って思ってしまう。
だって、不自然な流れだもんなぁ・・
珠子(菅野美穂)は事務所を解雇されるし(予想通りだけど)証拠は無いし。
後は、元担任だった人が鍵になるけど、どうなるんだろう。
学校内でもっといろいろ事件が起きるものと期待していたけど、特に無いし、ドラマとしてはイマイチ盛り上がりに欠けてますね。

 「帰ってきた時効警察」第6話。
自分の好きな女優さんの一人西田尚美さんがゲストだったので期待してましたが、予想以上に笑いが少なく残念だった。唯一『に~るヤング』が面白かった。

 「ライアーゲーム」第6話。
先週見逃したので、話がよく分からなくなってしまい、楽しさが半減してしまった。何で秋山が外に出てるの?
そんな状態で敗者復活の『リストラゲーム』を見る。
いやー、ホント嫌な奴だよフクナガってのは。
 ちょっと原作読んでみようかな、話が分からなくなったから・・


Comment:0  Trackback:0
2007
05.21

またしても

Category: 未分類
 腰を痛めてしまった。
土曜日の朝に、ちょっとダンボール箱を移動させようとしたその時、腰の真ん中辺りに『ビリビリッ!!』っと電気ショック(実際に受けた事は無いけど)のような痛みが走り、動けなくなった。
瞬間、昔経験したギックリ腰を思い出し、次第に脂汗に似たものが体から溢れてきた。
『やっちまったのか?』と、半分泣きそうな顔(見てないので多分だけど)をしながら、少ーしづつ動いてみる。
痛いけど、動ける。
ゆっくりと、直立になって、屈んだり、左右に腰を回したり、足を片方づつ上に上げてみたりする。
痛いけど、我慢できる痛みだった。
横になってみるが、痛くて同じ状態でいられない。
しょうがないから、立ったり、座ったりを繰り返し、様子をみる。
ふと、日曜日にサンプリングのバイトを入れていた事を思い出し、断りのメールを送る。当日じゃなくて少しホッとする。
 暫くしてから、湿布薬を買いに薬局へ。
歩いても、信号待ちで立ち止まっても、痛い。
薬局に着いて、選んでみると結構高い。
最近よく聞く『フェルビナク配合』の物を買ってみた。
7枚入りで800円位だった。
さっそく、腰に貼ってみる。
・・ちょっと気持ち良い感じになってくる。
横になって、ちょっとウトウト。
結局、寝るところまでは行かなかったけど、痛みは薄れてきた。
どんな格好をしていても、痛みがあるので、ある程度の時間が経つと体位を変えないと居られないので、なにをしても集中できず、ただダラダラとテレビを見ているしかなかった。
 結局日曜日の夜まで、4,5時間位しか眠れなかった。
 暫く大人しくしていないといけないみたいだ・・

Comment:2  Trackback:0
2007
05.18

バンビ~ノ 第5話

Category: ドラマ
 やりたくないホールの仕事で作り笑顔が25点の伴。
いろんな物を捨てて東京に出てきたのは分かるけど、まだ若いんだから料理だけじゃない経験もしておいて損は無い(というか必要なことなのでは)と思って頑張って欲しいな。
 単発のバイトを大学生位の若者と一緒にやることがあるけど、いかにしてサボるかしか考えてないカンジで仕事してますね。
確かに単純でツマラナイ仕事だけど、一応お金貰ってるんだから、ある程度のことはちゃんとやろうと思って欲しいよ。どうせ同じ時間を過ごすんだから、終わってから呑む酒が美味しい方が良いよね、日々野(香里奈)みたいにさ。
 伴のキャラならホールの方がしっくりくるけどね。
与那嶺(北村一輝)はホントぴったりの役だね。自分が女性ならこのお店に絶対行ってるだろうな。
 何はともあれ、42点の笑顔になってきたんだから良かったね!
 応援するよ、伴!!
Comment:0  Trackback:0
2007
05.17

セクシーボイスアンドロボ 第6話

Category: ドラマ
 今回は『ZI』。
どういう意味なんだろう?
ホームページを見ても、特に触れられていなかったのでちょっと気になります。
それはさておき、いやー笑えて泣けてホント良かったですね。
くだらないんだけど、馬鹿に出来ない内容です。
ロボのカン様とロボ母の絡み、面白かった。
それぞれの家族の在り方にも考えさせられました。こういうの弱いなぁ。
それに最後の人文字は感動ものでした。

ロボって、意外に大人なセリフも言うんだね、見直したよ。

 ロボ&リコ、来週も地球を守ってくれ!(大袈裟だよ・・)

Comment:0  Trackback:0
2007
05.16

プロポーズ大作戦 第5話

Category: ドラマ
 良いよなぁ、何回もやり直し出来て・・
あーあ、チューしっちゃってるし・・
それでも、未来は変わらないんだね。
『あー、あの時、こうしていれば』なんて、みんな後悔することが多いだろうけど、意外と未来はそんなに違いが無いのかもしれない、とこのドラマを見ていると思ってしまう。
どうにもならない事って結構あるのかも。
っていうか、そんなに簡単に未来を変えられないってことなのかな・・
 礼のじぃじぃが言った『明日やろうは馬鹿野郎だ』に、必要以上に頷いてしまった自分が居た。
だって毎日のように先延ばしにしている事が多すぎるんですよ、ホントに。
だから自分に言い聞かせないとね。
Comment:0  Trackback:0
2007
05.15

主人公は僕だった

Category: 映画
 5月14日(月)中野サンプラザにて試写会「主人公は僕だった」を鑑賞。
 先週金曜日くらいから不眠に悩まされて眠くてしょうがなく、行くのを止めようかと思ったが、最近めっきり当たらなくなった試写会に今度何時行けるか分からないので、這うようにして電車に乗った。
 いつものように2階席に座り、目を閉じると思わず寝てしまいそうになったのでトイレに行き、気分転換を図るためにコーヒーを飲んだ。
 間もなく予告編が映し出された。
何故か今ごろ「スパイダーマン3」。
公開中だからか、そこまで見せなくてもいいんじゃないか(ヴェノム誕生のシーンとか)と思うくらいに良いところを見せまくる。
そして「ジャンゴ」
『源氏』、『平家』の文字が表示されて、『スキヤキ・ウエスタン』『ジャンゴ』がバーンとスクリーンに現れる。???。
こんなミスマッチな事をやるのは、や、やっぱり三池崇史監督なのね。
チラシを見ると、出演者が伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、安藤政信、石橋貴明、木村佳乃、香川輝之、桃井かおり、アーンド、クエンティン・タランティーノ(ビックリ!)。しかも”全編英語”で”時代劇とウエスタンの融合”と記述されている。
うーん、期待していいのか?
なんて思っていると、本編上映開始。

 主人公(国税庁勤務)ハロルド・クリック(ウィル・フェレル)の1日の行動を細かく説明するシーンから始まる。このシーン、ナレーションのような言葉とCGによる説明がされるが、このCGの説明が面白い。上手く説明できなくて歯がゆいが、見れば面白いと思ってもらえるはず。
こんなカンジでいきなりスクリーンに釘漬け状態。
で、ある日突然、主人公にナレーションのような声が聞こえるようになる。
当然、主人公はパニくる訳で、やがて自分が小説の主人公になっていて、小説の内容通りの人生になっている事に気付くんですが・・
と、これ以上説明すると、ストーリーを全部説明してしまいそうなのでこのへんまでにしておきます。
 まず設定が面白いのと、最後まで小説の通りになってしまうのか、とても気になってしまいます。
そして良い役者さん達を揃えたと思います。
 ただ、小説の内容が面白いのかといえば、自分にはそうは思えなかった。
途中、眠気に勝てない自分が居たせいかもしれないが、そこがちょっと残念。
 まあ気軽に楽しめる映画ってところですかね。

 満足度:★★★☆

Comment:0  Trackback:0
2007
05.14

疲れた休日

Category: 未分類
 金曜日は、友人と3週間ぶりのボーリングを楽しんだ。
今回は、何とミラクルが!
今までスコア200越えなんて想像も出来なかったのに、イキナリ211をたたき出してしまった。
今でも信じられない。
多分もうこんなスコアは出ないんじゃないかとも思う。
贅沢を言うなら、ノーミスで終わりたかった(8フレーム目に1本だけ倒れなかった、超悔しいー)。
でも、終わってみたら、アベレージは143で前と変わり無かった(何で?)。
 で、終わってから、カラオケに行く事に(自分は今年初)。
お金無かったけど、3時間一人735円だったので、迷わず入る。
予想以上に声が出なかったのが残念だけど、久しぶりだからしょうがない。
サイフの中身のせいでビールが呑めなかったのも悔しい・・

 土日は、浅草で競馬情報誌サンプリングに精を出した。
左側の下半身がちょっと筋肉痛になっていたのと、寝不足のダブルパンチで立ち仕事はちょっと辛かった。
相変わらず通行人には受け取ってもらえず、耐える時間が多かったし。
 今回は、両日共、運試し的に馬券(馬連)を購入してみた。
200円ずつ買い、結果は1着―5着と2着―5着で、微妙(?)に外れました。
 来週は、三社祭がある中で、サンプリングするのか否か?
サンプリングするとしたら、きっと配るどころでは無さそうな気がする。
三社祭の見学になってしまうのか・・

 などと考えながら、眠気と戦い、バイトをしているのであった・・

Comment:0  Trackback:0
2007
05.14

先週のドラマ

Category: ドラマ
 「プロポーズ大作戦」第4話。
今回は卒業式。
自分自身、振り返っても、何も思い出せない・・
ドラマの中でも言ってるけど、卒業の証みたいな物が残せていないから実感が沸かなかった気がする。
友達と会えなくなる寂しさくらいしかなかったような・・
でも、卒業式の次の日が、確か自動車運転免許の試験日でちょっと緊張していたかも。
大人数で市内まで受けに行って楽しかった気がするなぁ。
 話が逸れてしまったが、ドラマでのマネージャー二人の卒業式は良い思い出になるだろうなぁ。
『ハレルヤチャンス』の度に写真の礼ちゃんは笑顔になるけど、相変わらず運命は変わらないまま。
この調子で最後まで引っ張る気か?

 「セクシーボイスアンドロボ」第5話。
今回は『うしみつ様』。
自分が学生の頃は『こっくりさん』が流行ったけど、今は何か流行ってるのかな?
うしみつ様人形は笑えるデザインだったなぁ。
ロボが高校生活を満喫してるのも可笑しかったし、秀吉くんのカッコと尾崎豊の歌詞を語るシーンも面白かった。
しかし、ロボの好きなタイプがイマイチ掴めない・・
案外可愛ければ誰でも良いのかもね?

 「バンビ~ノ」第4話。
大学を中退し、彼女とも別れて『バッカナーレ』に戻った伴くん。
しかーし、待っていた仕事はホール係だった(ショック!)。
どうしてもやりたくて全部捨ててきたんだから、やるしかないよねぇ。
ちょっと応援して行きたい雰囲気です。

 「わたしたちの教科書」第5話。
ちびノリダーの気持ちがコロコロ変わりすぎて、もうついて行けないカンジになりつつあります。
臨時教員だからって、もう少し強い意思で立ち向かっていって欲しいです。
それにしても、不気味な副校長だよなぁ・・

 「帰ってきた時効警察」第5話。
『エコエコアザラ~シ』って、自分も昔言ってた気がするなあぁ。
三つ子くらいまでは想像してたけど、まさか五つ子とはねぇ、ちょっとやり過ぎな気もしてしまいます。
お化けがらみの話なのに、全然怖くないのも、このドラマらしいし・・
まあ、ゆるーいカンジで見れるから好きですよ。

 「ライアーゲーム」第5話。
なんと、部屋に居たのに寝てしまって見れませんでした、残念・・

Comment:0  Trackback:0
2007
05.11

虹色★ロケット

Category: 映画
 今週朝の情報番組を見ていたら「虹色★ロケット」という映画の事を紹介していた。
その映画は、何と全てを高校生が予算8千円で作ったとの事。
『薬物依存』『いじめ』『自殺(死)』をテーマにして、笑って泣ける映画に仕上げたらしい。
もう上映は終わっているようだが、機会があったら観てみたいと思います。
 誰か知っている人がいたら何でもいいから教えて欲しい。

Comment:0  Trackback:0
2007
05.10

小説読後雑記(5月前半)

Category:
 やっと読みました「手紙」(東野圭吾著)。
先に映画を観てるので、比較して読んでみましたが、映画も決して原作に負けていないように思いました。
同じような所で泣きそうになりましたから。
ただ、どうしても映画の方は説明不足な部分がありましたね、しょうがないと思います。
主人公の設定として、原作ではミュージシャン、映画ではお笑いになっていますが、自分は映画としてこの変更は成功していると思います。
原作では、『イマジン』という曲が非常に重要な部分なんですが、映画でのラストの慰問のシーンは、お笑いだからこそ感動が増したんだと思います。
再度、映画を観直してみたいです。

 これから先、何度も原作と映画を繰り返し読んだり観たりして行きたい。

 生き方について考えさせられる作品です。

Comment:0  Trackback:0
2007
05.09

DVD鑑賞

Category: DVD
 「ただ、君を愛してる」
今、自分の中でかなり好きな女優の一人、宮崎あおいチャン主演の映画。
あまり現実味が無いお話(というか静流の設定)だし、結末もバレバレなので楽しめない人もいるでしょうが、自分はこの世界に入り込めました。
撮影が綺麗だし、十代を思い出させるような純粋な恋愛が良いですね。
静流のような女の子がいたら会ってみたいとさえ思います(というかあおいチャンに)。
 生涯で本当に好きな女性は一人居れば良いと思っているのでその点と、あおいチャン出演ということで、非常に満足な作品でした。

 「涙そうそう」
とても期待していた映画でしたが、残念ながら予想以上ではありませんでした。もっと泣けると思っていたのに、やっと最後の最後にちょっと泣いたカンジです。何だろう、なんか中途半端なカンジなのかな?
本当の兄妹じゃないから、お互い好きなのに、でも一線は超えられないもどかしさみたいなところも期待していたけど、そんな話でも無かったし・・
やっぱり脚本の問題なのかな?
この二人(妻夫木、長澤)が主演じゃなかったら、見なかったかもしれないしなぁ。
まあ、沖縄のお話だったから良かった部分もありましたから、俳優見たさに見る分には問題無いでしょう。


Comment:1  Trackback:0
2007
05.08

先週のドラマ

Category: ドラマ
 「プロポーズ大作戦」第3話。
 教育実習って、学生だった頃の思い出のひとつだと思うんだけど、
残念ながら自分はよく覚えていません。
このドラマのように、教育実習生と学生の関係から後に結婚した
人って意外に多いのかな、なんて思いながら見てました。

 「セクシーボイスアンドロボ」第4話。
 爆弾使いすぎだぞ”かんにん袋”女!
いちいちキレル度に爆発させてたらキリが無いでしょ。
どうせ使うなら、ここぞというときに使わないとスッキリしないんじゃないかな?。
くれぐれも人は傷つけないようにしよう(ってそういう問題じゃ無いでしょ!)。
しかし、『ダルマさんが転んだ!』には笑いました。
今回のストップモーションも良かったです。

 「バンビ~ノ」第3話。
 やっと”歓喜の土曜日”を迎えることができたのに、博多に戻る伴くん。
このドラマは、内容よりも俳優さんの魅力で楽しませてくれます。
今回の市村正親さんカッコよかった。
 
 「わたしたちの教科書」第4話。
 藍沢 明日香の父親を見ていて、最初は家族を捨てて酷い奴と思っていたけど、段々可愛そうになってきて、最後には感動してた(喫茶店で珠子とモーニングを食べるシーン)。
 それにしても、先生が生徒の名前を読み間違えるなんて最低だよ。
だからって、校庭?に画鋲をばら撒くのもやり過ぎだろうけどね。
 このドラマだけは、気楽に見れないなぁ。

 「帰ってきた時効警察」第4話。
 今回は笑える所満載だった。
麻生久美子さん、本当にサイコーです!
ライブを生で見たかったなぁ。

 「ライアーゲーム」第4話。
 ここまでは、何となく読めたからそんなに驚きは無いけど、これからどうなるのかちょっと気にはなりますね。
 原作読んでる人は、このドラマ見てどう思ってるのか聞いてみたいなぁ。

 何がかんだ言って、ほぼ毎日ドラマ見ちゃってるなぁ・・

Comment:0  Trackback:0
2007
05.07

こりん星危うし?

Category: テレビ
 金曜から日曜は殆ど予定が無かった(土曜はライブに行く予定だったが、昼に寝てしまって、起きたらライブ開始の時間だったので行けなかった、申し訳無い)ので、洗濯以外はテレビとDVDを見て過ごした。
 何気なくテレビを見ていて、気になった事が色々あったので、書き出してみます。
 
 1.「ごきげんよう」に出ていた小倉優子のマネージャーが言っていた話。
   『こりん星を爆破しようか?』
   『ゆうこりんって、もう呼んで欲しく無い』
   どうやら、イメチェンを図っている模様ですね。
 2.「プリズンブレイクⅡ」のCM。
   自分は最後まで見ていないが、脱獄したら、もう終わりでいいんじゃ
   ない?って思っていたから、このCMはうなずける。
 3.「所さんの目がテン!」パンの科学。
   パン生地の上に乗った146kgの学生力士がパンの醗酵と共に上に持ち   上がったり、ひのきと同じ強度?のパンで時速150kmの軟球を打ち
   返したりと、驚きの連続だった。
 4.「がっちりマンデー」もパンの特集。
   最近のパンは冷凍パン生地を使ってるなんて知らなかった。
 5.「番組名不明」秋葉原を散歩。
   挫折禁止標識なんていう面白いモノがあった。
   メイドカフェを初体験して、ジャンケンしたり写真撮ったり、やっぱり
   自分には恥ずかしくて出来ないと改めて感じた。

 他にもあった気がするが、自分の知らない事が沢山あるなぁと思わされた休みでした。

 

Comment:0  Trackback:0
2007
05.04

スパイダーマン3

Category: 映画
 多分、今年一番観たかった映画「スパイダーマン3」を、バイト明け5月1日(火)池袋の映画館で朝1回目に観ました。
 物凄い混んでるのかと思いながら上映開始30分前に劇場前に行くと、もう入場が始まっていて特に行列も無く、直ぐにチケットが買えました。
 埋まっている席も真中辺りに集中していて、前後左右は全然空いています。
ちょっと前寄りの席に座り、20分程本を読んで時間を過ごした。
9時になると照明が落ちて、本編が直ぐに始まった。
 スタートロール(というのかな?)中は、前作までのダイジェスト的なカットが次々映されて、懐かしく思い返すことが出来た。
 原作を知らないので、今回の敵役のキャラについては良く分からないが、良くできていると思いました。サンドマンのCGは良かったですね。ヴェノムに関しては、ちょっと微妙です。
 今回のテーマとしては、”許す心(+友情)”といったところでしょうか。
途中、ピーターが悪い奴になってしまい、女に色目は使うは、かっちょ悪い踊りを踊るはで、もう見ていられませんでした。出来ればあんなピーターは見たくなかったです。上映時間が2時間19分と長かったので、この辺りを削ってくれたら中だるみも無かったのではと思います。
 とはいえ、空中戦とクレーン車がビルを破壊するシーンは迫力がありました。
 自分としては、3部作で終わって欲しいと思う終わり方だったので、次は無理に作らないで欲しいです。
 何て言いながら、次回作が出来たらまた観てしまうと思いますが・・

 満足度:★★★★

Comment:0  Trackback:0
2007
05.02

ブラッドダイヤモンド

Category: 映画
 4月28日(土)池袋の映画館で「ブラッドダイヤモンド」を鑑賞。
 「エヴァ・・」の前売券を買うのに時間がかかり、本編上映から10分程過ぎた頃に入場。
 反政府組織によってダイヤモンドの採掘をさせられている強制労働者が、ダイヤを隠しているのを見つかって”ズドンッ”ってピストルで撃たれて死ぬシーンを目の当たりにして、座ってすぐにのけぞってしまった。
 そんなカンジで、戦争映画さながらの銃撃シーンもあり、かなりハードな場面が多かったです。
 あの綺麗なダイヤモンドの陰には、こんなことがあったなんて、ホントにモノを知らない人間なんだと思いました。知らないことが多すぎです。
 また、反政府組織にいる子供兵士が躊躇いもせず銃を打ちまくるシーンも現実にあることだと思い知らされます。
 本当に圧倒されっぱなしの状態で、観終わって疲労感を感じたくらいです。
 自分の誕生石はダイヤモンドですが、これを観た後にダイヤを買う気にはなれません。
 まあ、そんなに真面目に観なくても、楽しめる映画でもあります。
 血を吸って赤くなったと言われている赤い土や、何百万ともいわれる難民キャンプはとても印象深いです・・

 観て良かったと思える一本でした。

 満足度:★★★★
Comment:2  Trackback:0
2007
05.01

4月最後の休日

Category: 未分類
 世間で言われるGWは自分にはあまり関係無く、4/29,30,5/2,4,5が休みで他の日はバイトをしています。
 4月28日(土)は、バイト明けで一旦帰宅して直ぐに池袋に出かけて「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」の限定前売券を購入した。10時前位に劇場前に到着すると凄い人込みで、どの列が前売り用の列か分からず確認するのに苦労して並んだ。何時から売り出したのか分からないが40人位の列だったので、きっと買えるだろうとちょっと安心しながら順番を待った。10分位で買えると思ったら20分もかかってしまう。1500円と引換えに限定前売券とケイタイストラップを受け取る。ストラップが以外に安物っぽかったのがちょっと残念だった。今回のが第1弾ということは、第2弾も有るのか?物によってはまた買うことになってしまうのか?
今にして思えば慌てて並んでまで買う必要も無かったのかなとちょっと後悔したりして・・
 その後「ブラッドダイヤモンド」を観ようと劇場に走るが、案の定本編が始まって10分程過ぎてしまっているとの事。入替制では無いと言うことなので、途中入場して鑑賞する(この感想は別途記述します)。
 観終ってからブラブラしようとも思ったが、明日は早いので、帰ってゆっくり飲食して早めに就寝。

 4月29日(日)は、ある日本映画の一般公募エキストラで田町にスーツで朝6時半頃出かけた。エキストラは約10年ぶり位なのでちょっと緊張気味に8時前に現場に入場した。まあお金をもらう訳では無いので気は楽ですが・・
 9時過ぎから撮影が始まり、結構細かくカット撮りしたり、音取りしたり、映画撮影はやっぱり時間がかかります(時間をかけているといった方がいいかも)。自分は座っている状態だったのでまだ楽だったけど、立っている人達は大変だったと思います。そんな自分達が飽きてくると、役者さんがいろいろ言って場を和ませてくれました。間に昼食(ロケ弁が配られた)を挟み、早い人達は午後3時半位から序々に帰り始めて、自分のポジションは最後から2番目(たぶん)で午後6時前に終了しました。出口で、記念品とお弁当を頂いて帰宅しました。殆ど座っていただけなのに以外に疲れていたみたいで、アルコールを飲みながらお弁当を食べていたら1時間もしないうちに寝てしまいました。
 今週末は何も無いのでゆっくり休む予定です。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top