2007
01.31

スマスマの玉様ビリヤード

Category: テレビ
 映画「どろろ」コンビを見るつもりで録画したあった「スマスマ」ですが、
玉様ビリヤードにウィル・スミスがゲストで出ていて、大笑いさせてもらいました。
 『ヨロチクビ』を連発しながら登場すると、『欧米か?』まで披露するサービスぶり。
 ゲーム終了後も、ウィル・スミスがスマップ一人一人とハグした後、アシスタントの女性に握手を求めようとしたら、スマップ全員に羽交い絞め状態で退場させられていた。
 ホントにサービス精神旺盛な人だったんですね、ウィル・スミスって(あまり好きな人では無かったのですが、ちょっと好きになりました)。
 映画「幸せのちから」観てみようかな・・
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2007
01.30

硫黄島からの手紙

Category: 映画
 1月29日(月)の夜、新宿の映画館にて「硫黄島からの手紙」を鑑賞。
 やっと今ごろになってという感じですが、「父親たちの星条旗」を鑑賞後、約1ヶ月経って「硫黄島・・」を観る事になりました。
 公開からだいぶ経ちますから、さすがに観客は少なかったですね。
こういう空いている映画館での映画鑑賞が大好きです。
 いろんな書き込みを見ていると、「父親・・」よりも「硫黄島・・」の方が評価が高いのですが、自分的には、「父親・・」の方が良かったと思います。
 確かにハリウッド製作の映画ということでは「硫黄島・・」は良く作ってくれていると思いました(今までの映画を考えると)。
 ほぼ全編(一部英語あり)日本語の台詞ですし、変な日本人は出てこないし・・
でも、その台詞が、その当時らしくないところがあり、ニノくん(二宮和也)のしゃべり方なんかは、今風にすら感じましたし、全体的に台詞が聞き取りづらい部分もありました。
 あと、戦争が始まってからの時間経過がよく感じられませんでした(例えば、あれから何日経ったのか等の感覚が分からなかった)。
 また、途中からの戦略とかが殆ど説明されてなかったのが残念(作戦を伝えようにも伝わらなかったのだろうけど)。
 役者さんは、伊原剛志さんが一番良かった気がしました(勿論、謙さんやニノくんも良かったけど)。
 最終的に生き残った日本兵がいた事は知りませんでした。
 
 どうせ観るなら、硫黄島2部作共観た方が良いと思います。
 イーストウッド監督、ありがとう・・・

 満足度:★★★☆

Comment:0  Trackback:0
2007
01.30

華麗なる一族 第3話

Category: ドラマ
 鯉の次は、猪ですか(1話目に既に登場済みですが)。
セットとかにお金かけてる割には、動物が雑で何かヘンなんですよね。
笑っちゃいます。
次はどんな生き物が登場するのか、楽しみが増えましたね(もう次は無いのかな?)。
 高炉建設の資金融資調達の問題が無事に片付いたけど、来週から急展開の予感ですね。
 大阪池田支店の支店長は、ホント凄いけど、可愛そうすぎます。
命を賭けてまで目標預金高を獲得しなければいけないなんてねえ・・・

Comment:0  Trackback:1
2007
01.29

先週のレンタルDVD

Category: DVD
 1本目「インファナル・アフェアⅢ」
 2002年と2003年を行ったり来たりと、見ていて忙しかったけど、最後の方まで騙されてました、悔しいーっ。
 また、アンディ・ラウが現実なのか妄想(幻覚?)なのかよく分からない部分があって、余計に混乱しました。
 何度か見直さないと分からないような、見直しても分からないかもしれないような、そんな感じです。
 ケリー・チャンの出番が多くて自分的には非常に嬉しかった。
 ぜひ3部作のDVDを手元に置いておきたい作品です。

 2本目「オールドボーイ」
 パク・チャヌク監督の復讐3部作の2本目です。
 ”参った!””やられた”っていうカンジです。
 圧倒されました。
予告編に偽りなしです。まさしく”驚愕”でした。
本編を見終わってから予告編を見たら、凄く良く出来た予告編だなと思わされました。
 原作が漫画なので、随所にそれらしいシーンがあり、カットの繋ぎ目なんかも面白いと思いました。
 監禁された方にしてみれば、あんな理由で15年間も監禁されて、結果あんな事になるなんて、と思ってしまう気がしますが、でも、監禁した人に手を出せない自分を恨むしかないのかなと、可愛そうになってしまいました。
 ”口は災いの元”です、ホントに。
 なぜ、この映画が日本で作られなかったのか、とても残念です。

 3本目「フォーガットン」
 公開前に、予告編を観て、凄く観たいと思った映画ですが、公開後の評判があまり良くなかったので、いままで見ずじまいでした。
 前半までは、ワクワクしながら見ていましたが、後半は、あれあれ?、で最後は、これで終わり!?。
 ”なんだよこれ!”、が感想です。
 お金払って損したと久しぶりに思いました。

 4本目「親切なクムジャさん」
いよいよ復讐3部作の3本目です。
 イ・ヨンエさんが、あんな役やるなんてねえ。ちょっと意外でした。
というか、よくやったなと。
 これもなかなか強烈な復讐でした。しかも複数ですからね。
ましてや、自分は、あんな物、食べられません、気持ちワル。
できればもうこんなイ・ヨンエさん、見たくありません。

 「オールド・ボーイ」はダントツですが、他の復讐物2本も悪くないです。
韓国映画が嫌いでなければ、あと痛そうなシーンが苦手でない人は、見て欲しい作品です。

Comment:0  Trackback:0
2007
01.26

ハケンの品格 第3話

Category: ドラマ
 小泉くんの泣きの演技に思わずもらい泣きしそうになってしまった。
だんだん役者らしくなってきましたね。
 マグロの解体までできるなんて、もはやハケンの域を越えちゃってますよ、篠原ちゃん。
 そんな篠原ちゃんを誤解したらしく、大泉くんがバス停でいきなり・・・
どう考えても、この組み合わせは変な気がします。
普通は小泉くんとそうなるのが自然だよね。

 一方、女の人は一人で食事出来ないなんて、カトあいちゃんが言ってたけど、そういう人って多いんでしょうか?
 中学、高校時代は、よく連れ立ってトイレに行く姿を見たものですが、それの延長なんでしょうかね。
 牛丼屋で一人で食べてる女の人をよく見かけましたが、そういう人の方が少ないんでしょうかねえ。
まあ最近は自分も牛丼屋に行くことも殆ど無くなりましたが・・・

 来週以降も楽しめそうなドラマです!


Comment:0  Trackback:0
2007
01.25

最近の主食

Category: 未分類
 ここ3日程、毎日食べています。

 sh0135.jpg


 ファミマに250円で売っています。
 最初、高いと思いながら買いましたが、食べてみたら、
   ”ウンピヨォーー!!”
 自分が好きな醤油ラーメンの味でした。
 カップ麺にしては、お店で食べるスープと麺にかなり近いと思いました。
 と言っても、超有名な池袋大勝軒のラーメンは残念ながら1度も食べた事が有りません。
 でも、久しぶりに美味い(自分好みの味)と思えるカップ麺に出会えました。
 カップ麺好きな方は、一度御賞味アレイ!
Comment:0  Trackback:0
2007
01.25

ヒミツの花園 第3話

Category: ドラマ
 残念ながらどんどん視聴率が下がってきてますね。納得してしまいますが・・
 何かヒミツがあるんだろう4兄弟と釈ちゃんのカラミは、特にドキドキしないんだなあ。
 自分の興味は、今のところ真矢みきさんと寺島進さんだけなので、この2人の出番が多いと嬉しいなあ。
 あと、帽子を被った女の子(名前が分からない)は、4兄弟とどう絡んでいくのか、ちょっと気になるかな。

 それにしても、雑誌の編集者が主人公のドラマを2時間続けて放送するって、少しは見る側のことを考えて欲しいと思うんですけどねぇ・・
 

Comment:0  Trackback:1
2007
01.25

今週、妻が浮気します 第2話

Category: ドラマ
 浮気相手(?)がフミヤですか・・
無理ですね、勝てませんね、相手が悪すぎです。
でも、フミヤは仕事出来そうな男には見えないんですけどねぇ。
 旦那だけが結婚記念日を覚えている状態って、やっぱり切ないよ。
普通は逆パターンが多いんだろうけど・・
ケーキの上の蝋燭の火を一人で吹き消すなんて、自分には出来ないだろうなぁ。
 まあ、しょうがないでしょうね、美人の奥さんなんだから。
自分がユースケの立場なら、ヤキモキするだけで、なるべく知らないフリをして、今の状態を維持するでしょう。離婚したくないもんね、情けないけどさ。
 GPSの使い方はちょっと意外でした。
 いよいよ来週はXデー、どうなっちゃうんでしょうか?

Comment:0  Trackback:0
2007
01.24

その後の読書

Category:
 この前、佐藤正午さんの小説「Y」を読んでる途中までのことを書きましたが、今は読み終わった後、「レイクサイド」(東野圭吾著)を読んで、「地下鉄(メトロ)に乗って」(浅田次郎著)を読んでる途中です。

 題名の「Y」ですが、意味としては、人生の分岐点を表しているようです。
もし、あの時(1980年9月7日に電車事故が起こるのですが)違う行動を取っていたら、という、まあ良くあるお話といえばそれまでですが、ある男がその時の事をずっと引きずって、1998年9月7日(18年後)まで生きて、また1980年9月7日の電車事故前に戻って生き直すんです。
 普通ならこの男が主人公になるんでしょうが、そこが違うところですね。
1度目に生きたときのこの男の親友が主人公なんです。
で、舞台はこの男の2度目の人生なので、この男の親友は、この男の事を知らないんです(全く知らない訳ではないが、親友ではない)。
で、この男の親友は、この男の事を調べていくのですが・・
 うまく説明出来ないのが歯痒いのですが、まあこんなカンジで進んで行くんです。自分は結構楽しめました。
 「ジャンプ」よりは映画にしたら面白そうな気がしました。

 その後に読んだ「レイクサイド」や「地下鉄(メトロ)に乗って」(まだ途中)も、映画を観た後だったのですが、残念ながら原作の方がよく出来ていると思いました。

 また、何か読んだときには書き込みしてみます。
Comment:0  Trackback:0
2007
01.24

スマスマのゲストに

Category: テレビ
 韓国女優イ・ヨンエさんが出演していました。
「JSA」を観て、たちまちファンになりました。
もんのすごく綺麗だったから、釘付け状態です。
その後「春の日は過ぎゆく」「ラスト・プレゼント」を観て涙し、やっぱり良い女優さんだと確信しました。また主演作品もハズレが無いので安心して観られます。出演映画が少ないのが残念です。「親切なクムジャさん」は「オールド・ボーイ」を見てからにするつもりで楽しみに取っておいてます。
某国営放送の「チャングム」は吹き替えなので見ていません。
 そのイ・ヨンエさんがスマスマに出演ですから、見ない訳にはいきません。
ちょっと歳取ったかな?でも、やっぱ綺麗だわ。
 うーん、満足、満足。
 慎吾くんのものまねは笑いました。
 
 今度は、ソン・イェジンさんやチョン・ジヒョンさんが出てくれたら嬉しいですなぁ。

Comment:0  Trackback:0
2007
01.23

華麗なる一族 第2話

Category: ドラマ
 あの”ショウグン”と呼ばれている鯉は、ホント何とかならないのかなぁ。
リモコンで動かしてる張りぼての模型みたいで見る気が失せてしまう。
 家族内のドロドロした関係があまり好きでは無いが、演じる人達はゾクッとするほど良いです。特に鈴木京香さんと西田敏行さんは。
 今回の視聴率は20%を越えたくらいのようですが、今後展開が進むにつれ、上昇して行きそうな気がします。裏番組が、あんな状態ですからね。
 エンドロールの時の次回予告の見せ方は良いカンジですね、好きですよああいうの。どうしても期待してしまいます。
 
Comment:0  Trackback:0
2007
01.23

10日ぶり位の納豆

Category: 未分類
 最近、スーパーはおろかコンビニにも納豆が見当たらなくなって、先々週位から納豆を食べていませんでした。
 スーパーの納豆売り場には、張り紙がしてあって、製造が間に合わないとの事が書いてありましたが、テレビ番組「あるある大辞典」で”ダイエットに効く”との放送があったせいだとは思いませんでした。
 ここ2日位、実は「あるある・・」で放送した内容が捏造されたものと分かり、新聞やテレビで報道されたので知りました。
 全くヒドイ話です。
嘘の放送もそうだけど、踊らされた人に買い占められたせいで、普段食べている自分達が買えなくなるんだからねえ。
 昨日スーパーに行ったら何時も通り納豆が並んでました。
早速買って2パック食べました。
 
 いつもなら週に3,4回は納豆を食べていた自分は、先週困ってしまいました。
 納豆を食べないと、何か血がドロドロになっているような気がして怖いんです(思い込みならいいんだけど)。
 しょうがないので、代わりにテンペなる物を買ってみました。
 これは、大豆をテンペ菌で発酵させた食べ物で、GABAやイソフラボンや必須アミノ酸などが多く含まれているとの事が、書かれてありました。
 納豆は大豆を納豆菌で発酵させて作るものだから、発酵させる菌の違いで、そんなに違いは無いのかな、なんて思いながらそのまま食べてみたら、美味くない。
ニオイも変だし、ただ豆を煮ただけのような味の無いものでした。
普通は味付けや調理をして食べるのだろうけど、どうしていいのか分からなかったので、そのまま食べ尽くしました。
 納豆が食べられる間は多分もう買うことは無いと思います。
Comment:0  Trackback:0
2007
01.22

先週のドラマ

Category: ドラマ
 まとめて感想を書いてみます。
 火曜日1本目「今週、妻が浮気します」第1話。
存在自体がうそ臭いユースケ主演なので、どうかと思ってましたが、「笑っていいとも!」での「クマが積み木します」に大笑いしてしまったので、ついつい録画して見てしまいました。
 最近の火9ドラマは不発なものが多いですが、これも同様のようです。
もっと、サスペンス風な内容を期待していましたが、そうでは無かったです。
そういいながら、きっと見続けてしまいそうな気がします。
 火曜日2本目「ヒミツの花園」第2話。
何か先の読める展開だったので、先週よりトーンダウンなカンジでした。
出来ればもっと寺島進さんの登場シーンを増やして欲しいな!
 水曜日「ハケンの品格」第2話。
篠原ちゃんの「今度から質問は勤務時間内にお願いします」と小泉くんに言った台詞が笑えました。
 今後も篠原ちゃんの言動に期待してます。
 木曜日「きらきら研修医」第2話。
うさこ先生が産婦人科で2ヶ月の研修ですか。
 糸結びってそんなに大変なのかな?
それこそ裁縫の要領で出来ないのかな?
なんて思うのはきっと自分がシロウトだからなんだろう。
手術中にオナラする先生も居ないとは思うけど、そんなちょっとしたキッカケで出来るようになる事ってあるから、地道な練習が重要なんですよね。
 自分は最近(ここ何年もずっと)何かに打ち込む事って無かったから、何かを夢中でやってみたくなりました。
 頑張れ、うさこ先生!
 土曜日は「演歌の女王」第2話。
を見るつもりが、気付いたらもう終わってました。残念・・
天海祐希って、あまり好きじゃ無かったんだけど、「女王の教室」を見てから、ちょっといいかもなんて思い始めて、今回の「演歌・・」も見てみようと思った訳です。ただ、自分は演歌が苦手なので、歌のシーンはなるべく少ない方が助かります。
 第1話は、かなり詰まらなかったけど、もう少し辛抱が必要かと思って粘ってみるつもりです。

 以上先週のドラマ評でした!

Comment:0  Trackback:1
2007
01.22

レンタルビデオ

Category: DVD
 久しぶりに映画のDVDを3本借りて見ました(半額だったので)。
 
 1本目「インファナル・アフェア」(香港映画)。
先月「ディパーテッド」を試写会で観たので、何年かぶりに見直してみました。
 さすがに内容をだいぶ忘れてました。
 香港版の方は、テンポが良い分、雑というか若干分かりにくいカンジでした。
 ハリウッド版は、長い分分かりやすいんだけど、説明しすぎなカンジで、暴力描写が激しかったです。
 好みでいえば、やっぱり香港版の方が好きです。
 今週は、「インファナル・アフェアⅢ」を借りて見たいと思っています。
 
 2本目「ジャンプ」(日本映画)。
前に原作を読んだ話を書きましたが、やっと見る事ができました。
 主人公の三谷役(原田泰造)は、どうしても役に合ってないと思います。
他の配役も、自分が原作を読む限り、イメージと違ってしまってました。
だから、映画に入り込めなかった分、原作の方が良く感じてしまいます。
 自分的には、「ジャンプ」よりは「Y」の方が映画向きな気がしました。
 
 3本目「復習者に憐れみを」(韓国映画)。
パク・チャヌク監督の復習3部作の1本ですが、見る順番を迷ったのですが、「オールド・ボーイ」より前に見ようと決意して、借りました。
 結構、残酷なシーンがあって、目を背けたくなったりしましたが、「オールド・ボーイ」はもっとキツイらしいから、この作品から見てよかったと思いました。
しかし、報われない復讐に次ぐ復讐にやるせなさを覚え、見終った後も気分の良いものではありませんでした。
かと言って内容が悪い訳ではありません。役者さん達は、とても良く演じていたと思う(特にペ・ドゥナちゃんは大変そうでした)。
内容が、とても一般の人が見るにはキツイものだと思われます。
 今週は、「オールド・ボーイ」借りて見たいと思います。

 今回借りた映画の中で、薦められるのは「インファナル・アフェア」だけですが、自分の周りでは、香港映画を見よう思ってくれる人が居ないので、一般的にも、受け入れられないのでしょうから、無理にとは言えません(悲しいなぁ・・・)

 
Comment:0  Trackback:0
2007
01.17

釣りバカ日誌16

Category: 映画
 前はよく映画館で観ていたが、最近はテレビで見る事が多くなってしまった「釣りバカ日誌」シリーズ。
 今回は、佐世保が舞台でヒロインが伊藤美咲ちゃん。
物凄く綺麗に見えてしまった。こんなに綺麗な人が「釣りバカ・・」になんか出ていいの?っていうくらいに。
 何時かは九州に行ってみたいなあ。広島より西に言ったこと無いから・・
 相変わらず浜ちゃん(西田敏行さん)は歌上手いなあ。
今回はいつもの裸踊りが無かったので、残念に思う人もいるかもしれないが自分的には良かったです。
 一番笑ったのが、スーさん(三国連太郎さん)と運転手さんのやり取りでした。 
 出来る限り長く続いて欲しい作品です。
 
Comment:0  Trackback:0
2007
01.17

気になるCM

Category: 未分類
 今年に入って、「エイブル」のCMより気になるCMが最近出てきました。
 それは、加藤晴彦くんが出ているkasugaiの「のどにスッキリ」。
 ぬいぐるみのチャッキー(?)がリゾートに行こうよとせがまれて、カト晴くんが飴を食べさせると、ナント、チャッキーの背中のチャックが空いて、中から可愛い女の子が水着で出てくるというもの。
 初めて見たときに、空いた口が塞がらなかったとです。
 こういうバカバカしいCM大好きです!
Comment:0  Trackback:0
2007
01.16

日テレの宮崎アナ

Category: 未分類
 月曜朝の「ラジかるっ」での事。
青春リクエストのコーナーに榮倉奈々ちゃんがゲスト出演し、好きなおやつ(ベーグル&ベーグルの各種ベーグル)を皆で食べた時。
 宮崎アナは黒っぽいベーグルを食し、『何だか分からないけど美味しいー』。
 ちょっと間があって、『?』。
 また間があって、司会の中山ヒデが、スタッフから聞かされて、『ココア』、って答えた時、自分は飲んでたビール(発泡酒)を思いっ切り吹き出して大笑いしました。
 いやー、宮崎アナって、頭だけじゃなくて、味覚もちょっと、??だったんですね。
 
 これだから、「ラジかるっ」見るのを止められない!!
Comment:0  Trackback:0
2007
01.16

華麗なる一族 第1話

Category: ドラマ
 いやー、キムタクは本当に凄い奴だ!
初回の視聴率27.7%(関東地区)って、ねえ。

 お金かけてたもんなあ、セットとか諸々。
2時間ドラマ分の制作費(ひょっとしたらそれ以上かも)位、1話だけで遣っちゃってるんじゃないのかな。
 出演者は豪華だし、重厚なドラマで見応え有りました。
最近だと「白い巨塔」以来になるのかな、この重々しさは。
 キムタクもそうだけど、この役柄もカッコ良すぎです。

 しかし、最後に登場した鯉だけど、何?あれ?ガッカリだ・・・

ともあれ、毎週日曜が楽しみになりました。

Comment:0  Trackback:0
2007
01.15

最近読んでる小説

Category:
 昨年10月位から小説をよく読むようになりました(普段読まなさ過ぎです)。
もともと、バイト帰りに時々読んではいたけれど、読むのが異常に遅いもので、最後まで読み終わるまでに2ヶ月位かかったりしてました。
 それが、部屋でも少し読むようになり、一月に1冊のペースにまでなりました。
 最近読んで気に入ったのが、「変身」(東野圭吾著)と「スプートニクの恋人」(村上春樹著)と「ジャンプ」(佐藤正午著)です。
 どれも、出版されてから随分経ちますが、自分は何時も古本屋で文庫本を探して買っているので、読みたくても人気の高い作品はナカナカ置いていない場合が多いので、どうしても、数年経ってから読む事になってしまいます。
 東野圭吾さんや村上春樹さんは、一般的に知られていますが、佐藤正午さんはどうなんでしょうか?
 約20年程前に公開された「永遠の1/2」(根岸吉太郎監督作品)という映画を観て好きになり、この原作を読んで佐藤正午さんを知りました。
 その後、2,3冊の著書を読んでからは、10年以上読んでいませんでした。
 最近、古本屋で「ジャンプ」を見つけて、久しぶりに佐藤さんの小説を読みたくなりました。
約3年程前に映画化もされていたので、興味もありましたし。
 簡単に言うと、付き合って半年程の彼女が、コンビニに林檎を買いに行ったまま行方不明になり、彼氏が行方を探すというお話です。
 読み終わって、映画にはなり難い気がしましたが、でも、映画は見てみたいと思います。
 で、今読んでるのが、佐藤正午さんの「Y」という小説です。
これは、ちょっと現実離れしたSF的なお話で、まだ読み始めたところなので、読後に書き込みしたいと思います。

 他にも読みたい本が沢山あるんですが、突然読むのを止めるときまで(だいたい何時も突然飽きて読まなくなるんです)何冊読めることやら・・・

Comment:0  Trackback:0
2007
01.15

きらきら研修医 第1話

Category: ドラマ
 フジテレビのドラマとどっちにしようか悩んだが、どうせ見るならやっぱり可愛い女性が出てる方でしょう。
 ということで、TBSのドラマを選択(果たして正解だったのか?)。
 ここにも、寺島進さんが賑やかしで出てますね、いやー、面白い。
小西真奈美ちゃん扮する研修医を『CK』(小さい顔を略して)、呼んでるんだから笑えます。
 しかし、ブログが原作なんて凄いですよね。
自分のが同じブログとは思えません。
 今後の研修医の奮闘ぶり(小西真奈美ちゃんのコミカルな演技)を見続けて行きたいと思っております。
 頑張れ!


Comment:0  Trackback:0
2007
01.12

ハケンの品格 第1話

Category: ドラマ
 今クールの本命(自分の中で勝手にそう思ってるだけですが)の登場ですね。

 自分も派遣の身なので、いろいろ考えながら見てました。
そんなに、考えさせるような内容ではありませんけどね。
 あの派遣先の会社の社員は、仕事できそうな人が居なさすぎでしょう。
松方さんに、小松さんに、大泉さんに、小泉くんですからねえ・・
 でも、大泉サンみたいな社員て何処にでも居そうで面白いキャラです。
自分の周りには居て欲しくないですけど・・
 派遣社員は、派遣先の社員から人間扱いされないのは、実感していることですが、実際にドラマのセリフで言われると、あまり気分の良いものではありませんね。
 ある程度仕事の出来る多くの人は、篠原さんのように割り切って仕事をしたいと思っているのでしょうが、自分にはあそこまで極端に割り切っては出来ません。それでも仕事以外の話は殆ど交わしませんが。
 篠原さんが、あそこまで徹底してるのは、過去によっぽどの事があったからでしょうが、あのキャラは見ていて気持ちいいくらいです。
 でも、この先少しずつパーソナルレベルを上げて行くのでしょうかねえ。

 それにしても、あの鯖味噌定食がワンコインで食べられるなんて羨ましい限りです。
 
 来週も楽しみです!

Comment:2  Trackback:0
2007
01.11

ヒミツの花園 第1話

Category: ドラマ
 しばらく、テレビ写りが悪くてビデオ録画が出来なかったが、テレビとビデオデッキに接続されているアンテナ線を繋ぎ直して、やっとマトモに画像が映りました。
 釈ちゃんや堺くんはあんまり好きじゃないんだけど、なんとなく面白そうな予感がしたので見ることにした。
 ということで今クールの連続ドラマの初鑑賞となりました。

 こんな可愛い娘が、ずっと彼氏が居ないなんて有り得ないから、一人きりの誕生日でも特に可愛そうとも思えないなあ。
 四兄弟も、全く兄弟に見えないけどそれぞれのキャラが面白いから許せるかな。
 何と言っても、寺島さんが一番だった。
 1話目は、そこそこ楽しめたけど、これ以上面白くなるのか心配だ。

 今クールのドラマでは、「ハケンの品格」くらいしか期待できるのが今のところ無いのが寂しい限りです。

Comment:0  Trackback:0
2007
01.09

年末年始に観た映画

Category: 映画
 12月31日(日)新文芸座にて以下の映画2本を鑑賞。
 「トリスタンとイゾルデ」
それ程期待もせずに観ましたが、全然飽きずに観れました。
「ロミオとジュリエット」の原型になったお話との事ですが、それよりも辛いお話でした。自分がトリスタンと同じ立場だったら、同じ事をしたと思います。だから余計に辛かった。
 
 満足度:★★★☆

 「ブラック・ダリア」
これが観たくてきたんだけど、あれっ?こんなはずじゃ・・
こんな終わり方でいいの?
何かドキドキしなかったし、死体だってそんなに、ねえ・・
ジョシュくんやスカーレットちゃんの良さが出てなかったように思えた。
自分は原作未読なので、読んでないとよく分からないのかなぁ。

 満足度:★★☆

 1月3日(水)も2本鑑賞。
 1本目はシネセゾン渋谷にて「父親たちの星条旗」を鑑賞。
 一日1回上映のためか、朝9時30分からなのに半分程の席が埋まっていました(年齢層も高めです)。
 1枚の写真にまつわるお話でしたが、この写真の事を全く知らなかったので、非常に興味深く観ることができました。
 戦争映画なので、戦闘シーンは勿論ありますが、それよりもそれ以外の部分についてを描きたかったのかな、と思いました。
 英雄に祭り上げられた3人の末路は、可愛そうな気さえしました。
残念なのは、3人以外の人達が分かりにくかったこと(名前と顔が一致していなかったのは自分だけなのかも?)。
 イーストウッド監督作品には、あまりハズレが無くて安心して観れます(「バード」は特に自分のお気に入りです)。
 「硫黄島からの手紙」も期待できそうです!

 満足度:★★★★

 2本目は場所を移動して、テアトル新宿にて「パプリカ」を鑑賞。
 ヴェネチア国際映画祭で絶賛された今敏監督作品ですが、自分はこの監督の絵(キャラ)があまり好きではありません(「パーフェクトブルー」「千年女優」など)。
 しかし、今作は筒井康隆原作との事だったので、とても興味がありました。
筒井康隆さんの本は、高校生時代に随分読みましたが、大人になってからは何故か殆ど読まなくなってしまいました。なので「パプリカ」も未読です。
 映画が始まって直ぐに、夢の世界に引き込まれました。
色彩がカラフルで内容に合っていると思いましたが、音楽がちょっと違う気がしました(自分が単にテクノ的音楽が好きじゃないからかもしれないが)。
 途中、分かりづらい内容があったものの、最後まで楽しむことができました。原作も読んでみようと思います。

 満足度:★★★☆

Comment:0  Trackback:0
2007
01.09

瑠璃の島スペシャル 2007 初恋

Category: ドラマ
 前のシリーズも見ていたので、楽しみにしてました。
ただ、連続ドラマだと思っていたので、スペシャルだったのが残念です。

 最後の方は、涙ボロボロ流しながら見てました。
 コブクロの歌、大好きです。
 小西真奈美ちゃん、相変わらず良いね。今クールのTBS主演ドラマが楽しみです。
 岸部一徳さんの一言一言が面白かったです。
 神木隆之介くんは、これ以上大人になって欲しくない感じがします。
 そして、何と行っても緒形拳さん無くしてはこのドラマは語れません。
拳さんが、船に乗って現れたときは、思わず『よっ!ケンさん!!』と叫んでしまった。
 
 ドラマと関係ないが、何故か拳さんを見ると、自分の親父を思い出す。
これは、十数年前位に何かのドラマを見た時から、そう思うようになったみたい(詳細は覚えていない)。
 特に似ている訳でもなく、親父を知っている人に聞いても、多分誰もそう思う人は居ないと思うが、何故かある時から、拳さんと親父がイコールになった。本当に不思議だ。

 また、連続ドラマで続きをやって欲しいですね!!

Comment:0  Trackback:2
2007
01.06

遅ればせながら明けおめで御座います

Category: 未分類
 今年も、よろおね!(新庄風です)。
 
 4日の夜から仕事始めで、今日は臨時出勤です。
休み中は不規則極まりない生活だったため、いつもの時間に起きれなくて苦労しています。
 ここでは、休日を振り返って書いてみます。

 30日(土)は、カラオケに行く予定で約束していたが、自分も友人も喉の状態が良くない(自分は風邪気味で喉が痛かった)ので、カラオケは延期にして、取りあえず会おうと言うことで、仕事納めの後、マンガ喫茶で、友人からのメールを待つ。
 が、なかなかメールが来ない。
たぶん寝ているんだろうと思い、友人の近所(一駅離れているけど)のパチンコ屋を覗いてみようと思い、電車で移動。
 N駅に着くと、友人からのメールが届き、今起きたのでこれから行く、との事。地上へ出ると、反対側の歩道に沢山の行列が・・。
なんと、行こうと思っていたパチ屋の列だった。
これじゃあ、無理だと思い、友人に隣のパチ屋に行く、とのメールを送り店内に入る。
 こっちの店は余裕で台を選べるので、ちょっとスパイダーマンを試し打ち。
の、はずが1万5千円が無くなっていた(もちろんノーボーナス)。
ここで、友人が到着。
近くのファミレスで軽食を済ませて、ゲーセンに行くことに。
 北斗の拳SEで130枚ほどメダルを獲得して、競馬ゲームをやることに。
 自分は初めてなので、友人の予想に乗る感じでベットを繰り返しやっていると、1度だけ120倍のが当たって、コインが倍増したのが嬉しかった。
 が、その後は1度も当たらず、友人はコンスタントに当てて、コインを維持していた。
 そうこうしているうちに、かなりの眠気が襲い始めてきたので、友人には悪いと思いつつ、自分だけ帰ることにした。
 帰路の途中、何度か電車を乗り過ごしながら何とか帰り着き、そのまま就寝。

 31日(日)は、池袋で映画を観て、赤ワイン(スペイン産とドイツ産)と下着類を買って帰宅。

 1月1日(月)は、実家からの荷物を待ちながら寝て過ごす。

 2日(火)は、起きたら暗くなっていたので出かけるのをやめて、酒(ビール、日本酒、ワイン)を浴びるように呑んだ。
 
 3日(水)は、渋谷と新宿で映画を観て、げんこつラーメンを食べて、神田でスロットを打って帰宅。

 と、まあこんな感じで、正月らしい事は何一つせず、休みは終わりましたとさ。
 
 んーん、なんて寂しい奴だ・・・(T-T)

Comment:0  Trackback:0
back-to-top