FC2ブログ
2020
03.26

Fukushima 50

Category: 未分類
 3月21日(土)新宿ピカデリーにて映画「Fukushima 50」を割引クーポン鑑賞。
    DSC_0032_copy_360x480.jpg

 3週間程、肘の状態が未だ良くならないことや自粛も含め、人の集まる場所になるべく近寄らないようにしていましたが、今日ぐらいは、と思い、バイト明け後、朝一8時20分上映回に入場し、他の人と2メートル以上離れた席を確保、お客さんは30~40人程でした。


 あらすじ:2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0の地震が発生し、それに伴う巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。全ての電源が喪失して原子炉の冷却ができなくなりメルトダウン(炉心溶融)の危機が迫る中、現場の指揮を執る所長の吉田昌郎(渡辺謙)をはじめ発電所内にとどまった約50名の作業員たちは、家族や故郷を守るため未曽有の大事故に立ち向かう。


 ”3.11”14時46分、当日の事は未だに覚えています。

 夜、仕事だったので、部屋で寝ていて、”揺れ”で眼を覚ましました。

 ”これ、もうダメかも・・”

 そう思いながら、揺れが収まるのを待ち、外に出ましたが、特に変わった様子は見られなかった。

 が、仕事に向かおうと、ダメ元で駅に行くと、当然電車は動いておらず、駅も封鎖状態で、バスやタクシー乗り場に人が溢れ、公衆電話にも人が並んでいた。

 人が居ない公衆電話を探し、職場に連絡すると、昼働いていた人達が帰れずに残っているとのことで、結果自分は休むことになりました。

 夜はずっとTVで福島第一原発の状況を見守っていました。


 で、映画なんですが、現場がここまでの状況だったのかと、改めて恐怖を感じました。

 現場の作業員の命がけの行動によって、ここまでの被害で済んだんですね。

 然も、最後の最後は”運任せ”で、未だに原因が分かっていないという・・

 これだけ地震の多い土地で、原子力発電は無理がありますよ、やっぱり。

 そうでなくても、人間が作ってはいけない物だと改めて感じました。

 そして、そういう物を薦めた、国や電力会社が、有事にあのような対応をするとは、怒りなどというものでは収まりません。

 まぁ、ドキュメンタリーでは無いので、事実通りには描かれていない様ですが、特に電力会社には言葉も無い・・


 終わり方に関して、明るい未来が待っている風に感じられたのですが、気持ちは分かるけれど、そうじゃないでしょう、と。

 一度汚染された環境は元には戻らないんですよ、住んでいた人たちの日常もね、こんな事、二度と有ってはならないんですよ。

 タイミング的に”オリンピック”の前に上映したかったんでしょうが、こういう作り方にして欲しく無かったです、個人的には。

 ただ、日本人として、観ておく必要のある映画だと思いました。


       満足度:★★★★



 P.S. この後、ホテルルートイン(全室WOWOW視聴可能)品川大井町(ここが最安だった)にチェックインしました。
    「福山雅治 30th ANNIVERSARY KICK-OFF STUDIO LIVE『序』」(”WOWOW”)を見るためだけに。
    元々、横浜アリーナでのライブを映画館でパブリックビューイング上映し、それを観る予定だったので、意地、です。
    新型コロナウイルスの影響でライブが中止になり、代替でのスタジオライブをWOWOWで生放送となりました。
    「はじまりの歌」に関するリクエストを募集し、TOP10の曲を中心にレコーディングスタジオで生演奏しました。
    ビールを呑みながら、聴きながら、歌いながら、リクエストした人たちのメッセージに涙したりって感じで、約3時間。
    福山アニキだけじゃなく、他の演者の演奏や音を見聴き出来て、通常のライブとは違う感覚を味わえました。
    ありがとう、福山アニキ!

 更に追伸・・
    今週末は不要不急の外出を控えるよう都知事から自粛要請が出されました。
    なので、また自粛態勢に入ります。
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2020
03.09

静かな生活

Category: 未分類
 先月末くらいから、新型コロナウイルスのせいで、大人しく静かな生活を送っております。

 基本、部屋と職場の行き来で、休みの日は、スーパーやコンビニに行く以外は引き籠っています。

 映画館にも行かず、ギャンブルも遣らず、部屋でDVD(レンタルではなく持っている物)を観るか、ラジオを聴いて過ごしてます。

 そんな穏やかな毎日に突然、1週間前から急に右肘に激痛が・・

 少し前にも書きましたが、昨年から痛みは有りましたが、生活に支障をきたす程では無かったので、膝の方に気がいってたら、こんなことに・・

 着替えや、物を持ったり、箸を使ったり、歯磨きしたり、等々、何をしても痛い、泣きたくなるほど・・・

 この時期、病院に行くのはリスキーな気がして、本当なら行きたくないんだけど、もう限界だったので、土曜日の午後、近くの整形外科を訪れた。

 5分と待たず診察室へ。

 どの状態が痛いのか病状を伝え、超音波エコー(お腹の赤ちゃんを見るようなやつ)で肘を診てもらったら、痛い所が青や赤で示されていた!。

 ”テニス肘ですね”

 と、お医者さん。

 ネットで調べていて、何となくそうなのかな、とは思っていたけど、そうだったんですねぇ。

 痛くなる状態をなるべく避けて、ストレッチをして鍛えるしかない、との事。

 そうすれば時期に直るでしょう、だって。

 湿布薬を貰い、10分間電気を肘に流して、2500円払い、さようなら。

 治るまで、一体どれだけの時間がかかるのか、不安でしょうがない、なんて思いながら家路を歩くと、初めて見るスーパーがあり、そこから出てきた人がトイレットペーパーやボックスティッシュを抱えていた!

 トイレットペーパー不足なのに売ってる?

 取り合えず確かめようと入店、一通り周るが見当たらない、と、2階への階段が見えたので2階へ。

 ウロウロして、商品棚とは別に、広めの通路にテーブルを並べその上に残り数点置いてあった!!

 迷わず、1点取り上げレジで精算。

 少し、肘の痛みが和らいだ?気分で帰宅した。


 早速、湿布薬を貼り、軽く飲食して、寝て、起きたけど、特に痛みが軽減した様子は見られなかった、残念・・・
Comment:0  Trackback:0
2020
02.26

1917 命をかけた伝令

Category: 映画
 2月22日(土)新宿ピカデリーにて映画「1917 命をかけた伝令」を割引クーポン鑑賞。
    DSC_0029_copy_360x480_2020030504352181e.jpg

 第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門でノミネートされ撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した本作品。

 どれ程のものなのか気になっていたので、バイト明け後朝一8時40分上映回に入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。


 正に”命がけの伝令”でした。

 どのように撮影されたのか分からないが、1カットに感じる撮影が凄いし、それ故の緊迫感が半端ない。

 自分がまるでスクリーンの中にいて体感している気になってしまいます。

 そして自分も、スコフィールドと同じように”何故誘った”と、ブレイクに詰め寄ります、どう考えても成し遂げられないだろうから・・

 なので、頑張れ、と応援するぐらいしか出来ません、特にラストのランニングのシーン(皆さん「フォレスト・ガンプ」思い出していたようですが・・)は胸アツです。


 戦争映画と思って観に行ったら物足りなく思う人も居るでしょうが、自分は観る価値ありだと思います。

 
      満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2020
02.19

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Category: 映画
 2月15日(土)TOHOシネマズ府中にて映画「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」をポイント鑑賞。
    DSC_0029_copy_360x480.jpg
 バイト明け後、府中に移動、朝一8時20分上映回に入場、お客さんは15人程でした。

 特別観たかった訳ではありませんが、上映時間が丁度良かったので選択しました。

 こちらの劇場は初めての入場ですが、何故か”リステリン”の小瓶を貰いました。


 あらすじ:85歳の誕生日を迎えた世界的ミステリー作家のハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、その翌日に遺体で見つかる。名探偵のブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、匿名の依頼を受けて刑事と一緒に屋敷に出向く。ブランは殺人ではないかと考え、騒然とする家族を尻目に捜査を始める。


 いやー、楽しい時間でしたね、ミステリー作品、面白かったです。

 早々にどうやって作家が亡くなったのか分かってしまうんですが、その後裏で何が行われていたのかが、少しづつ明かされていきます。

 作家の家族達は、事情聴取に嘘の話をし(本当のことは映像で流す)、専属看護師は嘘をつくと吐いてしまうという分かりやすい体質。

 家族達はそれぞれに動機を持っているが殺人を行うにはちょっと弱い、でも胡散臭い人達。

 実は、専属看護師、作家が亡くなるところを知ってるんです。

 でも、隠された真実が・・・

 専属看護師役のアナ・デ・アルマスさん、何処かで見たことのある可愛いお顔立ちだなぁ、と鑑賞後に確認したら「ブレードランナー 2049」に出ていた女性だったんですねぇ。

 この人を観ただけでもう満足でした、自分は(笑)。

 でも、探偵役のダニエル・クレイグは必要だったのかなぁ、違う人でも良かった気がしますが、クリス・エヴァンスも含めて、観客を呼び込むためには必要だったんでしょうね。

 あと、邦題が分かりずらいですね、きっと損してますよ、観に行こう!って気になかなかならないと思いますから。


 伏線も効いているし、笑えるシーンも多いので、気になった方は是非ご鑑賞下さい!


       満足度:★★★★
Comment:0  Trackback:0
2020
02.17

AI崩壊

Category: 映画
 2月10日(月)MOVIX亀有にて映画「AI崩壊」をモーニングファストショー鑑賞。
    DSC_0023_copy_360x480.jpg
 SMTメンバーの割引クーポンが期限切れになってしまったので、モーニングファストショーでクーポンを貰おうと、バイト明け後、亀有へ。

 8時45分上映回に入場、お客さんは20~30人程でした。


 あらすじ:天才科学者の桐生(大沢たかお)が開発した医療AI「のぞみ」が、国民の膨大な個人データを基に、人間を選別し殺りくを始める。人々がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生は逃走を図るが、警察のAI監視システムによって徐々に追い詰められていく。一方、桐生の義弟で「のぞみ」を運営する企業の代表を務める西村(賀来賢人)は、事態の収束に動いていた。


 いずれ”AI”に支配される時代が来るだろう、的な映画は沢山作られてきましたが、本作は特に目新しい内容では無かった。

 というか”AI”とは呼べないのではないか、とさえ思った。

 単純に、そう仕向けるべき作られたプログラムに支配されたに過ぎませんね。

 色んなデータを読み込ませて、如何にも”AI”が勉強して判断したように見せただけに思えました。

 ”のぞみ”は「HUMAN LOST」の“S.H.E.L.L.”体制を連想させるもので(ここまで万全ではないが)、未来はこういう方向に向かうだろうと思わざるを得ないと再認識しました。

 ただ、全てが”AI”に支配されてしまったら、人間の未来は明るく無い気がします。

 何て、色々考えながら観ていましたが、2030年にここまでの環境は整わないだろうし、舞台設定が未来的に見えず2020年そのままのように見えました。

 色んな伏線があり、収拾されてはいますが、無理やり感は否めません。

 ただ、演じる役者さん達に罪はありません、特に体を張った大沢さんには・・


 考えさせられたし、詰まらない訳でも無いと思うので、気になった方は観ても良いかと。


       満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top