FC2ブログ
2020
04.15

ラストレター

Category: 映画
 下書きのまま、放置されていた映画感想があったのでアップしておきます。

 2月25日(火)TOHOシネマズにて映画「ラストレター」をシネマイレージデー鑑賞。
    DSC_0031_copy_360x480.jpg
 朝一上映してくれたので、休みじゃないけど、9時15分上映回に入場、お客さんは7人でした。


 あらすじ:夫と子供と暮らす岸辺野裕里(松たか子)は、姉の未咲の葬儀で未咲の娘・鮎美(広瀬すず)と再会する。鮎美は心の整理がついておらず、母が残した手紙を読むことができなかった。裕里は未咲の同窓会で姉の死を伝えようとするが、未咲の同級生たちに未咲本人と勘違いされる。そして裕里は、初恋の相手である小説家の乙坂鏡史郎(福山雅治)と連絡先を交換し、彼に手紙を送る。


 岩井俊二監督の作品からは、センチメンタルやノスタルジーが感じられ、昔の大林宣彦監督作を彷彿させます。

 何気ない風景も、フィルターが掛かったように素敵な映像に見えてしまう。

 そんな風景に、すずチャンと七菜チャンが佇んでいるだけで、何と瑞々しいシーンだろうか。

 この輝いている年頃の二人を見るだけで幸せな気持ちになります。

 そして我らが、福山アニキ、格好良さを見事に消して、未練たらしい残念な中年オヤジを演じていて、良かったです。

 「SCOOP!」の時の役はあまり好きになれなかったけど、今回の役は嵌まっていたと思います。

 終盤、彼が泣くシーンがありますが、吊られて自分も泣いてしまいました。

 主役は、松さんかと思っていましたが、”未咲”だったんですね。

 で、この”未咲”さん、謎に満ちていてよく分かりません、てか、大学時代や子供が出来た後とかの描写が無いものですから。

 まぁ、すずチャンが二役やってますから難しいんでしょうけど、もう少し何とかして欲しかった。

 あと、手紙の遣り取りで、???と思うところがあって、煮え切らない思いをした。

 そして庵野さんは、お笑い担当での出演だったのかな?、と思われるキャラで、まぁこれはこれでいいんだろうなぁ、って感じです。

 自分も鏡史郎のように、好きな人のことを何時までも引き摺るタイプなので、傍から見たら自分もあんな冴えないオヤジに見えるんだろうなぁ、と思いながら劇場を後にしました。


       満足度:★★★★
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2020
02.26

1917 命をかけた伝令

Category: 映画
 2月22日(土)新宿ピカデリーにて映画「1917 命をかけた伝令」を割引クーポン鑑賞。
    DSC_0029_copy_360x480_2020030504352181e.jpg

 第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門でノミネートされ撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した本作品。

 どれ程のものなのか気になっていたので、バイト明け後朝一8時40分上映回に入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。


 正に”命がけの伝令”でした。

 どのように撮影されたのか分からないが、1カットに感じる撮影が凄いし、それ故の緊迫感が半端ない。

 自分がまるでスクリーンの中にいて体感している気になってしまいます。

 そして自分も、スコフィールドと同じように”何故誘った”と、ブレイクに詰め寄ります、どう考えても成し遂げられないだろうから・・

 なので、頑張れ、と応援するぐらいしか出来ません、特にラストのランニングのシーン(皆さん「フォレスト・ガンプ」思い出していたようですが・・)は胸アツです。


 戦争映画と思って観に行ったら物足りなく思う人も居るでしょうが、自分は観る価値ありだと思います。

 
      満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2020
02.19

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Category: 映画
 2月15日(土)TOHOシネマズ府中にて映画「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」をポイント鑑賞。
    
 バイト明け後、府中に移動、朝一8時20分上映回に入場、お客さんは15人程でした。

 特別観たかった訳ではありませんが、上映時間が丁度良かったので選択しました。

 こちらの劇場は初めての入場ですが、何故か”リステリン”の小瓶を貰いました。


 あらすじ:85歳の誕生日を迎えた世界的ミステリー作家のハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、その翌日に遺体で見つかる。名探偵のブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、匿名の依頼を受けて刑事と一緒に屋敷に出向く。ブランは殺人ではないかと考え、騒然とする家族を尻目に捜査を始める。


 いやー、楽しい時間でしたね、ミステリー作品、面白かったです。

 早々にどうやって作家が亡くなったのか分かってしまうんですが、その後裏で何が行われていたのかが、少しづつ明かされていきます。

 作家の家族達は、事情聴取に嘘の話をし(本当のことは映像で流す)、専属看護師は嘘をつくと吐いてしまうという分かりやすい体質。

 家族達はそれぞれに動機を持っているが殺人を行うにはちょっと弱い、でも胡散臭い人達。

 実は、専属看護師、作家が亡くなるところを知ってるんです。

 でも、隠された真実が・・・

 専属看護師役のアナ・デ・アルマスさん、何処かで見たことのある可愛いお顔立ちだなぁ、と鑑賞後に確認したら「ブレードランナー 2049」に出ていた女性だったんですねぇ。

 この人を観ただけでもう満足でした、自分は(笑)。

 でも、探偵役のダニエル・クレイグは必要だったのかなぁ、違う人でも良かった気がしますが、クリス・エヴァンスも含めて、観客を呼び込むためには必要だったんでしょうね。

 あと、邦題が分かりずらいですね、きっと損してますよ、観に行こう!って気になかなかならないと思いますから。


 伏線も効いているし、笑えるシーンも多いので、気になった方は是非ご鑑賞下さい!


       満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2020
02.17

AI崩壊

Category: 映画
 2月10日(月)MOVIX亀有にて映画「AI崩壊」をモーニングファストショー鑑賞。
    DSC_0023_copy_360x480.jpg
 SMTメンバーの割引クーポンが期限切れになってしまったので、モーニングファストショーでクーポンを貰おうと、バイト明け後、亀有へ。

 8時45分上映回に入場、お客さんは20~30人程でした。


 あらすじ:天才科学者の桐生(大沢たかお)が開発した医療AI「のぞみ」が、国民の膨大な個人データを基に、人間を選別し殺りくを始める。人々がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生は逃走を図るが、警察のAI監視システムによって徐々に追い詰められていく。一方、桐生の義弟で「のぞみ」を運営する企業の代表を務める西村(賀来賢人)は、事態の収束に動いていた。


 いずれ”AI”に支配される時代が来るだろう、的な映画は沢山作られてきましたが、本作は特に目新しい内容では無かった。

 というか”AI”とは呼べないのではないか、とさえ思った。

 単純に、そう仕向けるべき作られたプログラムに支配されたに過ぎませんね。

 色んなデータを読み込ませて、如何にも”AI”が勉強して判断したように見せただけに思えました。

 ”のぞみ”は「HUMAN LOST」の“S.H.E.L.L.”体制を連想させるもので(ここまで万全ではないが)、未来はこういう方向に向かうだろうと思わざるを得ないと再認識しました。

 ただ、全てが”AI”に支配されてしまったら、人間の未来は明るく無い気がします。

 何て、色々考えながら観ていましたが、2030年にここまでの環境は整わないだろうし、舞台設定が未来的に見えず2020年そのままのように見えました。

 色んな伏線があり、収拾されてはいますが、無理やり感は否めません。

 ただ、演じる役者さん達に罪はありません、特に体を張った大沢さんには・・


 考えさせられたし、詰まらない訳でも無いと思うので、気になった方は観ても良いかと。


       満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2020
02.12

サヨナラまでの30分

Category: 映画
 2月8日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「サヨナラまでの30分」をポイント鑑賞。
    CENTER_0001_BURST20200208085927676_COVER_copy_360x480.jpg
 1ヶ月以上ぶりの映画館、バイト明け朝一9時15分上映回に入場、お客さんは50~60人程でした、9割位女性だった気がします・


 あらすじ:他人と関わることが苦手で就職活動もうまくいっていない大学生の颯太(北村匠海)は、ある日1年前に他界したバンドミュージシャンのアキ(新田真剣佑)が遺(のこ)したカセットテープを拾う。テープを再生してみると、その30分の間だけ颯太の中身がアキになる。アキは颯太の体を借りて、恋人やバンドのメンバーとの再会を果たす。


 主人公の二人がキャラに合っててとても良かった、てか、この二人で良かった。

 自分を抑えて生きている颯太も、ウザいくらいに熱いアキも、そのままって感じで。

 アイテムのカセットテープってのも、分かりやすくて良い(この世代だからかな)。

 入れ替わり時間30分が段々短くなっていく様子もテープだから目に見えるし、何時かは居なくなってしまう儚さもね。

 尚且つ使われている楽曲も良かった。

 出来れば他のメンバーについても少し掘り下げてくれると嬉しかったが、この時間に収まらないので仕方ないでしょう。


 匠くんが出てるから観てみようと思っただけなので、良い作品に出合えて良かったなぁ、な気分でした。


 映画館で無くてもいいので、見てもらいたい作品です。


      満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:1
back-to-top