2017
08.19

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

Category: 映画
 8月18日(金)TOHOシネマズにて映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ版)」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20170818_091931.jpg
 岩井俊二監督のTVドラマ版を当時(1993年)見たときは、他のTVドラマと明らかに(画質や内容)違っていて、凄い監督が出てきたな、と素直に驚いた記憶があり、また、その完成度の高さから誰もリメイクしようとしなかったものを、此処にきてアニメ化ですか。

 まぁ、元を超える事は無理だと誰もが想像するだろうから、自分も気にしていなかったんですが、

   アニメ制作:シャフト

   総監督:新房昭之

 ときたら、こ、これは観なければ、となってしまいムビチケを購入。

 初日、朝一9時30分上映回に入場、お客さんは70人程でした。


 あらすじ:夏休みの登校日。中学生の典道と祐介は、なずなの前で競泳対決をすることに。典道は、競争のさなかに水中で不思議な玉を見つける。一方祐介は競争に勝ち、なずなに花火大会に誘われる。放課後、皆が打ち上げ花火のことで盛り上がっている中、なずなが母の再婚に悩んでいることを知る典道。どうすることもできない自分に典道はもどかしさを感じ、ふいに玉を投げると、なぜか競泳対決の最中に戻っていた。


 主人公たちの設定が、小学生から中学生に変わっている事もあり、雰囲気が大分変って、よりSF要素が強くなって、よりアニメ向けなお話になってました。

 にしても、時代設定は1993年?のままなのかなぁ、ケイタイとか持ってなかったし・・

 シャフトの絵は好きだから、綺麗な映像は堪能できました。

 作っている人達の「打ち上げ花火・・」をリスペクトしてる感も伝わってきましたよ。

 終盤、「Forever Friends」が流れる中、沢山の”If もしも”な欠片が降り注ぐシーンは胸熱になりました。


 ただし、個人的に残念だったのは、典道となずなの声を俳優さんにしてしまった事。

 台無し感、ハンパないです。

 他の同級生は声優さんだったので、明らかに”差”を感じてしまった。

 フレッシュな俳優さんを起用して、アニメオタク以外の一般客を集めようと、第二の「君の名は。」を狙ったんでしょう。

 ですが、元々この内容でそこまでの興行収入を求めちゃいけないと思いますよ。


 多分、本作を観た後に、岩井監督作を見直して、実写版の完成度を再認識することでしょう。

 暫くは、レンタルDVDの”貸出し中”が続くんだろうなぁ。


     満足度:★★★
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
08.16

永井秀樹引退試合

Category: サッカー
 8月14日(月)味の素フィールド西が丘にて、永井秀樹引退試合「VERDY LEGENDS vs J LEGENDS」を観戦。

obrigadonagai_poster_1.jpg


 12日~14日までお休みでしたが、13日は川崎vs鹿島戦をHUBで呑みながら観戦し、

 14日は小雨が降ったり止んだりの空模様の中、寝不足(ここの所毎日2時間程しか眠れず参っています)のままズルズル時間が過ぎて出かけるのが遅くなり、16時半からの国見高OBvs帝京高OBは観ることが出来ず、18時20分頃西が丘競技場に到着。
    IMG_20170816_043652.jpg


 もう選手入場が始まっていて、慌てて空いているバックスタンド席に座りました。

 思っていたよりも空席が目立っていて、ちょっと淋しい感じです。


 30分ハーフの前半、 J LEGENDSに入っていた永井が12分に自ら得たPKでゴール。

 19分、VERDY LEGENDS藤吉が放ったシュートをGK都築がセーブしたものの、弾いたところにいた武田がらしいゴールを頭で決めた。

 オフサイドかと思ったんだけど、その後のゴールはオフサイドを取られていたので、まぁいいのかな。

 26分、 J LEGENDSがゴールほぼ正面の位置でのFKを得ると、蹴るのは永井ではなく澤登だった。

 右足で蹴りだされたボールは綺麗な弧を描いてのゴール、いやー、見事でした。

 後半からは永井がVERDY LEGENDSに移り、そしてラモスさん、カズも入り、北澤、武田と”ヴェルディ川崎”を彷彿とさせる布陣で、細かいパス交換や、カズの”ボール跨ぎ”も見せてくれて、会場は盛り上がった。

 46分、ラモスさんからのパスに反応した永井がゴールを決めると、

 58分にも、藤吉からの折り返しに永井がダメ押しゴールを決め、両チームでハットトリックを達成する。


 J LEGENDSに後半から背番号3を背負って入ってきた子供は誰なんだろうと気になっていたが、何と故松田直樹氏の長男でした、感慨深かったです。

 父とは違うポジションFWとして、頑張ってシュート2本を打ってくれました。

 観客からは、”大人げないぞ”とヤジが飛んだぐらい、観ている皆で彼を応援していました。


 結果は3-2でVERDY LEGENDSの勝利でした。


 その後、引退セレモニーが行われ、今回の引退試合の関係者全員がピッチに並び、永井が挨拶を行いました。

 その中で、色んな方々への感謝の気持ちを伝えた後に、私たち観客のことを”ファミリー”と呼んでくれたのがとても嬉しかったです。

 挨拶が終わり、胴上げが行われた後、競技場を一周して、握手やカメラ撮影に応じてました。

 自分はどうしても、こういう事が出来ずに、大体遠くから見守っているタイプです。

 その間にも、ゲームに参加した北澤や元横浜マリノスの井原がバックスタンドに近寄ってくれました。

 きっと知り合いか誰かが居たのでしょう、元気そうでした。

 ラモスさんは、ピッチ中央からあまり動かずに仲間内の子供と撮影に応じてました。

 それにしても脳梗塞から、よくここまで回復してくれました、ここまでプレイできるなんて本当に凄いです。


 これだけのメンバーが揃うことがこの先あるのかと考えると、今日ここに来て良かったなと、しみじみ思いながら帰路に着きました。


 この試合を、”東京ヴェルディ”の現選手達が観て、何かを感じてくれたら、今後の残り試合に期待できるかな・・・
Comment:0  Trackback:0
2017
08.07

トランスフォーマー/最後の騎士王

Category: 映画
 8月5日(土)TOHOシネマズ新宿にて映画「トランスフォーマー/最後の騎士王(IMAX3D字幕版)」をポイント鑑賞。
    IMG_20170805_111611.jpg
 本作はIMAX3D用カメラで撮影したとの記事を見て、是非IMAX3D上映劇場で観ようと決め、朝一8時30分上映回に入場、前方および壁側しか空いていなかったので、お客さんは200人位は入っていたかと思われます。


 あらすじ:人類とトランスフォーマーが反目し合い、オプティマス・プライムが姿を消してしまう中、地球の存亡を左右する危機が到来。事態を収束すべく、発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマスの後を継いでオートボットを率いるバンブルビー、謎多き貴族の老人(アンソニー・ホプキンス)、オックスフォード大学の教授(ローラ・ハドック)によるチームが結成される。


 確かに映像の迫力、ハンパなかったです。

 でも、2時間半の上映なので、物凄く眼が疲れました。

 お話は、トランスフォーマーを無理に過去の歴史に組み込もうとしたりして、笑ってしまいそうになりました。

 しかも、”サー”ホプキンス氏が出てきて、仰々しく感じてしまい、トランスフォーマーらしくないんじゃないかな・・

 てか、勿体無い使い方しないでほしい、見られるのは嬉しいけど。

 でも、そんなストーリーははっきり言って、気にしてないので、いいんです。

 ”映像体験”にお金(メガネ持参なので800円しか払ってませんが)を払っているので。

 でも出来たら、トランスフォームする”ガシャッガシャッコンッ”的だったり、”合体”するシーンをもっと観たかったですよ。


 お話がなって無い、とか、もう十分じゃね、って言う方には、ぶっちゃけ観て貰う必要は無いでしょう、兎に角映像を楽しみたい方には”IMAX3D”若しくは”MX4D”(自分は其処まで求め無いけど、多分楽しめるだろうと思う)での鑑賞をお勧めします。

 ただ、TOHO新宿の現在のスケジュールだと8月10日で終了のよう(「スパイダーマン・・」が控えているため)なのでお早目に!


     満足度:★★★★


 P.S. ロビーにこんなの↓飾ってました。 期待して待ってます!
    IMG_20170805_111730.jpg

Comment:0  Trackback:0
2017
07.29

君の膵臓をたべたい

Category: 未分類
 7月28日(金)TOHOシネマズにて映画「君の膵臓をたべたい」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20170728_084259.jpg

 数日前に原作本↓を読み、オッサンが読む本じゃないかな?って思いながらも電車の中なのに泣いてしまいました。
    IMG_20170728_113923.jpg
 で、映画も観なければと、昨日ムビチケを買いました。

 そして本日バイト明け後、朝一8時50分上映回に泣く気満々で入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。


 原作を読まずに観た方が良かったかも、と、ちょっと残念に思ってしまった。

 原作に無い12年後の話のせいでどうしても無理な部分が生じてしまったと感じられたから。

 話を膨らませたくなる気持ちも分かるんだけど、そのせいで感動も薄れてしまったのでは勿体無いでしょう。

 と、言いながらも、泣いてしまいましたが・・

 何てったって、こっちは泣く気満々でしたから。

 その残念に思ってしまうお話を補って余りある、咲良役の浜辺美波ちゃん。

 まさしく”向日葵”ですね、本当に魅力的でした。

 「亜人(実写版)」にも永井圭の妹役で出るんですね、観ない訳にはいきませんね。


 可能なら何も知らない状態での鑑賞をお勧めします!


 もう一回観てもいいかなって思ってます。


     満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2017
07.28

ライフ

Category: 映画
 7月25日(火)新宿ピカデリーにて映画「ライフ」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170725_111006.jpg
 観たいけれど時間が合わなくて見られない作品が多くなってきて、見逃してる作品が目立ってきました(パトリオット・デイとか)。

 ここ10日位映画館に行けてなかったので、本日2本目として真田広之さんが出ている本作品を選択。

 11時10分上映回に入場、お客さんは40~50人程のようでした。


 あらすじ:世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。


 「エイリアン」のようなお話で、タコみたいな地球外生命体がまぁ賢いというかしぶといというか・・

 船外でも普通に行動できちゃうから、始末に負えない。

 そんなタコのようなヤツに、飛行士が一人、また一人と命を奪われていく。

 このままだと、ヤツが、地球に侵略してしまうぞ、どうする・・


 ある程度想像は出来るものの何だかんだ最後までスクリーンから眼が離せないまま、

 ”えっ、えぇーっ、ま、まさか?!”

 のラストが・・・

 暫く唖然としてしまいました。


 暑い夏に、少しの涼を味わえるかも・・

 きっと、コレが遣りたくて作ったのかな、と思う映画でした。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top