2017
04.08

最近見たDVD

Category: DVD
 ここ数週間、DVDを借りる機会が増えた。

 それは、「深夜食堂」「孤独のグルメ」に嵌ったから(今頃・・)。

 「深夜食堂」はレンタルで出ているTVドラマシーズン3までと映画1作目を見ました。

 マスター(小林薫)が、”出来るものなら何でも作るよ”とお客さんの注文に応え、その料理に関わる人間模様が描かれます。
 
 そのお話が結構渋くて、酒を飲みながら見るのにとても適していて、時には胸にグッときて泣いてしまう回もありました。

 そういう意味では、”料理”よりも”お話”の方がメインですね。


 「孤独のグルメ」はレンタルでシーズン3まで見ました(シーズン5まで出てます)。

 こちらはガッツリ”料理”がメインです。

 輸入雑貨を営む井之頭五郎(松重豊)が、仕事で訪れた街で本能の赴くまま、お店を選び、料理と向き合うお話です。

 知ってる街、知らない街をぶらりして其々の街並みも見れるし、毎回違う料理が紹介されるので飽きずに見れます。

 また、紹介されたお店に、原作者久住さんが訪れて麦ジュース等を飲みながら料理を楽しむコーナーも面白いです。

 そしてお気に入りは、エンディングで流れる「松重”五郎”豊のテーマ」。

 ♪ゴローオ、ゴローオ、ゴローオ、イッノッガッシッラッ、フゥー♪

 もう頭からこの曲が離れません(笑)。


 シーズン6にして初めて記者会見を開いた松重豊さんは、”何故このタイミング?”と困っていた様ですね。

 体を壊さない程度に続けて欲しいものです。



 他に、DVDで観た映画で良かった作品を一つ。

 「あん」

 2015年作、監督・脚本:河瀬直美、原作:ドリアン助川
 出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子他

 内容について何も知らずに、評判が良かったな、くらいでレンタルした作品でしたが、後半ボロボロ泣きながら見てました。

 ”ハンセン病”についても知らなかったので、ここまで差別されていたことに恐ろしくさえ思いました。

 また、樹木希林さんと市原悦子さんが初共演というのも意外でしたが、この方々の演技は、もう”神”の領域といった感じですね。

 希林さんと孫の内田伽羅ちゃんとの共演もホノボノした感じで良いですね。


 自分のこれからの(これまでの)人生について見つめ直そうと思う、そんな映画でした。


 多くの方々に観て欲しい映画です!
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
06.04

最近観て良かったアニメ

Category: DVD
 5月下旬は扁桃腺を腫らしてしまい数年ぶりに病院に行き、バイトに行く以外は大人しくしていた為、試写会が当たったけど行かず、映画館にも足を運びませんでした(そんな気分にならなかったので)。

 なので、ブログの更新もままならず、アニメのレンタルDVDを自宅で観て過ごす日々が多かった。

 その中で面白かった作品は、

   「坂道のアポロン」

   「STEINS;GATE 」

 です。

 「坂道・・」は、1966年の佐世保を舞台にした青春もので、Jazzを題材にしているところが気に入りました。

 Jazzを知らない人にこそ見て欲しいアニメです。

 演奏シーンはつい見入ってしまいました。

 この作品を観てJazzに嵌ってくれたら嬉しい限りです!

 
 「STEINS;・・」は、何と言っても個々のキャラが立っていて、魅力的でした。

 そして、まゆしぃの台詞”トゥットゥルーッ”がツボに嵌りました(笑)。

 あと、”電話レンジ(仮)”のネーミングの良さ。

 お話では、何度タイムループしても結果が変わらないところは大好きな映画「バタフライ・エフェクト」を思い出させます。

 ブログパーツがあったので少し前に貼り付けてみました。


 このところ真夏日が数日続いたりして、タダでさえ暑いのは苦手な自分はこれから数ヶ月行動的になれないので、益々アニメにのめり込んでしまいそうです(ニガ笑)。
Comment:0  Trackback:0
2008
06.30

サウスランド・テイルズ

Category: DVD
 6月28日(土)赤坂にて行われた「サウスランド・テイルズ」ブロガー試写会に参加してきました。

 あの「ドニー・ダーコ」のリチャード・ケリー監督の最新作とのことで、とても観たかった作品です。

 今作はロードショウ公開されずにDVDのみの発売になってしまったのが非常に残念です。

 会場は50人分程の椅子を並べたビルの一室で、DVDでの上映でした。

 
 ストーリーは、DVD公式サイトサウスランド・テイルズをご覧頂くとして、簡単な感想を記述します。

 昨今問題になっているエネルギー問題が取り上げられていて興味深かったです(映画の中の方法が実現可能かどうかは置いておいてですが)。
 全体的にブラックユーモアな雰囲気が漂い、笑える(苦笑い?)所も幾つかあったり、またダンスシーンなどもあり結構楽しめました。
 ただ、登場人物が多く、関連づけがうまく出来なかったので、1回観ただけだと分かりにくいとかと思います。そういう意味ではDVDでの鑑賞に適しているでしょう。
 自分でも見直してみたいと思っています。

 DVDなので沢山の人達に自宅で気軽に楽しんでみて欲しいです

 8月7日 ON SALE ですので、お忘れ無く!
Comment:1  Trackback:0
2008
02.27

モーターサイクル・ダイアリーズ

Category: DVD
 バイト仲間から、何ヶ月も前に借りっぱなしになっていた「モーターサイクル・ダイアリーズ」をやっと見た。

 今月一杯で、彼が今のバイトを止めるので、返さないといけないから、慌てて見たしだいです。

 革命家チェ・ゲバラという名前しか知らない自分は、この映画の評判が良いという理由だけで見ようと思いました。

 題名通り、23歳のときのゲバラが年上の友人と二人で、南米をバイクで縦断するお話です。

 革命家という響きから、勝気で気が短くてケンカっぱやくて我が強いみたいな人を想像していた(ホント自分勝手な想像です)。

 でも、23歳の彼(ゲバラ)は、喘息持ちで、バカ正直で、自分に嘘をつけない、真面目な医学生でした。

 その分、友人は、ちょっといい加減な悪ガキタイプだけど、体の弱いゲバラを親身に看病したりする優しい面もある。

 貧乏旅行なので、いろんなアクシデントがある訳だけど、旅を初めて割と直ぐぐらいにバイクが故障して、乗らないで押して歩いて、故障を直しても又直ぐ壊れて、3000キロ辺りでバイクを手放して、残りの9000キロ位はヒッチハイクと徒歩の旅になってしまう。

 題名を見返して、あれっ?と思ってしまうのは自分だけかな・・

 割に淡々と旅が続くんだけど、不思議と飽きずに見ていられた。

 見終って特に大きな感動がある訳では無いが、

       ”何か始めてみようかな・・

 って思わせてくれる映画でした。

 
 バイト仲間にDVDを返却するとき、”ありがとう”の意味を込めて、堅い握手を交わした。

 
 学校を卒業する人達が見ると良いかも。

Comment:0  Trackback:0
2008
02.25

「4400」シーズンⅡ

Category: DVD
 今回の休みは、100円レンタルした「4400」シーズンⅡ計6枚を見た。

 呑みながら見ていたので、イッキ見出来なかったが、それでも金曜の夜から土曜の夕方までに数時間の睡眠を挟んで見終った。

 1話毎に主人公が変わり使える能力も変わるので(なんせ4400人もいるからキリが無い位でしょう)、飽きる事無く見られるけど、救われない部分が多いので、能力を持たされた人自身は悪くないから、余計に可愛そうになってしまう。

 未来人が、勝手にさらって、勝手に能力を与えて、勝手に送り返してきたんだから、酷い話だよ。

 未来人は、最終的にどうしたいのか、とても気になる。

 あの赤ちゃんが何か知っているんだろうか・・

 さて、シーズンⅢはいつ見ようかな。

 また、半額セールでもやってくれるといいんだけど・・


Comment:0  Trackback:0
back-to-top