FC2ブログ
2019
06.15

スノー・ロワイヤル

Category: 映画
 6月11日(火)TOHOシネマズ新宿にて映画「スノー・ロワイヤル」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20190611_084957.jpg
 バイト明け後朝一8時55分上映回に入場、お客さんは32人程でした。


 あらすじ:雪深い田舎町キーホーで模範市民賞を受賞した真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン(リーアム・ニーソン)の息子が、麻薬の過剰摂取で死んだように偽装される。地元の麻薬王バイキングの組織が関与していることを突き止めたネルズは、素手や銃、さらには除雪車を用いて敵を追い詰める。ところがバイキングは、敵対関係にある組織のしわざだと勘違いし、襲撃する。


 リーアム・ニーソン主演だったので、また家族を守るためのお話かと思っていたら、殺された息子の復讐話だった。

 何も悪い事をしていないのに殺されたようなので父親に同情はします。

 然も相手は麻薬王ですから、どうぞどうぞ、ってなもんです。

 リーアム父さんは殺した相手を金網でグルグル巻きにして(滝のような)川へ投げ捨てるんだけど、何でそんなことするんだろうと思っていたら・・・ちゃんと説明してくれました。

 そんな事とは知らずに、麻薬王は勘違いしてしまい、事態は複雑になり、自分の最愛の息子にまで被害が・・・

 この麻薬王の息子が、また、頭の良い子供で、なかなかのキャラだった。

 どんな大人になるのかとても気になりました(笑)。

 ただ、普通この展開なら、もっと緊張感とか、ドキドキとか、ありそうなものなのに、これが無いんですよね。

 テンポが良くないし、笑う所なんだろうけど、笑えないし、みたいな、ね。


 これならDVDでもいいかなって思いました。


      満足度:★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
06.05

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

Category: 映画
 5月31日(金)TOHOシネマズ新宿にて映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2D字幕版)」をポイント鑑賞。

    IMG_20190531_085859.jpg

 普段は金曜日に休む事なんて無いけど今日は休みになり、プレミアムフライデーとやらを味わってみようかと思っていましたが、どうやら”平成”の終わりと共に無かったことになってしまったようですね、残念。 

 本当なら、公開前に本作の前売り券を買うつもりだったが、クリアファイル付はもう無くなっていたので、仕方なくポイントを使うことに。

 朝一9時00分上映回に入場、お客さんはキャパ約500席の1/3程と思われます。


 あらすじ:神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢(渡辺謙)やヴィヴィアン(サリー・ホーキンス)、考古人類学者のアイリーン(チャン・ツィイー)らが所属する、未確認生物特務機関モナークが動き出す。


 怪獣たちの戦いが存分に観られ、満足しました、が、いっぱい出し過ぎな気もした。

 でも、誰が”キング”かを知らしめるためには必要だったというところか。

 ラッセル一家の話は出来れば省いて欲しい位だったけど、彼らがキッカケを作ってるから仕方ないか。

 とは言え、母親の考えや行動には賛成しかねます。

 個人的には”ラドン”が良かった。

 そして、”モスラ”にはもう少し活躍して欲しかったなぁ、勿体無い。

 あと、”ゴジラ”が人間に味方しすぎてるのがちょっと、なぁ。


 怪獣たちのシーンだけ、もう一回観たいっす。


      満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2019
06.04

神と共に 第一章:罪と罰

Category: 映画
 5月28日(火)新宿ピカデリーにて映画「神と共に 第一章:罪と罰」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20190528_084755.jpg
 バイト明け後朝一9時00分上映回に入場、お客さんは30人程でした。

 この作品は、おすぎサンがラジオで勧めていたので観ようと思いました。


 あらすじ:亡くなった消防士のジャホンの前に、冥界から3人の使者が現れる。そのカンニム(ハ・ジョンウ)とヘウォンメク(チュ・ジフン)、ドクチュンは、ジャホンが転生するために死後の49日間に受けなければならない七つの地獄の裁判の弁護と護衛を担っていた。使者たちは、ジャホンの生前の善行が認められ19年ぶりの貴人として転生するのは確実だと浮かれていた。


 日本でも”地獄”を描いたエンタメ映画はあるけれど、韓国映画には到底叶わないんだな、と感じさせられました。

 CGに関しては、皆さん感じているように、粗さが目立つけれど、話の持って行き方で観ている人をラストまで引き摺っていく強引さと、親子の思いやりに涙が止まらないという状況に陥る羽目に。

 七つの地獄での裁判ではいちいち、

 ”俺、地獄決定”

 って、思わされ、普通の生き方をしていたら、転生なんて無理、って絶望的になります(笑)。


 本作は”第一章”、ということは、”第二章”がある訳で、2か月連続の公開となっています。


 とは言え、韓国映画苦手な方も多いので、お勧めはしませんが、興味がある方はどうぞお試しあれ。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2019
05.28

居眠り磐音

Category: 映画
 5月25日(土)シアタス調布にて映画「居眠り磐音」をハッピー55鑑賞。
    IMG_20190525_082228.jpg

 バイト明け後、調布に移動し朝一8時25分上映回に入場、お客さんは9人でした。

    IMG_20190525_125050.jpg
 入場者プレゼント貰いました↑って、一週間経ってもまだ残ってたってことは、お客さん入ってないんですか?

 原作は未読。


 あらすじ:豊後関前藩の坂崎磐音(松坂桃李)と小林琴平、河井慎之輔は、幼なじみだった。磐音が琴平の妹・奈緒との祝言を控えていたある日、事件が起こり、磐音は二人の幼なじみを失う。奈緒を置いて関前を去り、江戸で浪人として生活することになった磐音は、昼はうなぎ割き、夜は両替商の用心棒として働き始める。


 時代劇は苦手な方ですが、桃李くんが時代劇初主演とのことだったので観ようと思いました。

 イキナリ幼馴染3人が死んでしまうなんて、ちょっと考えにくい展開でしたが、自分も同じ立場だったら、磐音と同じ行動を取るだろうと思いながら観ていました。

 ”居眠り剣法”なるものですが、何か由来があるわけでもないのか?イマイチ伝わってこなかったけど、ああいうもので皆納得できるのかなぁ、特に説明も無いしなぁ。

 そういうのも含めて、”殺陣”は苦労したんだろうなぁと感じました。

 あと、どんだけ辛くても生きていかなければいけないんだなぁ、と考えさせられました。

 続編期待したいが、このお客さんの入りでは難しいのかな?


 後で知りましたが、TVドラマも作られていたとのことで、レンタルDVD探してみようと思います。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2019
05.16

ザ・フォーリナー/復讐者

Category: 映画
 5月11日(土)新宿ピカデリーにて映画「ザ・フォーリナー/復讐者」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20190511_082206.jpg
 バイト明け後朝一8時30分上映回に入場、お客さんは60~70人程と思われます。


 あらすじ:クァン・ノク・ミン(ジャッキー・チェン)は、特殊部隊に所属していた過去を封印し、ロンドンでレストランを経営していた。高校生になる娘の成長を見守っていたが、彼女は無差別テロによって命を落としてしまう。憤怒に駆られた彼は、特殊部隊時代に培ったスキルを駆使して犯人を捜し出し、リベンジしようと決意する。調査を進めていくと、北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の存在が浮かび上がる。


 無差別テロが行われる背景(北アイルランドとイングランドの関係)について何も知らないため、モヤモヤした気持ちのまま観てました。

 そして、笑顔を封印したジャッキーが復讐のため、ピアースに

 ”犯人の名前を教えろ!”

 と、それはもうしつこいぐらいに尋ねる。

 そしてジャッキーといえばアクションですね、まだまだ衰えていませんよ、可能な限り頑張って欲しいです。

 にしても、復讐される側は、

 ”誰、このオッサン?警察じゃないよなぁ”

 なんて思いながら戦ったんだろうなぁ。


 これから、ジャッキーはこういう路線に進むのかなぁ、今までと違うタイプの役を観たい気持ちはあるが、うーん、微妙・・


      満足度:★★★
Comment:0  Trackback:0
back-to-top