2017
10.10

ナミヤ雑貨店の奇蹟

Category: 映画
 10月7日(土)新宿ピカデリーにて映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20171007_081605.jpg
 バイト明け後の朝一8時20分上映回に入場、お客さんは34人程でした。

 原作は既読です。


 あらすじ:2012年、古くからの友人たちと悪事をした敦也(山田涼介)は、かつて悩み相談を請け負っていた「ナミヤ雑貨店」に身を隠す。敦也は廃業しているはずの店の郵便受けからした音に気付き調べてみると、32年前に書かれた悩み相談の手紙があり、さらに郵便受けは1980年につながっていた。三人は困惑しつつも店主に代わり返事を書くと、また手紙が投函され……。


 ”東野圭吾史上、最も泣ける感動作”と言われている原作を読んだ時点で、

 いや、そこまで泣けませんけど、と思ってしまいましたが、皆さんはどうなんでしょうか?

 他にもっと泣ける本が東野さんにはあると思うんですけど・・

 と、まぁ、それは置いておいて、そんな状態なので映画も期待はしていませんでしたが、予想通りな感じでした。

 まず、原作に無いシーンが幾つかあり、その全てが、”必要ある?”って思えてしまいました。

 路面電車と三人組のシーンとか、西田敏行さんと成海璃子ちゃんのシーンとかですよ。

 ファンタジーなら、何でもありって感じで、でもそれって違うんじゃねぇ、ってね。

 然も、間延びしてるシーンが多く、テンポも悪いから、上映時間(129分)より長く感じてしまった(原作はもっと長いのにテンポ悪くないよ)。

 「REBORN」については、原作を読んだときにイメージした感じと違うけれど、山下達郎さんの曲はとても良かったのに、それを歌う若者二人が台無しにしてしまったかな、と残念でなりません。

 
 多分、原作未読で観た方が感動できたのではないかと思われます。


      満足度:★★☆
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
10.07

三度目の殺人

Category: 映画
 10月3日(火)TOHOシネマズにて映画「三度目の殺人」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20171003_114641.jpg
 本日、有給を取ったので2本目に本作品を選択し、12時上映回に入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。


 ”三度目の殺人”シーンから本編が始まり、最後にはそのシーンすら本当なのかどうか信じられなくなってしまう終わり方だった。

 レビューを拝見しても、何が本当なのか分からない人が多いようですが、しょうがありません、監督が意図してそのように作ったんですから・・

 重盛の側から見ていると、どうしても三隅の言動に翻弄されてしまいますが、三隅側から見たら、どうでしょう・・

 三隅が殺したのかどうかをボカすために、他の部分まで曖昧なままなので、余計にモヤモヤな気持ちになりますが、三隅の台詞を振り返ると、そこまで混乱しないである程度の答えが導きだされると自分は思いました。

 一度目に重盛側から観た人は、二度目に三隅側から観たら、多分自分と同じような気持ちになるのでは?


 重盛と三隅が対峙する接見シーンが8回程あるのかな、役所さんの演技に福山アニキが引っ張られ、緊張感が段々増していき、二人の顔が重なる辺りはゾクゾクっとした。


 先程観た「散歩する侵略者」にも満島真之介くんが出てましたが、同じ日に別々の作品で見るなんて、凄い偶然だなぁ。
 
 とはいえ、あまり弁護士っぽくなかったように思いましたが・・


 ”法廷では誰も真実を語らない”という台詞が印象に残った。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
10.05

散歩する侵略者

Category: 映画
 10月3日(火)新宿ピカデリーにて映画「散歩する侵略者」をポイント鑑賞。
    IMG_20171003_083809.jpg
 バイト明け後、朝一8時40分上映回に入場、お客さんは11人程でした。


 あらすじ:鳴海(長澤まさみ)の夫・真治(松田龍平)が、数日間行方をくらまし、別人のようになって帰ってくる。これまでの態度が一変した夫に疑念を抱く鳴海は、突然真治から「地球を侵略しに来た」と告白され戸惑う。一方、町ではある一家の惨殺事件が起こったのを機に、さまざまな現象が発生し、不穏な空気が漂い始める。


 劇団イキウメの人気舞台の映画化との事で、確かに舞台向けな内容でしたし、舞台なら面白いんだろうな、とも。

 映画化に向け、何処までストーリーを変えたのか分かりませんが、もう少し映像化ならではの部分が欲しかったように思う。

 まぁ、どちらにしても、役者の演技力が試される内容なので、その点、役者さんの選択は良かったと思います。

 自分の周りに、もし”侵略者”がいて、”ガイド”に指名されたら、彼ら(長澤まさみ、長谷川博己)のように一緒に行動できるだろうか?

 否、”ガイド”になる前に、”概念”を抜かれて腑抜けになってしまうことだろう・・


 ”宇宙からの侵略者”が人間の”概念”を奪い、ある程度人間の事を理解したところで”地球侵略”が開始されるんですが、国家が何故”侵略”に気付いたのかちょっと解せない。

 ”人間の愛”について”侵略者”がどう認識したのか定かではないが、こういう結末になったということは、そういう判断だったんだろうなと。


 黒沢清監督作を見ている人は大丈夫だろうけど、広く一般の方に勧めるのは躊躇われる映画かな・・


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
09.28

読売ジャイアンツvsヤクルトスワローズ

Category: 未分類
 9月26日(火)東京ドームにて「読売ジャイアンツvsヤクルトスワローズ 24回戦」を無料観覧。
IMG_20170928_031303.jpg
 先週の金曜土曜、折角の連休だったのに熱を出してしまい何も出来ずひたすらうなされて終わってしまった。

 未だ、喉、鼻の状態は芳しくないが、身体はもう殆ど大丈夫な状態、元々本日有給で、招待券当たったので、バイト明け後一旦帰宅し1時間程寝て、14時50分頃東京ドームへ到着。

 未だかつてない行列を目にし(招待券を入場チケットに引き換えるため)、怯んでしまったが、諦めて列に並ぶ。

 一昨年は、あまり覚えていないが、20~30分位の行列だったような・・

 昨年は、試合開始ギリギリに行ったため、指定席が終了し、立見席になってしまい、疲れて試合途中で帰ってしまった。

 ただ、ライト席の後ろだったので、巨人の応援ってこうやってるんだっていうのが見られて面白かったです。


 そして、今回45分程の並びで指定席に交換できました。

 試合開始時間18時までにまだ時間があったので、近所をぶらりして、食事も軽めに取り、コンビニで乾きもののつまみも買い、入場したころは17時過ぎでした。

 席を探して番号を確認し(一度列を間違えてしまった)席に座るが、時間が早いため空席が多い。
IMG_20170926_171124.jpg
 座った席から球場を見おろした写メ↑

 まだ時間があるので通路をぶらりとして、どんなものが売っているのか見学して回る。

 席に戻る前に、生ビール一杯800円購入。

 普段、サッカーを観に味スタへ行きますが、そこでは700円なので、どうしても高く感じてしまう。

 で、席で呑みながら試合開始を迎える(入場時オレンジアフロを渡されたが、被ろうかどうしようか最後まで悩んで結局被らなかった)。

 と、試合前に国歌演奏のため、席を立ちしばし沈黙。

 サッカーだと日本代表戦以外なかなか無いですね。

 先発は、巨人:菅野、ヤクルト:岩橋。

 
 さーて試合は、ってもう、結果↓分かってるので割愛いたします。

IMG_20170926_211516.jpg

 3塁側席だったのでヤクルトの応援がよく聞こえてきて、こうやってるのかと、興味深かった。

 両チームで2アウト満塁のチャンスがあり、そこは盛り上がりましたが、得点入らず、なーんだ、って感じ。

 こういうところは、両チームともBクラスに甘んじている状況を反映しているのかな、と思いました。

 巨人応援側としては、球団1万本塁打(中井選手)が出たメモリアルデーなので、格別な勝利の味になったのでしょうか。

 あと、個人的には”売り子”さんを眺めていました(ゲスくて申し訳ない)。

 
 球場での4時間程、招待券で入ったので、飲み物代3000円程使いました、この位で許して下さい。

 来年は、来ることができるか分かりませんが、これが最後の東京ドームにならないことを願ってお開きと致します。
Comment:0  Trackback:0
2017
09.19

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

Category: 映画
 9月16日(土)TOHOシネマズにて映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」をポイント鑑賞。
    IMG_20170917_020617.jpg
 バイト明け後、帰宅してちょっと横になり、18時頃に起きて、横浜FMvs柏戦を観るために82築地店へ。

 ゲームが始まって20分程過ぎてしまっていて斉藤学の今季初ゴールを見逃してしまったが、いつものバスペールエールを飲みながらTV観戦。

 結果は1-1の引き分け(クリスティアーノのFK見事)、21時10分からのJリーグタイムで他会場の結果を確認し、来週結婚式を控えた店長に、”頑張れ”って言うのもちょっと違うかな?と思いながら別れを告げ、雨止まないので帰ろうとメトロのホームに入ったが、ヘタフェvsバルサのゲームが中野&渋谷以外で放送していないか確認したら、新宿西口でもやってくれるようなので、反対ホームに移り、新宿に行くことに。

 10時過ぎに着いたがまだ早いし、小腹も空いていたので、気になっていたラーメン屋「たかはし」焼きあご塩らーめん800円を食しました。

 普段、800円もするラーメンなんてまず食べないんですが、1度くらいは、ねぇ、食べない事にはずっと未練が残るし、美味しいけど自分には贅沢すぎると思いました。

 今時800円って高い部類に入らないかもしれませんが、自分の中では高くても750円が限度と勝手に決めているので、2度目はないかな。

 その後も、時間を潰して23時にHUB新宿西口店へ。

 流石眠らない街、新宿、席がほぼ埋まっていて、まぁ煩いったら、福田正博の解説なんて聞こえやしない、特に隣の中国人カップルは声だけじゃなく身振り手振りもオーバーで何度自分の顔の前に手が伸びてきたことか・・

 ゲームは前半、柴崎岳得意(だと思っている)のボレーシュートが決まり1-0とヘタフェリードで終了。

 後半、早い時間に柴崎が負傷?交代となった後、バルサに2点返され1-2で敗戦してしまう、柴崎の状態はどうなんだろう・・

 と、25時15分頃にHUBを出たが、さてこれからどうしたものかと、TOHOシネマズ新宿の上映時間を確認したら、26時20分から「エウレカ・・」の上映があるじゃないかと、映画館へ向かうことに。


 と、まぁ、前置きが大変長ーくなってしまいましたが、入場時にこれ↓貰いました。    
    IMG_20170919_030032.jpg
 お客さんは18人程でした。


 あらすじ:世界を揺るがせた「ファースト・サマー・オブ・ラブ」からおよそ10年。塔州連合軍軍学校に通うレントンは、人々から尊敬されている亡き父の偉大さや単調な日々など、全てを息苦しく感じていた。ある日、レントンは世界で最も古いLFO(人型機械)のニルヴァーシュを操るエウレカと出会う。ここから人類と異種知性体スカブコーラルの未来が動きだす。


 この映画を観るつもりで、「エウレカ・・」のTVアニメDVDと「・・ポケットが虹でいっぱい」のDVDをレンタルで見ていて良かったよ。

 始まって直ぐの”ファースト・サマー・オブ・ラブ”のシーンだけが見所かな。

 あとは、行ったり来たりが早すぎるし、同じシーンも出てくるし、まぁ、初めて観る人には不親切すぎますよ。

 折角観てくれても、次はないよなぁ、これじゃぁ・・

 後半なんてレントン一人で喋ってた気がしますよ、酔ってたから、所々寝てしまって、

 ”レントン、うるせぇなぁ”って起きるみたいな(笑い)。

 あと、エンディングで流れる、尾崎裕哉「Glory Days」。

 アニメの主題歌を歌うの?と訝しんだが、こんな曲も歌えるのかと、ちょっと新鮮な気がした、内容に合っていたかどうかは?。


 「エウレカ・・」ファンとまでは言えない自分ですが、3部作は見届けようと思ってはいます。


     満足度:★★
Comment:0  Trackback:0
back-to-top