2017
04.11

攻殻 機動隊 WORLD ART EXPO 2017

Category: 未分類
 4月10日(月)西武池袋別館2F西武ギャラリーにて

 映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」公開記念 『攻殻 機動隊 WORLD ART EXPO 2017』を観覧してきました。
     IMG_20170411_041259.jpg
 バイト明け後、池袋で時間を潰して朝10時開店と同時にギャラリーに入場。

 カード提示で入場料600円、入場プレゼントでA3サイズのオリジナルカレンダーを貰いました。
                 カレンダー ←クリック

   展示内容は以下の通り
 ・士郎正宗先生が自らプリント出力して提供いただいた「攻殻機動隊」原作コミックのデジタル出力
 ・「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(押井守監督)の原画、セル画、背景画、当時の製作資料
 ・「イノセンス」(押井守監督)原画
 ・「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(神山健治監督)原画、DVDパッケージ水彩画
 ・「攻殻機動隊ARISE」(黄瀬和哉総監督)原画
 ・「攻殻機動隊 新劇場版」原画(黄瀬和哉総監督)原画
 ・ハリウッド実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」(ルパート・サンダース監督)撮影小道具など


 現在公開中の映画に関しては、制作現場や関係者のインタビュー映像(入口正面のモニターで上映)や、”少佐”が劇中で乗るHONDAのバイクの展示(これが一番興味をそそられた)など。
 IMG_20170410_100642.jpg

 あと、こんなの↓
 IMG_20170410_102204.jpg
 これは映画とは関係無いですが、”タチコマ”好きなんですよね、愛嬌があって。 

 以上2点だけ撮影OKでした。


 夜も仕事があるので30分程で観覧終了。

 出口にはグッズ売り場が控えておりまして、図録はもちろん、数十万円する版画、Tシャツ、スマホケース、モバイルバッテリー、アクリルチャームやスタンド、クリアファイル、タペストリー、ポストカードなどなど。

 自分は、今使ってるICカードステッカーが半分剥がれかけていたので、張り替えようと思いステッカーを購入↓(700円+税)
    IMG_20170411_041350.jpg

 そしたらポストカード貰いました↓(4種類から選べました)。
    IMG_20170411_041404.jpg


 計50分程の濃い時間を過ごし、帰路に着きました。


 公式ウェブサイト:攻殻 ←クリック
 
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
02.20

Category: 未分類
 2月18日(土)新宿ピカデリーにて映画「マリアンヌ」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20170218_082136.jpg
 内容は知らないけれど、この二人の競演は見逃せないでしょう、ということで、朝一8時30分上映回に入場、お客さんは32人程。


 あらすじ:1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹(ひ)かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。


 お互いが秘密諜報員なので、実は私○○なんです、いやー僕も実は○○なんだ、みたいな二転三転するサスペンスなのかなと思っていたら、王道的なラブストーリーだったんですね。

 多少のサスペンス要素はありますが、複雑ではなかったのが少し物足りない感じを受けました。

 お話は別にしても、主演お二人を拝見しているだけで、夢の世界のようで、惚れ惚れしてしまいます。

 今回のブラピは特に、格好いいし綺麗で若々しかったんですが、53歳(当時は51歳位か)ってホント?。

 同い年に思えません。


 印象深いのは、前半のモロッコ、特に砂漠。

 景色が素晴らしいのは勿論なんですが、砂嵐の中車の中で二人が求め合うシーンは刹那的で良かったです。


 ラブストーリー(悲恋もの)がお好きな方には堪らない映画かもしれませんね。


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
01.12

2016年のまとめ(映画)

Category: 未分類
 遅くなりましたが、恒例の2016年に観た映画のまとめをしたいと思います。

 昨年劇場で観た映画は計100本。

 (内訳)  洋画 :54本
       邦画 :27本
       アニメ:19本

 昨年は試写会に行けなかったため、全て劇場での鑑賞になりました。

 恐らく20歳前半の時以来の100本超となりました。

 あの頃は、試写会あり、名画座あり、ロードショーも2本立てが多かったので、数はこなしました。

 月刊シティロードや隔週ぴあを買っては、試写や劇場の招待券を当てたり、本誌を劇場に持っていき割引料金で入場したりしてました。

 文芸坐で2本立て料金450円位だったと記憶しています、良い時代だったなぁ。

 
 おぁーっと、2016年のまとめでしたね、失礼しました。

    ベスト1の発表です!


        洋画 : 「ハドソン川の奇跡」

        邦画 : 「シン・ゴジラ」

        アニメ: 「この世界の片隅に」        

    となりました。

 中でも「この世界の片隅に」は、全体の中でのベスト1と言えるでしょう。

 数年に1本の良作と呼べるほどのクオリティだったのではないでしょうか。

 
 洋画に関して、

 他に「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「ペレ 伝説の誕生」など実在の人物を元にして作られた作品に良作が見られましたが、御大クリント監督の手腕の見事さには素晴らしいと言わざるを得ません。

 
 邦画に関して、

 「怒り」「あやしい彼女」なども良かったのですが、好みの問題で「シン・ゴジラ」となりました。


 アニメに関して、

 大ヒット作「君の名は。」や「ズートピア」、「聲の形」などが通常ならベスト1になるであろう作品が多かったのですが、相手が悪かったですね。


 この他に、敢えて選びませんでしたが、ドキュメンタリー作品を上げておきます。

 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years」
 「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」

 上記2作品は、好みにもよるでしょうが、見て欲しい作品ですね。


    オマケのワースト1です。

        洋画 : 「フィフス・ウェイブ」

        邦画 : 「溺れるナイフ」

       アニメ : 「魔法使いの嫁 星待つひと:前篇」

 「魔法使い・・・前篇」に関しては、内容がどうこうでは無く、本編上映時間が20分ほどしかなく、前売りと当日料金が同一1000円というちょっと考えられない状況に異を唱える意味でワーストにしました。

 絵とかは綺麗で嫌いではないのですが、2017年2月に中篇が上映された時に、同じような状況だったら残念ですが多分観ないと思います。


    簡単にではありますが、2016年の映画に関してまとめてみました。

    2017年はどんな作品に出逢えるんでしょうかね、また3桁目指して頑張ろうと思います。


 最後まで御覧頂き有難う御座いました。
Comment:0  Trackback:0
2016
09.15

「君の名は。」スタンプラリー

Category: 未分類
 9月10日(土)、映画を観た後に「君の名は。×FUN!TOKYO!」モバイルスタンプラリーに参加しました。
    IMG_20160915_051449.jpg

 ①新宿駅東口中央改札外から始めました。
stamp1.jpg

 一応、新宿駅新南口改札外も行ってみましたが、同じでした。

 ②代々木駅西口改札外へ
  普通の人は電車で移動するんでしょうが、自分は徒歩で移動しました。
stamp2.jpg

 ③千駄ヶ谷駅改札外券売機横へ
stamp3.jpg

 ④信濃町駅改札外券売機横へ
stamp4.jpg

 ⑤四ツ谷駅四ツ谷・麹町口改札外へ
  道を間違えてしまったり、改札口を探すのに少し手間取ったりしました。
stamp5.jpg

 ⑥東京駅丸の内中央口改札外へ
  四ツ谷から東京駅までは流石に徒歩ではなく中央線で移動。
stamp6.jpg
 
 これでコンプリートです。

 ダウンロードのサイズを間違えてしまったようで収まりきらず申し訳ありません。

 何だかんだ2時間程掛かってしまい、非常に疲れ、東京駅から家路に着きました。

 自分以外には、若い男性(10代~20代)が殆どで、母親と娘さんという組み合わせを1組だけお見かけしました。

 
 興味ある方は今月一杯行えるようなので参加してみては!
Comment:0  Trackback:0
2016
07.28

等々力競技場へ

Category: 未分類
 7月22日、23日と2日続けて等々力競技場へ行ってきました。


 22日(金)は「足型芝生アート」展示イベントを見るため。

 バイト明け後、小雨の中、武蔵小杉駅へ移動し、9時に中原市民館へ。

 ついでなので、「シン・ゴジラ」公開記念スタンプラリーにも参加しようと思い、市民館入口を入った所に、台紙とスタンプが置いてありスタンプを押して、そのまま歩いて等々力競技場へ。

 開場25分前に着き、行列の8番目に並び10時を待つ。

 入場時、↓(クリアファイルとうちわ)をもらい、
IMG_20160725_043726.jpg

 ここでもスタンプを押しました↓。
IMG_20160725_043810.jpg

 その後、メインスタンド6Fスカイテラスへ上がり、いよいよゴジラの足跡を目撃↓。
IMG_20160722_100743.jpg
 意外に足跡が見えずらかったのが残念です。

 流石に見晴らしが良いので、ここでサッカーのゲームを観戦してみたいなぁ、などと思いながらも、特にすることが無いので帰ることに。

 1Fに降りると、1/60サイズのシン・ゴジラ像(約2m)が鎮座しておりました↓
IMG_20160722_102404.jpg

 帰りは傘を差さずに済み、それでも自宅まで2時間程かかりました。

 競技場に行ったら、やっぱりサッカーの試合が観たくなってしまい、電車の中でずっと考えながら帰ってきたんですが、最寄駅に着いたら真っ先にセブンイレブンに行き、明日の「多摩川クラジゴ」戦の自由席がまだ買えたので1枚購入しました。

 夜も仕事なのでさっさと寝ました。


 で、23日(土)はバイト明け後、昨日はあまり眠れなかったので帰らずに、ネットカフェで湯船に浸かりアルコール摂取して寝ようとしました。

 が、アルコールが足りなかったのか結局眠れずに等々力競技場へ向かう。

 ここでサッカーを観るのは、ヴェルディ川崎を応援に来たとき以来だから、十数年ぶりかなぁ。

 試合開始1時間15分前に着き、自由席なので席確保のため入場したが、探せども空席が見当たらない。

 それどころか、座席最後尾後ろの通路に立ち見の人がもう沢山控えている状態でした。

 えっ、何?これがJ1リーグでは当たり前なのか?

 開門と同時に入場しないと自由席に座れないのか?

 せめて、自由席と立ち見席を分けて販売してほしいよ。

 それなら諦めも付くし、立ち見だったら多分チケット買わなかっただろうし・・

 普段、空いてるJ2リーグ(ヴェルディ戦)しか行ってないから、ちょっと信じられなかった。

 席は諦めて、生ビール、唐揚げ串、冷やしラーメン(これってスタジアム飯では珍しいよね)を食し、開始時間を待つ。

 時間になり、1階の真ん中辺りの通路で三列くらい重なっている中スタジアムを眺めていると、長谷川博己くんが挨拶を始め、始球式へ。

 ”主役はゴジラなので、ゴジラに蹴ってもらいましょう”

 と、博己くん。

 えっ、ゴジラ蹴れるの?

 と、思っている傍からあちこちで囁かれ、案の定、博己くんが蹴ってました↓
IMG_20160723_182337.jpg

 川崎フロンターレvsFC東京の試合は、前半0-0のまま、後半へ。

 流石に立ちっぱなしはキツイので、ハーフタイム中、ゴール裏に空きスペースが無いか移動を試みる。

 2階席の通路横に運よくスペースを見つけ、新聞紙を引いてドッコイショと腰を落ち着けられた。

 そして後半、36分に小林悠くんのヘディングシュートが決勝点となり、1-0でフロンターレの勝利!

 途中から眠気との戦いになり、試合終了と共に帰路に着く。


 と、まぁ、疲れた2日間でした。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top